好きな人の告白を誘うモテる女の小悪魔テク7選!急接近も可能?攻める3つのコツとは

IMG_1211
この記事は2015年11月2日の記事を再編集したものです。

好きな人の告白を待っているのに、ちっともそんな気配がない!!そんな状況にイライラしてしまったり、待つのに疲れてしまったりしている女性は多いかもしれません。そんな人は、もう待つのをやめて、いっそ女性からデートに誘ってみてはいかがでしょうか?

「断られたらどうしよう…」そんな気持ちはわかりますが、モテる女は積極的に好きな人にアプローチ、自分自身で望む結果を勝ち取っています。告白を誘い出し、急接近しちゃうことも可能!男性を誘う小悪魔テクを7つご紹介します。

スポンサーリンク

能動的に攻めて急接近!好きな男性をデートや食事に誘う3つの方法

IMG_6457

1.素直に好きな人に会いたいと言う

女性からデートに誘われて嫌な気持ちがする男性はまずいません。まずそれだけでも女性にとっては有利なのです。そして、一番効き目がある誘い方は単刀直入に言うことです。

難しいことを考えないで、「○○さんに会いたい」とか、「○○さんと出かけたい」といったことを彼に言ってみましょう。たとえ、ぶっきらぼうな態度だったとしても内心はにんまり、のはずです。

2. モテる女は諦めない

突然ですが、宝くじによく当たる人というのは、何をしていると思いますか?神頼み?ゲン担ぎ?実は当たり前すぎて多くの人が気づかないことなのですが、「くじを買う」という行為を人一倍しています。

くじを買うときに「外れたらどうしよう」となどは考えず、行動に移し、外れても諦めずにまたくじを買うのです。こうやってくじに当たるという成功を手に入れています。成功する人というのは、失敗を恐れずできる行動は全てしています。

それと同じで、モテる女というのは断られることを恐れず、断られても諦めずまたデートに誘います。デートに行きたいのなら断られることを恐れず自分で行動すればよいのです。

3. 好きな人の趣味をリサーチ

好きな人がどんな趣味をもっているか、好きなことはないかといった情報をリサーチ、チェックしましょう。

例えば映画が好きなら映画に誘ってみる、野球が好きなら野球観戦に誘ってみるなど、好きな人の趣味をリサーチし、その好みを押さえたデートに誘えば、彼も「行きたい!」と思うはず。デートに行く場所を彼に合わせて慎重に選んでみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼も思わずうんと頷く?ベストな誘い文句とは

IMG_2688

好きな人には単刀直入に!

「○○さんと出かけたいな」、「○○さんに会いたいな」そんなストレートな言葉はそのまま男性のハートを射抜きます。断られたらどうしようとか、嫌がられるかもしれないなどと難しいことを考えずに、ずばり好意を伝えてしまえば良いのです。

はっきりとした態度でいると男性も動きやすいですし、これで誘いに応じたら彼にも好意がある証拠。告白まではあともう少しです。

好きな人に相談にのってもらう

性格もあるでしょうし、様々な境遇、立場もあるでしょうから、「いや、私は絶対に単刀直入になんか誘えない!」という人もいることでしょう。そんな方におススメなのが「相談に乗ってもらいたいことがあるの」と好きな人を誘う方法です。

男性は困って頼ってくる女性を微笑ましく、嬉しいと思う人がほとんどです。例えば仕事の相談があるとか、仕事に必要なことで聞きたいことがあるという口実があるなら、2人きりで会うことも可能です。

具体的な日にちをあげて誘う

「今度駅前にできたレストランにお食事に行きませんか?」「いいね、行こうよ」などという男女の会話は、その時限りで終わってしまうことがほとんど。約束がそのままになってしまうのは、いつ行くかという情報がないから、忘れてしまったり、その場限りで話を合わせたりしやすいのです。

「来週の金曜日の夜はどうですか?」、「私は○日なら大丈夫です」とか、具体的な日にちをあげて誘うと、その約束は実現しやすくなります。「今度」、「いつか」、「いつでもいい」などという言葉は彼を積極的に誘うなら、禁止ワードだと思ったほうが良いです。

彼氏がいないことを匂わせて誘う

「私彼氏いないの。募集中!」なんて言う必要はありません。むしろそれは逆効果で、誰にでも言っているように受け取られてしまいます。そうではなく、「この子は彼氏がいないのかな?いないみたい」と思わせるのです。

例えば、「ラーメン屋って女子一人で入るのは勇気がいるので、今度一緒に行きませんか?」といった具合です。ただ誘っているだけでなく、ラーメン屋に一緒に行く男性がいないという情報も含まれているのです。

好きな人におねだりモードで誘う

特に年上の男性に効果があるのが、「おねだりモード」。年下女性から頼られると嫌とはいえない男性の心理をうまくデートのお誘いに活かします。「お願いっ!連れて行って」などとかわいく男性に迫るのもあり。

「仕方がないなあ」と言いつつ、まんざらでもないといった態度をとることでしょう。1つ気をつけるのは、このおねだりモードで本当にデートに行った場合は謙虚に対応することです。

というのも、「ご馳走してもらうのが目的だったのか?」などと見返りを求められたと勘違いされると、その後が上手くいかなくなってしまいます。「もちろん割り勘でいいです」とか、「お気遣いすみません。本当にありがとうございます」といった相手への配慮を忘れずに。

モテる女は軽く誘う

女性からデートに誘うときは、やはり断られたらどうしようと思い、緊張気味に誘う人が多いです。しかしこれでは、緊張が相手にも伝わってしまい、誘われたほうはとても気が重く、付き合わなければいけないのではないかとか、断りにくいなあといった風に考えがちになります。

そうなると、せっかくのデートもどこか重苦しい雰囲気になってしまいます。誘うときはダメ元くらいに軽い感覚で誘うのがポイント。「もしよかったらでいいけど」などという文句をさらりと付け加えると、最初から期待しない分、気も楽ですし、相手も簡単に誘いに応じてくれやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人の魅力を振りまいて!相手の告白を誘うモテる女の小悪魔テク7選

IMG_0570

1. モテる女ファッション

さあ、いよいよ好きな人とデートに出かける約束をすることができました。あとは大人の女性の魅力を振りまいて相手の告白を誘うだけです。男性は女性を視覚的にとらえる傾向があり、初デートでのファッションはその後の印象を決めかねないほど、重要なものです。

モテる女ファッションがおススメ。いつもスニーカーやジーンズをはいているなら、そのときはスカートやブラウスでといった具合に女性らしさを意識しましょう。あまり露出が多いと品がなく見えるので注意が必要ですが、ちょっとしたチラリズムは男性を刺激します。

ブラウスの袖から見える細い腕とか、長いスカートから見える足首といった具合です。見えないところを想像させましょう。

2.好きという言葉を連発する

自分から彼に好きだと言わなくても、「そんな○○さんって大好きです」とか、彼の持っている物を「私もこういうの、好きです」といった具合に会話の中に「好き」という言葉を織り込んでいきます。会話に色気がちりばめられ、無味乾燥な事務的な会話にならずにその場が楽しくなることでしょう。

3. 好きな人のパーソナルスペースを攻める

人には誰でも「パーソナルスペース」と呼ばれる範囲があり、それは概ね45cm以内と言われています。つまり、45cmを越えて他人が入ってくると多くの人がその距離を「近い」と感じます。その45cm以内に自然な形でなるべく入るようにするのです。

例えば、飲食店なら向かい合わずにカウンター席に座るとか、スマートフォンの写真を見せるときにぴったりくっつくといった工夫はできるはずです。「ちょっと近いな」と男性がドキドキする心理を上手く利用しましょう。

4. ボディタッチを会話におりまぜる

パーソナルスペースにも似た効果を発揮するのが、ボディタッチです。彼と会話するときにさりげなく彼の体の一部に触るようにします。

例えば、一緒に並んで歩くときに肩をぴったりくっつけるとか、「ゴミがついているよ」と、彼の襟元のゴミをとってあげるなどという具合で、あくまでも自然にやることが大切です。概ねボディタッチは男性の心を高揚させる効果があります。

5. 好きな人にはゆったりとした口調で話す

早口でまくしたてるような話し方よりも、スローテンポで女性らしく話してみると彼は女性らしいあなたにドキッとするでしょう。

できれば、声は少し小さめくらいで、言葉遣いも普段より丁寧だとなお良いです。上品で柔らかい物腰の話し方の女性には男性は魅力を感じてしまうもの。気品を全面に出しつつも奥に色っぽさを感じさせると理想です。

6. 好きな人を見つめてみる

視力が悪いために、人の顔を見つめながら会話する癖がある女性の逸話があります。彼女と会話した男性は全員「自分に好意があるのでは?」と勘違いしたのだそう。つまり、男性は見つめられると好意を感じてその人のことが好きになってしまう傾向があります。

会話が止まったときにじっと見つめたり、話を聞いている間に微笑みながら彼の目を見つめたりしてみてください。きっと彼はドキドキするはずです。

7. リップグロスを塗ってみる

女性のセックスシンボルとも言われる唇。デートの前はお肌だけでなく、唇のケアを忘れずにしていきましょう。美しくケアした唇を強調するようにリップグロスを塗ってみて。ぷっくりとした唇に彼の目はくぎ付けになるかも。

食事をするなら、食事中も唇に意識を集中させることを忘れずに。ぺろりと唇を舐めるのもセクシーですが、あまりやりすぎないように。

まとめ

いかがでしたか?彼の告白を誘う小悪魔的なテクニックを中心にご紹介しました。草食男子や奥手男子が増えている今、男性からの告白を待つというのが女性であるという観念は少々古いかもしれません。女性から積極的に自分の魅力をアピールして彼を誘ってみるのもアリ。

小悪魔的な大人の女性の魅力を使いつつ、積極的に自分から動いて、どんどん望む境遇や幸せを手に入れていきましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -