【昔と違う彼にドキッ♡】幼馴染との恋愛どうアプローチする?

幼なじみとの恋愛と聞くと、ドラマや映画の中の話のように感じる人が多いですよね。しかし、実際幼なじみと結婚するという人は確かにいます。

子どもの頃から一緒にいるからこそ兄弟のようでなんとも思っていない男性が、久しぶりに会ったときにとても魅力的になっているなんてことは全くない話ではありません。

今回は、そんな幼なじみに恋をしてしまったという女性に向け、意識したいことや注意などを紹介していきたいと思います。幼なじみだからと思う前に、一度一歩踏み出すきっかけにして欲しいです。

スポンサーリンク

幼馴染と結婚したという人はどのくらいいる?

まるでドラマ?!幼なじみとの結婚率はどくらい?

幼なじみとの結婚はドラマや少女マンガで何度も描かれ、女性の憧れでもありますよね。実際幼なじみのいる場合の方が少なかったり、幼なじみは同性だったり、異性でも友だち以上に思うことができないなど理想とは違うことも多々あるものです。

そんな中でも、同窓会などで久しぶりに再会したとき相手がとても魅力的な人に成長しているとドキッとしてしまう人は少なくないようです。

小さな頃から一緒にいることもあり、気心の知れた相手は付き合いやすくお互い気取らない姿を知っているので結婚に繋がることもあります。しかし、実際の幼なじみ同士の結婚率はおおよそ2%。とっても少ないですよね。

しかもこの2%、ドラマや少女マンガのように家がお隣、生まれた頃から一緒、などではなく、高校性までに知り合った相手との結婚率を指しています。みんなが想像するような幼なじみ同士の結婚がどれだけ少ないのかとても分かりやすいですね。

出会いはどこで?結婚に繋がる縁はどこから?

では、多くの人は結婚に繋がる恋人との縁をどこで見つけているのか。こちらも紹介してみたいと思います。少し前までは、知り合いからの紹介で知り合う割合が多かったものの、女性が就く職が幅広くなってきたことから今では職場での出会いが多いんです。

最近の20代~30代の人になると、SNSなどが普及している関係もありインターネットからということも多いようです。また、高校や大学などから付き合いを重ねて結婚に繋がるなど、出会いの場はとても多いですよね。

また、出会いの場が多ければ多い分だけ、幼なじみ同士の結婚がどれくらい奇跡的なものなのかわかるような気もします。

夢のような幼なじみ婚!幸せな理由は?

たった2%の狭き門である幼なじみ同士の結婚ですが、幼なじみ同士であるからこその幸せの理由はあります。

そのメリットで上げられるのは、幼い頃から知っているため変に気を遣う必要が無いのです。お互いのことをよく知っているからこそ、信頼関係も普通の夫婦よりもより深いものになります。

また、結婚で一番ネックになりがちなのが義家族のことではありませんか?幼なじみ同士の結婚であれば、義家族のことをよく知ることができているうえに自分の親と仲良くなりやすいこともメリットです。

自分の親と相手の親が険悪な仲だと、結婚生活に支障が出かねませんからね。同じ地元で育っていることも価値観の違いから喧嘩になることがすくないですし、幼い頃から根付いた文化ですからお姑さんからうるさく言われることもありません。

スポンサーリンク

幼馴染に恋愛対象として意識してもらうには

これが結構難しい?距離が近くなりすぎない

幼い頃からお互いのことを知っていると、自然と距離が近くなりがちで友人関係を飛び越えて兄弟のような関係になってしまうなんてこともありますよね。しかし、友だちや兄弟のような関係が長すぎると恋愛感情を持つことがだんだんと難しくなってしまいます。

あなたが相手を好きでいても、相手にとっては仲の良い女とも友だちや妹のような存在になりかねません。

一緒にいるとお互いを知る時間も増えるため、距離がどんどん近くなることは自然なことですが相手に「幼なじみという関係が当たり前」と思わせるような付き合い方はやめましょう。

素の見せすぎにも注意!女性らしく振る舞う

幼なじみと一緒にいると、自分のことを知っているという安心感から自然と素を見せがちです。一緒にいる時間が長ければ長いほど、自分のことを知っているという安心感からついつい気を抜いた姿や行動をしてしまいがちです。

幼い頃から兄弟のように育っているとなおのこと自分の素を見せてしまうことが多いでしょう。そんなとき、がさつな態度や適当なジャージなどでごろごろする姿をカレに見せてしまうとカレから恋愛対象として意識する気持ちがどんどん薄れていってしまいます

家にいるときに可愛い部屋着でいることは女子力を上げる方法の一つのほか、急に幼なじみが家に来た!というときでも女の子らしさを出すことが出来ますし、行動なども丁寧に女性らしい振る舞いを意識しましょう。

めんどくさいと思わないで!マメに連絡を取る

高校、大学と成長に従って幼なじみと同じ学校に通うということは少なくなってしまいますよね。例え家がご近所さんだとしても、学校が違う異性では思春期などもあると自然と疎遠になってしまいます。

そんなときでも、一緒に出かけたり遊んだりしないにしてもしっかりと連絡を取っておくことと取っておかないのとでは相手との気持ちの距離感が断然違います。

お互いに忙しいということもあるでしょうから、毎日毎日連絡を取るということはしなくても大丈夫ですが、少なくともひと月~ふた月に1回程度は何気ない連絡を取った方が良いでしょう

可愛げが無いと思わせないで!素直になる

幼なじみ同士の恋愛に限らず、意地を張ってばかりの女性は男性から可愛げが無いと思われてしまいがちですよね。本人は照れ隠しや強がりで意地を張っているにしても、男性は女性に頼られたいと常に思っています

本当はカレに助けて欲しいという気持ちはあっても、「手を貸そうか?」という一言に素直に「お願い」と言うことはなかなかできないなんてありませんか?

「一人で大丈夫だから!」と親切心を突っぱねられてしまえば、カレはそれ以上あなたに手を貸すことはできません。カレが助けようとしてくれるときは、素直に手伝ってくれてありがとうなど感謝の言葉を掛けましょう。

親しき仲にも礼儀あり!干渉しすぎない

長い間一緒にいると、お互いの性格を知っているぶん勉強や仕事、恋愛に関して「おまえは~だから…」などといってしまいがちではありませんか?一番近い存在の異性がお互いであるため、幼なじみであれば自然と恋愛の相談も増えてくるものでしょう。

しかし、「あんたは~だからダメなんだよ!」など相手のダメな部分を強調して直さなきゃ!というような言い方をされるのは相手にとってはストレスでしかありません。

相手の性格を知っていて、「~だから」と言いたくなってもそこは親しき仲にも礼儀あり。相手の性格云々を言うのではなく、ちょっとしたアドバイスに抑えておきましょう。

スポンサーリンク

幼馴染との恋愛で注意したいこと5つ☆

まさか!?SNSでの出会い

最近では、TwitterやFacebook、Instagramなどを利用する若い人も多くなり、インターネット上の出会いも多くなりました。特にFacebookでは出身地から出身校まで登録することができ、自分の同級生を見つけやすくなったぶん出会いの幅も広がりましたよね。

懐かしくなって久しぶりに連絡を取ったら、現住所が近くて付き合う気が最初は無くてもデートを重ねるうちに幼なじみのカレが同級生の女の子と付き合っていた…なんてこともあるかもしれません。そうならないためにも、先ほど紹介したマメに連絡を取ることを続けておくと良いですね。

繋がりが多すぎ!共通の友人

カレとあなたとの間に共通の友人が多すぎて、自然とカレの噂やあなたの噂があっていなくても耳に入ってくることもありますよね。良くない噂や相手に対しての愚痴など、共通の友人が多ければ多いほど自然と相手に伝わる確率は増えます

ましてや様々な人が憶測などを交えて話すこともあるので、噂に尾ひれが付き「自分はそんなことしていない!」という様なことでも不思議と話が広まっているという経験はありませんか?

共通の友人が多いことはみんなで集まったり楽しいことができるというメリット多い分噂話が広まるのも早いので要注意です。

理想通りには行かない!理想の幼なじみ交際

幼なじみ同士の交際は、周りから見るとドラマや少女マンガのようでキラキラとまぶしいものです。お互いのことを知っているぶん、交際時も熟年夫婦のようでちょっとやそっとのことでは喧嘩をしないなど周りからは目に見えない理想を押しつけられているようで窮屈なときもあるかもしれません。

お互いのことを知っていると言っても、育ってきた環境は違います。幼なじみであっても兄弟でも何でも無く他人ですよね。そんな二人が一緒にいるのですから意見の違いがあっても当然なので、周りの理想像を押しつけられても違うことが当たり前と思いましょう。

こんなのじゃなかった!昔とのギャップ

幼なじみに限らず、学生時代など若い頃を知っている相手だと数年後に交際をしたときに思いがちなのが「昔はこんなんじゃなかった!」というギャップです。

相手が人として成長をしていて、「すごい!」と思うギャップと「昔の方が良かった」と思う残念なギャップの2つがありますが、昔の方が良かったなんて思いたくないですよね。

幼なじみで小さな頃のイメージが定着してしまっているぶん、現在そのイメージと反対だと戸惑ってしまうこともあると思います。しかし、「昔はこうだったのに!」と言っても人は変わるもの、今のカレをゆっくりでも受け入れていく努力をまずしましょう。

ドキドキは少ない?新鮮みが無い

ちょっとした癖や好きなもの、地元の話などお互いのことを知りたくて恋人同士でいろいろなことをデートしながらおしゃべりしますよね。しかし、幼なじみ同士だと地元はもちろん同じで癖や好きな物などはもう当たり前のものになってしまっています。そのため、新鮮みが薄くお互いのことに驚きがありません

昔話で盛り上がることはあっても、人間ちょっとは新鮮みが欲しいと思ってしまうものですから、新鮮さを求めることはできません。久しぶりに再会したのであれば、会わなかった間にカレが何をしていたかの話など聞いてみると良いかもしれませんね。

まとめ

幼なじみとの結婚、とても憧れてしまいます。お互いのことを知っているからこその楽さ、安心感と同時に知りすぎてしまっているために恋愛感情を持つことができないことも…。

2%ととても少ない結婚率は奇跡です。幼なじみとの結婚はとても狭き門ですが、今幼なじみに恋をしているというのであれば少しずつ前に進んでみましょう。

女性らしさを見せること、素直さを見せることは男性の心をぐっと掴みます。最初のうちは照れも混ざってしまうかもしれませんが、少しずつでもお互いの距離を詰めていけるように頑張ってくださいね。

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -