【束縛男子診断】あなたの彼氏はどっち???

「これって束縛?」大好きな彼だから気にしないでいても、時間が経つにつれて彼との関係が窮屈になってきますよね。

お互いに束縛をしているならまだしも、一方だけが束縛されているのでは良好な関係を築くことは難しいのです。

なので彼が束縛男子かどうかを診断するためのポイントや、束縛男子と付き合っていくメリットとデメリットを知って彼との付き合い方を考えてみましょう!

スポンサーリンク

たった7個でわかる!束縛男子診断テスト

その1:「携帯電話を見せて」と言われる

誰にでもプライベートな部分はあるものです。たとえ彼氏彼女であっても携帯電話を見せ合う関係にはなりにくいもの。しかし、束縛男子であれば何の躊躇もなく「携帯を見せて」と求めてくることがあります。

彼女の携帯電話を見て自分以外の異性と連絡を取っていないかを確かめるためです。常に自分が彼女の一番でありたいと思うあまり、自信のなさが彼女へ執着する行動に繋がっていくのです。

その2:全ての予定を把握しようとする

休みの日の予定だけではなく、毎日のスケジュールを全て把握したがってくる場合は束縛の可能性が高い証拠です。束縛男子は、彼女が今何をしているのか?これからどこへ行くのか?誰と一緒にいるのか?など相手の行動を全て把握したいものです。

そうすることで相手への不安を取り去ろうとしています。明確に行動が分からなければ不安になり、ひどい場合は悪いことを勝手に妄想してしまうことも考えられます。

本当は「そんなこと気にしていないよ、好きにしな」と度量が大きいところを見せたい気持ちはあるのですが、ついつい心配になって聞いてしまうのが束縛男子なのです。

その3:友達と遊んでいるのを知っていて連絡してくる

友達と遊んでいることを知らせているのにも関わらず何度も連絡をしてくる場合は束縛男子の可能性が高いかもしれません。通常であれば友達と楽しんでいる彼女の邪魔はしたくないと思うのが普通ですよね。

しかし、「本当に友達といるの?」と不安に思う束縛男子は疑いの気持ちを晴らすかのように連絡をしてきます。相手や場面を構わず連絡を頻繁にしてくる場合は要注意です。

その4:異性と話すのを嫌がる

彼以外の男性と話している事を見たり聞いたりすると、たとえそれが友達だと言っても不機嫌になったり、話をするなと注意されたりすることはありませんか?

彼女を「自分のもの」と思う気持ちが強く、他の男性とは話もしてもらいたくないという束縛心が言葉に表れている証拠ですね。

少しのやきもちならば嬉しいと思えますが、束縛のきつい男子の場合では「自分以外の男とは話すな」と釘をさされ、もし話していることがバレようものなら「裏切者扱い」なんてことも考えられます。

異性と話すことに対して異常に反応してくるようなら「束縛」ととらえることが懸命です。

その5:「好き?」とよく確かめてくる

交際している男女だとしても執拗に「俺のこと好き?」と聞かれると返事に困りますね。束縛男子にありがちなのが「確認」です。自分が本当に愛されているのか?好かれているのか?自信を持てないがゆえに何度も確認したがるのです。

または、相手に対して信用が薄くなくなっている場合にもこのような行動をとることも考えられます。彼女がほかの異性に気移りするのではないかと疑っているのです。

この場合はその不安が拭えない限り束縛がどんどんエスカレートすることも考えられるでしょう。

その6:頼んでない事を恩着せがましく言う

記念日や誕生日など特別な日にはサプライズやプレゼントを用意することもありますよね。束縛男子はそんな場合、必要以上に「やってあげたよ」のアピールをしてくるのです。

「彼女のために一生懸命考えた」は表向きで実際は「彼女のために頑張った自分」に酔いしれているのです。本当に彼女に尽くす男性はいちいち恩着せがましくは言いませんね。

言葉にされると「ありがとう」と言わされているかのようで、そのうちの重荷になってくるかもしれません。

その7:すぐに嫉妬をする

一緒にテレビを観ていると、たまたまタイプの芸能人が出ていて「かっこいいよね」というだけで彼の機嫌が悪くなる。そんな経験はありませんか?

テレビに映る芸能人など遠い雲の上の存在。そんな相手にいちいち嫉妬していてもキリがありませんね。しかし、束縛男子は嫉妬し、機嫌を損ねてしますのです。たとえ、実在しない人物であっても自分以外を好きになる、好意を持つことは許しがたいことなのです。

初めのうちは「やきもち?」と可愛く感じて許してしまうでしょう、繰り返されると疲れてしまいます。

スポンサーリンク

束縛男子のメリット

「大切にされている」と感じることができる

連絡もすごくマメで彼女に尽くす事ばかりの束縛男子ですので、彼女は「私は愛されている」「大切にされているんだ」と実感できることでしょう。これこそが束縛男子の最大のメリットなのです。

「自分だけのもの」として彼女だけを見てくれます。しかし、逆にとらえれば同じことを彼女にも求めてくるかもしれません。お互いに束縛し合うことが出来たら最高に「幸せ」と感じることができそうです。

浮気の心配が減る

彼女を独占したい束縛男子ですので、彼女以外の女性に気がいくことは考えにくいでしょう。気の多い男子なら一人の女性に執着することはありませんので、束縛男子のメリットとして「浮気の心配が減る」こともあげられるでしょう。

お互いに束縛し合えば安心できる

すでに記したように、一方だけの束縛では相手はとても窮屈な思いをすることになります。束縛のせいで行動や言動を制限されたり、異性と話すだけでいちいち機嫌が悪くなられてはたまったものではありません。

しかし、男女ともに束縛し合う関係なら話は別です。お互いがお互いだけを見ていることになるので二人だけの世界に酔いしれることでしょう。「大切にされている」「愛されている」と強く感じるかもしれません。

また、一方だけが相手を自分の物にしようと躍起にならず、お互いに束縛し合うことで共に「自信」を持つこともできるでしょう。

構われたい女子にはぴったり?

構ってちゃんの女子もいますね。いつも自分を気にかけてほしい寂しがりやの女の子には束縛男子はぴったりです。時には保護者のように「帰りが遅いよ」「終電には間に合うようにね」「必ず戸締りして」など細かく注意してくるのが束縛男子の特徴でもありますね。

常に誰かに構われていたい女子ならその寂しさを埋めることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

束縛男子のデメリット

行動を常に把握されている

「明日は何するの?」「誰と一緒にいたの?」「どこに行くの?」などと常に行動を把握するような事ばかり聞かれるとウンザリしますね。束縛男子は自信がなく、相手の行動を把握することで安心感を得ています。

少し聞かれるくらいなら「心配してくれているんだ」と嬉しく感じるかもしれませんが、何度も何度も聞かれると「放っておいて」と言いたくなります。

信用されていないのかと不信に感じる

恋愛において最も重要なのが「信頼」ではないでしょうか。しかし、束縛男子は「誰と」「どこに」「何をするのか」など把握をしたがります。そんな彼に対して信頼が生まれるでしょうか?逆に「私はいつも疑われている」と感じることもあるでしょう。

自信の無さから来るこれらの言葉は彼女にとっては「信用されていない」につながる事も考えられるのです。実際には常に見張るように行動を把握してくるのが束縛男子ですから、こうした気持ちになることも覚悟のうえでお付き合いをすることが懸命です。

家族や友達との関係が疎遠になる可能性がある

束縛男子の言うがままになると家族や友達と疎遠になるケースも考えられます。行動や言動を制限されることで、「彼氏だけ」になり世界も狭くなりますね。もともとは家族とも仲が良く、友達との交流も多かったとしても束縛男子には理解されません。

大好きな友達とのランチや、サークル仲間や同僚との飲み会にも行く機会が減り、おのずと誘われなくなってしまう可能性もあるのです。

付き合いたてで大好きな彼に「行くな」と言われるとつい言う事を聞いてしまいそうですが、長い目で見て自分に及ぼす影響を考えてみることも大切でしょう。その上で、自分の交友関係も制限されることが果たして良いのかを判断できるといいですね。

精神的に疲れ、異性との付き合いが嫌になる

多くは自信のなさから生まれる束縛男子の行動や言動ですが、これらが続くことで彼女は精神的に疲労を感じるかもしれません。そして、ひどい場合は異性との交際自体に嫌気をさしてしまうことも考えられます。

束縛男子に出会ってしまったが為に異性との交際に意欲を持てなくなるのは残念なことです。「束縛されてしんどい」と感じたらすぐに対処法を考えるか信頼できる家族や友人に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?実は私の彼は束縛男子かも!なんて事もあるかもしれませんね。束縛の度合いやあなたの受け取り方で良くも悪くもなるでしょうが、大切なのは自分自身できちんと理解してお付き合いをすることです。

「束縛がきつい」が悪い事ばかりでもありません。裏を返せばそれだけ心配をしてくれる、自分の事を考えてくれる相手なのですから。しかし、それも度が過ぎると彼以外の人との関係が良くないことになるかもしれませんね。

一時の感情に流されることなく、出来事に対してしっかりと考え、見極めることが必要です。「束縛かな?」と感じたらいったん立ち止まり、相手をじっくりと観察してみることを心がけてください。素敵な相手と幸せな恋愛ができますように。

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -