W不倫で最悪の結末に…妊娠したらどうすればいいの!?7つの対処法を紹介

a0002_004055_m
この記事は2015年12月7日の記事を再編集したものです。

不倫には悩みが尽きないといわれているにもかかわらず、不倫にはまる女性が増えています。立場が同じであることから、似た者同士で上手に関係を築けると思われていますが、W不倫の結末はある程度予測がつくのではないでしょうか。

もし仮にW不倫をしている最中に妊娠してしまったならば、いったいどうしたらいいのでしょうか?不倫相手との間にも大きな波風が立ち、妊娠をきっかけに不倫がバレてしまう可能性もあります。不倫がバレたら確実に修羅場を迎えるでしょう。

最悪の結末を迎える可能性を持った、W不倫で妊娠してしまった時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

最悪な結末しかない?W不倫の危険性

3663260001_b07a199931_z
photo by Dave Shafer

バレる可能性も傷付ける人も2倍

浮気や不倫は秘密の関係、そのスリルが醍醐味ともいえ、マンネリ化してしまった生活の刺激やスパイスになるといえるでしょう。ですが、家庭がある男性と浮気をすると、不倫に対する疑惑を持たれる可能性も倍増し、一緒にいる所を見られる可能性も傷付ける人もすべて2倍になるのがW不倫です

徹底的に秘密にするように心掛けても、どこからほころびが出るかわからず、スパイスどころか劇薬になってしまうかもしれません。




どんな夫でも妻の不倫を絶対に許さない

浮気は男の甲斐性といわれますが、どんなに優しい夫でも妻の不貞行為は許さず、離婚を迫られたことも考えられます。理不尽なことに夫が不倫をした場合は妻は夫婦の再構築することが多いのに反して、妻が不倫した場合には離婚となる傾向が高いといわれています。

帰る場所があるのが不倫のメリットでもありますが、夫に不倫がバレてしまったならば帰る場所はなくなると考えてください。

さまざまな制裁を受ける

夫に離婚を迫られた場合には夫に非がないならば、自分が慰謝料を請求され、不倫相手も不倫がバレた場合には相手の配偶者から裁判を起こされ、慰謝料を請求される可能性があります。

慰謝料などの経済的な制裁だけではなく、不倫をしていたことが周囲の人にも知られてしまった場合、尻軽女のレッテルを貼られてしまい、気まずい環境に置かれるかもしれません。悪事千里を走るということわざもあり、影響は夫や子供にまで及ぶ可能性があります。

失うものが多い

W不倫は失うものが多いということを覚悟しておかなくてはなりません。帰る場所、夫や子供、実家にも知られてしまったなら、両親さえも自分を許してくれないかもしれません。慰謝料を請求され、経済的にも厳しくなった状態になり、年齢によっては新しく仕事を探そうとしても難しいことも考えられます。

ちょっとした火遊びのつもりで始めた不倫によって、身も心もボロボロになり、1人残されることになってしまいます。

不倫相手とも別れる羽目に

不倫をしていた相手と再婚すれば1人にはならないのでは?と思うかもしれませんが、相手も同じようにつらい立場になっており、助けたいという思いがあっても、力はないと思った方がいいでしょう。

男性は社会的なことや経済的なことも考慮すると、保身に走り配偶者との再構築を望みます。また不倫をしていた時に相手がどれだけの気持ちを持っていたか、2人の関係性が影響してくるため、不倫相手との再婚は望めず、仮にできたとしても厳しい現実と苦しい生活になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレたら確実に修羅場!W不倫で妊娠してしまった時の7つの対処法

5183315447_cb1b6e764f_z
photo by alexisnyal

パニックにならず落ち着く

しっかりと避妊をしていたにもかかわらず、不倫相手の子供を妊娠してしまったら、思いもよらぬことにパニックになってしまうでしょう。しかしパニックになっている場合ではなく、しっかりと責任を持って決断しなければなりません。

時間は限られており、悩んでいる暇はありません。そのためにもまず、落ち着いて状況を受け入れましょう。自分の中に命が宿っており、その命をどうするかは、すべて自分に責任があるのです

冷静になれる状況ではないのはわかりますが、男性にとって妊娠はどこか自分とは別の次元で起こっていることのように捉えられるものでもあります。逆に男性がパニックになってしまう場合もあり、どちらにしても女性が冷静になる必要があります。




不倫相手に相談する

W不倫の末に妊娠してしまった場合、まずは不倫相手に相談しましょう。1人で考えてもネガティブな思考に陥るだけです。妊娠は2人の責任であり、不倫相手は子供の父親です。立場がどうあれ、妊娠したことを知らせることが大切であり、責任を果たす義務があります。

2人で子供をどうするか、お互いの立場から考えて、しっかりと話し合いましょう。一方的な考え方を相手に押し付けるのではなく、お互いが納得できる方法が見つけられるような話し合いが求められます。

話し合いどころか、妊娠を伝えた途端に相手と音信不通になってしまう可能性もあり、残念ながらそれだけの男だったという最低な結果となるでしょう。

産むか、産まないかの選択

妊娠した結果、選ばなければならないのは産むか、産まないか、の選択肢です。不倫相手に相談してすぐに「堕ろせ」と言われる可能性もあります。そんな男の子供でも産み育てて、愛せる自信はありますか?

不倫相手が何と言おうと最終的に選択するのは自分であり、育てていくのも自分です。子供の命を守る責任が母親にはあります。命は大切なものですが、現状の自分ができる選択はどちらなのか、出産を想定した話し合いも必要であり、問題を1つずつクリアにしていきましょう。

何より時間が大切なのは、産まない選択をする場合で、中絶ができる期間は限られているためです。母体へ負担が出るために中絶は妊娠21週目までと決められています。

中絶ができる期間であっても体には負担がかかり、精神面へも影響します。お互いの配偶者に知られないためだけに中絶をすることだけは絶対に避けてください。

不倫相手と籍を入れる

産む選択をした場合にはいくつかのケースがあり、1つは不倫相手と籍を入れて生まれた子供を一緒に育てていくケースです。そのためにはお互いが離婚することから始めなければいけません

不倫をした側、つまりは自分たちが離婚を申し出た場合、配偶者の了承が得られなければ離婚ができないため、朝廷や裁判に発展するかもしれず、膨大な時間を費やす可能性があります。

離婚に応じてくれたとしても、自分たち両方がお互いの配偶者から慰謝料を請求されることも考えると経済的には大きな負担となるでしょう。

夫にバレないように堕胎して再構築する

妊娠をきっかけに不倫相手と関係が冷めてしまうこともあり、その場合には夫にバレないように堕胎、中絶は行えますが、手術を受けるには保険は適用外であるため、全額負担となると高額な費用が必要です。13週以降は入院が必要であり、21週に近づくにつれ、費用は増していくと考えてましょう。

中絶にかかった費用は不倫相手に負担してもらうのが望ましいですが、それさえもしてくれない男性もいるでしょう。夫にバレないように費用を捻出し、手術を受けた体でいつもと同じ生活をするのは難しく、さらに夫婦の関係を再構築していくには、精神的によっぽど強い忍耐を持った人でないと難しいのではないでしょうか?

ですが、それが自分が選んだ道ならば、貫くしかありません。中絶は体に負担を与えるものなので、体調がすぐれない演技でごまかすなどして、体に無理が掛からないようにしてください。

あくまで夫の子供として育てる

不倫中であっても夫との間に性交渉があったならば、実際にDNA鑑定をしてみなければ、どちらの子供かわからないでしょう。

ですが、あくまで夫の子供として育てると決めたなら、不倫をしたことも子供を産んだことも、すべて自分1人の責任としてやましい心も子供に対する申し訳なさも、決して表には出さずにお墓の中に持っていく覚悟を決めてください

もし仮に夫が不審に思い、子供のDNAを鑑定した場合には、秘密がバレて修羅場となるでしょう。子供にも自分は父親の本当の子供ではないことがバレてしまい、信用をなくしてしまうでしょう。

夫からは離婚を迫られ、不倫の関係が終わった後でも、家庭崩壊の危機はいつやってくるかわかりません。

シングルマザーとして育てていく

不倫相手と夫、どちらともうまくいかなかった場合にはシングルマザーとして1人で子供を育てていく道しか残っていません。不倫相手の子供でも法律上は夫の子なので、夫からは養育費を不倫相手には認知と養育費をもらえれば、ラッキーな方です。

しかし慰謝料を支払っていかなくてはならず、金銭面では大きな負担を強いられます。その他にも不安なことは山ほど出てくるでしょうが、どうしても耐えられない時には、ダメ元で実家を頼ってみるなど、すべてを自分1人で何とかしようとは思わないでください。

また公的な助成や手当金、減免や割引制度など、母子家庭を支援する制度が用意されていますので、参考にしてみてください。

子供には自分だけしか親がおらず、苦労を掛けるでしょうし、万が一のことを考えると不安は尽きないでしょうが、子供を育て上げることが、自分の使命と覚悟を決めてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それでも幸せになりたい!最悪な結末を避けるために必要な心構え

5229816821_34f69588b2_z
photo by whologwhy

最悪の結末を迎えてからでは遅い

W不倫の結末としてここまで述べてきたのは代表的なものだけであり、他にも小さなトラブルは山ほどあります。最悪な結末を迎えてから後悔しても遅いのです。

ほんの一時の遊びのつもりが不倫相手に本気になってしまうかもしれず、不倫では何も得るものがないことを知り、むしろマイナスになるばかりだと気付いてください。

遊びが人生を狂わせてしまい、失ってしまったものの大きさに気付いても、元には戻らず、寂しさと虚しさしか残らないでしょう。




不倫にのめり込む原因を正す

不倫にのめり込む原因と考えられるのが、家庭や夫への不満、女性としての寂しさなどであり、不倫がもたらす非現実な世界や優越感はとても魅力的に見えることでしょう。ですが、それを味わえるのも短い時間だけで、すぐに不倫に対する不満が出てくるでしょう。

それでも不倫にのめり込む理由を自分で意識したことがありますか?生活への満足感のなさが不倫に走らせているのです。自分が置かれた状況で満足していれば、他の人間を介入させる必要はありません。

不倫は現実逃避であり、相手がいることから共犯者がいる楽しさもありますが、それだけ傷付ける人も増えていきます。自分の問題から目を逸らさずに夫との関係を修復したり、趣味を見つけるなど、満足度を高めるための努力が必要です。

不倫をやめる覚悟を

最悪の結末を迎えた場合に必要な覚悟と不倫をやめる覚悟、どちらがたやすいことか天秤にかけてみてください。恋に夢中になっている場合には天秤の傾きを無視してしまいたくなるでしょう。

恋愛が好きで、恋に夢中になっていても年齢を重ねていくうちに、誰も相手をしてくれなくなります。両親や友達、親しい人との関係も疎遠になり、頼れる人はどんどんと離れていくでしょう。

本当に幸せになりたいと思うのならば、早く不倫をやめる覚悟を持ちましょう。

まとめ

W不倫で妊娠してしまった時の対処法や最悪の結末を避けるための心構えを紹介しましたが、いかがでしたか?

いくら避妊をしていても100%ではなく、性交渉があれば妊娠の可能性があり、快楽に酔いしれていたとしても一気に目が覚めてしまうでしょう。

1人の人間の命がかかっており、自分自身の人生もかかっています。不倫ごときで大げさな、と思われますか?避けて通れる道があるのに、あえて茨の道を選んで歩く人はいないでしょう。

不倫は良い香りがするバラが咲いた茨の道です。香りにだまされて、人生をめちゃくちゃにししてしまわないように、自ら律する心を持ってください。

ここまでご拝読いただき、ありがとうございました。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -