【キス・なでなで・ハグ…etc】カップルの理想的な身長差を7つの状況別で分析!

「理想の身長差は15cm」だと、昔からよく言われています。根拠はなんだかわからないけれど、理想の身長差に近づきたい!

とインヒールのスニーカーを履いたり、ヒールの高い靴を封印したり、涙ぐましい努力をしている女性もいるのではないでしょうか。

でも、ちょっとまってください。そもそも「理想」ってなんでしょうか。15cmの身長差があれば、どんな場面でもベストなの?否。そんなことはありません。その時のシチュエーションによって、ちょうど良い身長差は異なるものなんです。

この記事ではシチュエーションごとにベストな身長差やその理由をご紹介していきます。どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

シチュエーション別身長差比較

23

【男は引いて女は足して・・・】

ツイッターを中心に、こんなフレーズが話題になったのをご存じですか?

他にも、なでなでしやすい身長差は16cm抱きしめ合いやすい身長差は20cmなど、様々なパターンがあり、自分の身長に足したり引いたりして理想の身長を弾き出し、イラストなどの画像付きで楽しむ趣旨のハッシュタグも人気なのだとか。

彼氏彼女の身長差って、やっぱりみんな気になるものなのですね。カップルの身長差の理想は色々と言われますけれど、それぞれの身長差できることとちょっと難しいことがあることを、冒頭の言葉はよく説明していると思います。

一般的な理想の身長でなくてもきっと、彼とあなたの身長差だからこそできる、お気に入りのポジションもきっとありますよね。シチュエーション別に、この身長ならこれ!というきゅんとするポジションがきっと見つかるでしょう。

ハグをするとき

ハグをするときを考えてみましょう。しっかりと抱き合いやすい理想の身長差は20cmくらいです。腕の位置や顔の位置が、邪魔にならず遠からず「ちょうどいい」感があるのですね。

では、身長差が20cmよりも少ない場合はどうでしょう。身長差が少ないと、抱き合ったときに顔と顔がとても近くなります。お互いの息づかいが耳のそばで聞こえるハグはドキドキ感満載。女性の方から男性の髪に指を入れて、頭を抱くようにするのもいいですよね。

また、25cmくらいの身長差なら、後ろからハグをして女性の頭に顎を乗せる憧れのポジションがバッチリ決まります。

女性が抱きついて男性の胸に顔を埋めるスタイルのハグなら、30cm以上の身長差が理想です。立ったままそのスタイルができるのは、身長差“大”のカップルならではですよね。どのポジションでもすっぽり包まれる感じも魅力です。

並んで歩くとき

二人で並んで歩く時には、15cmくらいの身長差を理想とする人が多いようです。ヒールをはいてもまだ少し男性の方が高い身長差は、確かにバランスの良い身長差ですね。後ろ姿も決まりそうです。

それ以外の身長差では、例えば、15cmよりも身長差が少ない場合には、手を繋ぎやすいことや、顔の位置が近いことがメリットになります。会話がしやすいですし、耳に息を吹き掛ける、肩に頭をもたれさせるなんてこともさりげなくできる身長差です。

20cmの身長差なら、腕を組んだり、肩を抱くポジションが不自然になりません。

身長差が少ないと、「肩を抱く」が「肩を組む」になってしまいますから、意外とデリケートなのですよね。30センチの身長差があれば、高めのヒールを履いても余裕で男性から肩や腰を抱かれて歩くことができてしまいます。

キスをするとき

キスをするのに理想的な身長差は12cmだという説がありますね。軽く上を向くヒールをはいた女性に対して男性が首をかしげてするキスを三角比的に検証すると、確かに12cm程度がキスをしやすい身長差だという結果になるでしょう。

身長差が10cmや15cmではいけないのかというと、全くそんなことはありません。

10センチの身長差は、並んでいるときや相手を振り向かせたときに、不意打ちで頬や唇にキスをするのにちょうどいいですし、15cmあれば、女性が軽く背伸びをしてキスをするの、漫画やドラマでよく見るアレが実現できます。

20cm以上の身長差があれば楽々できるおでこや後頭部、頭のてっぺんへの軽いキスは、映画のようで憧れですよね。

頭を撫でられる/撫でるとき

頭を撫でてもらうのにちょうどいい身長差は15cmです。男性の目線よりほんの少し下に頭がきて、よし、よし、という感じでしょうか。頭にぽんっと手を置かれるのは、「可愛がられている」感じがしていいですよね。

20cmくらい身長差があって上の方から大きな手をおかれるのも、頼れる感じや安心感にときめいてしまいまうシチュエーションです。彼女からいいこいいこしてもらうのも、男性はよろこぶものです。

もしも、身長差が10cm以下のカップルであれば、たまには女性の方からさりげなく頭を撫でてあげるのもいいですね。身長差が大きいカップルなら、男性にしゃがんでもらって上から頭を撫でてあげるのが、萌え度が高くていいのじゃないでしょうか。

エッチするとき

これは気になる人も多いのではないでしょうか。エッチの場合、理想の身長差自体はありませんが、身長差が25cm以上のカップルでは体位によっては体勢がつらくなってしまうこともあるのです。

バックの時にはそれぞれのお尻の位置が違うため、男性側が大変になってしまいますし、立った状態のバックであれば脚の長さが違うためになかなか上手くいかなかったりします。愛を深めながら、お互がつらくならない体位を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カップル間とはまた違う?結婚相手との理想の身長差

36455705485_8730dfa99e_z

photo by stellahyc910

2人暮らしがメインに

カップルにおける望ましい身長差はシチュエーション別に異なると紹介しましたが、結婚となるとまた違った理想の身長差が見えてきます。

カップルですと、デートでのひとつひとつの場面を意識しましたが、結婚相手とは同じ空間で生活することを念頭にいれる必要があるのです。

理想の身長差は10cm差

結婚の場合ですと、同じ家で一緒に暮らしていくことが前提となります。そのため、身長差がありすぎると、暮らしに不便が発生してしまうこともしばしば。食器棚や靴箱の位置、テーブルや椅子の高さなど家具の配置にも気を使う必要がありますね。

ただ、同じ家で暮らしていても女性がやや身長が低いほうが、彼に可愛く見られたりスキンシップもしやすいので、10cm差が望ましいと言えるでしょう。

身長差がありすぎるとこんなことも…

夫の身長が妻よりも25cm以上大きい場合、当然それぞれ見える景色もかなり違ってきます。妻が掃除をバッチリできたと思っていても、身長の高い夫から見ると「あれ?こんなところに埃が残ってる…」なんてこともあります。

スポンサーリンク

あっても不便?身長差がもたらすデメリットとは

clover 1

がっかりすることも

逆に身長差があることで現れる、デメリットも存在します。身長差がないカップルにはない、相手へのがっかりポイントがあるのです。

身長差があるカップルでは、女性は男性を見上げがちなので、男性の鼻の穴やあごを見ることもあるでしょう。男性が手入れをこまめにしていればよいですが、そうでなければ鼻毛がでてしまったり髭が残っていたりすることがあり幻滅してしまうかも。

体に負担?

体を痛めがちであることもデメリットといえるでしょう。相手を見上げれば首が疲れてしまいますし、ヒールで身長を補おうとすれば足を痛めてしまいます。

彼との大切なデートの時間!だから体が痛いことを悟られないように無理をしてしまう、デート後には体のいたるところが痛くなってしまっているということもありえます。

歩くペースが合わない

身長差が大きいという事は、脚の長さの差が大きいという事にもなります。そうなると必然的に歩幅にも違ってしまいますよね。

二人で並んで歩いた場合、女性が男性の歩くペースに合わせるのに必死になってしまい、デートを楽しむどころではなくなってしまうかも……。また、男性側が歩幅を小さくするのも大変なので、お互いに疲れやすくなってしまうでしょう。

身長差カップルが上手くいくためには?

相手を大切にすること

どんな身長差であろうが、やはり大事なのは心の距離感。お互いが相手を思いやる気持ちさえあれば、壁があっても容易に乗り越えることができるでしょう。

中には一緒に歩いた時の見栄えやバランスを気にされる方もいるでしょう。ただ、最も大事なのは周りにどう見られるより、どうありたいのかではないでしょうか。

理想の身長差がなかったとしても、彼への思いを大事にし、素敵な思い出をたくさんつくっていくことが2人の関係性において最も重要なことでしょう。

並んで歩く時は歩幅を合わせる

付き合い始めの頃は息もあまり合わず、先述したように身長差カップルは歩くペースがなかなか合いません。些細な事ですが、合わせる側は結構大変です。

そういった時はまず、手をつないで「二人で一緒に歩いている」という感覚を相手に感じさせると良いでしょう。周りから見たときも、並んで立っているときはアンバランスに見えても、手をつないで歩いているととても微笑ましく見えますよ。

ここぞとばかりに段差を活用してみる

階段やエスカレーター、道の端にある段差など高低差のある場所で、いつもより相手との目線が近くなる瞬間を楽しんでみると良いでしょう。いつもより近くに彼女の顔があることで、彼もドキドキしてしまうかも!

まとめ

いかがでしたか?「理想の身長差」とひとくくりに括っても、すべてにおいて万能な身長差も、ましてや何もかもが身長のせいで台無しという身長差もありません。理想の身長差に当てはまらないからといって、悩んだり悔やんだりしないでいいのです。

相手とできるだけ近づきたい気持ちや、触れあいたいと思う気持ちで過ごしていたら、いつのまにか、キスもハグも「私たちのベストはこれ」というやり方が出来上がっていくものだと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -