16度の服装7選!気温が低めでもオシャレは可能?アウターでごまかさないコーデとは

気温16度というと、そこまで寒いということもないですが、Tシャツ一枚では肌寒いかなという気温です。その位の気温であれば比較的薄着でも我慢は出来るので、おしゃれをする為に我慢をするという人もいると思います。

しかし、夜になるにつれて冷え込みもきつくなってきますし、寒さを我慢しているのもなかなか大変です。ただ、そんな時でも防寒を意識しながらのコーデを考えれば防寒対策もおしゃれもどちらも楽しめます。

寒いからと言ってアウターでごまかさずに、おしゃれを存分に楽しみましょう。

スポンサーリンク

気温が低いとお洒落が出来ない?寒い季節の服装の悩みとは

YUKA20160818015914_TP_V

アウターで全部隠れてしまう

寒い季節にアウターを着てしまいたくなりますよね。もちろん真冬、しかも雪なんて降る季節にはアウターは必須となってきます。しかし、肌寒い程度の気温の中ではアウターを着るかどうかも悩む所です。アウターを着て防寒対策をしっかりするか、それともおしゃれを意識してアウターを着ないでいるか。

特にロングコートなどになってしまうと脱いでも荷物となってかさばってしまう為、外に出てから脱ぐというのも面倒になってしまい、結局家を出て、家に帰るまで、ずっとコートで服が隠れてしまったままになってしまうなんてこともよくあることです。

着込みすぎて着膨れする

アウターで服を隠したくないという場合には中を暖かくするという手もありますね。最近はヒートテックなどもありますし、アウターを着なくても十分防寒対策が出来るでしょう。しかし、あまりにも中を着込みすぎてしまうと今度は着膨れしてしまうというデメリットがあります。

ヒートテックにTシャツにもう一枚羽織る程度のものを着るとどうしても体のラインは出せませんし、生地の厚いものでは多少ぽっちゃりしている様に見えてしまいます。特に体のラインが綺麗な女性はせっかくの綺麗なラインが消えてしまい、魅力も半減してしまいます。寒い冬と言えど、やはり太っている様には見られたくないですよね。

肌が出せない

女性のおしゃれとしてはやはりある程度の露出は大事なポイントですね。ショートパンツなどで思いっきり露出をしたり、トップスも最近流行りのオフショルダーなどを着て肩を出したり、色気も出せます。つまりある程度の露出は最近のおしゃれの中では必須と言っても過言ではないでしょう。

しかし、寒い季節となるとその露出が出来ないのがかなりネックとなってきます。今までは肩を出せたものの、寒い季節になると肩を出しているだけでもかなり寒さを感じてしまいます。女性はある程度下半身の寒さには我慢強い方ではありますが、やはり出来るだけ露出を控えて暖かい服装にしたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あったかコーデでお洒落を楽しもう!16度のおすすめの服装7選

kawamuraIMGL4515_TP_V

ニットワンピース

気温16度という若干肌寒い季節にはニットワンピースはかなり万能なアイテムとなります。ニットワンピースはもちろんニットなので暖かいですし、それだけではなく、ニットワンピース一枚着ているだけでおしゃれなのです。

更におしゃれに見せるにはニットワンピースにハットやハンチングなどを合わせてみると良いでしょう。また+aで最近流行りの丸めがねサングラスを合わせると、かなりおしゃれに見えます。アイテムの使い方によっておしゃれ度をアップすることが出来ますが、実際服としてはニットワンピースのみなのです。特に上に羽織る必要もないので、一着持っていれば便利に使えます。

スカジャン

女性のスカジャンは意外と人気があり、かっこよく見せることもでき、また、可愛らしい服装に合わせてあえてミスマッチをさせることで更に可愛く見せることの出来る優れものです。スカジャンは生地もそんなに厚くないので暑くなり過ぎてしまうなんてこともなく、着こなし方も楽です。

少し暖かい日なら半そでにスカジャン程度でも、気温16度程度であればそれほど寒くも感じないでしょう。逆に寒い日であればスカジャンのジップを閉めてしまえばしっかり防寒対策にもなりますし、前を閉めてしまってもダサくなってしまうなんてこともありません。

カーディガン

インナーとあわせやすい上におしゃれに見せることが出来るのはカーディガンです。カーディガンは生地も薄いですし、肌寒い程度の気温の中ではかなり使いやすいでしょう。昼間などで暖かい気温の時には脱いでしまってもかさばらないですし、薄手のものであれば小さく折りたためばバッグに入ってしまう程度のものもあります。

カーディガンにも様々な種類がありますし、カラーも沢山の種類があるので、インナーと合わせるおしゃれを楽しめます。白いカーディガンであればシンプルな組み合わせにして大人な雰囲気を出してみるのも良いですし、ピンクなどの可愛い色のカーディガンなら全体的に可愛いイメージでまとめてもありですね。

スタジャン

こちらもスカジャン同様、かっこよくもありながら可愛く見せれるジャンバーですね。最近はあえてブカブカの大きいサイズのスタジャンを着るのが女性に人気の着こなし方です。スタジャンにキャップをかぶるだけでおしゃれに見えます。

スタジャンだけでだいぶ温かいのでインナーは半そでなどでもそこまで寒いと感じないでしょう。気温16度であればスタジャンのジップを閉めるという程までにはならないと思いますが、冷え込みがきつい日には前を閉めればかなり温かいので、臨機応変に活用も出来ます。ボーイッシュ系な服装が好きな女性には特におすすめです。

パーカー

こちらもボーイッシュ系が好きな女性におすすめの服装です。パーカーはジップがついているタイプとジップがついていないタイプとありますが、気温16度という中ではジップがついているタイプの方が臨機応変に使えます。ジップがついているものであれば薄手のパーカーでも厚手のパーカーでもどちらでも大丈夫です。

また、パーカーも大きめのサイズを買うというのが最近の流行りなので、多少ラフな感じには見えてしまいますが、それが逆に男心をくすぐるので問題ありません。特に身長の低い女性は可愛らしく見えるので、こんな服装も参考にしてみてください。

Gジャン

おしゃれレベルをあげるならGジャンを使ってみましょう。Gジャンは基本的に前を開けて着るのがおしゃれなので、インナーとの組み合わせを楽しむのにも使いやすいです。最近は女性の間でもGジャンを着る女性も多いですし、実はGジャンはどんな服装ともあわせやすいという部分があります。

Gジャンと合わせてスキニーデニムでボーイッシュなスタイルも出来ますし、ロングスカートと合わせて女性らしいおしゃれを演出することも出来ます。温かい気温の日にはショートパンツなどと合わせてみても良いですし、下との組み合わせは無限大なのでコーデに困るということもありません。

ロングスカート

肌寒い季節にはスカートをはくのは少しためらってしまいます。タイツを履いてミニスカートなども良いですが、そうなるとタイツとスカートのバランスも考えなくてはいけなくなるので、少し面倒に思ってしまいます。そこで使えるのがロングスカートです。

実は上記で紹介した服とロングスカートは基本的に相性が良いのです、なのでロングスカートは冬のコーデとしてかなり使いまわせる万能アイテムなんですね!寒い季節でも多少色気を出したい、露出をしたいという場合はロングスカートに挑戦してみましょう。ロングスカートは露出は少ないですが、チラっと見える足首のあたりが男心をくすぐります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウターの悩みを解消しよう。お洒落に着れるアウター+コーデ術

NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

フェイクファーベスト+スキニー

インナーを隠してしまうアウターではなくアクセントとしてもおしゃれに使いやすいフェイクファーベストは肌寒い季節にはかなり使いやすいです。そんなフェイクファーベストを使うなら、スキニージーンズで高級感のある大人な女感を出してみましょう。

フェイクファーなどは可愛いイメージをもたれがちですが、スキニーとあわせることで可愛くなりすぎず、むしろセレブの様なイメージで着こなすことが出来ます。

ライダース+ロングスカート

上記のおすすめの服でも紹介したライダース、こちらを可愛く着こなすにはロングスカートとのコーデにチャレンジしてみましょう。ライダースはかっこよく着るものだと思われがちですが、ライダースにスカート、ヒールなどで合わせると可愛らしいロックな雰囲気のコーデの出来上がりです。

可愛らしくもありながらしっかりロックな雰囲気も出せておしゃれなコーデとなるでしょう。思いっきりクールに決めたい場合はデニムなどで合わせた方が良いですが、デートなどの場合はロングスカートで合わせてみてください。

カーディガン+ブーツ

フワっとしていて可愛いカーディガンは肌寒い季節には丁度良いアウターになります。しかし、クールに決めたい、かっこよく見せたいという場合にはカーディガンは少し可愛くなりすぎてしまう場合もありますね。

しかし、そんなカーディガンでもブーツなどとあわせることによって、かっこよく着こなすことが出来るのです。特にロング丈のカーディガンなどと合わせるとおしゃれですし、大人っぽく見せることも出来ます。

まとめ

今回は気温16度の肌寒い冬の服装やコーデを紹介させて頂きましたが、気温16度と言っても日によっては比較的暖かい日もありますし、逆に冷え込みがきつい日もあります。

そんな風に寒くなったり暑くなったりがあるとコーデを考えるのも面倒になってしまいますよね。そんな時には今回のコーデなどを参考にしてみてください。特に今回紹介したコーデは臨機応変に対応できるものも多いので、一つ紹介したコーデを参考にしてもらえれば暖かい日でも冷え込みが厳しい日でも使えると思います。

可愛いらしい服装からかっこいい服装まで、その日の気分で選んでくださいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -