コンシーラーの使い方とは?順番はファンデーションの種類で違う!色選びのコツも!

キレイなお肌をつくるための化粧品は女性なら誰でも欠かせないものですが、コンシーラーの正しい使い方を皆さんは知っていますか?使い方を間違えるとキレイになるどころか返って汚いお肌になってしまったり、化粧崩れの原因になってしまうのです。

今回はコンシーラーの使い方をご紹介致します。色やタイプもたくさんあるコンシーラーですが、どうやって選んだらいいのか、うまく使いこなせない人もいるでしょう。きちんとした使い方と選び方を把握し、きれいなお肌作りをしていきしましょう。

スポンサーリンク

コンシーラーの使い方とは?

IMG_8268

コンシーラーの使い方

まずコンシーラーはクマやシミ、ニキビ跡など、ファンデーションを塗るだけではカバーできない部分的なものを隠すための化粧品です。

ですので、ファンデーションだけでは隠せないようなニキビ、クマ、シミなどの部分にたたくように塗って、隠す役割を果たします。部分的に塗って使うのがコンシーラーの一般的な使い方です。

コンシーラーにも種類がたくさんあるので使い方は違いますが、基本的には、隠したい部分にコンシーラーを塗り、ポンポンとたたくように伸ばしていくのがコンシーラーの使い方です。このときにごしごしこすったりしないように注意しましょうね。




コンシーラーの種類

コンシーラーにも様々な種類があることをご存知ですか?いろんな種類があると聞くと、ちょっと面倒かも…と思ってしまいますが、大丈夫ですよ。

タイプによって使い方も様々なのでそれは後でご紹介致します。まずはコンシーラーにはどんな種類のものがあるのか知っておきましょう。

まずは①ペンシルタイプのコンシーラーです。これは名前の通り、鉛筆のような形をしたコンシーラーのことですが、特徴としては比較的に油分が少なく、サラッとしているのが特徴です。ペンシルタイプは細かい部分にも使いやすいので、小鼻の周りや、目元にもとても使いやすいコンシーラーです。

スティックタイプのコンシーラーは口紅のような形をした、繰り出し式のコンシーラーです。固めで使いたい分だけ出す事ができるので、とても使いやすいコンシーラーです。

クリームタイプのコンシーラーは名前のようにクリームのように柔らかく、ファンデーションに似ています。色によって違う種類のものを混ぜ合わせて使うようなものもあります。こちらも油分が多めなので、伸ばしやすいのが特徴です。

リキッドタイプのコンシーラーは水っぽくクリームタイプのものよりもゆるいコンシーラーです。こちらもファンデーションに似ています。その分カバー力は低めですが、伸ばしやすいので、ムラになりにくく、お肌になじみやすいのが特徴です。

コンシーラーだけでもこんなに種類があるのですね。お肌によって使いやすいコンシーラーも様々なので、自分にはどのタイプのコンシーラーがいいのか、色々試してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

順番はファンデーションの種類で違う!

IMG_9520

パウダーファンデーションの場合

コンシーラーは使っているファンデーションの種類によって、塗る順番が異なります。まずはパウダーファンデーションの場合です。パウダーファンデーションは簡単に言えば最後の仕上げです。なので、この場合はコンシーラーは先に塗ります。基礎化粧品、化粧下地をした後にコンシーラーです。そこで、隠したい部分は全てコンシーラーで隠しましょう。

パウダーファンデーションは仕上げもしつつ、肌を全体的にきれいにカバーする役割があります。なので、後にコンシーラーをつけてしまうと、ヨレたり、汚くなってしまいます。なので、パウダーファンデーションを使う場合はコンシーラーを先につけるようにしましょうね。




リキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションの場合

次にリキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションの場合ですが、この場合はコンシーラーは後でつけましょう。こういった場合のファンデーションは伸ばし、肌をカバーした後に、仕上げでパウダーをつけることが多いですよね。なので、コンシーラーは後につけることになります。先につけてしまったら、その上からファンデーションを塗ることになるので全く意味がなく、コンシーラーの役目を果たしてくれなくなります。

最後のパウダーをつける前につけるのがポイントとなるのですね。どちらにも共通していえるのは、仕上げの前につけるという事。こうやって覚えておくといいかもしれませんね。コンシーラーはファンデーションのようにこすって伸ばしたりするときれいに仕上がりません。なので、パウダーで仕上げる前に塗るのが一番正しい使い方なのです。しっかり覚えておきましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンシーラーの色選びのコツ

FullSizeRender 7

コンシーラーの色選びのコツ

コンシーラーにも色々な色がありますが、基本的に使っているファンデーションよりも明るめの色を選ぶようにしましょう。ですが、隠したい物によっても使い分ける必要があります。

まずはシミ、そばかすを隠したい場合は、ファンデーションと同色、またはワントーン暗い色を選びましょう。シミ、そばかすは肌の色とそんなに変わりません。なので、あまり明るい色を使うと返って浮いてしまったするので、気をつけてくださいね。

次はクマを隠したい場合です。クマを隠す場合はクマの色によって色を変えなければいけないので、少し大変です。クマの色が青っぽい場合はオレンジ系やピンク系のコンシーラーを選びましょう。黒っぽい場合はクマよりも少し明るい色のコンシーラーを、茶系のクマはイエロー系またはオレンジ系のコンシーラーを選ぶようにしましょう。

ニキビやニキビ跡を隠したい場合は、グリーン系のコンシーラーを選びましょう。ニキビは赤みがかっているので、反対色のグリーンを選ぶことでそれを上手に隠してくれるのでおすすめです。

くすみを隠したい場合は、色白の肌の人でしたらピンク系、肌の色が暗めな人はオークル系のコンシーラーを選ぶようにするといいでしょう。くすみの場合はハイライト効果のあるコンシーラーがおすすめです。

全体的にくすみが気になる人はパール系のコンシーラーを使うと、透き通って透明感のある肌を作り出せますよ。パール系を使うことで光りの反射を上手く利用して、きれいな肌に見せてくれる効果もあるんです。




コンシーラーを選ぶポイント

色選びをご紹介しましたが、他にも選び方にはポイントがあります。そばかすや、大きなシミのように広範囲にわたって隠したい部分があるのか、それとも、小さいシミなど狭い範囲で隠したい部分があるのか、、。それによっても使いやすいコンシーラーなのかどうかが変わってきます。

広範囲にわたって隠したい場合は、クリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーを選ぶようにするといいでしょう。クリームタイプやリキッドタイプは油分が多く伸びがいいので、広い範囲にムラなくきれいに伸ばす事ができます。硬めのタイプは伸ばすときにムラになったりするので、こういった場合はゆるめのクリームまたはリキッドタイプを選びましょう。

逆に狭い範囲を隠す場合はスティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーで十分です。ポイントで隠したい場合にゆるいコンシーラーを使うと返ってよれたり、崩れたりしてしまいます。なので、こういった場合は硬めのスティックまたは、ペンシルタイプのコンシーラーを使うと、やりやすくてキレイに隠す事ができるでしょう。購入する際はこういった部分も覚えておくて後で困らなくて済みますよ。

コンシーラーを塗るときのポイント

コンシーラーを上手に使いこなすために、気をつけておきたいポイントをご紹介します。コンシーラーは隠したいものを隠して、肌をキレイに見せるためのとても便利なアイテムですが、使い方を間違えるだけで、ヨレの原因になってしまいます。そうならないためにも、ポイントをしっかりと抑えておきましょうね。

コンシーラーは多めに塗ったり、いきなり厚塗りするのはNGです。なので、重点的に隠したい部分は、薄く塗り、それを何度も繰り返すようにしましょう。要するに、必要に応じて何度も重ね塗りをするということです。そうすることで厚塗りを防ぎカバー力も高められますので、最初から多く付けず、数回に分けて重ね塗りするようにしましょう。次にコンシーラーを塗ったら、必ずフェイスパウダーをつけましょう。コンシーラーだけではべた付きもあり、メイク崩れの原因にもなります。なので、上からパウダーでカバーするようにしてください。フェイスパウダーは隠した部分をよりなじませる効果もあるのでおすすめですよ。

まとめ

コンシーラーの使い方、選び方は人によって様々です。一番重要なポイントは、自分の肌に合った色、隠したい部分、その範囲をしっかりと把握しておくことです。

コンシーラーだからといってあまり気にしないで使ってしまうと、浮いて見えたり、肌の色に合っていなかったり、全く隠せていなかったり、なんて事になってしまうかもしれませんよ!

自分の肌を知っておく事で正しいコンシーラーを選ぶことができるので、キレイな肌を作る事ができるようになります。『ずっと使っているけど、あっていないのかも…?』と少しでも思った人は、もう一度自分のコンシラーを確認してみましょう。

もしかしたら自分に合わない物をずっと使っていた、なんてこともあるかもしれませんね。今からでも遅くないので、もう一度見直してみるのもいいでしょう。

もし、本当にこれでいいのか、これで合ってるのかが不安な人はお店の人に相談したり、メイク上手なお友達に教えてもらったりするのもおすすめです。

実際に目で見た方が、覚えやすくわかりやすいでしょう。そこでコツを掴み、自分のメイクの技を上げていきましょう。肌のきれいさは女性にとって、とても重要なもの。今まで以上にキレイになれる事間違いなしです。まずは使っているコンシーラーの見直しから、是非試してみてくださいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -