春メイクのやり方!2017のリップは鮮やかなピンク・レッド・ボルドーがトレンド!

13aefdc395e2782ff7f6b3620c67e2c8_s

リップはメイクの中でも顔の印象を決める大切な部分です。春メイクと言えばピンクというイメージの人も多いでしょう。春らしい感じでかわいく仕上がります。2017年の春夏メイクはどんなリップカラーが流行りなのでしょうか。

2017年トレンドの春メイクのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

2017年の春メイクの特徴

0b4d698786e2034f6caca003c610b247_s

2017年はどんなメイクがきているの?

2017年のトレンドメイクの特徴は、今までの春夏メイクどおりの流れとにプラスして、まったく想像もつかなかったカラーややり方がきています。ツヤ感とマットという相反する要素が組み合わされているのです。

例年の春メイクとは違う感じとなっていますので、少々戸惑われた人も多いのではないでしょうか。服とのコーディネートも今までとは違うので難しく考えてしまいがちですが、流行りの色に自分らしさをプラスする事でフェミニンにもモダンにも仕上げることが出来るます。

意外とどんな服にも合わせやすくなっている春メイクですが、特に、注意したい点は、春という季節を意識しない傾向が高いということです。それはどのようなことかと言うと、特にリップでは顕著なのですが、冬メイクからのカラーの流行が春にも続いているということです。

まず、2016年までの春夏メイクがどのようなものであったかという固定概念を打ち払って頭をからっぽにする必要がありそうです。春メイク、とくに、2017年のトレンドのリップメイクについて見ていくことにしましょう。

2017年はツヤ肌がトレンド

まず、メイクと言えばどのような肌色が流行るのか気になる人も多いでしょう。2017年の春夏メイクでは、トレンドカラーにプラスして質感にこだわるブランドが多く、ツヤ肌がトレンドになっています。

秋冬メイクでのマットな質感とはガラリと変えた、透明感のある素肌作りが重要となっています。それは肌だけではなく、チークやアイブロウにも影響していて、全体的に素肌感のあるつやつやとした輝きをベースとして作っていくことになります。

でも、あまりにも全体的にツヤツヤ、テカテカしているのもおかしいですよね。そこで良い引き締め役となってくれるのがマットな色使いです。このツヤツヤとマットが同居しているのが2017年の春メイクです。

足し引きが重要?2017年の春メイク

春の色んなブランドのメイクやコスメを見ていると、顔のひとつを強調して他をナチュラルに仕上げるというポイントメイクが主流であることに気づいた人も多いのではないでしょうか。

アイメイクをバッチリ仕上げたらリップは控えめに、その逆もアリ・・・という具合です。このように、2017年の春メイクは、ポイントの足し引きが重要となるバランス型メイクと言えます。

色だけでなく、全体的にツヤ感のあるメイクをしたら、どこかひとつマットな感じに仕上げることでメイクにまとまりが出来てきます。強めな印象に仕上げたパーツでも大げさになりにくくなるので、このテクニックはぜひ活用していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年春メイク リップのトレンドは?

IMG_1587 (1)

秋冬メイクからあまり変わりない2017年春メイクのリップ

従来の春メイクならやわらかく明るい色が来ることが多いのですが、2017年は秋冬メイクのトレンドであったボルドーやレッドなど強めの色がそのまま春夏メイクにも使われているのが特徴となっています。

ツヤもリップに関してはマットな質感のものが多く出回りそうなので、リップに関してだけは秋冬用に買ったものが流用できそうです。でも、やはり今までと同じリップでは飽きてしまいますよね。

そんな時に買い足すなら2017年らしい色みが出揃ったピンクのリップに注目してみてはいかがでしょうか。2017年のピンク色は少し青みがかったような鮮やかなピンクとなっています。

レッドやボルドーなどの強いリップカラーが苦手という人や、春らしい明るい印象のメイクがしたいという人には、2017年のリップはピンクがオススメです。

やり方のコツはアイメイクとの対比

2017年の春メイクはポイントメイクをひとつ決め、他はバランスを取るように控えめにする・・・という話をしましたが、色についてもそのように他とのバランス、対比が重要になるようです。

顔のどこかに今年のトレンドカラーである「原色」や「明るい色」を持ってくるようにします。アイシャドウが抑えめなカラーならリップは明るく強い色を選び、逆に明るい目元を作ったならばリップは抑えめな色でマットな感じに仕上げると2017年の春メイクらしく仕上がります。

春メイクはモデル風なモダンで積極的なメイクが提案されていますが、それを仕上げるのに一番大切なのがリップメイクと言えるでしょう。顔全体を仕上げた後に、全体のバランスを見てリップは抑えた方がいいのか華やかに仕上げた方が良いのか決められます。

メイクの最後の仕上げであるリップが、2017年の春メイクでは重要なポイントとなってくるのは言うまでもありません。

2017年の春メイク リップはマットなタイプを選んで

肌やアイメイクには、つやつやとした透明感やキラキラとした明るいものが多く発表されていますが、リップに関してはマットな感じのツヤを抑えたカラーが主流になっています。

顔のパーツ全てがテカテカしていたのではおかしいということで、リップが引き締め役になっているということなのでしょうか。もし、新しくリップを購入するのであれば、ぜひマットなものを押さえておきたいですね。

とは言っても、今年はポイントメイクということで、目元を控えめに仕上げたい時もありますね。そんな時に、マットなリップでは全体に物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時には、手持ちのリップにグロスやグリッターをプラスしてツヤツヤ感を付け足してあげてはどうでしょうか。華やかさをプラスして春メイクらしい明るい印象の顔を手に入れることが出来ます。

2017年の春メイク 新しく買うならマットなピンク

レッドやボルドーは秋冬のものを流用できますが、今年らしい色も1本持っていたいですよね。2017年のトレンドを参考にするなら、春メイク用にリップを買い足すのであれば、マットなタイプの春らしいピンクがオススメです。

マットなピンクは使った事が無いという人でも、手持ちのグロスなどと合わせることによって違った表情も見せてくれます。慣れてきたら2017年風のマットなリップにも挑戦してくださいね!

ひとつ持っているだけで春メイクには欠かせないアイテムとなってくれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リップ以外の2017年のトレンドは?

13aefdc395e2782ff7f6b3620c67e2c8_s

春メイクのチークは?やり方は「透明感」に気をつけて◎

ここまでお話には出てこなかったチークですが、今年は頬全体に馴染むように薄づきの色を重ねるのが流行のようです。数年前に流行った血色メイクと似ているのですが、その範囲や色の濃さなどが2017年らしくアレンジされているのが特徴です。

血色メイクが大好きだったという人は、どうしてもチークを強調してしまいがちでしょうが、春メイクではそこをグッと我慢して控えめに、透明感と周りとの協調を意識した色の置き方をしてください。

2017年春メイクでのチークのポイントは、体温を感じさせるような生き生きとした透明感のある頬づくりとなっています。2017年の肌は、つややかな健康的な肌なので、そこに合わせた薄付きの色を広範囲に広げていくイメージです。

色はくすんだ色合いで濃いめのピンクなどを薄く薄く伸ばしていくのが2017年春メイクのチークテクニックとなります。ピンクの他にオレンジやベージュでパール感のあるクリームタイプも人気で、その日の服や他の色と合わせてチョイスしていくと2017年らしいメイクが出来るでしょう。

アイブロウも控えめが2017年春メイクの特徴

アイラインやアイブロウ。あなたはバッチリ入れたい派ですか?そんなあなたなら2017年の春メイクはちょっとがっかりしてしまうかも知れませんが、あまり目立たないように入れるのがトレンドとなっているようです。

何と言っても春メイクは透明感がテーマとなっているのでそこから外れないよう、そこだけ目立つという入れ方よりも他と馴染むアイライン、アイブロウを意識していくとうまくいきます。

アイブロウと言えば太さのトンレドが気になりますが、春メイクも引き続き太めのナチュラルな眉がそのまま続行しそうです。アーチ型の太めの眉で、春らしいやさしい印象の顔に仕上げるのがコツです。

でも、あまりにも太くしっかり書いてしまうと一昔前のバブリーな太眉のようになってしまうので、こちらもやりすぎには注意です。おすすめなのがパウダーアイブロウ。これなら自然な感じで春メイクの太眉を仕上げることが出来ます。

 アイメイクも今年はピンク系カラーがオススメです♡

春メイクのアイシャドウはズバリ「濡れ感まぶた」です。肌同様につやつやとした輝きを持たせるのが春メイクの特徴です。色はピンク系がきているようです。

綺麗なカラーを使うのは良いけれど、どうしても腫れぼったいまぶたになってしまうのではないかと心配ですよね。でも、春メイクはポイントメイクにすることでまぶたの腫れぼったさを回避しています。

輝きを意識してまぶたにグラデーションがついていくので、パッチリとした目元を作ることが出来ます。今までどうしても綺麗な色に挑戦できなかったという人も2017年は綺麗めカラーのアイシャドウを楽しめますね。

まとめ

2017年の春メイクをリップを中心にしてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。春メイクでは全体的にピンクを基調として、リップに関しては少しモード系が入ったレッドやボルドーも押さえておくと良いでしょう。

ピンクの色も2017年の春メイクは、キレイ感のある華やかなピンク色なので自然な輝きを作っていく春のアイメイクとの相性が抜群となっています。

2017年のトレンドを押さえて、春夏メイクを楽しんでみませんか?

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -