24度のベストな服装は?季節によって同じ気温でもコーデをチェンジ。TPO別紹介も

「24度」と聞いてどのような季節を思い浮かべますか?

いよいよ初夏が近付いてきた春の陽気でしょうか。それとも、残暑が収まり清清しく過ごしやすい日々が訪れた秋の始まりでしょうか。

どちらにしてもポイントとなるのが、「1日の中における半袖と長袖」の使いまわし方です。

今回は、そんな微妙さに悩まされる24度のおすすめファッションコーディネートをご紹介します!「暑い」と「暖かい」の丁度境目となるのがこの気温!衣替えの参考にもしていただければ幸いです。風通しの良さを選ぶか保温性を選ぶか、気温や天気やTPOに合わせてセレクトしていきましょう。

スポンサーリンク

「24度」は自由度が高い!天気や季節によっても変わる服装について

14100119470_0df0854880_z
photo by Randy Pantouw

24度は半袖と長袖の丁度真ん中の微妙なライン

そもそも皆様は、普段外に出かける時に着る洋服で「半袖」と「長袖」のボーダーラインはどのようにしていますか?もちろんその理由になるのは気温だけではなく天気や風の強さ、出かける時間帯や用途によっても様々かと思います。

その中でも「25度以上」という気温が、肌温度が感じる「半袖OK」の基準となっていることが多いのです。25度より下回れば長袖でも無理なく、上回れば半袖でもOK。

……そして今回ご紹介する「24度」という気温は、まさにそのボーダーラインにいると言っても良いでしょう。最高気温24度ですと半袖だと肌寒い最中、平均24度程度ですと半袖と長袖の両刀使いが必要となってくるのです。

真冬物以外の全てのアイテムに活躍の可能性が!

つまり24度という気温は一見すると「暖かい」「春の陽気」「初夏を感じる」と半袖のイメージが強いのですが、実際は決してそうだとは限らないということですね。日中最高気温が24度までしか上がらないと考えると、朝夜は20度を下回ることも当たり前に考えられます。

この場合ですととても半袖で大丈夫というわけにはいきませんよね。少なくともその上に長袖のアウターが必要となります。つまり24度という気温だけピックアップした時には、本格的な真冬装備(ダウンや厚いコートなど)以外のファッションアイテムはほぼ全てが活躍の余地があるということになります。

春と秋の24度には要注意

1年の中を通して24度という気温をよく目にするのは、春の終わりと秋の始まりの季節。ですがそれぞれの季節に応じてファッションアイテムの活用方法やカラーの選び方も異なってきます(例えば春先のポカポカ陽気の日は、秋らしいカーキなどよりもピンクなどの明るいカラーの方が合いますよね!)。

もちろん夏であっても最低24度は一般的にありえる気温。春の24度で履いていたタイツなども、湿度の高い夏の24度では暑くて履き辛くなります。このように季節や湿度などにもよって変化していく24度ファッション。どのような日であっても臨機応変に対応できるファッションテクと柔軟性を身につけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過ごしやすさと暑さを両方楽しもう◎気温24度のおすすめコーデ!

20304993752_d124f95e53_z
photo by Bea Represa

長袖のカットソーを1枚で楽しむ

特に最高24度の場合は夏にはできない長袖の1枚使いをとことん楽しむべき!柄によっても合わせるボトムスの相性が変わりますので幅が広がります。

大幅のボーダーや大柄の花柄・水玉など、視覚的インパクトの強いトップスの場合はボトムスはハイウエストが正解。センターフロントにリボンのついた流行のワイドパンツは大柄との相性が抜群です。

シャツタイプのアイテムを羽織物として

半袖と長袖の合わせ方に悩まされる24度のコーディネートでは、長袖アイテムを着込まずにファッションアイテムとして使うテクが効果的。オーソドックスな腰結びもカジュアルで良いですが、ストールのように肩に羽織るのも上品で女性らしいです。

モノトーンはもちろん間違いありませんが、デニムのYシャツを袖を通さずに羽織ることで余裕のあるお出かけスタイルに。大人の女性らしい曲線のシルエットが際立ちます。

最低24度は夏の装いでOK

最低24度というと真夏とも言える気温になりますので、一般的には夏の装いで構いません。ですがこの時期はやはり電車や店内の空調がとても強く、肌を露出しすぎると長居できないほどの冷房の強い場所も。

やはり上から1枚羽織れるストールはどちらにしてもマストです。また短いスカートを生足で履くのも夏ならではですが、汗の纏わりつきを防止するためにもスリップもマストアイテム。夏だからこその機能面の重ね着ポイントは抑えておきましょう。

ワイドサイズのトップスはボトムスとのバランスを取って

逆に最低24度ですとまだまだ多い露出はできない時期。必然的にボトムスは長めのものになりますが、トップスがワイドタイプやオフショルダー、ブラウスやゆるいニット素材のものでしたら、ボトムスはそれとメリハリの付けられるシルエットを。

スキニーやスキニーデニムをセレクトするのが正解なのはもちろん、パンプスもポインテッドトゥなどでスマートな見た目を演出すると「イイ女感」が更に上がります。

ガーリーな薄手の半袖ブラウス

春から秋にかけて長い季節でメイントップスとして活躍してくれるブラウス。生地感や厚み、デザインによって重ね着や着回しも楽しめますので、素材ごとに数着用意していると重宝します。

昨今大ブームとなった刺繍柄のブラウスはオフショルダータイプでも人気はまだ続きそうですね。シースルーワンピースだと最低24度となる真夏の季節にも対応できます。空調がキツくなってくる時期にも着回せるのは便利ですよ。

シースルー+キャミソールの女らしい透け感を

シースルーを合わせるのであれば半袖でも長袖でもOK。日中が25度を越えて真夏日になりそうな日は気温的にはキャミソール1枚でも問題無いのですが、そこをシースルー1枚プラスすることで涼しげな透明感を演出することもできます。

またキャミソールに長袖のシースルーを着ることで、外側から見える肌の透け感がヌーディーな印象を与えます。「着た方がセクシー」というシースルー使いができるのも24度ならではです。

真夏にはしづらいハイソックスコーデも24度ならいける!

ハイソックスは若くて可愛いガーリーガールだけの特権、なんてことは決してありませんよ!まだまだ息の長い流行のレディースマニッシュではハイソックスは最高に効果的なアイテム。禁欲的なコーデに垣間見える肌のチラ見せは最高にキュートなギャップがあります。

短めのパンツにハイソックスを合わせるマニッシュスタイルには、スニーカーはもちろんですが足元は意外とエレガントなものが似合います。エナメル素材のパンプスやレースアップシルエットなどを合わせてロング丈アウターで纏めるのがオシャレコーデ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使えるアイテムの多さを利用しよう。TPO別の24度コーデ

2668815346_93d641966e_z
photo by THOR

デートではミディアム~ロングのスリット入りスカートがおすすめ

24度の日のデートでは、膝辺りのミディアム丈からロングのスカートをおすすめします。特に最高気温24度と言うとまだ夕方以降の風の強さが気になるので、短いスカートで気を使うくらいでしたらミディアム以上の方が安心。風でヒラヒラ揺れるスカートは男性に無防備さを感じさせて目を惹く効果もあるそうです。

また真夏には肌にくっ付いて履きづらいタイトシルエットのスカートを楽しめるのもこの気温。その際はちょっとセクシーなスパイスを効かせてスリット入りのアイテムを持っていると良いでしょう。

風が吹いても捲くれない&冷えを感じづらいのはもちろん、チラリと見える太もも付近に男性もドキドキしちゃうかも!

デートでもカジュアルでも1枚着は「柄物」が映える!

24度の醍醐味は半袖・長袖問わずの1枚着です。特に長袖のトップスに関しては1枚着をできる時期は思いのほか限られています。春先や晩秋だと寒く、ましてや初夏になると蒸し暑くてとても着られません。この心地良い季節にしか出来ない長袖の「1枚着」、是非謳歌したいものです。

その際におすすめしたいのは柄モノ。トップスであってもワンピースであっても、そして大柄・小柄関係無く「その柄・模様自体が主役となっているファッション」に挑戦してみましょう。デートなら花柄やペイズリー、友達とならストライプやボーダーなど、目的に合わせて「○○柄な自分」をカスタマイズ。小物も柄を引き立てるようなアイテムを!

オフィスカジュアルは風通しを感じる白ワイや腕を捲る楽しみ方を

ファッションのトータルコーディネートに頭を悩ませる機会が多い24度という微妙な気温。ですが女性のオフィスカジュアルにおいてはかなり過ごしやすく選びやすい季節になります。ただでさえオフィスファッションは過度な露出や短いスカートがNGなわけですから、常春の気温である24度は選択の余地が広いのです。

もちろん24度を機軸に温度がもっと上がるようですと汗ばみはしますが……その際も腕まくりを前提としてあるような緩めシルエットのYシャツや、下にキャミソールや黒い肌着を着た上での胸元開けなど、風通しの良いアレンジを楽しみましょう。

最高24度なら汗をかくことも少ないので、ブルーなど濃い目のシャツで鮮やかに決めても良し。

まとめ

いかがでしたでしょうか。24度の日のおすすめファッションコーディネートや、より楽しむためのコツをご紹介しました。長い冬と初春の冷え込みを耐え忍んでやっと訪れた「春爛漫」の季節!ゴールデンウィーク付近ではこの気温が定着するので、レジャーでも非常に過ごしやすい気温となりますね。

さらには秋の24度となると、1年の中でも最高に過ごしやすい季節となります。この心地良さを体感できる日は、365日の中でも本当に極僅か!是非外に出かけて季節を肌で感じたいですね。

24度は行楽・デート・リフレッシュにもベストな気温。幅広いファッションで満喫しましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -