【2018年版】目指せ大人カワイイ♪アラサー女子におすすめの髪型特集☆

若いころは、奇抜な色や髪型に挑戦してきた方も多いはず。でも20代後半になると、今までの髪型やファッションが似合わなくなってきた……そんなお悩みを持つ方も多いはず。

実際私もそうでした!これが歳と時代の変化なのかなーってちょっとしょんぼり……(´・ω・`)でも逆に考えれば『20代後半だからこそ似合う髪型』も存在します♪

これを機に、ちょっと大人の髪型へステップアップしてみませんか♡

スポンサーリンク

カッコカワイイ!アラサー女子のショートヘア

ナチュラルなのに自然で可愛い黒髪ショート

仕事上、あまり派手な髪色がNGや制限があったり、元々ヘアカラーがあまり好きではない…というひとにおすすめなのが黒髪で似合うショートヘア。

小顔で首の長い女性には特におすすめです。ちょっと長めの前髪をななめ分けにして、頭に丸みを持たせるようにカットしています。

耳にかけると可愛らしい印象になって、ぐっと女性らしくなります。イヤリングなどのアクセサリーとも相性の良い髪型です。お手入れも朝のブローメインなので、挑戦しやすい髪型です。

Aラインショートボブでちょっと幼く

朝の時間がなくて細かいセットが出来ない、または不器用でうまくまとめられないという人にはAラインのショートボブが◎

ショートボブなのでどんな顔のかたちの人にも合う、柔軟性のある髪型です。前髪は気持ち薄めに短めにするのがかわいいかも。きっちりセットよりは、少し無造作にした方がかわいい髪型なので、セットはムースかワックスで軽く髪を整えるだけでOKです。

毛先が遊んでいる方が軽く見えて素敵ですよ。アパレル関係や接客業など、人と接する仕事の方におすすめです♪

ハイトーンカラーで軽さをアピール

軽くパーマをかけてみるのもおすすめです。くせ毛風のショートヘアーでブラウンや明るめのヘアカラーとの相性は抜群です。もちろん黒髪でも清楚な感じに仕上がります。顔周りに厚めに髪をもってくることで、小顔効果も期待できるかも。

前髪はななめ分けで大人っぽく。無造作な感じがこなれた大人の女性の魅力を出してくれます。セットはドライヤーとワックスでふんわりと仕上げましょう。

髪色を選ばないストレートボブ

大人っぽいファッションが多いという方はシンプルなストレートボブはいかがでしょうか。大人になるとどうしても前髪をあげがちになりますが、逆に目の上ぎりぎりまでの厚め前髪にすることで、瞳の印象と小顔効果をアップさせます。

ふわふわとした軽さはありませんが、そのままにしていてもどこかおしゃれなので、お手入れが苦手な女子にもおすすめ。

黒髪であれば凛々しく、逆に明るい髪色だと可愛らしく仕上がるので、ヘアカラーを変えたくないときにも挑戦できる髪型です。ハンドブローで仕上げられるのもポイント高め

ショートボブはセットの仕方が重要

顔のかたちを選ばないショートボブですが、セットの仕方によっては幼く見える可能性も!せっかく大人可愛いを目指すのであれば、カットした貰った時にきちんとセットの方法についても聞いておきましょう。

また若い頃であれば薄め前髪も可愛いですが、ある程度の年齢になってからは額を出した方が大人っぽいです。かき上げ前髪でクールな印象を出したり、斜めに分けて少しだけ甘さを残したり、前髪はとても重要なポイントになります。

【+α】ショートでもアレンジは楽しめる

ショートヘアはしてみたいけど、アレンジが出来なくて単純になってしまいそう…と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。たとえば髪をひと房取り、斜めにねじって留めるだけでもぐっと印象が変わります♪

編み込みは苦手…という人でも、これなら気軽に挑戦できそうですよね。留める時は金のヘアピンや大きめの三角バレッタなど、ちょっと目を引くものにすると大人な感じがアップしますよ!ちょっとおしゃれしたいときなどに、ぜひ試してみたいヘアアレンジです。

スポンサーリンク

ほど良い抜け感がgood!大人のミディアムヘア

ひし形スタイルで小顔感もアップ!

ショートやロングに比べて顔型を選ばないミディアムヘアー。パーマやレイヤーの入れ方で甘めの髪型から大人っぽい髪型まで楽しむことが出来ます。春の季節におすすめなのはレイヤーを軽めに入れてパーマを緩くかけたミディアムヘア。

顔周りにひし形をつくるのを意識して、小顔効果もアップ。裾は外はねにすることで、春らしい軽やかな感じになります。明るすぎず暗すぎないダークブラウンの髪色によく似合う髪型です。大人の女性の上品さと可愛さが分かります。

ゆるい内巻きで可愛らしく

肩につくくらいのミディアムヘアなら軽い内巻きスタイルもおすすめ。自分でのセットもしやすい長さなので、不器用さんでも安心ですね♪前髪を厚くしすぎると子どもっぽい印象になってしまうので、少し漉いたシースルーバングで大人っぽさを。

柔らかな内巻きのレイヤーは派手さはありませんが、落ち着いた可愛らしさを演出してくれます。普段のファッションは可愛い系の洋服が多いかも?という女性におすすめのヘアスタイル。男性にも受けの良い髪型です。

斜め前髪で大人っぽさを魅せて

元々の髪に癖があり、梅雨時などはうねりが気になる。または毎朝のセットが時間がかかるという髪質の人は結構いるのでは?そんな人におすすめなのが元々の癖を生かしたナチュラルストレートのミディアムヘア。

ヘアカラーはすこしナチュラルなブラウンカラーがよく合います♪大人っぽさを出すために前髪は長めに。斜めに流すと大人びた感じに仕上がります。朝のセットもドライヤーのブローで時短セットできちゃいますよ☆

【+α】くるりんぱで簡単アレンジも

時々は自分でアレンジしてみるのはいかがでしょうか。最近はやりのくるりんぱは、不器用さんでも簡単にヘアアレンジが出来ると好評です。

ポイントとしてはあらかじめこてでゆるく巻いておくことと、トップにボリュームを持たせること。耳下の髪をゆるく結んで、その根元を二つに分けます。その中に結んだ毛先を入れてくるりんと一回転させるだけ。

これだけでも可愛いのですが、結び目の上に大きめのシュシュやバレッタ、リボンなどを付けると崩れにくく、華やかに見えるのでおすすめです♪またくるりんぱを何度か繰り返してピンで留めれば、簡単なまとめ髪にも◎

二つ結びにしてそれぞれくるりんぱしてみる、といった多彩なアレンジが楽しめるアレンジです。

スポンサーリンク

ロングヘアで大人の上品さを演出♪

前髪なしで大人っぽいスタイルを

男性人気が高いのはやはり女性らしいロングヘア!伸ばすのに時間がかかりますが、色々なアレンジも出来るため、女性なら一度は挑戦してみたいものですよね♪ただしロングヘアは長さが出る分、メンテナンスが大変なことも。

特に毛先の手入れを怠ると、ぼさぼさで清潔感のない感じに見られてしまいます。ロングヘアを目指すなら毎日のシャンプーの後、しっかりとしたタオルドライと乾燥を忘れないこと。オイルやトリートメントを使うのも◎。

また厚めの前髪もかわいいですが、ロングヘアでやるとやや重たい感じに見えてしまうかも…。大人女子なら前髪をなくしておでこを出してみましょう。綺麗な大人顔に仕上がること間違いなしです。

艶出しウェットヘアに挑戦してみても

みずみずしい艶感で最近はやりのウェットスタイル。やってみたいけど難しいのでは?と思ってしまいますよね。ですが慣れると意外と簡単に出来ちゃうんです♪必要なものはジェルやヘアオイルといった整髪料とドライヤーだけでOK。

一度ドライヤーで髪を乾かした後、トップにボリュームを持たせるようにブローします。それからジェルを髪の毛に付けていきます。

この時注意したいのが、毛先にしっかり束感を出し、逆に髪の中ほどには整髪料をつけすぎないこと。この時つけすぎてしまうと、べったりとした不潔な印象になってしまうかも。

明るい髪色でハーフのような抜け感を

ロングヘアは確かに女性らしくて憧れますが、黒髪だとどうしても重たい印象を与えてしまいがちです。また髪質の良しあしがすぐにわかってしまうので、難易度が高いかも。

いっそロングヘアにするなら明るめのヘアカラーを入れてしまうのがおすすめです。明るい髪色のロングヘアは軽やかでハーフのような雰囲気を出してくれますし、可愛らしいフェミニンさを醸し出してくれます。

毛先にゆるくパーマをかけて、ふわふわとしたセットがおすすめですよ♪

【+α】ハーフアップは女性らしさをあげてくれる!

ずっと下ろしてばかりだとちょっとつまらない…そんな時はハーフアップでちょっとかわいくアレンジしてみては?普通に結んでシュシュやバレッタを付けるだけでも十分可愛いハーフアップですが、結ぶときにちょっと一工夫。

左右の髪を2ブロックに分けて、ぐるぐるとねじっていきます。最後はその結び目をアメピンで留めるだけ。こうすることで結び目がぐっと華やかになり、可愛いハーフアップに仕上がります。ヘアアクセが無い時にもおすすめのアレンじですね!

まとめ

年齢とともに好きなファッションが変わるように、髪型も似合う髪型が変わってきます。自分がどんなファッションが好きか、どんな印象を人に与えたいかで選ぶ髪型もさまざま。

若い頃は似合っていた髪型も、年を取るに古臭い印象を与えてしまうことがありますので、今までずっと同じ髪型だった人も、これを機会に新しいヘアスタイルに挑戦してみてはどうでしようか?

きっと今のあなたに似合う素敵なヘアスタイルが見つかるはずですよ♪

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -