アラサー女子のスキンケア事情とは?肌の悩み別スキンケア用品の選び方9選!

IMG_8572
この記事は2015年10月20日の記事を再編集したものです

10代、20代の頃と比べお肌の状態が最も大きく変化する時期だと言われている30代。化粧品を変えるタイミングが掴めないまま、ずっと同じスキンケアを続けていると段々お肌の元気もなくなってしまうことに。

ここでは、アラサー女子のお肌の悩みのポイント、そしてアラサーになったら変えたいスキンケアのポイントについてお伝えします。化粧品選びの際の参考にしてください。また、肌のお悩み別解決方法もご紹介しますので、ご自分の肌に合った解決方法を試してみてください!

スポンサーリンク

年代に合わせたケアを!アラサー女子のスキンケア用品の選び方9選

IMG_8544

目的に合った成分を選ぶ

アラサーになると、お肌のトラブルはつきものですよね。でも、そのトラブルって人それぞれ違います。例えば、目の小じわだったり、シミやシワ、たるみだったりと実に様々です。

自分のお肌のトラブルに合った成分のスキンケア用品を選ぶことはとても大切なことです。目的に合った成分が入っていないスキンケア用品を使っていても意味がありません。どのスキンケア用品には何の成分が入っているのかなど、しっかりと成分を調べて選ぶことが大切です。

同じ化粧品ブランドで揃える

同じ化粧品ブランドで揃えるというのは、実はとても大切なことなのです。これをライン使いと言います。今、色んなブランドの化粧品を使っているという人はいませんか?ブランドを気ににせずに、良いと思ったものを手当たり次第使っているという人もいると思います。

実は同じブランドの物にすると、過不足なく美容成分が肌に送られるのです。ライン使いをすると自然と肌に必要な成分がまんべんなく補えるので、お肌にとっては大変いいことなのです。

保湿成分の多いものを選ぶ

アラサーになると気になってくるのが、乾燥ですよね。これは一番の悩みでもあります。乾燥がひどいと、シワやたるみの原因にもなってしまいます。乾燥とは本当にやっかいなもので、様々なトラブルの原因に。まだそういったトラブルが出ていないうちにケアしておくことが重要です。

セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分が配合されているスキンケア用品を選ぶようにし、しっかりと肌を保湿してあげましょう。冬場よりも夏場の方が紫外線などで乾燥しやすくなりますので、年中通して保湿するようにしましょう。

肌のハリをケアしてくれるものを選ぶ

アラサーになって初めて、肌の張りが失われていることに気が付く人も多いのではないでしょうか?今まで肌がつるっと張っていたのに、気が付けばハリが失われ、すこしたるんできているなんてことも・・・。年齢を重ねると、どうしても避けられないのです。

そんな時は、肌の張りをケアしてくれるものを選ぶと言いでしょう。レチノールやコラーゲンは肌のハリをケアしてくれるので、これらの成分のスキンケア用品を選んでみてくださいね。ケアをしっかりすると、ハリも徐々に戻ってくるでしょう。

国に定められた美白有効成分

アラサーは、美肌やシミが気になるお年頃でもあります。美白化粧水を使いたいけどどんなものが良いのか悩んでしまいますよね。本当に美肌になるのか不安になりながら使うなんてことはしたくないはず。

アスコルビルリン酸やアルブチンなどは、国に定められた美白有効成分です。そのため効果は期待でき、安心感もあります。これらの成分が配合されている美白化粧水を選ぶと、安心して使うことができるでしょう。

複数の保湿成分が含まれている

保湿をする化粧水とはいっても、保湿してくれる成分が少ししか入っていない化粧水などはNG。乾燥がひどいとあまり効果が得られない場合があるからです。肌の水分や皮脂が減少している今、少しの保湿成分では意味がないのです。複数の保湿成分が、バランスよく配合されているかどうかに注目して選ぶようにしましょう。潤いを与え、保ってくれるようなスキンケア用品が好ましいです。

使い続けられるものを選ぶ

アラサー女子にとって、使い続けられる化粧品を選ぶという事は最も大切なことです。たとえ良い化粧品を買っても、面倒でやらなくなったり、あるいは刺激や匂いなどが気になって使うのを嫌がったりすると、意味がありません。なので、選ぶときは毎日使い続けられるのかを考えなければいけません。使い続けて自分が苦痛に感じないかというのは重要なことなので、選ぶときにしっかりと考えてください。

まずはトライアルで試す

高保湿や美白化粧水などは、お値段がピンきりですが、良いお値段のものを買ったのにお肌に合わなかったとなるとすごくショックですよね。まだたくさん残っているのにすごくもったいないです。

そういう時にはトライアルで試してみるのが良いでしょう。一度ではなく、数回トライアルで試してみて、お肌への負担が少なく、トラブルもなければ購入に踏み切っても良いでしょう。まずは、合うか合わないのかを確かめるのが大切です。

刺激の少ないものを選ぶ

アラサーのお肌は、何か刺激のあるものなどを使うと過敏に反応してしまい、肌荒れの原因になってしまいます。治るのにも時間がかかり、最悪なことになってしまいます・・・。

そうならないために、肌への刺激が少ないものを選ぶようにします。本体にも刺激が少ないという記載が描かれているものがありますので、それを選ぶといいでしょう。または、使ってみて刺激がちょっとでもあるものは避け、使っていても苦痛にならず違和感のないものを選ぶようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肌トラブルや肌タイプで悩みは様々。肌の悩み別おすすめスキンケア用品

IMG_3298

乾燥肌

乾燥肌の人は、非常に多く一年を通して悩んでいるという人も少なくありません。乾燥肌の人は、とにかく保湿をすることが大切です。保湿をするだけではなく、しっかりとそれを保ってくれるようなスキンケア用品が必要なのです。

乾燥肌にはローションタイプの化粧水が良いでしょう。肌になじみやすく、しっかりと保湿してくれます。選ぶときはノンアルコールで刺激の少ない物にしましょう。潤いを長時間キープしてくれる化粧水を選ぶと、肌のうるおいも持続して気持ちよく生活できるのでオススメです。

シワ・たるみ

最近顔が変わってきたような気がしていませんか?それはシワやたるみが原因かもしれません。年齢を重ねることにどうしても張りが失われ、シワやたるみが起きてしまいます。これは避けられない現実です。

シワやたるみには、やはり高保湿化粧水が有効的です。コラーゲン強化成分やプラセンタなどの若返るための成分がたくさん入ったスキンケア用品を選びましょう。ハリのある明るい肌になるだけでも、年齢が随分若返って見えるのでしっかりとケアするように心がけてくださいね。

毛穴

小鼻の黒くポツポツした毛穴や、開ききってしまった毛穴にうんざりしている人も多いでしょう。化粧をしても隠しきれず、毎日ため息ばかりなんて人もいるのではないでしょうか?肌の衰えによって毛穴がたるんでしまうのが原因かも。たるんだ毛穴には、ハリを与えてあげましょう。ミルク成分のスキンケア用品を使うことで、しっかりと肌の奥まで浸透し、たるんだ毛穴にも行き届いてくれます。毛穴が広がっている部分に、ピンポイントでつけるのもいいでしょう。コットンなどに染み込ませて乗せておくのも効果的でオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキンケア用品と併せてしっかり取り組もう!肌の悩み別解決方法

IMG_3864renn

ニキビ肌の解決法

ニキビ肌の人は、お風呂上りでも30分もすれば肌が皮脂で脂っぽくなってきます。肌を触るとすぐにわかりますが、これはニキビ肌と言えます。

ニキビ肌を改善するには、水分と脂分のバランスを整えることが重要なのです。皮脂が出るからと言って、何度も拭き取ったりしていませんか?皮脂を必要以上に取りすぎると、皮脂を出そうと働くので余計に皮脂が出ます。気になっても、ちょっとふき取るだけにして、ハンディミストなどで肌を保湿してあげたりとバランスよくしてあげましょう。

乾燥肌の解決法

アラサー女子に多いのが乾燥肌。肌に粉が吹いていたり、乾燥して突っ張っているような感じになります。乾燥肌を防ぐには、化粧水などで保湿することが大切ですが、普段の生活でも気をつけましょう。

例えば、日ごろ会社でエアコンに当たっていると肌が乾燥しやすいので、机の近くにディフューザーや濡れたタオルを置くなどして、肌の乾燥を防いであげましょう。それだけでも、違いはすぐにわかるはずです。湿度を味方につけることで、乾燥肌から脱却できるでしょう。

シミ肌の解決法

今まで気が付かなかったけど、よく見ると色んな場所にシミができているなんてことはよくあることです。顔だけではなく背中にもできていることも・・・。シミは乾燥から起こっています。紫外線などで肌が乾燥し、シミになってしまいます。

シミ肌にはやはり、乾燥を防ぐような高保湿成分の化粧水などが有効です。他に、ストレスや寝不足なども関係しています。ストレスを溜めず、しっかりと睡眠をとることを心がけるようにしてください。内側からもシミの要因を消すように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか。アラサーのスキンケアといっても何を始めればいいの?と悩んでいた人も、スキンケアのヒントが見つかったのではないでしょうか。

アラサーと10代、20代前半との違いは「何もしなくても大丈夫」だった人でも、それぞれ肌の弱い部分からダメージを受けていくということ。これは、周りの友達がこうしているから自分もこうしたほうがいいということではありません。

まずは自分の肌ときちんと向き合い、欠点も長所も見てスキンケアを行いましょう。そうすることでアラサーだからと自分の肌に引け目を持つことなく、過ごすことができるはず。ぜひ今回の記事を参考にして、美しい肌を保ってください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -