18度の服装7選!気温の低さに負けない重ね着コーデとは?お洒落に見せるポイントも

気温18度は季節でいうと秋本番という位の気温です。おしゃれをしやすい季節ではあるものの、春とは違って暖かい気温というわけでもなく、羽織れるものなどの重ね着が重要になってきます。

昼間に暖かいからと言ってあまりに薄着で出かけてしまうと夜になって冷え込んでしまったりと、おしゃれすることをだけを考えてしまえば寒さに震えてしまうこともあります。

気温18度程度であれば多少気温が下がり、冷え込んだとしても我慢できない気温ではないですが、女性としてはあまり体を冷やしたくないですよね。今回はそんな気温18度の時の服装に関して紹介していきます。

スポンサーリンク

意外とお洒落しやすい?気温18度のおすすめの服装7選!

a0001_017597_m

カーディガン

秋口などの定番アイテムと言えば間違いなくカーディガンです。カーディガンは1つあれば羽織るものとしてはかなり使いまわしの出来る服です。

ちょっと肌寒いなと思ったらカーディガンをしっかり着れば良いですし、少し暑いなと思ったら腕を通さずに肩からかける程度でもおしゃれに見えます。

それ以上に暑いと感じたら腰巻にすることも出来るので、荷物としてかさばることもないですし、腰巻としてもファッションのアクセントの一部として使うことが出来る優秀なアイテムです。

カラーバリエーションも豊富なので、1枚持っていれば色んな服装とあわせることが出来ます。

ロングカーディガン

上記のカーディガンは丈のカーディガンですが、最近はロングコートの様なカーディガンもはやっています。こちらはロングカーディガンとも呼ばれますし、コートの様なカーディガンということで「コーディガン」と呼ばれることもあります。

肌寒い程度の秋口にコートを着るのはさすがに暑いですし、だからと言って半袖1枚は寒い…なんてそんな時には生地が薄く着心地の良いロングカーディガンが丁度良いです。

ロングカーディガンはどちらかというと落ち着いた服装と合うので、オフィスコーデなどにおすすめのアイテムです。

ロングシャツ

ロングシャツもロングカーディガンの様に使えるアイテムで、ロングシャツは基本的にはトップスの役割として着られることも多いのですが、秋口にはロングシャツをアウター代わりとして着ることもできます

ロングシャツであればおしゃれなデザインも多いので、おしゃれをしたい人にはかなり味方になるアイテムと言えるでしょう。

そしてロングシャツもカーディガン同様、腕を通さずとも腰に巻いたり、肩かけにすることによっておしゃれな着こなせるという部分も持っているので、こちらもカーディガンと同じ様に有能なアイテムと言えます。特にカジュアルなコーデをしたい方にはロングシャツは使いやすいです。

7分袖シャツ

少し暖かいと感じてもさすがに半袖シャツなどは寒いですし、だからと言って長袖シャツは少し暑くなってしまうかも…なんて不安もありますよね。

そんな時には7分袖シャツはいかがでしょうか?最近は7分丈パンツなども多いですし、7分袖シリーズは人気の高いアイテムになっています。

7分袖シャツは上記で紹介したカーディガンなどとの組み合わせも抜群なので、その点も考えると秋口には1つは持っておきたい服です。

また、秋だけではなく春にも使えるアイテムなので、1年を通して活躍する季節が多いというのも7分袖シャツのメリットと言えます。

デニム

ファッションの定番中の定番と言えますが、気温18度という気温であればデニムは必須です。デニムは基本的に風を通さない様に出来ているので、寒さ対策としてはばっちりです。

トップスがどんなものでも合わせられるかなり万能アイテムなので、この季節にはデニムは欠かせません。特にレディース物のデニムはスキニーなどの様々なタイプがあるので、色んなデニムを持っていればそれだけでファッションのアクセントが変わってきます。

定番中の定番ではありますが、1枚持っていればどんな季節でも使えるのでデニムはもっておいて損なしです。

ガウチョパンツ

同じパンツで言うのであれば、デニムではなくガウチョパンツなどもおすすめのアイテムです。ガウチョパンツは今流行りのアイテムであり、見た目としてもおしゃれさ抜群のアイテムなので、この秋にはマストアイテムと言えます。

ガウチョパンツは着こなし方によってはカジュアルにも可愛くも、大人っぽくも見せることが出来るので、色んなファッションをするという方に特におすすめのアイテムと言えます。

一見ガウチョパンツはコーデが難しく思われがちですが、実はどんなトップスでも合わせやすいので、苦手意識がある方でも是非1度挑戦してみてください。

ロングスカート

パンツスタイルが苦手だという方はロングスカートはいかがですか?寒くなってくる秋口にはミニスカートですとちょっと足が冷えてしまうので、出来れば露出するのは控えたいところですよね。

そんな時に使えるのがロングスカートです。ロングスカートであれば露出される範囲も少ないので温かいですし、トップスも秋物、冬物などとの相性は良いです。

更にロングスカートを履くだけで大人な印象を与えられるので、普段可愛らしいと言われがちな方でもロングスカートを履くだけでいつもと違う自分を演出できるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気温が低い時こそ映える◎重ね着コーデ術

a0001_017568_m

ノースリーブ+カーディガン

上記でも紹介したカーディガンをおしゃれに着こなすにはノースリーブとの相性を試してみてはいかがでしょうか?ノースリーブトップスは大人な雰囲気がありつつも、露出している範囲が広いので色気を出すことも出来ます。

オフィスコーデとしても使えるので、大人な女性にもおすすめのコーデです。更に上記でも解説した様にノースリーブトップスの上にカーディガンを肩からかけるというコーデもかなりおしゃれです。

大人な女性、お姉さんという印象のコーデになるので、今よりも大人な服装にチャレンジしてみたいという方はこの秋に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ワンピース+ジャケット

防寒対策としてジャケットを着るのであればワンピースとあわせてみるというコーデも良いですね。ジャケットとワンピースの組み合わせは少しミスマッチなイメージもありますし、難しそうと思ってしまうかもしれませんが、単純にワンピースの上にジャケットを着るだけという簡単なものです。

もちろんワンピースのデザインやカラーはジャケットにあわせなくてはいけません。ワンピースはカラーを抑え目なものにしてジャケットは黒などのシックなものとあわせると、オフィスコーデにもなり、大人な印象を引き出すことが出来ます。

Tシャツ+紺ブレ

ジャケットの定番でもある紺ブレはラフなTシャツと合わせてもおしゃれに着こなせるアイテムです。Tシャツ、もしくは上記で紹介したノースリーブトップスとの相性もよく、紺ブレは秋口で重ね着する時の強い味方となるでしょう。

Tシャツの場合はデザインが派手なものではなく、白などのシンプルなものであわせると良いですね。紺ブレは今流行りのチェック柄にしてみると、流行も取り入れたおしゃれコーデとなります。

パンツなどもできるだけシンプルなものにすれば、こちらもオフィスコーデとして使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

重ね着コーデを更にお洒落に!可愛さが引き立つ小物とは?

a0001_017565_m

ストール

秋~冬にかけての定番のアクセサリーと言えばやはりストールです。ストールを首周りに巻くだけで体感温度はかなり変わるので防寒対策としてもかなり有能です。

そしてストールはデザインも豊富なので、色んな服装に合わせることが出来ます。更に、ストールの巻き方もかなり多く、巻き方をかえるだけでも印象が大きく変わってきます。

おしゃれ好きさんとしては様々な巻き方があるというだけでもおしゃれを楽しめますよね。シンプルなストールにはシンプルな服装で合わせ、派手なストールなら派手な服装に合わせるなども出来るので、服装のジャンルも選びません。

ブーツ

おしゃれは足元からという言葉もありますが、そんな足元でおしゃれをするのであればブーツで決めるのも良いでしょう。トップスやボトムスで多少露出していたとしても足元をブーツで防寒対策しているだけでも意外と寒さを感じにくくなります。

足元が冷えてしまうのは女性としても避けたいところなので、ブーツであわせるのは防寒対策としてもおしゃれとしてもかなりおすすめです。

そしてブーツであれば上記で紹介した服装のどれともあわせやすいというメリットもあります。オフィスコーデには派手すぎないシンプルなブーツやショートブーツと合わせてみるとかなり大人な洗練された雰囲気になりますよ。

シューズアクセサリー

足元のおしゃれとしてはシューズアクセサリーを使って可愛さを引き出すのもかなりおすすめです。特にファーのシューズアクセサリーなどは多く出ているので、秋~冬にかけてはファーのついているアクセサリーは可愛らしいコーデを引き立たせる為には1つ持っていて損はないでしょう。

冬のコーデとしてわざわざ新しい靴を買うのはお金の心配が…という方もいると思いますが、ファーのアクセサリーをもっておけばどんなにシンプルな靴でも一気に秋~冬バージョンの靴に変身させることが出来るので、ファーのシューズアクセサリーは1つ持っておきたいところです。

まとめ

今回は気温18度の服装を紹介しました。秋口はおしゃれしやすい気温ではありますが、冷え込みも意識しておかなければ存分におしゃれを味わうことも出来ませんよね。しかしあまりにも寒さばかり気にしてしまうと、今度は逆におしゃれがしにくくなってしまいます。

そんな時には寒さ対策も考えた今回紹介したコーデや服装がおすすめです。寒さ対策も考えてあるコーデならば寒さの心配もないですし、おしゃれもしっかり楽しめますし、言うことなしです!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -