ケムトレイルとは。飛行機雲と違うの?目的は地球温暖化・紫外線対策と言われるけど…

ZUB_DSC_0347_TP_V

あなたは“ケムトレイル”という言葉を聞いたことがありますか?知らないと全く気になりませんが、知っている人にとっては、不安で『空の雲』を見てしまう一因になっているのです。

都市伝説とも、陰謀とも、デマとも言われる“ケムトレイル”。

様々な情報が錯綜していますが、現時点で分かっていることを皆さまにご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもケムトレイルとは?

TAKEBE_micyatta_TP_V

ケムトレイルとは?

飛行機雲のように筋上の雲が何本も出ていたら、それは『ケムトレイル』かもしれません。そうです、ケムトレイルとは、雲のことです。そして、その雲に隠された秘密のことも含まれます。

まず私たちがケムトレイルだと、見て分かる部分は、

“飛行機雲のように筋状の雲が何本もあり、それがなかなか消えない”

という特徴です。パッと見では、まっすぐ伸びる雲を見て飛行機雲と思うかもしれませんが、“雲筋の本数が多い”“時間が経ってもなかなか消えない”という点が異なります。一機の飛行機から何本もの雲が出たり、飛行機が何度も往復したり、複数の飛行機が飛ぶからです。

そして、この“ケムトレイル”が、世界中で賛否を問われています

ケムトレイルの何が問題?ただの雲ではないの?

ケムトレイルが雲だという事がお分かりいただけたと思いますが、ただの雲ならこのように話題にはなりません。

その問題点を知っていただくために、まずは“ケムトレイル”の語源をご覧ください。まずは元になった“飛行機雲”を英語で書くとこのようになります。

飛行機雲 = contrail(コントレイル)

トレイル自体に“通った跡”という意味があり、飛行機雲は“飛行機が通った跡”ということになります。

一方、ケムトレイルは英語ではこのように綴ります。

chem trail = chemical trail(ケミカル トレイル)

ケミカルとは化学物質のことを意味します。ケミカルトレイルを飛行機雲にたとえて“ケムトレイル”と呼んでいます。

飛行機が空を飛ぶときエンジンから排気ガスが出ますが、その排気ガスには水分(水蒸気)が含まれています。それが空気中の水分とくっついて水滴になったり氷になったりして飛行機雲になります。ですから、基本的に飛行機雲とは水分で出来た雲です。

一方、ケムトレイルは飛行機から空中散布された科学物質です。水で出来た雲ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケムトレイルで撒かれる化学物質とは?

ZUDSC_9853_TP_V

世界中話題になるケムトレイルの謎

ケムトレイル = 科学物質の散布

と聞いて、不安になったり怖いと感じた人も多いのではないでしょうか?

世界中で賛否がある理由がまさにそこで、『なぜに?誰が?何のために?』このようなことをしているのかがはっきりしないため、情報が錯綜しているのです。

一部の大手メディアでもこのケムトレイルの話題を取り上げたり、内部告発情報としてインターネットなどで流れたりしており、その内容から何かの陰謀では?とささやかれています。

世界各地の主に先進国で、ケムトレイルと思われる“雲の目撃や写真”が残っています。ちなみに、日本でもケムトレイルの報告があります。他人事ではありません。

その化学物質とは?

世界中でケムトレイルからの散布物について、研究が行われています。地域によるのか、様々な研究結果が出ていますので、その一部をご紹介します。

  • 繊維の糸のような形状である
  • バイオ活性物質・ポリマー微粒子が含まれている
  • アルミニウム、ケイ酸バリウムが含まれている
  • インフルエンザウイルスが含まれている
  • 極微細なロボット(センサー)が含まれている

到底一般人が研究できるような物ではありませんので、個人での判断は出来ませんし、にわかには信じられませんが、それぞれに根拠を持って発表されている内容です。

ケムトレイルの影響は?

上記のような科学物質が与える影響が気になりますよね。

一説には様々な病気を発生させたり、健康に被害を与える物質が含まれている場合があるともいわれています。

また、ケムトレイルで散布したあとは、しばらく空で消えずに残ります。

その雲状の散布物が地表からの熱くなった空気を逃さないので、温暖化の一因となっているという考え方もあります。世界中で地球温暖化防止が叫ばれていますが、その温暖化の原因になったのは実はケムトレイルでは?ということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ?誰が?何のため?ケムトレイルの秘密

yukirouSDIM3239_TP_V

各国政府の公式見解とは?

この『飛行機からの散布』については、アメリカとドイツが気象をコントロールする目的で行っている点については認めています。人口的に雨を降らせたり、気温をコントロールするのが目的の行動です。

この気温のコントロールというのが、先ほどの“温暖化の原因になる”という説と真逆で、温暖化を防ぐための手段だと発表されています。太陽光を遮断して防ぐ、というものなので、太陽熱をふさいだり紫外線を遮断するための対策になるというものです。

ちなみに、両国とも健康被害があることについては何も語っていません。

他の国や日本の政府の公式見解はありません。もちろん空中に撒くということですから、全く国(政府)が関与していない、とは考えにくいのですが、ケムトレイル自体、無視されている状況です。

一般人が、そこに謎があるように感じてしまっても不思議はありませんよね。

ケムトレイル研究者たちによると…

世界中の先進国で、このようなケムトレイルの報告があり、それぞれに研究者がいます。

そして研究者たちが、そろって口にするのが『政府の陰謀論』です。陰謀論をまとめると以下の2種類になります。

【陰謀論 1 】

政府は気象コントロール(温暖化防止)のために、空中から『何か』を散布。しかしその物質は、体に悪影響のある物質で、金属やウイルスなどが含まれている。知らず知らずの内に、吸い込んだり、食べ物と一緒に口に入るなどして、健康被害をおこしていく。最終目的は人口削減である。

この人口削減目的には、続きが2種類ほどあります。

一つは、食料危機や石油危機などから特権階級の人々を守るため、必要のない人(人種や国で、または戦争している地域などを)選別して人口を減らしていくこと。

もう一つは、統一世界を作るために人口だけでなく作物にも影響を与えて、この地域ではこの植物しか育たない、という風に世界をコントロールしていくため、というものです。

【陰謀論 2 】

陰謀論1と同様に健康被害を起こす。政府と製薬会社は手を組んでいて、散布した薬剤の影響で出た患者数を調査したり、新たな薬品を作って利益を得ることが目的。

このような細菌散布実験は、政府にも製薬会社にもメリットがあるということでしょうか。

実際、近年の動きと当てはまるところがある

陰謀論1でも2でも、たしかに、政府や製薬メーカーにとってはメリットがあるといえます。例えば、世界中である作物が病気になって育たなくなった場合、1社の製薬メーカーのみがその特効薬を作っていたらどうでしょうか?

それに、近年喘息やうつ病が増えているということも当てはまります。さらに、鳥や魚が大量に不審死をしていたことがありましたが、こちらもちょうど当てはまりますね。

もちろん反対派の意見もあります

max16011508-2_TP_V

都市伝説では?と感じる人

そもそも、ケムトレイルを見たことがないという人にとって、これは都市伝説となっています。

今は写真を合成したり修正をしたりすることが簡単に出来てしまうので、『これが証拠写真だ!』と出されても、あまり信憑性がなくなっているので当然の反応ではないでしょうか。

それに、あまりに日常生活から離れており、政府の陰謀などと言われても現実離れした映画の中のお話にしか感じませんよね。

デマだという証拠を集めている“非ケムトレイル”な人々

ここではご紹介していませんが、ケムトレイルの証拠とされる写真はたくさん出回っています。ちょっと検索すれば、簡単に見ることが出来ます。

これぞケムトレイルというような飛行機雲のような写真や、散布している飛行機内部の薬品タンクの写真、飛んでいる飛行機の噴射口から化学薬品が出ている写真など様々です。

しかし、非ケムトレイルな人々が『実はこれらは全く関係ない別の写真を、いかにもケムトレイルの様に見せかけたものだ』と、証拠を挙げているのも事実です。

例えば、薬品タンクの写真は、“新型飛行機の重心テスト(その他付随するテスト)の写真”で、タンクの中身はただの水であることが暴露されています。要は左右の重さバランスを変えて、荷物や乗客の配置を決めていくときに使うものなんですが、タンクが並んでいる姿がいかにも薬品を積んでいそうな雰囲気を出しているのです。

飛行機から薬品を散布している写真も、実は翼周りの空気の渦を見やすくするための水だと暴露されています。

そもそも空中散布して、地上まで届くのかという疑問

怖い話が多いので、不安を持った方もいらっしゃるでしょうが、同時にたくさんの疑問がわいたのではないでしょうか。

「そもそも、空中散布したものが地上まで届くのか?」

「世界中でしている陰謀って隠し通せるの?」

「人口削減させるっていうけど、増えているよね?」

など疑問はあるかと思います。

ちゃんとそういった疑問に対する答えを出している専門家もたくさんいます。もちろん、ばかばかしいと取り合うこともしない専門家がいるのも事実です。

どちら側から見ても疑わしいところはあるのがケムトレイル

ケムトレイルを信じている人も疑っている人も、どちらにも根拠があり、結局どっちなの?と思うことがあるでしょう。“政府”や“陰謀”という説が出てくるので、信憑性が高いような気もするし、逆に真実みに欠ける部分も感じると思います。

ただ、実際にケムトレイルを日本上空で見た!という目撃情報があることは事実ですので、ただの飛行機雲ではない“何か”があるのかもしれません。

どのように考えるのかは、ご自身で判断なさってくださいね。

まとめ

ケムトレイルとは何か?からご紹介しましたが、皆さんはどのように感じましたか?

馬鹿馬鹿しいと一蹴するには情報がありすぎますし、本物だと断定するには大掛かりすぎて難しいのではないでしょうか?

まだまだ謎が多いケムトレイル。たまには空を眺めて探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -