前髪のすき方切り方を紹介!安く済ませるならセルフカット。目ヂカラを高める前髪は?


前髪は見た目の印象を大きく左右しています。

ちょっとイメチェンしたい時や雰囲気を変えたい時に前髪をほんの気持ちでもいじればガラッと変えることもできる重要なパーツです。

セルフカットは変になりそうで難易度も高いようにも思えますが、コツを掴めば案外上手に仕上げることもできます。

セルフカットは前髪の量が多かったり、少し薄めの前髪にしたい方はすくことで理想の前髪に近づけますし、思い切ってカットして長さを変えることもできます。

上手にセルフカットして自分でかわいい前髪を作ってみましょう。

スポンサーリンク

セルフカットしたい

前髪を変えたい、今すぐ短くしたいと思っても美容院に行くほどではないし、お金ももったいない、と考えることはありませんか?

それでも、前髪を変えて雰囲気を変えて人に会いたい、という人におすすめなのが、前髪のセルフカットです。

美容院で前髪だけをカットしてもらうだけでも500~1000円ほどかかることがあり、ほんの数ミリ着るだけなのに少しもったいないような気がしますよね。

自分で髪の毛を切る、セルフカットができれば少しでも節約になりますし、美容院に行く時間も手間もなくなります。

しかし、「失敗したくない」、「やり方がわからない」という理由で挑戦しにくいこともあるかと思いますので前髪セルフカットの基本的な方法を紹介します。

基本を抑えて慎重に切れば目立つ失敗は起こりにくくなります。
「前髪だけは自分で切りたい」「セルフカットで、美容院に行くのを減らしたい」という人は、今後のためにぜひ参考にしてください。

前髪をすく前に

前髪を切るよりもハードルの低い、すく方法で、厚ぼったくなった前髪をすっきりさせてみましょう。

前髪をすくときは、適切な、すきバサミを選ぶことから始まります。

普通のハサミだけですくのは初心者には難しいです。刃先にシャギー効果がついているもの、櫛型のスキバサミなどが一般的ですのでそういったものを中心に選ぶようにしましょう。

スキばさみなら、ハサミで切って揃えるのが苦手だったりあまり短くしたくない時に役立ちます。

スキハサミではなくカミソリで切る事も不可能ではないですが、ギザギザしてしまったり大雑把な切り方になってしまったり、さらには髪が痛み枝毛ができることがあるのでおすすめできません。




前髪のすき方のコツ

前髪のバランスを考え、少しずつすけるよう前髪を三角ブロッキングします。

三角ブロッキングで前に垂れている前髪をすき切り終えたら、頭上に向けて三角形の部分の量を調節しながら軽くしていきます。
この作業が軽さを分けるので慎重にやっていきましょう。

コツとしては、前髪をすくときに持ち上げすぎたり引っ張りすぎると刃の入る角度が急になりサイドが同じ長さにならず、自然な仕上がりにならないので垂らしたまますきましょう。

すきバサミを入れる時は縦方向に入れましょう。縦方向にハサミを入れることによりバランスよくすくことができます。

少しずつすくことも大事です。
一気にすこうとすると、つい切りすぎて失敗してしまいます。

また、すくときは髪の毛が乾いた状態で行うようにしましょう。
濡れたまま切ると、乾いたとき髪は短くなるので、理想と違う仕上がりになることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前髪の切り方 セルフカット

前髪を上手に切ってかわいいヘアスタイルにするためには、コツを押さえておくことが大切です。
失敗して落ち込まないためにも、今からセルフカットのコツを知っておきましょう。

前髪を切る前に

前髪を切る前にまずは必要な道具を用意しましょう。

道具と言っても、髪を切るためのハサミ、クシ、ヘアアイロン、ピンなどだけで十分です。
ハサミは文房具用ではなく、髪専用のハサミを使いましょう。

お部屋で切る場合は、切った髪が散らばらないようにビニールシートや新聞紙などを敷くといいでしょう。




上手な前髪セルフカットのコツ

失敗しにくい前髪の切り方を、手順を追って見ていきましょう。

1.まずは、前髪をすべて前に下ろし、下ろしたらセンター分けにします。横線で髪の長さ、縦線で髪の重さが決まってきます。

2.センターで分けたら中心部分の前髪だけを前に集め、根元が三角形になるよう分けていきます。ここでは焦らず、上手く取り分けてきれいな三角形のすじを作りましょう。

3.次に、切りたい長さより少し長めに残して、前髪に対しにハサミを入れていきます。くれぐれもハサミを横に入れないようにしましょう。
横から切ると、切りすぎてしまったりアンバランスになって誤差がでてきやすくなります。
毛先が出て気になる部分は少しずつ切っていきます。

4.その後、必要であれば切った前髪と顔周りの髪がなじむように切っていきます。顔周りは上から下へスライドさせるように切りましょう。

5.仕上げに、左右のバランスが同じになるよう整え、クシで時々とかしながら調整カットしていきます。

6.切り終わったら前髪をヘアアイロンで軽く巻くと、自然な仕上がりになります。

前髪カットのポイントは、縦にハサミを入れて少しずつ切り、左右のバランスを調整することです。
これらのコツはぱっつん、ギザギザ前髪にも対応できるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目ヂカラをアップさせる前髪

0I9A7278_TP_V

前髪は工夫次第でかわいくできますし、コツを掴んで慎重に切ればセルフカットでも上手に決まります。
前髪は長さや厚さ、形によって大人っぽくなったりフレッシュな印象になったりするので自分の好みの印象を自由につくることができます。
さらに、カットによっては目ヂカラをアップさせることもできます。

前髪で目ヂカラは決まる?

目を大きく見せ、目ヂカラアップする前髪と言えば、前髪を下ろしておでこを覆い、目ギリギリまで伸びた前髪が一般的です。

この前髪ならおでこが隠れて顔の面積が小さくなり、自然と顔の中での目の割合が大きくなり目ヂカラがアップするのです。

しかしこの前髪は、輪郭を強調して顔が大きく見えてしまったり子供っぽくなったりする場合があります。

それを避けたい人は、センター分けで目のライン上に前髪を持ってくるのが効果的です。
これにより、目の横幅が強調され目を大きく見せられます。

この時前髪は目の位置より長く伸ばしていた方が小顔効果が期待できます。




左右の目の大きい方で分ける

鏡で顔をよく見ると、左右どちらかの目が大きいことに気が付くはずです。

左右で目の大きい方に分け目を作ると目を強できます。
なぜなら、人の視線は分け目があるを作ったほうに視線は集中するものなので、強調したい側に分け目を作れば目ヂカラがアップします。

髪型を額縁のようにする

髪より顔のほうが色素が薄いことを利用し、色素が薄い部分を色素が濃い部分で覆い、顔の面積を小さくさせる方法で目ヂカラアップが可能です。
顔を小さく見せると顔の表面のうち、目が占める割合が大きくなるので簡単に大きな目に見せることができるのです。

顔の面積を小さく見せる方法はとても簡単で、額縁 のように髪で顔をできるだけ覆うようにするだけで完成します。

前髪はぱっつんにして目の上に持ってきて、顔周りの髪も顔にかかる様にして重ためにすると額縁のように覆うことができます。

前髪やフェイスラインにかかる髪は目に近くなるので目が大きく見えます。

黒目の位置で分ける

前髪をぱっつんにしたりしなくても、前髪をバランスよく分けるだけで目ヂカラアップも可能です。

目ヂカラアップさせるためには黒目の外側の真上に分け目を持ってくることがポイントです。
具体的には、黒目の外側の垂直線上に分け目を作るということになります。

これにより前髪のボリュームが抑えられ頭が小さく見えるので、視覚効果 で目が大きく見えます。

前髪で目が小さいほうを隠す

左右の小さいほうの目を隠すことで小さい目をカモフラージュできます。

この方法は、暗い印象ならないように、ぺったりつけるのではなくボリュームを出すことがポイントです。

特に、少しカールさせて小さい方の目に乗せると自然と隠せて大きな方の目が強調されます。

重めのぱっつん前髪

ぱっつん前髪は、目の上に肌より暗い色が置かれることで顔の面積を狭くし目が強調される視覚効果により目ヂカラアップ効果が期待できます。

ぱっつんだと子供っぽくてチャレンジしにくいという人は、切らずに前髪を内巻きにふんわりさせることで、ボリュームのありやわらかい前髪にすることができ、ぱっつんにしなくても簡単に目を大きく見せられます。

流してセンター分け

前髪があったほうが目が大きく見えると思っている人も多いかと思いますが、わざわざ前髪を切らなくても目を大きくさせることはできます。

そこでおすすめなのがセンター分け です。

センター分けで目ヂカラアップ効果が期待できるなんて意外に思えるかもしれませんが、センター分けにした時のちょっとした工夫でいつもより目が大きく見えるようになります。

まず、センターに分け目をつけ、そこから左右の眉山に前髪が曲線状にかかるようにスタイリングするだけです。

このテクニックで顔の面積が小さく見えるので、その視覚効果により目が大きくなったように見せることができます。

ぱっつんは子どもっぽくて抵抗がある、という人はセンター分けにテクニックを加えるだけのこの方法で目ヂカラアップしましょう。

まとめ

少し前髪が伸びてきたのが気になった、ちょっとイメチェンしたい、という時に、前髪のセルフカット方法を心得ておけばささっと前髪を変えることができとても便利です。

さらにセルフカットとなれば、自分の思い通り、好みのままに切れるので、美容院でやってもらって「なんか違う」と思うこともなくなります。
さらに、500円~1000円ほどかかる美容院の前髪のみのカットを節約でき、メリットがたくさんあります。

とはいっても前髪は印象を大きく左右するデリケートなパーツですので、失敗しないよう切り方のコツを掴んで慎重にカットして、かわいい前髪にできるよう心掛けてくださいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -