夫婦別居を乗り越えて…夫と復縁するための7つのステップ!復縁後も円満を保つ秘訣も

この記事は2015年8月20日の記事を再編集したものです。

別居中の夫婦でも、みんな離婚を望んでいるわけではありません。中には円満な夫婦関係を回復して復縁したいと思っている人もいることでしょう。夫婦も長く一緒にいるとぶつかることも多くなります。結婚した当初はとっても円満な二人だったのに、なんでこんなことになってしまったんだろうと思うご夫婦は少なくありません。

別居から復縁したいあなたに送る夫婦円満のための9つのステップをご紹介します。

スポンサーリンク

まだやり直したい!夫婦の別居を乗り越えるには?

97f68ba94f4ebb2e636903265237eb10_s

 ピンチはチャンス!

顔を合わせるとケンカばかり。これではもう夫婦はバラバラ。一緒にいるよりも一度離れてお互いを見つめ直してみようと別居に踏み出すご夫婦は多いもの。別居することで冷静な考えができるようになり、自分にとって大切なものが何だったのかときづければ復縁することも出来ます。

別居は二人のことをしっかり考え直すチャンスです。復縁してその後に円満に過ごすには、この別居の期間にどれだけ自分の落ち度を反省できるかにかかってきます。別居というのは悪いことばかりではありません。




自分の気持ちに素直になろう

別居するほど夫婦関係が壊れてきている時は、相手を恨んだり顔を見るだけでイライラするということもあるでしょう。そんな感情のままに話をしてはいけません。復縁を望むなら、自分はどうしたいのか素直になって伝えましょう。

意地の張り合いは口論にしかなりませんよね。こちらが意地になったら相手から返ってくる言葉も刺々しいものとなってあなたの心を傷つけるでしょう。

復縁後のことも考えてしっかり反省!

流されるだけの生活では、円満な夫婦で居続けることって難しいですね。別居までしたのですから、それを無駄に過ごさずに今までの二人についてよく考え直しましょう。二人の関係が壊れてしまったのは何が原因なのか、自分は何を直したら良いのか、相手の気持ちになって話ができていたのかとしっかり反省しましょう。

また、自分だけで反省するのではまだ不足です。別居から復縁する時、パートナーにも同じように考えてもらえるよう二人で話し合いましょう。別居という危機を乗り越えられた夫婦なら、今まで以上に心のつながりが強くなっているはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分から歩み寄りお互いの溝を埋めよう。夫と復縁するための7+1のステップ!

f17f3eb2c785b453dd685ff13ef9e4b7_s

1.夫の気持ちを確かめる

別居をしてしまうとなかなか相手の気持ちをつかみにくくなりやすいものですね。かといってこちらから連絡を取るのもちょっと気が引ける。何かの連絡をするときに彼の気持ちをうかがうことができたらいいのですが。復縁を望むならまずは彼の気持ちを確認することが必要です。

彼への郵便が届いているのを理由に、電話をしてみましょう。メールなどでは気持ちのニュアンスがつかみにくいもの。電話が一番です。彼の声の調子で気持ちもつかめることがあるはずです。




2.夫の家族に聞いてみる

電話でさえ夫の気持ちがつかみにくいときには、彼の家族に協力をお願いしてみましょう。彼が実家に戻っているのなら、毎日家族は様子を見ているはずです。どんな様子かそっと教えてもらうのが一番。

ただし彼の家族との交流ができていないときには聞きにくい場合もあるかもしれません。彼の兄弟や姉妹がいるのなら両親よりもフランクに聞きやすいことが多いので兄弟との交流が普段からとれていればラッキーです。

3.直接あって話をしてみる

夫の気持ちが計り知れない場合、やはり直接会って話をするのが一番です。仕事の帰りに食事に誘ってみましょう。別居中でデートするのも気恥ずかしいのであれば、ちょっとにぎやかなお店を選ぶのもいいですね。騒がしさにまぎれて言いにくいことも言いやすくなるものです。

食事のお店はかしこまった料理店ではなく、居酒屋などのラフなお店が一番です。くだけた雰囲気の中で、別居していることも忘れそうに盛り上がれば、復縁のチャンスになるかもしれません。すかさずタイミングをとらえましょう。

雰囲気が良くなってきたら、思いきって今の状況を相談するのもいいでしょう。夫もそんな気持ちがないまま何かのタイミングで別居になってしまったことを後悔しているかもしれないのですから。

4.夫の住んでいる所へ行く

別居といっても、二人の家にどちらが残っているかにもよりますし、夫が実家に戻っている場合もあるでしょう。どんな場合にしても、別居している彼の家を訪れるのは復縁への最短の方法でもあるとも言えます。

別居の原因が些細な誤解から始まったことであるならば、誤解がただの誤解に過ぎなかったかもわかることでしょう。心から彼との復縁を望むのなら、意地を張らずに彼のもとに飛んでいくべきです。ただし、誤解が本当であった場合も想定することは必要。もしも思わぬ状況に遭遇しても取り乱すことのないように・・。

5.正直に自分の気持ちを伝える

あなたが夫との復縁を心から望んでいるのなら、あなたの気持ちを彼に素直に話すことが一番の解決策なのは言うまでもありません。おそらく別居まで行く過程にあなたも意地を張っていたことは十分考えられます。あなたが一歩引いて彼に向き合っていたならば別居まで至ることはなかったかもしれないと思いませんか?

もちろん彼が悪いところがあってそれが原因で起こった別居かもしれません。でもこのままでは別居で済まない結果もありえることなのです。あなたがそれを望んでいないのであればあなたから彼に歩み寄ってみましょう。

6.あなたが折れてみる

ほんの些細なことがどんどん広がって別居になるといった場合もあるでしょう。まずはその溝を埋ることが必要なのです。夫も後悔してながら、自分から折れるのは出来ない場合もあるでしょう。そんなときはやはりあなたから歩み寄ることが一番です。

夫とよりを戻したいと真剣に考えているのなら、夫にあなたからコンタクトを取ることから始めましょう。きっと何か解決策が生まれてくるはずです。

7.連絡は簡単でもマメにする

別居した時は、せっかく1人になって考え直す時間ができたのだから放置した方が良いという意見もあります。たしかに、別居してまで毎日電話をしたり別居先まで押しかけて文句を言っていたのでは、別居は何の役にもたちません。

ただ、別居中のご主人を放置するのはいけません。電話をするのは悪いと思うならメールでもLINEでも毎日簡単な連絡をしましょう。何なら「おやすみなさい」の挨拶だけでもいいのです。あなたがご主人のことを忘れていないということ、このような別居状態や離婚を目標としていないことを感じてもらいましょう。

おまけ.良い復縁には焦りは禁物

別居するまでこじれてしまったのなら、夫の心にも深いキズが出来ていることが考えられます。あなたが落ち着いたからといって、夫も回復しているとは限りません。復縁には焦りは禁物です。自分のことだけでなく、相手の気持ちも考えて慎重に行動することが大切になってきます。早く仲直りしたいという気持ちはわかりますが、今焦ってしまっては逆に復縁が遠くなることもあるのです。

時には、夫から少し遠ざかって冷静になってもらう時間を作りましよう。何でも壊すよりも直す方が時間がかかるものです。今まで口論を続けた期間とまでは言いませんが、その時間を考えてすぐに直るものではないという意識で長期戦で挑みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不満は溜めずにその都度解消!復縁後も円満を保つ秘訣

97168ede9b978ff733d80c77c07e7a49_s

言いたいことは言う!ただし言い方は気をつけて

ストレスは、何かで解消しなければ心の中にたまっていくものです。自分の仲の不満をそのままにしていると、何かのきっかけにポロッと出てしまうこともあります。きちんと話をせずに、つい出てしまう不満が一番危ないです。復縁後に円満を保ちたいならパートナーに対する不満をそのまま放置しないことです。

直す・直さないは別として、こんなことが自分には苦痛だということを相手に伝えましょう。その時も感情的にならないようお互いがリラックスしている時に冷静に話します。




 夫にしてほしいことがあったらまず自分から

「いつも我慢しているのは自分ばかり」夫に対してそう思っている人も多いものです。だけど見方を変えてみると夫も「嫁は口を開けばいつも愚痴ばかり」と思っているのではないでしょうか。

確かに夫婦はギブアンドテイク。お互いが助け合って生活していくものです。不平等を感じたら言いたくなる気持ちもわかります。でも、どちらが得しているとか損しているとかそんなことは個人の感覚によって違うのです。あなたが気づかないことでも、夫にしてみたら「あいつ楽しやがって」と感じていることもあるのです。

不平不満はどっちもどっち。それを感情のままに口に出さずにまず自分で出来ることをしっかり行う姿勢を見せていきましょう。あなたのその姿はきっと夫の心に届くでしょう。口で言うよりも行動で示した方が相手も「そんなことまでしてもらっているなら、自分も何かしなきゃ」と思うようになってくれるのではないでしょうか。

夫婦円満の秘訣は結局自己犠牲

アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究では、「夫婦の関係を円満に保つには、お互いが少しずつ自分を犠牲にする行動が重要である」と言っています。不満を相手に言うのは簡単ですが、それが自分の都合ばかりでは相手は直してくれることはないということです。他人には直させて、自分は何もしない人はパートナーにも相手にされなくなってしまいますよ。

まとめ

別居は離婚の一歩手前ということも言えますが、決して復縁できない関係ではない場合もあります。お互い冷静になって今までの二人の関係を見直す良い機会でもあります。自分も反省し、相手ともよくここまでの問題点を見直してもらうこと。それが別居後の復縁の鍵となります。復縁後に同様のいざこざを繰り返さないためにも注意しつつ、別居からの円満な復縁を目指しましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -