【私のことは諦めて!】告白の上手な断り方はコレ☆

自分が恋愛感情を抱いていない相手からの告白は、嬉しい気持ちと共にその対応に悩まされます。ズバッとNOと伝えるのは簡単なのですが、できればこれからも良い友人関係を継続していきたいですよね。

今回は告白されても関係が壊れないような、後腐れをしない断り方をご紹介します。

また逆にNGな対応もご紹介しますのでぜひ役立ててくださいね。彼のくれた好意は素直に受け止めて、思いやりを持った対応が大切です。

スポンサーリンク

断っても後腐れなく♪上手な断り方5つ

「ありがとう」「嬉しい」と好意を伝える

相手を傷つけないような断り方を考える時は、相手の立場に立って考えてみることです。もしも自分が好きな男性に告白して振られてしまったとしても、好意をしっかり伝えられたという自覚が持てれば後悔はありませんよね。そのために、「しっかり伝わった」と相手に思ってもらうことが大切です。

告白を受けてもすぐにNOの返事はせずに、「好きって言ってくれてありがとう」「その気持ちはすごく嬉しいよ」などの「好意に対する感謝や嬉しさ」を伝えましょう。いくら脈ナシだからって、ズバッと切ってしまってはやはり遺恨が残ります。ワンクッション置くことが後腐れの無い断り方のヒントです。

「友達としては大好き」で迷惑じゃないアピール

告白を断られた側が最も気にする問題の一つに、「迷惑ではなかったか」「嫌われないか」があります。告白をきっかけとしてギクシャクしてしまったら後悔だらけですよね……それは男性にとっても同じです。今後の関係性のためにも、友達としては良い付き合いをしていきたいことを伝えましょう。

友達としては好きだという事実を伝えることで、付き合いも円滑に戻すことができます。同時に「友達としては仲が良いけれど、恋人としては無理」という事実もしっかりと伝わるのです。

 直接伝えて誠意を表す

告白のNG返事って言いづらいですよね。心が優しい女性ほど傷つけたくないと思ってしまいますので、ついつい電話やメールで返事をしたくなる気持ちも分かります。ですが彼は勇気を出してあなたに告白をしてくれました。あなたもその誠意には応えるべきでしょう。

あなたがこれからも彼と良い関係を築いていきたいと望むのであれば、ぜひ直接顔を合わせて返事をすることです。あなたの誠意が伝わることで遺恨は残りづらくなり、清清しい関係を継続できるための道しるべとなります。下手な気遣いは相手を余計に傷つけるだけであることも多いのです。

彼氏がいるということにする

最も相手にキッパリと諦めてもらうための方法として、彼氏がいるという理由はとても効果的です。相手がまだ自分と知り合って間もない関係であったり、あなたがメインとして所属しているコミュニティ以外の人間である時には有効な手段でしょう。

ですが共通の知り合いが多かったりするとなかなか難しいと思いますので、その際には「実は誰にも言っていないんだけれど、好きな人がいるんだ」と打ち明けましょう。この場合は証拠もありませんので嘘でも構わないでしょう。この時に「○○君にだけ教えるんだけれど」と前置きすると、特別扱いをすることになるのでさらに良し。

 「友達でいてね」と先手を打つ

どんな関係性であれどんな上手な断り方であれ、「告白をする前とした後」ではやはり二人に流れる空気は変わります。それをギクシャクと気まずいものにするのか、できる限り友達として気まずくないものにできるかは、あなたの対応にかかっているのです。

そのためにも、告白を断るタイミングで「これからも友達でいてね」「今まで通り仲良くしてね」と伝えることはとても有効です。あなたから先手を打つことで、相手も無理なくあなたに顔を合わせやすくなります。「友達としては好き」の台詞と共に、ぜひ併用して伝えてくださいね。

スポンサーリンク

グサッ!!男性が傷つくNGな断り方5つ

見た目を理由にする

いくら本当にブサメンから告白されたとしても!告白を断る理由の中に「見た目」を入れてはいけません。人間は生まれた時に持っているカードで勝負するしかありません。そしてその中でも「見た目」というカードは超重要アイテムであると同時に、大きなハンデにもなります。

そんなこと本人が一番分かっているのです!そして見た目は早々変えることはできません。本人が努力でどうしようもできないことを理由にされても、無駄に傷つけてしまうだけです。「理由は?」と聞かれたとしても口が裂けても言わないように!好きな気持ちが一転、恨みを買ってしまうことになりますよ。

社会的地位や価値を理由にする

男性にとって社会的地位や年収は、女性が思っている以上にアイデンティティなのです。仕事は男性にとって人生そのものであり、生き甲斐であり、ステータスです。その仕事での地位や年収を理由に告白を振られたとなっては、男性としてのプライドはガラガラと崩れ去ってしまいます。

「その年収じゃちょっと……」だなんて結婚相談所に来ているわけではないのです。告白って、愛情って、もっともっとピュアなものです。掛け値の無いものです。確かに将来を考えると妥協できない点はあるかとは思いますが、それを口に出して男性に伝えるだなんて言語道断です。

笑いながらジョークにする

こっちは真剣に告白したのに!笑いながら冗談で流されてしまったら、もう立ち直れないほど傷付いてしまいます……。告白はされる側も恥ずかしさを感じてしまうのでジョークにしたい気持ちも分かりますが、彼の真剣な気持ちを笑ったりなんて絶対にNG!誤魔化さずにしっかりと向き合って。

必要以上に謝る

告白の返事が彼の望むものでなかった場合、対人の礼儀として「ごめんなさい」という言葉はやはり必須でしょう。彼の真摯な気持ちに応えることを表す一言です。ですがその誠実な「ごめんなさい」も、あまりに多様しすぎると彼も困惑してしまいます。

彼はあなたと付き合いたくて告白をしたのです。あなたに謝らせたくて告白をしたのではありません。要所のみのワードとして、多様は避けるべきでしょう。

 「生理的に無理」は傷付きすぎて無理……

生理的に無理って曖昧ながらもこんなに傷付く台詞は早々ありません。その理由は果たして何なのでしょうか?顔?体型?喋り方?多くの場合は見た目ですよね。清潔感が無かったり、オイリー肌が気になったり、歯が汚かったり。確かに本人の努力でどうにかなることもあります。

ですが言われた側は大変辛いものです。好きな人に「生理的に無理」だなんて……そんなこと言われてもどうすればいいのか?もう近づかないほうがいいのか?と絶望感に打ちひしがれる気持ちになります。自分が言われて傷付く言葉は絶対に言っちゃダメですよ!

スポンサーリンク

ぎこちない?フった相手への今後の接し方

 あなたから挨拶をしよう

告白をした相手に振られたら、どんな顔をしたらいいのか分からなくなります。振った側であるあなたも充分に気まずいとは思いますが、彼の方が恐らくもっと接し方に困っていますよ!学校や職場などの同じコミュニティであるならば尚のこと、あなたの方から率先して挨拶などをしていきましょう。

あなたが気まずいのも分かります!どんな顔をしたらいいのか戸惑うのも分かります。ですが……あなたが勇気を出して言った彼への「おはよう」「お疲れ様」に、彼の心は大きく救われるのです。

告白は、振った側がどうしてもアドバンテージを持つことになります。現状をコントロールする能力と環境が整っているのはやはりあなたなのです。待っているだけでは元にはなかなか戻りません!ぜひ勇気を出して、彼とのコミュニケーションを。

 グループで遊びに行く

これは復縁の方法にも言えることですが、気まずい雰囲気を打破するためには「必要なコミュニケーション以外の触れ合い」が必要となります。学校なら学校の外、会社なら会社の外、とプライベートでの時間を共にすることで、二人の関係性をよりスムーズに修復します。

気軽な飲み会でもいいので、ぜひ彼を含めたグループでの企画をしましょう。仕事終わりの飲みに行く、のような本当に気軽な内容のものでいいのです。ひとまずは、あなたと彼が同じ場所にいて同じ空間で楽しんでいる、というシチュエーションを作り出すことが先決です。

 期待を持たせるような行動はしない

挨拶やグループでのお誘いなど、あなたの方から彼に手を差し伸べることはとても大切なことです。ですがそれ以上の、つまり「友達や同僚として以上の」お誘いやコミュニケーションは控えるべきでしょう。元々の二人がかなり親しい関係であったとしてもです。

告白を振られた相手から個人的な電話やラインが来たら、その反応は二つに一つです。一つは、もしかしたらまだ希望があるかもしれないと思って無駄な期待をしてしまう。もう一つは、振られた傷に塩を塗られたと感じて苦しい気持ちになる。

どちらにしてもネガティブな結果しか待ち受けていないでしょう。将来的に二人がまた仲の良い友達関係を築けることもあるかと思いますが、まだその時ではありません。告白を振ってから数ヶ月程度は、一歩距離を引いて付き合うようにするのが優しさです。

まとめ

いかがでしたか?告白された時の上手な断り方や、断った後の関係修繕のヒントなどをご紹介しました。冒頭にも挙げた通り、大切なのは何よりも思いやりに他なりません。どんな対応をするべきか迷ったのなら、自分だったら何をされたら嬉しいのかを考えること。

そして同時に自分は何を言われたら傷付くかも考えること!好きな相手に辛い言葉を言われてしまったら、深い悲しみを感じるどころか恨みを買ってしまう原因にもなります。あなたも相手も、心がある同じ人間です。傷つけたっていいこと無し!優しく、思いやりを持ってが鉄則です。

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -