デートは三回目が勝負!告白を成功させるためのコツとは?準備すべき3つのことも

79e036f3f841e308a401e9c78b5cd354_s
この記事は2015年9月10日の記事を再編集したものです。

2回目のデートを終えて次はいよいよ3回目。このまま友達みたいな感じで会うんじゃなくてちゃんと付き合いたい!次こそハッキリ言ってやる!とはいえ、相手にそんな気持ちが無かったらどうしよう。

3回目のデートを控え、そんな悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思います。1回目、2回目、3回目と継続してあなたと会うということは、気になる彼にもそれなりの気持ちが有るのではないでしょうか。やり方さえ間違わなければ、きっと上手く行くでしょう。

スポンサーリンク

入念な準備が勝負のカギを握る3回目のデートに向けて準備すべき3つのこととは

IMARIC20160805210023_TP_V

準備1:相手の趣味や食事の好みを下調べ

自分のことを理解してくれているというのは気付くととても嬉しいものです。さりげなく気になる彼の好きなものについて下調べをしておき、デートのプランニングや会話に活かすことでデート自体を円滑に進めるだけでなく、相手への好印象に繋げましょう。

準備2:共通な話題からNGな話題までを把握しておく

実際に二人で話す内容となる話題については非常に重要です。2人にとって共通の話題は盛り上がりやすく、話も広げやすいので、前もって共通点について整理しておくと良いでしょう。また、彼にとってあまりいい印象をあたえないNGな話については確実に把握しておくべきです。なぜなら、会話の内容については良い印象よりも悪い印象の方が後を引いてしまうためです。当日にうっかり話してしまい、その日の告白に響かないように準備は怠らないようにしましょう。

準備3:自分の好意はうっすらにおわせておく

恋愛は片方だけが燃え上がっていても上手くいきません。恋は駆け引き、相手にも少しだけ揺さぶりをかけます。

これは3回目のデートまでにあなたがやるべきミッションといっても良いでしょう。気になる彼に「脈」を感じさせるのです。

脈の感じさせ方は“バランス”が重要となります。多すぎてもダメですし、少なすぎてもまただめです。

また、過度な好きアピールは彼を調子に乗せてしまうため、脈ありを感じさせる程度の行動がとても効果的です。
「彼と過ごす時間が楽しいことを伝える」、「ちょっとだけ彼に触れる」、「目を見て話す」等々あなたが幸せそうにすることは相手にとっても自信になりますので素直な気持ちを表現することで「脈あり」だということを彼に察してもらいましょう。

あなたのことをそれまで意識していなかった男性だとしても、こういった脈を感じると途端にあなたが気になりだしたりするものなので、ぜひ活用して頂ければと思います。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

流れを自分から作るのもアリ。告白におすすめのタイミングは

IMG_0685

相手との距離が縮まってきたのを感じた時

3回目のデートともなれば、相手との距離感は大体分かってくるもの。デート中も相手と会話をするうちに更に距離が縮まっていることを感じ取れていると思います。当日は焦らず、その距離感が近づいたところで告白をするようにしましょう。日中いきなり告白を行うよりも、夕方や夜の方が相手と近づいているはずですので、そこを狙いましょう。

お互いにさみしさを感じているとき

少し肌寒くなった夕方や別れ際など、段々募る寂しさは告白をするにあたって絶好の追い風です。友人との別れ際、もう少し遊びたいなと思ったことはありませんか?これは付き合う前の異性においても同様です。離れたくないという気持ちが強くなるタイミングを見計らって告白を行うことで、普段よりもあなたと歩むことに前向きな回答が得られることでしょう。

雰囲気の良いところでロマンティックになっているとき

綺麗な景色が見える場所や賑やかな花火大会など、雰囲気の良い環境はより感情が動きやすい状態にあります。より感情的になっているからこそ、あなたへ抱く思いも大きくなっており、告白のタイミングとしておすすめです。

雰囲気の良さは告白の返事に大きくかかわってくるといっても過言ではありません。こういった雰囲気作りについても自分から流れを作っていくことで成功に繋がることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先手必勝3回目のデートで告白を成功させるためのコツ7選

a0001_016500_m

コツ1:弱気は敵

告白とは常に不安と隣り合わせです。「断られたらどうしよう」「今の関係を壊したくない」等々気付けば告白するのを先送りにしていたなんて経験はありませんか?「弱気」はそうやって私たちが勇気を出すことを拒み、楽な方へと連れて行こうとします。

結果の分からない告白に弱い自分はどうしても現れるもの。それを「消せ」というのはとても難しいことです。

弱い自分も認めて「分かるけど、今は違う」と弱い自分と決別し、一歩前に踏み込む勇気を持ってください。その一歩を踏み出したあなたには、きっと良い結果が待っているはずです。

コツ2:焦らない

何事も焦りは禁物。告白だって同じです。ついつい焦ってベストタイミングを逃してしまわぬよう、少し冷静さを保つように心がけましょう。

デート当日、会う前から気持ちが昂ぶってしまい、頭の中で様々なことを考えます。自分で「よし、今だ。」と思った時でも、相手からしたら変なタイミングで突然何を言い出すのかとビックリされてしまうかもしれません。タイミングはやはりデートの終盤。しかし、冷静さを失いポイントを一つに絞ってしまうと、そこを逃した時に取り返しの付かないような気分になってしまいます。

食事中、帰り道、別れ際と、いくつかポイントを置いてそのどこかで告白する、という風にスケジュールに余裕を持たせると冷静に状況を見ることができます。

コツ3:雰囲気づくり

告白の成否は雰囲気に依存するといっても過言ではありません。良い雰囲気作りを行い、ぜひ告白を成功させてください。一番ムードを盛り上げてくれるのはやはり海や夜景といった景色でしょう。景色の良い場所をデートコースに入れるのも成功の大きな鍵です。

また、何気ない移動中や食事中などの思いがけないところで彼が幸せを感じていることもありますので、その瞬間は彼の気持ちも盛り上がりとっても良い雰囲気になることができます。「何気ない時に彼が幸せを感じている瞬間」に気付くのは難しいことですが、彼をよく見て「サイン」を見落さないようにしましょう。しっかりと気付くことができれば、告白の成功率はグッと上がるはずです。

コツ4:相手が返答しやすいように

「私のことどう思ってる?」

このような告白はあまりお勧めしません。その理由は単純に「困るから」です。相手は好きだと思っていても「好きだ」と突然返答しなければいけなくなり、人によりますが若干の言いづらさは生まれるでしょう。

また、もし仮に彼があなたのことを好きではいない場合、傷つけないように色々と考えを巡らせて回答することになります。好きかどうかまだ整理がついてない時はすぐに答えることができず、気まずい雰囲気になることは避けられないでしょう。

告白を行うにあたっては、相手に逃げ道を与えた「あなたのことが好きなんだけれど、一緒にいてもらえませんか?」という様な明確な告白にした方が良いでしょう。それに加えて「今すぐの回答ではなくて良い」というニュアンスも加えてあげるとその後の雰囲気も壊れずに済むでしょう。

コツ5:3回目デート中の会話は未来形に

告白前の雰囲気作りとしても大事な告白当日の会話。その中に少しだけ未来形のニュアンスを加え、相手に少しだけこれからも一緒にいるイメージをもってもらいましょう。「また今度ここに来たいな」や「来年も同じイベントに来たいね」など、さりげなく会話の中に盛り込むことによって、こちらが彼に対してこれからも一緒にいたいという思いを抱いていることをさりげなく伝えることができます。彼にもこれからあなたと共に歩む姿を想像してもらえれば、後の告白に有効に働くことでしょう。

コツ6:チャンスは逃さない

すでにお察しのことと思いますが、告白までの流れをイメージし、プランニングすることはとってもとっても大切です。

しかし、タイミングとは思いもかけない所で突然訪れることも有ります。何気ない会話の流れから、気が付いたら告白するのにとても良い雰囲気になっていた、というご経験は無いでしょうか。そういう時、「え?もしかして今?」と困惑してしまうと思いますが、この場合思い切って言ってしまった方が良い結果が出やすいです。

後で言おうと思っていたタイミングでも、同じように良い雰囲気になるかは分かりません。何かしらのトラブルで予定を消化できない事だって有ります。そして、チャンスを逃した時の後悔は私たちをひどく苦しめます。「あ、今いい雰囲気」と感じたら、チャンスを逃さないように勇気を出して言ってみることをおすすめいたします。

コツ7:セクシーさは程々に

露骨に体の関係をにおわせることは相手に「軽い女」という印象を与えてしまいます。せっかくのあなたの真剣な気持ちが、相手には「遊び相手」として映ってしまったら元も子もありません。

服装にも会話にもセックスアピールは控え目にすることが望ましいでしょう。かと言って全くアピールしないのもあなたの大人の女性としての魅力を損なってしまうため良くありません。

男性は、本能的にハッキリ見えるものよりもチラリと見えるものにより惹かれるように出来ています。過剰なアピールは控えて、かと言って全く見せないでもない、少しにおわせるぐらいが丁度よく男心を射止めるでしょう。

まとめ

3回目のデートはお互いの関係をハッキリさせる節目だと思います。ダラダラと半端な関係を続けず、勇気を持って告白するのは、とても前向きで素晴らしいことだと思います。

頭も気持ちもいっぱいいっぱいになり、変なタイミングで突然告白。なんてことがないように、いつどのタイミングで言うか、そのためにどこへ行くか、などの準備はしっかりとしておきましょう。

チャンスが来たら逃さずに思い切って言うのが大事です。準備をしっかりしているとそのチャンスを間違えずに捕らえることができるでしょう。

3回もデートに応じているということは、きっとお相手の方もあなたに対して好意を持っているはずです。心配ご無用。あなたの素直な気持ちを伝えることができれば、きっとよい結果に結びつきます。

みなさまの成功を心からお祈りいたしております。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -