コンシーラーの選び方!ニキビ?クマ?ほくろ?肌の悩み別で選ぶべき種類や色をご紹介

lady1

キレイなお肌をつくるための化粧品は女性なら誰でも欠かせないものですが、ファンデーションだけでは隠せないのが、にきび、クマ、ほくろ。大きさや濃さも人それぞれですが、全部隠せるのなら隠したいですよね。そこで役に立つのがコンシーラーです。もうすでに使っている人も多いのではないでしょうか?コンシーラーにも使い方や色など、色々な種類のものがありますが、今使っているものは本当に自分の肌に合っているものなのでしょうか?今回は悩み別のコンシーラーの選び方をご紹介します。自分に合ったものを見つけて悩みを解決していきましょう。

スポンサーリンク

コンシーラーの選び方

makeup3

コンシーラーとは

まず、コンシーラーについて説明していきたいと思います。コンシーラーとファンデーションは似ています。どちらも肌色をしていて、同じようなクリームのようなものが多いことから、違いが分かりずらくてどうやって使ったらいいかわからないと思っている方も少なくないのではないでしょうか?コンシーラーとファンデーション、どちらも肌をきれいに見せるためのものなので、ここまでは同じです。ファンデーションは顔全体の色や状態をきれいに見せるために使用するもので、コンシーラーはクマやシミ、ニキビ跡など、ファンデーションを塗るだけではカバーできない部分的なものを隠すための化粧品であります。

なので、ファンデーションだけでは隠せないようなニキビ、クマ、シミなどの部分にたたくように塗って、隠す役割を果たします。よく比べてみるとわかるとは思いますが、コンシーラーは基本的にマットで固めのものが多いです。なので、コンシーラーとは肌全体をキレイにするためのものではありますが、全体につけるものではないということですね。部分的に塗って使うのがコンシーラーです。




コンシーラーの種類

コンシーラーにも様々な種類があることをご存知ですか?いろんな種類があると聞くと、ちょっと面倒かも…と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。タイプによって使い方も様々なのでそれは後でご紹介させていただきますね。まずはコンシーラーにはどんな種類のものがあるのかを知っておきましょう。

まずは①ペンシルタイプのコンシーラーです。これは名前の通り、鉛筆のような形をしたコンシーラーのことですが、特徴としては比較的油分が少なく、サラッとしているのが特徴です。ペンシルタイプは細かい部分にも使いやすいので、小鼻の周りや、目元にもとても使いやすいコンシーラーです。

スティックタイプのコンシーラーは口紅のような形をした、繰り出し式のコンシーラーです。固めで使いたい分だけ出す事ができるので、とても使いやすいコンシーラーです。

クリームタイプのコンシーラーは名前のようにクリームのように柔らかく、ファンデーションに似ています。色によって違う種類のものを混ぜ合わせて使うようなものもあります。こちらも油分が多めなので、伸ばしやすいのが特徴です。

リキッドタイプのコンシーラーは水っぽくクリームタイプのものよりもゆるいコンシーラーです。こちらもファンデーションに似ています。その分カバー力は低めですが、伸ばしやすいのでムラになりにくく、お肌になじみやすいのが特徴です。

コンシーラーだけでもこんなに種類があるんですね。肌によって使いやすいコンシーラーも様々なので、自分にはどのタイプのコンシーラーがいいのか、いろいろ試してみるのもいいかもしれませんね。

コンシーラーを使うタイミング

コンシーラーを使うタイミングは、使っているファンデーションによって異なります。塗るタイミング一つでキレイな仕上がりにならない場合があるので、注意しておくといいでしょう。パウダーファンデーションを使っている人の場合はファンデーションを塗る前にコンシーラーを塗りましょう。コンシーラーをファンデーションの後に塗ってしまうと、よれてしまうので、気を付けてくださいね。そしてファンデーションを上から重ねる時はごしごしこすったりしないように優しくポンポンとたたく感じでつけるようにしましょう。ブラシを使うときれいにつけられるのでおすすめです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使う場合はファンデーションを塗った後に使用するようにしてください。リキッドファンデーションやクリームファンデーションのようなタイプは肌に密着させる事が大切です。なので、先にコンシーラーを塗ってしまうと化粧崩れやヨレの原因になってしまいます。しっかりとファンデーションを肌になじませた後にコンシーラーを塗ることでキレイな仕上がりになりますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニキビ?クマ?ほくろ?肌の悩み別で選ぶべき種類や色をご紹介

makejp2

ニキビ向けコンシーラー

ニキビやニキビ跡にはペンシルタイプかスティックタイプのコンシーラーでカバーするのがおすすめです。ニキビやニキビ跡のように一か所にまとまってできやすいものは、ペンシルタイプやスティックタイプのようなピンポイントでカバーできる、硬めのコンシーラーがおすすめです。

そしてニキビやニキビ跡を隠したい場合は、イエロー系やベージュ系のコンシーラーがおすすめです。ニキビやニキビ跡はやや赤みを帯びているものが多いので、その赤の反対色であるイエローやベージュを重ねることで、赤みを抑えることができます。ニキビに塗る際に注意していただきたいのが、塗るのではなく、ポンポンとたたく感じでなじませましょう。そうする事で自然な仕上がりになりますよ。




クマ向けコンシーラー

クマをカバーするには、リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーでカバーするのがおすすめです。目の下は、顔の中で最も皮膚が薄い部分だということを知っていますか?硬いコンシーラーを使うことでしわに入り込みやすくなり、しわが目立ってしまうことがあります。なので、やわらかいコンシーラーで伸びが良い、リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーを使うようにしましょう。

クマを隠したい場合は、クマの色に合わせたリキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーを選ぶことが重要です。クマには3つの種類があり、種類により、クマの色味も変わってきます。自分のクマがどの種類で、どの色をしているのかをしっかりと把握したうえで、コンシーラーの色味を選ぶようにしましょう。クマが青っぽい場合はオレンジ系やピンク系のコンシーラーを、黒っぽい場合はクマの色より一つ明るいコンシーラーを、クマが茶色っぽい場合はイエロー系やオレンジ系のコンシーラーを使うとうまく隠すことできますよ!このときも同様に、ポンポンとたたきながらなじませる事が大切です。ごしごしこすったりしないように注意してくださいね。

ほくろ向けコンシーラー

ほくろを隠すためには、ペンシルタイプまたはスティックタイプのコンシーラーでカバーすることをおすすめします。ほくろのように一か所にまとまってできやすいものは、ペンシルタイプやスティックタイプのように、ピンポイントでその部分だけをカバーしやすい、硬めのコンシーラーを使うようにしましょう。ほくろはシミやそばかすと違い濃い色をしているので、ファンデーションよりも一つ暗い色のコンシーラーで隠すといいでしょう。

そうすることで肌になじみやすくなります。上からファンデーションを塗るので、ワントーン暗くても大丈夫です。ちなみにそばかすが狭い範囲ではなく広範囲に広がっているものを隠す場合はクリームタイプの伸びがいいコンシーラーがおすすめです。もともとそばかすは肌の色に近いものなので、硬めのコンシーラーを使わなくても大丈夫です。

コンシーラーをうまく使いこなすポイント

コンシーラーを上手に使いこなすために、気をつけておきたいポイントをご紹介します。コンシーラーは隠したいものを隠して、肌をキレイに見せるためのとても便利なアイテムですが、使い方を間違えるだけで、ヨレの原因になってしまいます。そうならないためにも、ポイントをしっかりと抑えておきましょう。

コンシーラーいっきに厚塗りはNGです。なので、重点的に隠したい部分は、薄く塗り、それを何度も繰り返しましょう。要するに必要に応じて何度も重ね塗りをするということです。そうすることで厚塗りを防ぎ、カバー力も高められるので、最初から多く付けず、数回に分けて重ね塗りするようにしましょう。

次にコンシーラーを塗ったら、必ずフェイスパウダーをつけましょう。コンシーラーだけではべた付きもあり、メイク崩れの原因にもなります。なので、上からパウダーでカバーするようにしてください。フェイスパウダーは隠した部分をよりなじませる効果もあるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

コンシーラーについてご紹介しましたが、コンシーラーだけでもこんなに種類があるなんて驚きですよね。しかし悩み別で使い分けができるのでとても便利ですね。隠したいからといってコンシーラーならなんでもいいというわけではありません。自分の肌に合ったコンシーラーを選ぶことで、きれいな肌を作り上げる事ができるのです。自分で選ぶのが難しい人は、お店の人に聞いてみてくださいね。実際に試してくれたり、あなたの肌に合ったものを勧めてくれますよ。手の甲と顔の色は日焼け加減によって違う事もあるので、気を付けてくださいね。

特にクマを隠す場合は要注意です!色味を間違えると返ってクマがひどくみえたり、顔がくすんでみえたり、全く隠せていなかったりなんてことに。そんな風にならないためにもクマを隠す際は、自分のクマが何色なのかをしっかりと把握し、色を選ぶようにしましょう。今回は悩み別でご紹介しましたが、コンシーラー初心者の人でも、隠したい部分や悩みで用途によって何を使えばいいのかが分かれば、失敗する事もないでしょう。まずは自分の肌の悩みをじっくり考え、理解しメイクに活かしていきましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -