セックスレスが離婚の原因に?ご無沙汰でも夫婦円満を保つ スキンシップの方法 7選!

ELFADSC03240_TP_V
この記事は2015年9月29日の記事を再編集したものです。

夫婦の間でセックスレスが離婚の直接の原因になる場合が多いことをご存知でしょうか?実際に、お互いが何らかの理由により相手を拒否している場合や、興味がなくなりセックス自体が消滅してしまう場合など、様々な背景があります。それでも、夫婦円満になれるような日々のスキンシップがあります。今回はその方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

離婚へのカウンドダウンは始まっている?セックスレスが離婚の原因となるワケ

ikebukuro-fukurou120140921152438_TP_V

夫婦のスキンシップを忘れてしまう場合

夫婦のスキンシップというのは、セックスだけではありません。夫婦生活のすれ違いは、最終的に「離婚」という終末を迎える場合も多い中、それを未然に防げる方法ないものか?と考えたことはありますか?時間をかけて互いを愛し合うという時間に至る前に夫婦の「スキンシップ」を考えるべきなのです。こんなことが離婚の原因に?ということが、夫婦の間に亀裂を生んでしまう場合も多いのです。

感情があっての夫婦だと思います。だからこそスキンシップで埋まる溝というもがあります。ここを見落とさないようにしてください。ほんのわずかな努力が二人を救う場合も多いのです。やはりセックスレスを生み出す原因はお互いの欠けた意識も起因しているわけです。




結婚したからと安心しきってしまう場合

互いの手に触れることすら忘れてしまうと、徐々に相手への情も冷めてしまうものです。だからこそ、夫婦関係を円満に続けるために、日々のスキンシップが重要なのです。ほんの些細な行動でも良いのです。セックスの頻度だけで、離婚へ突き進んでしまうなど、ナンセンスな話なのです。そうならないためにもできることを続けるべきです。

欲しているのに拒否される場合

夫・妻どちらかがセックスの欲求を伝えていても理由を付けて拒み続けるというのは、拒絶された側にとっては大事です。そこから「離婚」という二文字が見え隠れしてしまうのも無理のない話なのです。やはり、セックスが全くなくなってしまうことに、大きな不安を抱える場合もあるのです。急激に夫婦間が悪化してしまうことを回避するためにも、セックスに至らなくても触れ合う時間を設けるべきなのです。

だからこそ、性交渉が全くない夫婦にならないためにも、相手の存在を体感する必要があるのです。朝、見送るときにそっと、背中に触れるだけでもスキンシップです。買い物に出たときにそっと手をつなぐだけでも良いのです。そんな積み重ねが、セックスを思い出させるきっかけにもなるからです。実践してみると感じるはずです。

夫婦円満にはスキンシップがどれだけ重要なのかを体感してみてください。スキンシップは相手の体温を感じる最もわかりやすい方法なのです。相手に触れるだけでよいのです。会話の流れで相手の肩に触れる、それだけでも十分です。365日顔を合わす相手だからこそ、積み重ねが2人の方向性を見出していくわけです。それほどスキンシップは重要な位置を占めているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご無沙汰でも不自然に思われない!スキンシップがおすすめの理由

PAK66_koibitototewotunagu20140301_TP_V

理由その① さり気なく夫婦円満を取り戻すチャンスだから

相手が疲れているときに、さり気なく肩をもむなどのマッサージは心地よいものです。タイミングさえ外さなければ、夫婦の間のスキンシップとして、一番自然に相手に触れることが出来るチャンスなのです。いきなりマッサージを始めてしまうと、心の準備も必要なので、疲れているなと感じたら「マッサージしようか?」と声をかけてみてください。案外とすんなりと受け入れてもらえる可能性も高いのです。




理由その② 肩もみならば互いに警戒が解けるから

自然な形でマッサージをしてあげることも、スキンシップの一つです。これが夫婦の一番のスキンシップではないでしょうか?たとえば肩をもむなどのマッサージをしている間に、どちらからともなく、急にセックスへの欲求が高まる場合もあります。自然な流れでセックスが復活する場合もあり得るのです

まさしくスキンシップが功を奏する場合があります。セックスレスというのは、単にお互いのタイミングを逃しているだけが理由のことも多いようです。だからこそ、スキンシップの時間を意識的に持つことが大切なのです。

理由その③ 相手の存在を体温から実感できるから

毎日、ほんの数秒でも相手の身体の一部に触れる努力を忘れないことが大切なのです。これはまさに日々の積み重ねです。恋人時代には相手との時間を惜しむように別れ際などにスキンシップを図るものです。

夫婦になってしまうと、どこか怠惰になってしまい、スキンシップまで忘れてしまいがちなことを念頭に置いて考えるべきなのです。相手に好意的な気持ちで触れられるのは心地よいものです。触れている方も、触れられている方も同じ思いです。

 理由その④ セックスを期待しないスキンシップだから気負いがない

セックスを期待してのスキンシップと、触れるだけのスキンシップは違うのです。身体の不具合など、大きな理由を抱えていることでセックスレスになっている場合にはセックスを期待しすぎたスキンシップは相手への負担になってしまいます。心の中を打ち明け合うためにも、わずかなスキンシップでも大事にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

性的でないぬくもりを共有しよう。夫婦円満を保つスキンシップの方法7選

PAK75_sofanisuwaruhosthuudansei_TP_V

① 夫婦で意識的に手を繋ぐ

買い物に出たなどに店の中で何気なく手を繋ぐというのはいかがでしょうか?家の中で手を繋ぐというのは、なかなか難しいかもしれませんが外出先では、意外と自然にできるものです。手を繋ぐ行為というのは親しい間柄にだけ許されることです。夫婦ならばなおさらのこと、大事にしたいスキンシップなのです。

自分が入りたい店などを見つけた場合には相手の手を引っ張ってみるなど、スキンシップのタイミングは外出先でのほうが多く見つかるものです。是非とも実践してみてください。外出先などを狙って手をつなぐことや相手の腕に寄り添うことは自然なスキンシップです。意外と大胆に行動できるものですので、外出時には意識的に相手の身体に触れるチャンスを逃さないようにしてください。




② 膝枕で耳掃除をしてあげる

男性は永遠に「膝枕」に憧れを抱くものです。それを妻の方から誘われて嫌な思いをする人はいません。だからこそ、耳掃除などを積極的にしてあげることは、スキンシップになるのです。最初は戸惑いながらでも、徐々に気持ちよくなってくるはずです。

③ 急にハグする

どんな時でも良いのです。何か嬉しかったとき、そして相手にありがとうを伝えたいときにハグをするのはとても素敵な愛情表現です。夫婦の間でお互いに急に抱きつかれるというのは唐突な喜びに繋がるものです。

④ 安心感を得られるスキンシップ・膝枕

安堵感と幸福感を膝枕で感じるというのは、セックス以外のスキンシップの方法としても、とても有効だと思います。ゆったりとした時間が流れる中で、普段はなかなか話せないようなことも、語り合えたりするものです。イチャイチャするだけがスキンシップではないことを体感してみてください。

日常の中で、心も身体の休息できるようなスキンシップの場を設けておくことは大切な夫婦の絆です。これは、夫婦だからこそ出来ることなのです。相手に触れながら心地よい時を過ごすことはお互いの心の安定に繋がるものです。忘れないようにしたいものです。

⑤お出かけ前のキス

長年夫婦をしていると、出会いの頃に感じたフレッシュな気持ちは置き去りになるものです。これは時の流れなので仕方のないことです。けれども、性的なことがなかなか伴わなくなっても、相手に触れるチャンスを常に見逃さないようにしたいものです。

お出かけ前に少しだけ、オーバーアクションで胸に飛び込んでみたりキスをするのは外国人風ですが、夫婦の間では自然なスキンシップなのです。言葉以上に伝わるものがあるはずです。感情をスキンシップで伝え合うことは大切なことです。

⑥同じ布団で眠る

嬉しいとき、哀しいときの感情をストレートにスキンシップで表現すると自然と身体の一部が触れ合うことに繋がります。これも立派なスキンシップなのです。性的な部分以外でも相手を感じられる瞬間があるものです。それは服の上から感じる相手の体感温度や頬の感触、手の感触などがすべてです。

寝る前のほんの数分だけでも、一日のこと、自分が考えていることを二人で語り合いませんか?そのうち眠りについたとしても、夫婦だからこそ、許される時間なのです。

⑦一緒にお風呂に入る

セックスレスでも大丈夫です。同じ湯船に浸かって色々と話すだけでも効果的です。髪を洗ってあげたり、背中を流すだけでも肌と肌のふれあい以上に感じるものがあるはずです。

生涯変わらない絆を結びたい…心で繋がるための3つの心得

PAK86_katawonigiru15144817_TP_V

① 相手を想う気持ちを持つ

心で繋がるというのは夫婦の間でも最も重要なことです。目に見えない気持ちをどのように相手に伝えればよいのでしょうか?ひとえに相手への感謝の気持ちを忘れないことです。「ありがとう」「サンキュー」この一言を普段から言えているでしょうか?

相手の存在があってこそ、今の結婚生活を続けることが出来ていること自体に感謝の気持ちを忘れないようにしてください。そうすることで自然と言葉に繋がるものです。




② 変わらないルーティーンを続ける

夫婦揃って定期的にデートをするというのはいかがでしょうか?出会った頃の戻って二人だけの時間を過ごすことで、よみがえる感情があるはずです。これを二人のルーティーンにしておくと良いのです。夫婦の絆を深めるためにも、外でデートというのは格好の状況です。

③ 記念日やイベントを重視する

非日常の時間を夫婦で作ることで自然に触れ合うチャンスが訪れるものです。つまり、年に1回は旅行に出ることや二人の記念日は誕生日には、一緒に過ごすこと自体が心のスキンシップに繋がるのです。

日々の仕事や生活から解き放たれて、外出や旅行先では案外と大胆になれるものです。ここを大いに利用して夫婦でスキンシップをすれば問題ないのです。

まとめ

セックスレスになってしまうとどんどん深みにはまるというイメージがあります。しかし、夫婦のスキンシップを重ねることでセックス以外にも絆が深まる方法を見出せる場合も多いのです。そこを見失わないようにして、セックスがご無沙汰でも、またも燃え上がる様なセックスが出来るような間柄に互いの努力を怠らないようにしてみてください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -