アラサー必見!デートで失敗しない服装の選び方7選。行き先別のおすすめコーデも

IMG_2978
この記事は2015年8月28日の記事を再編集したものです。

ようやく漕ぎ付けることができた彼とのデート!事前の予行練習もイメージトレーニングもばっちり。でも肝心のファッションだけが上手く決まらなくて不安が募ってしまう・・・そんな経験はありませんか?せっかく楽しみにしていたデートも、ファッションで彼を幻滅させてしまっては落ち込むに落ち込めませんよね。

今回はアラサーの女性におすすめしたい、デートに失敗しない服装の選び方をご紹介します。映画館や遊園地など、行き先に応じたファッションコーディネートで楽しい時間を過ごしましょう!恋はいつになってもときめくけれども、もう子供じゃないアラサーという年齢。だからこそ、ポイントを抑えたファッションが重要なのです。

スポンサーリンク

どの行き先でも安心!デートの場所別おすすめコーディネート7選

6326211543_01cd28dd13_z
photo by Miguel Aguilera

繁華街へのデートの場合

長距離を歩く予定が無いのであれば、オープントゥやアーモンドトゥのヒールパンプスで美脚効果を狙いましょう。冬以外の季節でしたらレースアップタイプのものも女性らしさが出ていて男性はそそります。足元にレディース的な要素を持っていくのでしたらスキニーなどの身体にフィットするパンツが相性良しです。

ワイドなスタイルのパンツに合わせる際はバックルが大きめのベルトを用意し、トップスを中に入れ込むのも効果的です。その際はボレロやストールなどのたっぷりしたアウターを重ねることで、ボディと足首の細さを強調することができます。足元と挟むように髪飾りや帽子はフェミニン要素のあるものを選べば問題無いでしょう。

おうちでまったりデートの場合

あなたか彼の家でゴロゴロとまったりデートをするのであれば、毛玉が付きにくい素材のものが良いでしょう。また自分の服装も清潔感があるものの方が良いので、ニットやファーが付いているものは毛玉や繊維が飛ばないかチェック。彼の部屋に塵を残しそうで不安であれば控えましょう。

それ以外は素材においては特に問題ありませんが、座ったり寝転んだりしてもヨレづらいストレッチ性の高い服装を着ていくのが良いでしょう。春から秋口にかけてはキャミソールかタンクトップのタイトめなものを着用すれば、バストも強調できつつ背中や胸元のチラ見せもヌーディーにできて彼もドキドキです。

映画館デートの場合

映画館デートのファッションにおいて最も気をつけなくてはならないのが、観終わったて立ち上がった時についてしまうシワ。プリーツの入っているスカートなど、長時間の着席で型が崩れてしまいやすいようなデザインのものは避けましょう。ワンピースなども座る際はシワを伸ばしてからを意識してください。

ショートパンツやミニスカートなどの生足が出ているものですと、映画館の椅子の素材次第では蒸れてしまったり汗の跡が付いてしまうことも考えられます。なので夏なら通気性の良い素材の長めのパンツやロングスカートをおすすめしたいところです。デニムパンツだと暑いのでしたら、ガウチョやサルエルなども足の組み換えがしやすいです。

遊園地デートの場合

遊園地などのレジャーシーンでのデートでは、長時間動いていても疲れないようなコーディネートを優先します。ランニングシューズやスニーカーなど歩きやすい靴を最初に決めて、それに合わせるように全身を見繕います。まず間違いないのはTシャツなどの基本的なトップス+パンツでしょう。

それより少し冒険したいのであれば、ブラックなどの暗めなカラーのスニーカー花柄やフリルなどの付いた少女的なロング・ミディアム丈スカートを合わせることで、カジュアルさの中にもデートっぽさが出ます。トップスはスカートを際立たせるように、足元と同じような暗めのカラーで締めましょう。

水族館デートの場合

水族館って実際に行ってみると想像よりも暗くてあまりお互いの服装も見え辛いんですよね。そんな中でも彼の目を引きやすいファッションを目指すのであれば、色はもちろんのことデザイン性に動きのあるもので攻めたいものです。フリル・プリーツはもちろん、布を多めに使っているアイテムを優先することです。

また美術館や水族館はレジャーデートの中でも比較的落ち着いたファッションを楽しめますので、ブラウス型のワンピースワンカラーのセットアップなど、普段とは違う少しシックな服装で出かけてみましょう。鞄も少々ドレッシーを意識し、クラッチやケリーバッグなどを合わせるとより素敵です。

ドライブデートの場合

助手席に座るのであれば、彼がふと横を見た時にあなたの顔が見えるように髪はサイドに分けておくと良いです。キャップやハットは少なくとも車内では控えましょう。映画館と同様に長い時間座ることも考えられますので、シワになりやすいデザインのスカートなどは避けることです。

シワが目立ちにくいニット・デニムやポリエステル素材のものがおすすめです。また足元はヒールが高すぎないものがベター。車内の広さによってはヒールが高いと足の負担が辛く、何度も足を動かさなくてはならない羽目に。冷房の強さも考えて夏でもストールなどの羽織物が1枚あれば心強いです。

海・プールでのデート場合

海やプールなど水着がメインとなるシーンの場合は、行きと帰りではなるべく身軽な服装を心がけましょう。最後にシャワーを浴びて清潔な身体で帰宅するので、代わりとなる新しいTシャツを持っていった方が無難です。帰路はかなり疲れているかもしれないので、締め付けの無いワンピースなどの気軽な格好でも良いでしょう。

実際の場所では濡れても構わないショートパンツやサンダルが定番です。海でサンダル意外だと足が埋まり靴の中に砂も入り気分も下がります。またサマーシーズンだからこそ許される露出の多いパレオやチューブトップ系など、ここぞとばかりに肌を見せて彼の視線を奪ってみましょう。水着にパレオの腰巻きだけでもエキゾチックで素敵です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手持ちのアイテムでも可愛くキメよう!アイテム別おすすめコーディネート5選

35444378951_f073cbc5be_z
photo by André Köster

ワンピースに合わせる

スネ前後まであるロング丈のワンピースであれば、無地なら大振りのアクセサリーがよく映えます。足元はウエッジソールかヒールの高いものでスタイルを良く見せつつ、帽子はツバの広めなハットで小顔効果を狙います。アクセサリーが目立つからこそ、ブレスレットとネックレスは同色タイプをセレクトしましょう。

柄ありやミニタイプでしたら逆にアクセはワンピースを邪魔しないように華奢なものを。太めのベルト(コルセットタイプもおすすめ)ハイウエストに付けても合います。その際はレース素材のベストやアウターを上から羽織れば簡単重ね着オシャレが楽しめます。ミニの際は少しだけでも良いのでヒールがあるものを。

ミニスカートに合わせる

下半身がストッキングやカラータイツを合わせるのでしたら、上半身は身体のシルエットにフィットするタイプのものを選ぶことをおすすめします。ミニスカート部分の動きが強調されることにより女性らしいコーディネートになるのです。逆に足の細さを強調したいのでしたら多少上半身がダボッとしててもOK。

その中でも派手な色のカラータイツや主張の強いブーツを合わせるのでしたら他のアイテムはなるべくワンカラーを意識しましょう。鞄と首元のアクセサリーだけ同じカラーで差し色にするなどしてトータルバランスの擦り合わせをします。

ロングスカートに合わせる

穏やかで優しい女性を表わしたいのであれば、フラットシューズやサブリナタイプのパンプスなどでスカートの裾から爪先までの距離が遠くならないように心がけましょう。上記の遊園地の欄でも述べた通り、スニーカーにも比較的良く合います。

トップスとアウターは長さに要注意です。お尻を隠しそうなほどに長いものですと身体全体が寸胴な印象になってしまいます。半袖にしても長袖にしてもインナー・トップスは普通の長さで、背中が短めのアウターですと間違いありません。

デニムパンツに合わせる

汎用性が高くどんなジャンルにでも溶け込むデニムパンツですが、シンプルなベルトでもその真ん中(バックル部分)だけトップスを入れ込んだりすると個性的な着こなしに。ベルト通しの部分にカラビナを付け、そこに小さなホルダーをいくつかぶら下げるだけでも古着っぽく楽しめます。

Tシャツをオシャレに着るには?

誰しも数着は持っているであろうTシャツ。デニム、スキニー、ガウチョ、サルエル、ハーフ、レザー・・・あらゆる素材やデザインで着こなせる万能アイテムです。もう1ワンク上のコーデを目指すのであれば、Tシャツのシンプルさを利用したギャップのあるファッションに挑戦してみましょう。

フリルが多めに付いたミニスカートを合わせたり、いつもよりももう少しゴージャスな巻き髪に挑戦したり。特に女性らしいヘアスタイルはカジュアルなTシャツファッションには効果的なアクセントとなります。煌めきの多いピアス少しハードな編み上げブーツなど、とにかく「ギャップ」がポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性と女性の感性は違う。男ウケの悪いコーディネートは?

6969638269_95c0331d4c_o
photo by thethreesisters

全身にフリルやピンクが多すぎる

フェミニン・ガーリーなファッションの女性が好きという男性は多いです。ですがだからと言って、フリルやピンクという少女的なアイコンを全身に散りばめてしまうと逆効果と言わざるを得ません。子供っぽく見えますし、男性によっては「ロリータ認定」されてしまうこともあります。カチューシャや靴下のフリルも気を付けましょう。

模様×模様

上下のセットアップであれば別ですが、そうでない場合は上半身と下半身両方に模様を持ってくるのは控えましょう。目がチカチカしますし顔がぼやけます。何よりセンスがイマイチの人がやってしまうと悪目立ちしてしまい、一緒に歩く彼が恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

全身ブラックは諸刃の剣

確かにブラックはとても便利です。身体を細く見せてくれますし、困った時にブラックのアイテムを使えば何でもだいたいピッシリ締まって決まります。ですが何事もやり過ぎは厳禁!全身のアイテムをブラックで統一してしまうと、暗い印象になってしまいます。

男性にとっても多少は女性らしいカラーを入れてくれた方が、よりファッショナブルに見えるというものです。髪色が余程明るいロングヘアーの女性でしたらそれ自体が差し色になる、のように一部例外はありますが、多くの場合はワンアイテムだけでもブラック以外を入れるのがルールです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アラサーという年齢は人によって感覚が変わってきます。大人の女性としてシック&コンサバティブなコーディネートを優先するか、それとも親しみやすさを重要視するか。どれが正解というのが無いからこそ、行き先や相手によって臨機応変に対応していくことが重要となります。

全てのデートファッションに言えることですが、過度な露出は序盤はNGでしょう。水着などの特別な場合を除き、肌を露出せずともあなたの内面的な魅力を表現できるようなコーディネートを目指していきましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -