【きっかけは?コツは?】男友達から恋人へステップアップ♡

「友達だと思っていた男性に恋をしてしまった」「気になる男友達との関係を恋人へステップアップさせたい」そんな思いを抱いている人必見です!

こちらでは、男友達を恋人へと昇格させた時のメリットや、恋人に発展したきっかけ、また付き合ったあとの注意点や長続きさせるポイントなどをご紹介していきます。

全く未知の男性と新しく知り合うよりも、気心の知れた男友達と恋人になった方が関係も安定しやすく、後々いいことが多いかもしれませんよね。どんな方法があるのか、早速見ていきましょう♡

スポンサーリンク

男友達を恋人にするメリットって?

お互いに理解できているからお付き合いしやすい!

新しく知り合った男性とは、お互いの性格や好み、趣味や興味のあることなど、すべてが未知の世界です。

デートを重ねるごとに知り合っていくという楽しみもありますが、お互いわかり合うまでにはかなりの時間を要するもの。合わない部分があると喧嘩になったり、すれ違いも多くなったりするでしょう。

しかし、もともと友達関係だった男性であればすでにある程度は分かり合っていますよね。合う合わないも理解できているし、人間性だって受け入れられているはずです。

そのため、気を遣いあったり探り合ったりすることなく、とてもスムーズにお付き合いまで進むことができるでしょう

はじめから気心が知れている男友達なら、恋人関係になってからもお付き合いがしやすいはずですよ♡

共通の知人や友人と付き合いを共有していける

仲間うちでワイワイ楽しく付き合うのが好きなら、男友達と恋人関係になるのはとてもオススメです。お互いに共通の友人や知人が多ければ、恋人同士になってからも変わらず楽しいお付き合いをしていけるでしょう。

みんなでバーベキューをしたり、飲みに行ったりと、恋人関係になってからもますます楽しめるでしょう。

男女ともに、結婚を考え始めるとお互いの友達を紹介する機会が多いですが、もともと友達だった彼とならその手間も省けます。結婚式や披露宴もより賑やかになり、結婚後の人間関係も楽しいものとなるでしょう♪

人間として信頼できる

男友達相手だと、変にかっこつけたり自分を作りこんだりせずに、自然体でいられることが多いですよね。

信頼関係がある程度できている場合も多いので、恋人同士になったあとも相手を信じることができます。

最初から異性として意識しまっていると、見せたくない部分はできるだけ隠したり自分をよく見せようと取り繕ってしまったりしますが、友達だとそういうこともありません。

お互いに1人の人間としてまず好きになっているので、小さなことで信頼関係が崩れてしまうことも少ないでしょう。

相手を1人の人間として、信頼できたり尊敬できたりすれば、恋愛関係になってからもとても良いパートナーとなっていけますよ

お付き合いが長続きしやすい

人として信頼していて、気心も知れている、また共通の友人や知人が多いということは、それだけお付き合いがしやすいということですよね。

もともと人間的に好意を持っているなら、小さな事で相手を嫌いになることもそうはありません。喧嘩をしても仲直りしやすいので、必然的に長くいいお付き合いができるようです。

結婚してからも、お互いの友人を交えて親しい関係を築いていけるので、年を取ってからも楽しく幸せな結婚生活を送れるようですよ。

スポンサーリンク

男友達から恋人へ!発展のきっかけは?

ふいに異性として意識した

それでは、友人だった異性とどんな事がきっかけで恋人関係に発展したのか、実際の意見を見ていきましょう。

「普段みんなでいる時は強気な態度を取っている女性だったのに、2人きりになった時にちょっといじったら、意外に素直な反応が返ってきてキュンとした。それからは、単に強がっているだけなのか?と常に意識するようになった」(29歳男性/営業)

「学生の頃からの男友達が、久しぶりに会ったとき仕事に夢中でとても楽しそうにしていて、なんだか気になったことがありました。知り合った頃は男女関係なく仲良くしていたのに、急に男っぽい表情になった気がして意識し始めました」(27歳女性/会社員)

「いつもみんなで出かける時はボーイッシュでカジュアルな服装の女の子が、たまたま自分と2人きりで出かけた時に普段とは全然違う女の子らしい恰好で来て、その違いにドキッとした。俺のためにオシャレしてくれたのかな?とか勝手に期待してしまった」(31歳男性/医療関係)

普段とは違う面を見た時、自分の知らない表情があることを知った時など、「あれ?こんな一面もあったんだ」と気が付き、普段とのギャップに異性としての魅力を感じ始めたという意見が多くありました。

気になる男友達に異性として意識してもらうためには、普段彼の前では見せない表情をしてみたり、ふとした時に普段言わないようなことを言ってみたりと「ギャップ」を演出するのが効果的かもしれませんよ。

自分のこと好きかも?と感じた

「みんなでいる時の話し方と、自分に対する話し方が違うことにふいに気が付いた時、すごくその子のことを意識してしまった。もしかして……?という期待感にドキドキした」(24歳男性/美容師)

「彼は誰に対しても優しく接する人だったけど、私のことは特別気にかけてくれている感じがして、どうして?って聞いたことがあったんです。そしたら、『え、わかるでしょ?』って意味深に答えられて、一気に恋愛感情に変わってしまいました」(29歳女性/薬剤師)

「もしかして、自分のこと好きなのかも?」という、どっちだかわからない感じはすごくドキドキしますよね。ふいに気が付いてしまったときに、相手を異性として意識せずにはいられなくなってしまいます。

気になる男友達には、少しだけ好きな気持ちを出してみて、相手をドキドキさせるのも効果的かもしれませんよ♪

辛い時にそばにいてくれた

「ベタかもしれないけど、彼女と別れて辛かった時にすごく一生懸命元気づけようとしてくれた女友達がいて、いい子だなって思いました。その子のおかげで立ち直れた気がしたし、異性として意識している自分に気が付きました」(32歳男性/IT関係)

「仕事で失敗したとき、女友達に話したら『じゃあ、飲みに行こう!全部喋って、忘れちゃいな!気が済むまで付き合ってあげるよ!』と明るく言ってくれて、すごく励まされた。辛い時にそばにいてくれるっていうのは想像以上に力になる」(30歳男性/配達員)

落ち込んでいる時や辛い時に、そばに寄り添って話を聞いてくれたり、必死に元気づけようとしてくれる……そんな健気さに心を奪われる男性は多いようです

男友達がへこんでいる時、さりげなくそばにいたり元気づけたりしてあげると、異性として意識してもらえるチャンスとなるかもしれませんよ。

自分のことを理解してくれる

「自分の趣味は女性には理解してもらえないと思っていたから何も期待せずに話したら、すごくよく理解してくれて感動した。彼女が自分のことを友達としか思っていないのはわかっていたけど、こんな女性とは二度と会えないかも!と思って告白しました」(35歳男性/製造業)

「男友達と趣味を通じて仲良くなるにつれ、だんだんと距離が縮まり性格的に合うことがわかってきました。初めは単なる趣味友達だったけど、理解してくれるっていう安心感から徐々に恋愛感情に変わっていきました」(28歳女性/受付)

恋人同士には「理解し合えること」がとても重要です。とりわけ男性は、「この人は自分のことを受け入れてくれているな」と感じた時に、女性に対して友人以上の気持ちを抱くようです。

男友達と接する時は、彼の内面を良く知り、理解することに努めると「この子は俺のことをわかってくれている!」と、彼の恋心に火をつけるきっかけになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

安心は禁物!恋人になったあとの注意点

干渉しすぎないようにする

いくらお互いにわかりあっていて以前から気心が知れているからといって、相手のプライベートなどに干渉しすぎると、せっかくの関係が崩れてしまうこともあります。

恋人関係になった途端に過剰に相手を縛ったり、無理なことを要求しすぎたりすると「友達のままのほうが良かったな」と相手にガッカリされてしまうことも……。

恋人同士になったあとも、適度な距離感や相手への思いやりを忘れず接することが、長続きの秘訣となりますよ。

ドキドキ感を忘れないようにする

もともと友達だと、何となく照れくさくて恋人らしく振舞えなかったり、友達の延長のままなんとなく付き合いを続けてしまったりしがちです。

けれども、せっかく恋人同士になれたのだから、思い切ってこれまではできなかったことをしてみたり、言わなかったことを言ってみたりしましょう。

敢えてドキドキ感を演出することでお互いに知らなかった一面を知ることになり、関係自体がどんどん新鮮なものになります。ドキドキ感を忘れずにいることが、相手への気持ちを持ち続けることにもつながりますよ。

相手に期待しすぎない

晴れて恋人同士になると、女性は特に「彼氏なんだからこれくらいしてくれて当たり前」「言葉で言わなくてもわかって欲しい」など、男性に過剰な要求をしがちです。

しかし、いくら好きな女性相手でも色々と求められすぎると、「こんなに重い女だったの?」「もっとさっぱりしている性格だと思ったのに……」と、男性はあっという間に逃げ腰になってしまうもの。

友達だったときにはお互いに対等な関係だったのに、恋人になった途端にそのバランスが崩れてしまっては、せっかくのお付き合いもしんどいものになってしまいますよね。

ポイントは、友達だった頃の「信頼感や距離感」はそのままに、恋人としての「特別感」を少しずつプラスしていくことです。

恋人になったからといって、相手のすべてが自分のものになるわけではありませんよね。そこを忘れなければ、元友達の彼氏とはとても良いお付き合いをしていけるはずですよ。

まとめ

いかがでしたか?普段は友達としてしか接していなかった相手でも、意外なことがきっかけで恋人関係に発展することがあるようです。

そもそも人間として魅力があるから友達になれるもの。そんな男友達が相手なら、恋人としてもとても良いお付き合いができるかもしれませんよね。

今回ご紹介した方法を是非参考にして、気になる男友達との関係を一歩進めてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -