CCクリームとは?使い方・塗り方・選び方を徹底解説!BBクリームとの使い分けは?

5

女性がメイクをする上で大切な下地作り。リキッドファンデーションや、クリームファンデーションなどいろんなものがありますが、誰でも簡単にきれいな肌作りができるものの一つがCCクリームです。CCクリームといってもいろんな種類や、メーカーがありますよね。どれを使ったらいいのがわからない、上手く使いこなせない人も少なくないのではないでしょうか?そもそもCCクリームとはなんなのか、使ったことがない!!なんて人もたくさんいるでしょう。今回はそんな人のためにCCクリームの使い方や、選び方、BBクリームとの違いを徹底解説致します。是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

CCクリームとは?使い方・選び方・塗り方を徹底解説!!

FullSizeRender 13

CCクリームとは?

CCクリームの特徴は色補正をし、肌の欠点をカモフラージュ(周囲の肌となじませる)しながら、全体的に肌をトーンアップします。さらに、肌を潤わせ、滑らかにし、しわを防ぐ効果が期待できるといわれています。簡単にまとめると、潤い効果のある美容液に色補正効果をプラスしたようなものです。まるで素肌のような、ナチュラルな肌に仕上げてくれるので、ファンデーション代わりとしても使える優れものです。

CCクリームで注目するのは、肌をカモフラージュすると言う点です。なので、ファンデーションに近いクリームということです。なので、きめ細やかできれいな肌を作る事ができます。

CCクリームのメリット

CCクリームを使用するメリットはたくさんありますのが、中でも1番のメリットは、肌を傷めないというところです。下地クリームの多くは皮膚の汚れや凹凸を埋めてごまかして、カバーするタイプのものが一般的で、肌に強く吸着し、潤いなどを無くしてしまうクリームがほとんどでした。CCクリームは肌をコントロールして美しく見せる効果があるので、カバー力はあまりありませんが、肌への負担がすくなく、お肌に優しいクリームとなっています。なので、お肌が弱い人でも何度も使うことができるクリームといえるでしょう。

カバー力といった面では、BBクリームのほうが抜群です。しかし、肌に優しくケアをしながら手軽に使えるCCクリームは誰でも手の出しやすいクリームといえます。毎日直接肌に使う化粧品だからこそ、安全で肌に優しいものを使えるという点がCCクリームのメリットといえるでしょう。肌を健やかに保ち、優しいクリームなら、毎日のお化粧も楽しく出来る事間違いなしですね!

CCクリームのデメリット

こちらは特徴ともいえるのですが、CCクリームの大きなデメリットはBBクリームのように肌のシミなどをカバーできないということです。BBクリームはどちらかというとファンデーションのようなものです。そこでCCクリームはというとファンデーションのような役割は果たしませんから、一本できっちりとした肌を作り上げる事ができないということです。

デメリットでもありますが、簡単で誰でも使いやすいCCクリームは、肌色をコントロールしてくれるので、薄めのメイクが好みの人や、ノーファンデーションが好きな人にはもってこいのクリームといえるでしょう。デメリットともいえる部分は、使う人の好みによって、メリットにもなるのではないでしょうか。そのまま使ってみるのも意外とおすすめですよ。

CCクリームの使い方

CCクリームの使い方を順に説明しますね。まず基礎化粧品でスキンケアをした後に日焼け止めを塗ります。その後に使うのがCCクリームです。CCクリームは下地なので、スキンケアは欠かさないようにしましょう。CCクリームが下地だという事を覚えておけば、塗る手順も使い方も間違えずにすみますね。

CCクリームは下地なので、肌のコントラストを整える事はできますが、ファンデーションのようにカバーする事はできません。なので、ファンデーションを塗るまでの間、肌の土台を整えるための下地として使うのが正しい使い方なのです。これにより肌の色を明るくし、透明感を演出してくれますよ。

CCクリームの塗り方

次に、CCクリームの塗り方を説明します。

①まずはパール大のCCクリームを手の甲に出しましょう。ここで注意するのは、多すぎても少なすぎてもだめだという点です。

顔の5箇所にCCクリームをのせましょう。場所は額、あご、両目の下、鼻筋です。ここでも注意するポイントがあります。鼻筋にたくさんのせすぎてしまうと、鼻の周りがヨレる原因になるので、気をつけましょう。なので鼻筋は少量で結構です。

目の下にのせたクリームを顔の外側に向かって広げていきましょう。このときにヨレを防ぐためにムラにならないように、全体に均一に伸ばす感じで行うといいと思います。

④次に顎にのせたクリームをしたに向かってのばしましょう。顎は比較的少量で大丈夫です。

額にのせたクリームを生え際にむかって伸ばしていきましょう。額は油分が多い部分なので、ヨレを防ぐために、適度な量を全体に伸ばしましょう。つけすぎると、化粧崩れの原因になります。

鼻筋のクリームを小鼻や鼻の下にもいきわたるように均等に伸ばしましょう。きっちり塗ることで、化粧崩れを防ぐ事ができます。

⑦クリームを全体に伸ばし終わったら、指に残ったクリームをまぶたに塗るようにしましょう。まぶたもクリームをしっかり塗っておかないと、アイシャドウや、アイラインなどのアイメイクが崩れやすくなってしまいます。

⑧そして、顔全体のクリームをなじませる感じでスポンジやティッシュでポンポンとおさえましょう。そうすることで無駄な油分を取ることができるので、キレイな肌を作る事ができます。これはするのとしないのでは時間が経ったあとでかなり変わってくるのでやってみてください。

⑨そしてリキッドファンデーションやパウダーファンデーションを塗って完成です。下地が厚塗りだったり、全体にいきわたっていなかったりすると、全体のヨレの原因になるので、丁寧に伸ばすように注意しましょう。

CCクリームの選び方

CCクリームを選ぶ際には、ファンデーションとの色の相性がいいものを選ぶようにしましょう。なので、テスターを使って、手の甲で確かめてみるといいでしょうね。明るすぎるCCクリームを選んでしまうと、顔が真っ白になって血色が悪くなってしまうので注意しましょう。

CCクリームにはメーカーによって機能がそれぞれ異なります。肌全体の色を補正するものや、くすみをなくすもの、透明感を引き出す物など、様々なので、自分のお顔に合ったCCクリームなのかどうかをしっかりと見極めることが大切です。なので、自分が求めている機能が備わっているCCクリームを購入するようにしましょう。あとは使っているファンデーションとの性質の相性も大切です。油分の問題で、余計崩れてしまったりして意味がないので、同じメーカーのものをつかってみたり、サンプルをもらうなどして試してみることが一番おすすめですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BBクリームとの使い分けは?

AI_IMG_7793_TP_V

BBクリームとの違い

BBクリームとCCクリームの違いを説明します。BBクリームはカバー重視の仕上がりで、CCクリームはナチュラルな仕上がりです。どちらも下地機能を果たすアイテムですが、かなり違います。まずBBクリームは日焼け止めや、美容液、ファンデーションなどの機能があります。比較的にしっかりとカバーしてくれるので、ファンデーションを塗らなくても、色むらやシミなども比較的カバーしてくれるので、しっかりとした仕上がりになります。

CCクリームはコントロールカラーなので、肌の色を補正する機能がついている化粧下地です。素肌の色を補正するので自然な仕上がりにしてくれます。あくまで補正なので、ぼかすことはできますが、隠す事はできません。なのでBBクリームのようにファンデーションのかわりとして使うことはできないというわけですね。ナチュラルな仕上がりにしたい人はそのままパウダーを塗っていただいてもかまいません。

BBクリームとの使い分け

すべてを踏まえると、きちんと感のある仕上がりでリキッドファンデーションのようなしっかりとしたカバーでき、気になる部分を隠したい人にはBBクリームがおすすめです。素肌感のある仕上がりが好みで、くすみや肌色の悪さが気になる人、ファンデーションほどのきっちりさはいらないけど、きれいにみせたい人、軽めの付け心地を求める人には、CCクリームがおすすめです。自分の好みによって、BBクリームとCCクリームどちらでしたか?

自分の肌の調子や、イメージで使い分けてみるのもありですね。くすみがきになる方には断然CCクリームのほうがおすすめです。くすみはファンデーションでカバーする事はできますが、なかなか消す事ができませんからね。CCクリームはノーファンデメイクがすきな人にもおすすめです。肌を明るく見せてくれるだけではなく、一緒にスキンケアもしてくれるのでとっても便利で一石二鳥ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

今回はCCクリームについてまとめてみました。CCクリームもBBクリームのように一つのクリームでいろんな役割を果たしてくれるとても便利なクリームですよね。女性の肌が与える印象はとても大切です。くすみが原因で疲れているように見えたり、老けてみえることを防いでくれるのがこのCCクリームです。シミやクマ、そばかすなどももちろん気になりますが、肌全体の色味を明るく、キレイに見せる事もとっても大切ですよね。

今までそんなに気にしていなかった人も、CCクリームを使ってみてはいかがでしょうか。肌がぱっと明るくなり、健康的で美しい肌を作ってくれますよ。顔色が良くなる事で気分も晴れ、毎日を楽しく送る事ができるでしょう。まずは試してみる事からはじめてみてください。何事もやってみないとわかりませんからね。少しでも気になった人は是非試してみてくださいね。

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -