アラサーになり結婚を意識…未だにプロポーズしてくれない彼をその気にさせる方法11選

738059e7a4a9668bb72a950925fed494_s

楽しく過していればOKだった20代も後半に差し掛かり、30歳という年齢の節目を迎えると、「結婚」と言う2文字が頭にちらつく人も多くなりますよね。

けれど、結婚はやはり相手がいて成り立つもの。自分だけが結婚したくても彼が結婚を意識していなければ、「プロポーズ→結婚」とは順調に行かないものです。あなたの彼は結婚を意識してあなたと付き合ってくれていますか?それとも未だにプロポーズする気配もない?

彼が未だにプロポーズしてくれないというお悩みを持ったアラサー女性に役立つ情報をお届けします。

スポンサーリンク

もしかして自分のせい?彼がプロポーズしてくれない理由とは

IMG_2772

アラサーならではの焦りが原因

まず、なぜ男性がプロポーズしてくれないのか?その理由を考えてみましょう。一般に出産年齢のリミットがない男性の方が、結婚に対してのんびりと構えがちです。また経済的なことがネックで結婚を切り出せないというケースも非常に多いです。

女性はアラサーともなると、年々妊娠や出産のリミットが迫ってきますから、結婚を焦りがちになる気持ちはわかりますが、この「焦り」が、彼がプロポーズを渋る最大の理由になりえます。イライラする焦りの気持ちは表面に出さなかったとしても彼に伝わってしまいます。

結果彼はプレッシャーを感じるあまり、プロポーズできなくなってしまうのです。また、冷静に考えてみるとプレッシャーを感じつつ義務感でプロポーズされるなんて気分がよくないと思いませんか?さらにそんな結婚をして幸せと言えるでしょうか?

焦りの気持ちがあるのなら、まずはその気持ちを解消しましょう。焦りがあるうちは何事も上手く行きません。




彼側で結婚の準備ができていない

概ね男性が「結婚の準備ができていない」というのは心の準備の問題です。彼が結婚に対して良いイメージを持っていない場合、結婚を後回しにする傾向があります。

例えば両親が離婚しているとか、友人が結婚して不幸だとか、そういった体験から結婚しようという気持ちになれないのです。結婚するとお小遣いが減るのではないかとか、他の女性と関係をもてなくなるから嫌だといったケースも含まれます。

さらに男性としてあなたを幸せにできないのではないか、といった自信のなさも理由になっている可能性があります。経済的に不安定だとか、安定した職業についていないというケースです。

多くの男性はいずれ結婚しようというくらいには考えていますが、今は「時期尚早」と考えているため、心の準備ができていません。

結婚したくない理由が女性にある

厳しいかもしれませんが、あなたの性格や立場、言動に結婚したくない理由がある場合もあります。例えば、言いたい放題で感情的になりやすいとか、ネガティブで情緒不安定といった女性には、男性は心の癒しや安らぎを見出すことができません。

「こんな女性と毎日一緒に暮らすだなんて耐えられない!」と思っているかもしれません。また、あなたが給料も男性より良く、完璧な女性である場合もそれが結婚の弊害になっている可能性があります。自分より出来の良い女性が妻になるということにプライドが傷ついてしまう男性もいるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

待っている事に早く気付いて!プロポーズしてくれない彼をその気にさせる11の方法

a0027_001924_m

1.さらりと結婚の話をしてみる

まずは彼にプレッシャーにならない程度にさらりと結婚の話をしてみましょう。そのために呼び出すとか、家族同伴で会うというのはNG。さりげなくいつものデートでいつも話すように持ちかけてみて。そうすると彼がどんな結婚へのビジョンを持っているのかがわかるでしょう。

結婚する気が本当にないのか、あるけどできない理由があるのか、結婚にどんなイメージを持っているかなどです。あなたが話すことで彼に結婚への意識が生まれます。




2.結婚したい理由を今一度確認!

あなたは結婚したいからプロポーズを待っているわけですが、どうして結婚したいか考えてみたことはありますか?周りが結婚するから?子どもが欲しいから?幸せなイメージがあるから?

例えば子どもは結婚しなくても産むことはできますよね。世の中にはシングルマザーで子育てをしている人はたくさんいるのです。また、籍を入れなくたって幸せでいることはできるはずです。

自分の結婚したい本当の理由を明らかにすることで、あなたの結婚への真剣度合いがわかります。その理由が彼の心を動かすかもしれません。

3. 結婚願望を悟られず優しく接する

あなたの性格がキツイとか、感情的になりやすいことがプロポーズの妨げになっているケースに有効なのが優しくすることです。彼は心の癒される人と結婚したいと思っていますから、そのような女性になるのです。

しかし、注意しなければならないのが、結婚願望を悟られないこと。結婚願望がわかってしまった場合は、結婚のためにあなたが変わったと思われてしまい、結婚したら元に戻るかもしれないと彼は恐れ、上手く行かないでしょう。

4. ある程度の経済力をつける

プロポーズをしてくれない理由が彼の経済力という場合に有効な手段です。つまり今の経済力のままでも結婚を意識していいよ、と彼に伝えるのです。経済力が理由でプロポーズをしない男性は、「家族を養うことができない男は結婚できない」と思いこんでいます。

ですから女性側にある程度経済力があると男性はホッとするのです。少なくとも「結婚したら私も働くから」などという経済力をこれからつける意思を伝えるのは必要です。

5. 彼の邪魔をしない女性になる

一般的に男性は結婚すると自分の時間が減るとか、他の女性と関わることができなくなるのが嫌だと思っています。そんな彼の価値観を邪魔しない居心地の良い女性になることで、「この人となら上手くやっていけそうだ」とその気にさせる戦略です。

とにかく彼が何をしても容認し、彼の邪魔をしない女性になるのです。結婚してもなお他の女性と浮気しようという考えの男性がいいかどうかはともかく、結婚しても容認してくれそうな雰囲気を出します。どうしても嫌なら実際に結婚してから、毅然とした態度で許さなければ良いのです。

6. 逆プロポーズをしてしまう

どうしても彼の態度が煮え切らないとか、プロポーズをしない理由がわからないといった場合、自分からプロポーズしてしまうのもありでしょう。結婚生活を送る上で、どちらが結婚を言い出したかということは何の関係もありません。実は彼から言って欲しいという願望は、長い人生においては小さなこだわりと悩みにすぎないのです。

7. 一度結婚のことは忘れ、幸せな交際を続ける

あなたの結婚への焦りがプレッシャーとなり、彼がプロポーズをためらっている場合は、一旦結婚のことは忘れて、彼と楽しい付き合いを続けることに集中することをおすすめします。あなたの焦りがなくなることで、彼はプレッシャーから解放され自由になります。

解放された状態で幸せな交際が続くと、自然と彼の方が結婚を意識し始めるでしょう。「押してダメなら引いてみる」のです。

8. 彼の家族のことを褒める

結婚というのは、家庭を築くことで、それは相手と自分がどんな家庭で育ってきたかということが強く影響します。彼の両親や家族のことを褒めるというのは、相手が育ってきた家庭を受け入れるというサインなのです。

あなたが家族のことを褒めると、彼は無意識に「この人とは上手く生活できそうだ」と思います。それが結婚を意識することに繋がっていきます。

9. 子どもやお年寄りに優しくなる

結婚するということは2人だけの関係ではなく、家族や親戚のつながりもあるでしょうし、これから子どもが産まれるかもしれません。彼には親もいるでしょうし、おじいちゃん、おばあちゃん、もしかしたら親戚の子どももいるかもしれません。

彼と結婚するということは、彼のバックにいる家族を大切にするということ。子どもやお年寄りなど弱者に優しい女性であることは、無意識に彼の家族も大切にしてくれそうだと彼に伝わります。

10. 性格の欠点を直す

彼がプロポーズをためらう原因が、あなたの性格の問題である場合、やはり性格を直すことは避けられないでしょう。プロポーズだけでなく、結婚してずっと彼といるのなら、いつかはその欠点が争いの火種になる可能性もあるからです。謙虚に受け止め、自分の欠点を改善していきましょう。

11. 結婚後のイメージを明確にする

結婚したらどんな生活をしたいかと具体的にイメージできますか?プロポーズを待つアラサー女性にありがちな間違いは、結婚がゴールだと思っている人がいること。結婚だけに憧れ、結婚することを目標としていると、結婚はしたもののエネルギー切れということになりかねません。

結婚後の幸せな生活のビジョンをもち、結婚のチャンスを待ちましょう。その幸せなビジョンが彼に結婚を意識させる原動力となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意識してもらえれば話は早い?彼にプロポーズしてもらう3つの方法

a0790_000722_m

結婚したいことをはっきり伝える

彼が結婚を意識し始めたとか、全く興味のなかった彼が結婚を考え始めたという様子が見えたならそれはとても良い兆候。そのタイミングで彼にプロポーズを促しましょう。

プロポーズをして断られるというのはとても嫌なことですよね?プロポーズする側というのはいつもそんな不安を抱えています。ですから、「私はあなたと結婚したい」という意志を言葉や態度であらかじめ伝えておくと彼も安心してプロポーズできます。




結婚してくれなければ別れると言う

これはかなり強硬な手段ですが、煮え切らない彼には「結婚する気がないなら別れる」と言うのもタイミングや状況によってはおすすめ。成功した場合は一気に結婚に進みますので、プロポーズへのショートカットとも言えるでしょう。

しかし、相手があなたをさほど好きではないとか、どうしても結婚が嫌だという場合は、破局に直結しますので、言うときはタイミングと状況をよく観察しましょう。ちなみに筆者はこの方法で結婚しました。

裏ワザとしては・・妊娠するという手も

プロポーズのための手段として使うのは、決しておすすめできませんが、実際にプロポーズをしたきっかけとして最も多いのが「妊娠」なのです。さすがに結婚をためらう男性も相手が妊娠してしまったら結婚しようと思う人が多いようです。

手段としてではなく、幸せに交際していたら妊娠してしまって、それがきっかけで結婚した!そのくらいの流れが理想ですね。

まとめ

いかがでしたか?結婚したいのにプロポーズをしてくれない男性にイライラするアラサー女性のお役に立てたでしょうか?人生において結婚前の付き合いより結婚後の付き合いの方が長くなる人の方がほとんど。

末永く幸せな生活が出来るよう、焦らずじっくり考えて幸せな結婚をゲットしてくださいね!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -