【アスレチック・神奈川】おすすめスポット6選!大人向けも子供向けもまとめて紹介!

ENJOY!!

最近、汗かいていますか?年齢を重ねるにつれて、身体を動かすことが減ってきますよね。「かといって、今更激しいスポーツをする体力もないし。」そんなことを思っている人にオススメなのがアスレチック!!最近のアスレチックは進化して、子供だけではなく大人も楽しめるものとなっています。しかも、特に神奈川県は素晴らしいアスレチックがたくさんあります、ぜひ、今回ご紹介するアスレチックで一汗かいてみたらいかがですか?

スポンサーリンク

大人向けアスレチック3選!!

3726414822_035daae65d_b

photo by taylorandayumi

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース

フィールドアスレチック 横浜つくし野コースは、丸太の遊具に挑むことができる自然体感型運動施設。森の中や池にある丸太を飛び越えることで、心地良い汗をかくことができます。自然に囲まれた中でかく汗は、普段運動不足の大人達にとってストレス発散となること間違いなし。

フィールドアスレチックは50ポイントあり、4つのステージに分かれています。ファーストステージは、「東の山」。主にバランスを鍛えるためのステージで、ロープや丸太を乗り越えていくポイントが多いのが特徴。セカンドステージは「池」。落ちてしまったら、びしょ濡れになること必至。一人ではクリアできないポイントもあります。そこでは、いっしょに行った人同士で助け合うことで、クリアすることができます。サードステージは「西の山」。斜面や坂が多いので、一番ハードなエリア。滑車ロープで森の中を飛行するポイントもあり、一番人気のエリアです。そして、ファイナルステージは「おどろき」。名前にあるように、驚きのポイントが待っています。それは、足を運んでみてのお楽しみ。気を緩めたら、ダメですよ。

全てクリアした時には、この上ない達成感を味わうことになるはず。ぜひ行ってみてください!!

料金は、大人800円、中・高校生700円、3歳以上の幼児と小学生300円です。1日中遊べてこの料金は安いので、行くしかないですね!!

フォレストアドベンチャー・箱根

日本随一の観光地にあるこちら「フォレストアドベンチャー・箱根」。

森林をそのまま利用したフランス発の「自然共生型アウトドアパーク」。コースは「キャノピーコース」と「アドベンチャーコース」と「ディスカバリーコース」に分かれています。

「キャノピーコース」は、小さなお子様でも挑戦できるコースです。保護者の方の付き添いがなくても、お子様同士だけで遊ぶこともできます。その理由は、安全性が高い事からわかります。ロープは、コンティニュービレイシステムを採用しており、ヨーロッパの安全基準を採用しています。安心して、子供を目一杯遊ばせることができるのです。

「アドベンチャーコース」は、森の中で体験出来るコースで、ダイナミックで難易度の最も高いコース。エキサイティングな体験ができます。高いからこそ、ハラハラドキドキの「非日常的」な体験ができます。中でも人気なエリアは、「ターザンスイング」。最もスリルのあるこのアスレチックは、ここアドベンチャーコースでのみ体験できます。

「ディスカバリーコース」は「アドベンチャーコース」よりも難易度を少し抑えたコース。家族揃って、多数のアスレチックを体験できます。「アドベンチャーコース」と同様に、セルフビレイを採用しています。セルフビレイとは、自己の安全確保を利用者自身で行うこと。自然に敬意を示しつつ、「自分の身を自分自身で守る」という経験ができます。自然と共存していく我々にとって、大切な理念を身をもって体験出来るのです。

ちなみに、最も人気なスポットは最近出来た、クライミングウォールを体験出来る「クリフチャレンジャー」。7メートルの壁に11ルートが設定されており、初心者でも楽しめるルートから、ボルダリングの上級者用の難しいルートまで多数。ちなみに、クライミングウォールを体験出来るのは日本ではここだけ!!オートビレイというロープに繋がれた状態で登っていくことができるので、たとえ落ちてしまっても、急降下することなく、安心してチャレンジすることができます。子供ももちろん挑戦できるので、家族みんなで自然を楽しみましょう。

ぜひ、箱根に来た時は足を運んで、日常では味わえないようなスリルを体験してみてはいかがでしょうか。

東丹沢グリーンパーク

最後にご紹介するのは厚木市にある、東丹沢グリーンパーク。丹沢連峰の東にある豊かな森の中には40ポイントのアスレチックがあります。どれも難易度は普通のアスレチックよりも高めに設定されており、全てトライするのはオススメしません。相当な覚悟が必要です。本当にクタクタに疲れてしまいます。

というのも、丹沢の山を切り開いて作られたアスレチックなので、急勾配な山の斜面を登ったり下ったりしないといけません。また、コースの途中にトイレなどはなく、引き返すルートもありません。そう、とにかく頑張るしかないのです。そのために、事前の覚悟と勇気をお忘れなく。でも、コースを抜けた後はものすごい達成感を感じることができるはず。それを求めて、リピーターの人は多いようです。

ちなみに、あまりに難易度が高いので、一人でアスレチックを全てクリアできる子は少ないでしょう。「それなら、家族で行けないのか。」と落胆したお父さん、お母さん!!そんなことはありません。

園内には、ウサギ園や釣り堀もあるので、子供達と一日中楽しめるはず。春の季節には、桜が満開になるので花見がてらに立ち寄るのもいいでしょうね。

入園料は、大人800円、中・高生600円、子供500円です。これだけの値段で、1日思う存分遊べるんだから安いものですよね。

ぜひ、自然の中で思いっきり汗をかきたい時は足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供向けアスレチック3選!!

26629050382_affb38fa0b_o

photo by MOTOHIKO TOKURIKI

小田原こどもの森公園わんぱくらんど

テレビゲームなどが普及した今、外で遊ぶ子供たちも少ないですよね。そんな子供でも夢中になれる施設がここ「小田原こどもの森公園わんぱくランド」。起伏に富んだ地形を生かした豊かな自然環境の中にあるので、子供たちは思う存分に体を動かして自由に遊ぶことができます。この体験は何にも変えられない糧となるはず。

特に子供達に人気なのが、大型のローラー滑り台。自然の中を心地良い風を感じながら颯爽と滑ることができるので、子供達に大人気!!大人も童心に戻って楽しむことができます。

施設内は、とても広くてアスレチックだけではなくポニーがいたり、園内を走る電車に乗れたりと、盛りだくさんのコンテンツがいっぱい。一日中楽しめます。子供達の顔には自然と笑みが浮かぶはず。「帰りたくない!!」なんて言う子もいるかも。しかも、入園料は無料。これはご家族で行くしかないですね!!

電車でお越しの際は、小田原駅西口(朝夕は東口)から箱根登山バス「いこいの森(わんぱくらんど)」行き終点に乗って、すぐです。所要時間は10分程度。アクセスも便利!!

ファンタジーキッズリゾート海老名

ファンタジーキッズリゾートは日本最大級の全天候型室内遊園地(インドアプレイグランド)。広さは約4,000㎡(およそ1,200坪)。広い室内には、大型のふわふわ遊具や、電動キッズレーシング、ステキなドレスに着替えて写真が撮れるファッションフォトスタジオ、3歳未満のお子様が安心してご利用できるミルキッズひろば、など多数のエリアがあります。また、オリジナルイベントもあり、ママ友を作ることもできます。連日、子供連れのご家族で溢れています。屋内遊園地の中では右に出るものがないほどの、人気です。

0歳児の赤ちゃんでも楽しめるエリアがあり、全年齢の子供達が安心して楽しめるような工夫がなされています。

男の子に人気なのが、電動キッズレーシング。子供だってレーサーになれるんです。本格的な作りだけども、安全性が抜群なレーシングカーに乗って男の子達は大興奮!!友達と競争して、速さを競っている姿は夢中そのもの。

女の子に人気なエリアは、ステキなドレスに着替えて写真が撮れるファッションフォトスタジオ。多数の衣装が用意されており、いろんな種類の衣装をお姫様気分で着替えることができます。そして、写真を撮って思い出として残しておくこともできるから、これまた嬉しいですよね。子供の成長は早いものですから、子供達の「今」を可愛く残しておきたいですよね。

0歳児でも、男の子でも女の子でもみんなが楽しめるコンテツが盛りだくさんなので、この施設は人気があるようです。ちなみに、休日は本当に人で溢れかえっているので、平日の夕方ごろに行かれるのをおすすめします。ぜひ、お子さんと一緒に行ってみてください。

入場料は、ファンタジーパック(遊び放題)で[平日]990円 [休日]1,220円。トワイライトパック(夕方から閉店まで)で [平日]760円 [休日]760円。タイムパック(時間課金制)で[平日]最初の1時間430円(延長30分ごとに215円)[休日]最初の1時間540円(延長30分ごとに270円)。年間チケットや誕生日無料サービスなどもあるようなので、チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は神奈川県でアスレチックを体験出来るスポットを6つ紹介しました。それぞれ個性がある施設なので行く目的に合わせて、訪れた方がいいかと思います。雨の日は屋内施設にする、自然のなかで目一杯汗を流したいときは屋外施設にする、といったように使い分けて利用するようにしましょう。また、大人向けと子供向けに分けてご紹介してきましたが、大人向けのアスレチックでも子供が楽しめるコンテンツがあるので、大人向けのアスレチックとしてご紹介した所にもご家族で足を運んでみてくださいね。ぜひ、今回ご紹介したスポットに行って、日頃の運動不足を解消するなり、子供との時間を大切に過ごしたりして、ハッピーな休日をお過ごしください!!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -