春メイクのやり方!2017年のアイシャドウはコレ!トレンドはピンク・レッド!

IMG_8268

2017年春メイクのトレンドはどんな風になるのかな?とワクワクしている女子も多いのではないでしょうか?オシャレな女の子なら季節ごとに流行のメイクを取り入れるのが当たり前ですよね。

トレンドを誰よりも早くキャッチして、自分自身がトレンドになりたいものです。そんなオシャレなあなたに、2017年の春を象徴する素敵な春メイクをご紹介!

気になる目元口元のポイントメイクや、ファンデーションの傾向など、基本となるメイクの仕方から自分なりの工夫の方向性まで、詳しく解説させていただきます。ぜひマスターしてみてくださいね。

スポンサーリンク

2017年春メイクのポイントは?

IMG_8544

目元と口元をセットでメイク

2017年の春メイクは、ナチュラルベースにピンポイントメイクが人気となりそうです。大切なのは、このポイントをどこにするかとなります。目元を強調するのか口元を強調するのかで、メイクの印象がガラリと変わります。

バランスを取るために、目元と口元のメイクはセットで考えて、片方を強調する場合は片方を薄めるようにするのがおすすめです。また、カラーバランスも大切です。

2017年春にトレンドとなる明るいビビットなカラーを使う場合、全体に使うとポイントがぼやけてしまうだけでなく、メイクが強すぎてせっかくのナチュラルなベースが活かせなくなってしまいます。

片方を強調する場合には、もう片方でサポートするように目元と口元のバランスを整えましょう。同時に、個性を出した演出のために、何通りかのパターンを考えて、シーンごとに切り替える工夫も大切になります。

ピンクやレッドのトレンドカラーで明るく

2017年の春メイクでは鮮やかなビビットカラーを上手に使うのがポイントとなります。明るいピンクは春カラーとしては定番ですが、今年はマットな原色のレッドや明るめのオレンジも人気となりそうです。

ピンクもパステル調のものではなく、明るい強めのピンクがいいでしょう。その華やかなカラーを、強調したいポイントに乗せましょう。また、ラメ入りの塗れメイクも華やかさをより一層引き立てるために使います。

極端に言うなら、モノトーンの中に華が咲いたような、艶やかな印象を狙うのがいいでしょう。目立たせたい場所に光を当てるようなイメージで配色すると、きれいに仕上げることができます。

トレンドカラーとなるピンクやレッド、オレンジなどは、そのまま春の日差しに揺れる花のイメージがありますよね。太陽の光の下で輝く花のように、艶やかに、密やかな中にもくっきりとした主張をしてみましょう。

ツヤ肌に印象くっきりのメイクで

ファンデーションはナチュラル系の人気がまだまだ強いので、素肌を活かしたツヤ肌メイクが注目です。ツヤ肌メイクのコツは、重ねていると気づかれないように薄くファンデーションやコンシーラーなどを重ねること。

細かいやり方は後で説明するとして、化粧崩れを心配して厚ぼったくしなように注意しましょう。一見してほとんど塗っていないように見える感じに留めるのが春メイクの大事なところです。

全体的に薄くふんわりとした印象にしたところにリップやアイシャドウでポイントを入れます。ポイント部分がしつこくならないように、くっきりとしながらも、コンパクトに印象をまとめてください。

また、ポイント部分のメイクは重ねて立体的にすると、華やかさがアップします。ちょっとした工夫で可愛らしさと鮮やかさを演出することができるので、メイクのコツを覚えてしまいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年春メイクのやり方

IMG_9520

肌は透明感を大切に

まずベースとなる肌メイクは、ナチュラルでありながら、薄く重ねるのがポイントです。最初はコンシーラーを使って、影になりやすい口元や小鼻周り、目元などに明るい肌色を入れます。

次に全体に薄く粉のファンデーションをはたき、その上にミスト系の化粧水をほどこしてください。このとき、化粧水をたっぷりとまんべんなくかけるのが粉っぽさを無くしてナチュラル肌を作るコツです。

このままでもナチュラルメイクとしては十分なのですが、2017年の春メイクとしては少しツヤを差すのがおすすめ。ツヤ肌で人気のファンデボリューマーなどを使います。

頬骨部分や、額など光の当たる場所にツヤを入れると、ナチュラルでありながらツヤのあるツヤ肌メイクを作り上げることができます。オイリー肌でナチュラルメイクなんて無理!と思っている人がいるかもしれません。

しかしそんな人にこそ、このツヤ肌メイクはおすすめ。オイリー肌の人は特にたっぷりと化粧水を使ってください。

柔らかさを大事にした太眉

化粧っぽさを感じさせない太眉メイクの人気が継続しています。春メイクではこの太眉をふんわりと、柔らかな色合いを使って入れましょう。また、輪郭も丸みを帯びた描き方をしてふんわり感をアップします。

具体的には、三日月を描くような感じの弓なりの形がベスト。直線の強いイメージの眉だと印象が眉に行ってしまうと共に、顔全体の印象が強くなりすぎて春メイクとしてファッションと合わせにくくなってしまいます。

弓なりの太眉を茶系で描き、ナチュラルメイクの印象をサポートする役割をしてもらいましょう。描き方としては、何度も描くのではなく、サッと描いて、散らすようなやり方がふんわり眉を作りやすいと思います。

色合いはアイシャドウを意識して、アイシャドウがピンク系なら茶系、ブルー系なら薄く黒を入れるようにするといいでしょう。ふんわりと描きながらも、眉尻をきちんと描くのも2017年春メイクのコツです。

アイシャドウはしっとりと濡れ感を出して

アイシャドウは濡れ感メイクが2017年春メイクのトレンドです。ブランドコスメで濡れ感専用のアイシャドウも出そうですが、わざわざ専用コスメを買わなくても、手持ちのコスメでも手軽に濡れ感を作る方法があります。

それはグロスとクリームアイシャドウを混ぜて塗るというやり方です。ラメ入りグロスはだいたいの人が持っていると思いますが、それを利用して春用のアイシャドウに変身させてしまいましょう。

ピンクのラメ入りグロスを使えば、2017年春メイクで人気のカラーであるピンク系のラメ入り濡れ感アイシャドウができあがります。手の上などで混ぜ合わせて色合いを確かめてからまぶたに広く入れてください。

このやり方だと、色合いの調節もかんたんにできるのでおすすめ。薄めに広く塗って、アンダーには細く少し濃いアイシャドウかアイライナーを入れると、グラデーション風に仕上げることができます。

リップはボリューム感のある原色カラー

2017年春メイクの特徴として、リップの印象を強くするというものがあります。ビビットな原色系のレッドやピンクを使うのが流行しそうです。顔全体は淡い印象で形作りますが、リップに強い色を差します。

この強弱を使いこなすメイクが2017年春メイクのトレンドとして盛り上がってきています。アイシャドウに濡れ感を出して、リップはマットなレッドにするのが特に人気となりそうです。

カラーは発色のいい、明るい色を選ぶようにしましょう。リップを重ね塗りすることで立体的に見せるグラデーションメイクもおすすめ。内側を濃く、外側を薄いカラーで重ねて立体感を出してみてください。

グラデーションメイクの場合は普通は外側は輪郭よりも広めに塗ることが多いのですが、アイシャドウを濡れ感メイクにする場合には輪郭より内側に塗るとバランスがよくなります。

また、グラデーションではなく、グリッターを乗せるのも流行りだしているので、流行を先取りしたい人は試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年春のコスメ選び

IMG_9294

2017年春は華やかさを強調

今までの春メイクはかわいらしいパステルカラーが多かったのですが、2017年の春メイクは、ポイントをくっきり見せる鮮やかな華やかさがトレンドのようです。

とは言え、全体を華やかにするのではなく、基本はナチュラルメイクで、目元や口元などの強調したい部分だけをくっきりと浮かび上がらせるように目立たせる視線吸い寄せタイプのメイクとなっています。

2016年から2017年の秋冬でくっきりとしたリップの赤が流行っていましたが、その流行が下火にならずに続いている感じです。女の子としてはあまりにもナチュラルすぎるメイクだと寂しいということもあるかもしれません。

明るい色合いを差し込むだけで、少しゴージャスな雰囲気が出せるのが大きいですね。パステルメイクだと洋服も強いデザインやカラーのものは合わせにくいということがありました。

その点、ピンポイントでも華があると、服装も強い色やデザインを入れやすいので、それもうれしいところでしょう。

明るい原色カラーが人気

春には珍しく明るい原色カラーがトレンドになったのは、窮屈な毎日を吹き飛ばして元気になりたいという気持ちの表れかもしれません。しかしリップの鮮やかなレッドは、なかなか上手に使いにくい色です。

ポイントとしては目元にラメを入れたときには、リップにツヤを入れない。目元を抑えめにしたときにはリップをウルツヤにするという風に組み合わせること。そうするとうるさくならずにきれいにメイクが決まります。

今回の春メイクは、そうやって全体のバランスを上手に整えることが大切です。レッドが使いにくい場合には、原色系のピンクや、青が入ったピンクなどを使うと、鮮やかさや春らしさを表現できていいでしょう。

あたたかみのあるオレンジに近いレッドもおすすめです。寒い冬から開放されてあたたかくなった喜びを鮮やかなカラーで表現してみましょう。

まとめ

2017年の春メイクのトレンドを紹介させていただきました。どうでしたか、参考になりましたでしょうか。コスメもブランドものはお値段が高いので、トレンドを追いかけていると金銭的な負担が大変です。

しかし、既存のコスメを工夫して、トレンドのメイクを再現することは可能である場合が多いのです。代用できる部分は手元のコスメで代用して、新作コスメで、これだけは欲しい!というお気に入りのものを見つけましょう。

お気に入りの1点買いというのも、なかなかオシャレ女子らしくていいのではないでしょうか。

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -