婚活疲れの女性は要注意!アラフォー女子のためのストレスに負けない対処法とは?

IMG_3256

結婚を望む女性にとってアラフォーとはとても繊細な年齢。今結婚を決めるか決められないかが今後の人生に関わってくる瀬戸際です。子供が欲しい人もそうでない人も、毎日の限られた時間を無駄にしてはいけないと躍起になりがちです。

ですが婚活はなかなか思い通りにはいかないもの・・・。パーティーなどでも出会いが無いと、行けば行くほどエネルギーだけ消費されていって疲れてしまいますよね。今回はそんな結婚に悩めるアラフォー女性のための、婚活ストレスに負けないための対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

アラフォー女性を悩ませる「婚活疲れ」とは?

13003131574_ee3a784312_o

photo by sin1015

行動と結果が伴わず、辛い気持ちばかりが募ってしまう

婚活パーティーに行っても結婚相談所に登録しても、なかなか理想の人とは出会えないことが続くこともあります。自分の条件に合う男性が現れず、やっと会えたと思ったら断られ、上手く行ったと思ったら相手は実は遊びのつもりだったなどその道は前途多難です。

誰もが振り向く美貌や年収があればすぐに見つかるのかもしれませんが、そもそもそんな女性は婚活なんてしなくでも出会いがあるわけで。婚活中の女性だって何も毎日そればっかりしているわけではありません。仕事で疲れる合間を縫って自分に残された貴重な時間を使って婚活に挑んでいるのです。

それなのに何ヶ月・何年も結果が付いてこないとなると、どんな女性でも疲れてしまうのは当たり前です。そもそも女性は長期的なストレス耐性が弱い生き物。断られても最初のうちは「次、次!」と思えていても、それが続くと「自分は誰とも結婚できないダメな人間なのかも・・・」と自信を無くして塞ぎ込んでしまうのはよくある話です。

それが続いてしまうと、結婚自体に対して臆病になってしまうこともあります。「結婚」「婚活」という文字を見る度に胸が苦しくなり、世間や家族や友達が自分に対して結婚を急かすことに対しても必要以上に悲観的になってしまいます。婚活疲れは、周りが思うよりも本人にとっては切実な苦しみなのです。

「本気になればすぐに出会えると思っていたのに」

婚活疲れは、それまでほとんどモテたことが無いような女性よりも、学生時代や数年前まで何人か付き合っていた男性がいたような女性の方が意外にも陥りやすい症状です。「自分は人並み程度にはモテるのだから、本気で婚活に臨めばすぐに相手は見つかる」と自分へのハードルを高く設定しているからです。

ですが現実はそう甘くはありません。平々凡々な人ほど何かに突出した技能や特技が無いことにはなかなか目立つプロフィールを持つことはできません。そしてそんな女性は結婚相談所には山ほどいて、条件に合う男性がその大量のめぐり合わせの可能性の中から自分を引き当ててくれるなんてことはそうそうにありえないのです。

なので中々良縁が無いと、そのギャップに打ちひしがれやすくなります。「普通の女性はだいたい結婚できる」という自分の常識が自分を苦しめるのです。対してあまりモテたことのない女性は最初からモテないことへの耐性が高いのでギャップが少なく、心の余裕も無くしづらい傾向にあります。

心の余裕が無くなって来ると焦りが態度に出ることで、本来掴めた筈の縁も逃がしてしまうことも。非モテ女性がマイペースに良縁を手にするのを見て「どうして自分は上手くいかないんだ」と余計に自分を貶めてしまいがちです。婚活疲れに苦しむアラフォー女性はどのようにストレスに対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少しだけ婚活自体を休んでみる

29430526902_7e3cda3f0e_z

photo by Thomas Paal

日常を「結婚」「婚活」から切り離すこと

婚活疲れで頭がいっぱいになってしまっていると、道行く夫婦やテレビドラマの中の夫婦にすら過敏になってしまいます。更には気晴らしのつもりで開いたSNSでも友人の幸せそうな姿を見て余計に落ち込んだりと、日常の1つ1つが自分の気を病ませる要素になってしまいがちです。

それも全て「結婚」「婚活」という現実に縛られているからです。たまには頭の中のそのワードに気を取られず、1人の人間としての生活を楽しむ方向にシフトチェンジしてみましょう。そのために最も効果的な方法とは、1度婚活に関する全てを私生活から切り離すことです。

結婚に焦って婚活疲れをしている人には、時にはこれは難しい選択かもしれません。「休んでいる間に縁を逃してしまうかもしれない」と思ってしまうかもしれませんが、何事も焦りは禁物。苦しい思いをしながら余裕を無くしつつ頑張るよりも、また新たな気持ちで前向きに婚活ができるに越したことはありません。

心の余裕の無さは表情や態度に必ず表れます。自律神経の乱れはお化粧乗りにも影響します。いざ「この人だ」と思う出会いがあった時に、必死に喰らいついて齷齪するよりも出来る限り美しく前向きな自分で接したくはないですか?休憩は、これから先も続く婚活に備えるためのエネルギーチャージ期間でもあるのです。

周りに愚痴ったり頼ったりする期間をしっかり設ける

婚活が上手くいかない渦中だったとしても、周りの友人などに愚痴を聞いてもらったりすることはあるでしょう。ですが婚活休憩中の期間は、その後にすぐまた挑まなくてはならないということはありません。同じ愚痴を聞いてもらうことでもこれには大きな違いがあります。

婚活中の愚痴は「パンパンに溜まった心のガスを、次に戦える分だけ抜く表面的なガス抜き」。つまりマイナスをゼロにする作業です。なのでダメージを食らうとすぐにまたその空いたスペースにガスは溜まり、マイナスへと戻ってしまいます。

対して婚活休憩中の愚痴は「次にしっかりと戦っていくために1度心のガスを全て抜き、綺麗な空気を取り込む循環行為」。つまりマイナスからゼロにだけではなく、ゼロからプラスにしていく作業です。心も体も汚れてしまったものは、表面的な汚れを取り除くだけでは元に戻りません。

どんなに悩もうが溜め込もうが、休憩中はどうせ結婚できないのです。心をしっかりデトックスする期間として、開き直って切り替えましょう。切り替えがハッキリしていればしている程、休憩の効果が出てくるというものです。

休みすぎには要注意!

このリフレッシュで最も注意しなくてはいけないことは、休憩の期間をしっかり定めるべきだということです。1ヶ月、長くても3ヶ月程に設定して、その間で上手に息抜きが出来るようなプランニングしていきましょう。自分の心の自制心と自律できる精神力が必要です。

婚活で心が疲れてしまう日々を離れてみることは、それに縛られない生活がどんなに心が穏やかなものであったかを思い出す機会にもなります。その楽さに目移りして本来の目標から逃げるような結果になってしまっては本末転倒です。

期間を決めることは、「休み終わったらまた頑張るから、そのためにこの間は休んでいてもいい」と休息に対するメリハリを付けるというためでもあります。勉強や仕事だって同じです。何十時間もずっと頭を働かせているよりも、数十分しっかりと休憩をすることで最終的にはより効率は良くなりますよね。

休んでいる間は、気を張る必要はありません。復帰後のプランも根詰めて考える必要もありません。ですが、何のために休んでいるのかを忘れてはいけないということだけは覚えておいてくださいね。最低限の美意識の維持も大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

婚活ではなく合コン感覚で気軽に参加してみる

2545318262_7f0d30844d_b

photo by Kim

異性と楽しく話す気持ちを思い出す

結婚しなきゃ、逃さないようにしなきゃと思うから辛くなるのです。たまには良い意味で早急度合いの低い気軽な婚活パーティーなどに参加してみてはいかがでしょうか。お友達を作る程度の感覚で参加すると、異性と話したり飲み交わすこと自体を楽しく思える気持ちを思い出せます。

この人と絶対に付き合いたい!という結婚対象を探すのではなく、なんだか一緒にいて楽しいな~と思える程度のお友達を作ることができれば儲け物です。学生時代の合コン感覚の気軽さで参加してみるのも楽しいものですよ。

分かりやすく言うと、パーティー自体への期待値を低く見積もる機会を1度設けるということです。長い婚活生活です、1度位最初から「捨て回」のつもりで参加してみましょう。すると失うものが無いので手放しでその空気を楽しむことができ、客観的に自分の立ち位置なども見られる良い機会にもなります。

女性参加者と仲良くなっても良し

婚活パーティーは何もお目当ての男性だけが収穫物だとは限りません。一緒に参加している女性達とも話してみると仲良くなれるものです。彼女達をライバルではなく戦友と思うことで、婚活を通じた友情が芽生えることも多いです。

また中には婚活玄人の女性もいて、その人と仲良くなると隠れた良質なパーティーや機会の情報を教えてもらえることも!もしも男性と知り合えなくても、一緒に頑張る女性同士の横の繋がりを手にすることで励みにもなります。そこから良縁に繋がる可能性もあるのです。

成功した想定でお店巡りをしてみる

12583578844_da5bb96796_h

photo by Bambi Corro lll

婚活に対してのポジティブイメージを取り戻そう

初めて好きな人ができた時、どんな気持ちだったか覚えていますか?道行く花や行きなれたお店、雨でさえも心がときめき新鮮なものに感じたことかと思います。婚活疲れの効果的な改善法の1つは「新鮮さを思い出すこと」です。

疲れて落ち込んでいる時にはなかなか良いイメージが浮かびづらいものです。厳しい現実と戦うことももちろん重要ですが、たまには小さな子供が将来の夢を膨らませるように、ポジティブな「もしもの世界」を想像してみましょう。

もしも婚活が成功したら男性と2人行きたいお店はありませんか?お洒落なあのお店のランチ、ちょっと背伸びしたバー、インテリアの素敵なあの喫茶店・・・。婚活に疲れてしまった時、是非そんなお店に思い切って1人で足を運んでみてはいかがでしょうか。婚活をスタートさせた時の前向きな気持ちを思い出すキッカケになるかもしれません。

小さくも希望に満ちた想像力を養う

そしてどうせならお一人様を楽しんで、この機会にいつもは頼まないようなメニューを頼んでみましょう。特に喫茶店などはいつも同じような飲み物を注文してしまいがちですよね。あまり人気の無さそうな珍しいメニューを頼んでみたりすると、いつか男性と来た時にも話題にできます。

1人で頼むものと2人でいる時に頼むものは違うこともしばしば。「今はこれにするけれど、いつか誰かと来たらこれを頼もう」と希望に溢れた想像を楽しむことで、モチベーションの回復にも繋がります。

パーティー1回分の参加費用で少し美味しい贅沢をしてもバチは当たりません。たまには視点を変えてリフレッシュすることで、婚活に対するポジティブなイメージを取り戻して活力を養いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アラフォー女性を悩ませる婚活疲れですが、肩の力を抜くコツが少し分かるだけでもかなり楽になるものです。とは言えども、一生を決める結婚です。焦るなと言われても難しい気持ちは分かります。

ですが、です。心に余裕が無い人は、目の前に幸せが転がっていたとしても果たしてそれに必ず気付くことができるでしょうか。焦る気持ちを少し抑えて一息つくということは、幸せがやってきた時に掴むための「心の余裕」「視野の広さ」「行動力」を養うためにこそ必要なことです。

婚活疲れで塞ぎ込んでしまいがちな方は、是非ご紹介した方法を検討してみてはいかがでしょうか。心に傷が付いたことがある人ほど、人に優しくなれるものです。いつか掴む幸せのために頑張りましょう!

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -