【実話】カップルの惚気話13選+1!あなたはどの胸キュンエピソードに共感する?

PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628_TP_V
この記事は2015年9月21日の記事を再編集したものです。

恋のお話が大好き♡みんなの惚気話が聞きたい人必見です♪独自にアンケートして集めた惚気話13話とおまけをご紹介していきます。それぞれのカップルのあま~いお話をお楽しみください。

スポンサーリンク

胸が苦しい・・・!じーんとする感動エピソード

shinjyuku-kabuki20140921225442_TP_V

1.出張前夜彼からもらったことば

【30代 女性 ののろけエピソード】

私の彼は普段ジョークとかアホなことばっかり言ってます。
ふざけている彼だからこそ、ときどきちょっとしたときにきゅんとした言葉をくれると・・・いつもドキドキしてしまいます。

今、彼は仕事の出張に行っています。イギリスに半年間。出発する前夜に、思わず泣いてしまいました。すると、思いっきり抱き締められて

「俺頑張ってくるからな。ちょっと寂しい思いさせて、ごめんな。おまえとの将来のためだからな。ちょっとだけ待っててな。」

「向こう行っても絶対連絡するからな。電話もするよ。おまえが寂しい思いしないようにするからな。」

と言って来ました。

ますます泣いてしまった私に、彼は困った顔で、「愛してるからな。」と、初めて愛してると言ってくれました。私との将来についても、そんなことを言ったことがなかったのに、本気で考えてくれてたんだなってすごく嬉しかったです。

「何かあったらいつでも連絡してこいよ」って、男らしく言われたのにもドキドキ。ほんとに頼もしくて、素敵な人だなと思いました。
まだ出張中なので会えないですが、早く会いたくてたまらないです。

自分ことをとっても大事にしてくれる、優しい彼氏との半年間のお別れ時のエピソードです。障害があるほど気持ちが盛り上がるということもありますよね。

男らしい彼氏から言われた最初の「愛してる」という言葉は一生忘れることが出来ない素敵な思い出ですね。

2.プレゼントされたアンティークキー 実は・・・

【30代 女性 ののろけエピソード】

誕生日の日にプレゼントとしてアンティークのカギを渡されました。実は高級ホテルのカギで、部屋にはなんとシャンパンとプレゼントの指輪があって、プロポーズされちゃいました。

とっともおしゃれなプロポーズのエピソードですね。彼氏のセンスに脱帽です。こんなプロポーズをされたいな~と思う人も多いんじゃないでしょうか。

 3.お金のない彼の精一杯に胸が熱く・・・

【20代 女性 ののろけエピソード】

今の夫と付き合っている時、結婚することは決まっていたのですが、特にプロポーズというものはなく、お金が無かったので私自身も「特に婚約指輪もいらないよ」と言っていました。しかし、私の誕生日にディズニーに連れて行ってくれ、サプライズで婚約指輪も用意してプロポーズしてくれました。驚きと感動で号泣してしまいました。

幸せはお金持ちにしか手に入らないものではないということを教えてくれる素敵なお話ですね。彼女さんの指輪はいらないという言葉にも、彼氏へ対しての思いやりと優しさを感じます。

普段の彼女のそんな言葉があってこそ、このエピソードは活き活きとしてきます。感動は相手を思う気持ちがあれば与えることが出来るんだな~と感じました。

4.守ってくれたの?

【40代 女性 ののろけエピソード】

現在の彼氏とは私が働いていたスナックで知り合いました。そのスナックには彼氏の会社の先輩なども多数来店していました。その中に、何故か私に対してとても辛く当たる人がいました。

ある日、私が辛く当たられている場面に彼氏が居合わせたのですが、何と「お前、〇〇〇(私の名前)に冷たいから嫌だ!!」と言い放ったのです(「お前」と言っていましたが、一応彼氏の先輩です)。その場が凍り付きました(笑)

私も、普段はそんな言い方をする人ではないイメージを持っていたのでビックリしながらもキュンとなりました。そして、そのエピソードが切っ掛けになって彼氏と私は付き合い始めました。

スナック勤務の女性とその彼氏のお付き合いのきっかけになったエピソードでした。辛くあたる人は、彼女のことをもしかして好きだった・・・なんてことはないでしょうか。好きな人の注意をひきたいのに、小学生のような接し方しか出来ない男性もいますよね。

もし、そんな男性だったら三人のその後のお話も気になったりするのですが。先輩と彼氏さんの職場での関係が大丈夫だったのかも気になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白くて胸キュン♡なエピソード

CON_udekumu8615092102_TP_V

5.指輪

【30代 女性 ののろけエピソード】

居酒で夕飯を食べようか、という話をしていて、仕事帰りに待ち合わせしていました。でも、なぜか彼が心ここにあらずと言ったかんじなんです。まあ、仕事が忙しいのかなと思って特に気にしていませんでした。

すると彼が、「こっちがおすすめだから」と、道案内をしてくれました。そして、「はい。ここだよ。」と、あるお店の前で止まったんです。そこは、ジュエリーショップでした。どう考えても、お酒は飲めなそうな・・・

「???」としていると、「指輪、作りたいんだ。婚約指輪」と彼がひとこと。実は来月、私達の付き合って3年目の記念日なんです。「え・・・。いいの?」と聞くと、「本当はサプライズで渡したかったけど、オーダーメイドがいいってかずは言ってたから。

大切なものだから一緒に作りに行きたくて・・・。だから、ここまでがサプライズってことで、かんべんな。」とのこと。嬉しくて、泣いてしまいました。不器用な彼の、精一杯のプロポーズだなと思いました。

お店の中に入ってから、「もっとちゃんと化粧してくればよかった!」とか「指の毛ちゃんと抜いてあるっけ!?」とか、一瞬でいろいろ考えたのは秘密です。

彼女の気持ちを優先して、色々と動いてくれる彼氏。とっても優しい人で良い旦那様になりそうですね。サプライズだったために、お化粧や指のケアに気を使うのが妙にリアルでちょっとクスっとしたエピソードでした。

6.あぁ 勘違い

【30代 女性 ののろけエピソード】

彼が誕生日を祝ってくれたが、誕生日はその日ではなく、間違った日に祝われた。それでもサプライズで私の友達も呼んで一生懸命準備してくれたことにきゅんとした。

彼女の誕生日を間違えていた彼氏。とんでもない失敗エピソードでも後になってみれば、その方が思い出に残る誕生日パーティーになりますね。

呼ばれていた彼女さんのともだちも、誕生日が違うということに一人も気づかなかったのでしょうか。

7.彼が考えていた告白のシチュエーション

【20代 女性 ののろけエピソード】

学生の時、初めて彼氏ができたが、付き合ってからその彼が自分に告白するために色々なシチュエーションを考えていることを知る。面白く、キュンとしたのが歩道橋の上から好きだーと叫ぶつもりがそれはやめて静かな公園ですきまで言うのに時間がかかったこと。

彼氏の理想は大きな声で愛の告白を叫ぶことなのに、実際は好きというひと言を言うのにも勇気が必要だったという理想と現実の違いが面白いエピソードですね。

後日、歩道橋の上から叫ぶことは出来たのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼の対応に胸キュン♡なエピソード

MIYAKO85_yuyakehutari20140725_TP_V

8.LINEで・・・

【30代 女性 ののろけエピソード】

彼に、LINEで「愛してる!」っていきなり送ってみよう・・・っていうドッキリ、はやりましたよね。私も彼に送ってみました。さて。どんな反応かそわそわ・・・

仕事がいつも忙しい彼は、いつもは返信が遅いんです。なのに、そのときだけは、すぐに「どうした?」」て返信がきました。やばい!引かれた!?と思って、どうしようどうしようと焦っていたら、そのあとすぐに「俺も。」って返信がきたんです!!!

は?何?とかって返信がきてもおかしくないなーと思ってったので、本当にびっくりしました。それに、すごく嬉しくて。交際は今年の冬で4年目になります。いちゃいちゃはとか、ときめきとか、あんまりなくなってきてもいて・・・。

でも、そのLINEを送った次のデートでは、なんだか手を繋ぐだけでときめいてしまって。自分が素直になれば相手も素直に返してくれるんだなーととしみじみ感じました。

【30代 女性 ののろけエピソード】

主人と私はラインでやり取りする際に、お互いの名前が入ったスタンプを使って連絡を取ります。ただ文字で会話している時に主人がのろけることはないのですが、スタンプでは可愛いイラストに甘えたセリフがのっかっているものを使ってくるので返信を見るとニヤけてキュンとします。

LINEでの惚気話ふたつです。相手が今何をしているのか、どんな気持ちで見ているのかわからないLINEだからこそのドキッとするお話は、誰でもひとつやふたつあるのではないでしょうか。

男性は恥ずかしがり屋なことも多いですが、直接顔を見ることのないLINEだからこそ素直になれる瞬間があるものです。彼氏はどんな顔でLINEを送ってきたんだろうかと想像するとちょっとほっこりしてしまうこともあります。

9.仕事で落ち込んでいたら・・・

【30代 女性 ののろけエピソード】

今付き合っている人は、派遣先の上司さんです。派遣といっても部署は違っていて、会社のイベントで知り合いました。彼は以前から私の事を知っていて、イベントの時に話しかけようと思っててくれたみたいです。

社内恋愛ですし、派遣と恋愛すると彼も風当たりが強くなってしまう会社なので、周りには内緒にしています。ところがある日、仕事でミスしてしまって・・・。大事にはならなかったんですが、私は完璧主義なので、落ち込んでトイレで泣いていました。

トイレから出ると、廊下で彼が待っていてくれて、自然にすれ違いながら、「がんばれよ。おまえなら大丈夫だからな。」と言ってくれたんです。そのあと、フォローのメールもしてくれました。

へたな慰めだけじゃなくて、でもしっかり私のことを認めて背中を押してくれることばをくれた彼を、ますます好きになってしまいました。

最近は正社員を少なくして、派遣で人材を補充する会社も珍しくありませんね。同じ会社で働いていても派遣と社員ではその会社の立場が全然違います。同じ仕事をしているのに、周りに味方が一人もいない状況・・・ということになってしまうこともあるでしょう。

そんな時に彼氏さんの優しいひとこと。さぞや心にしみたことでしょう。彼女のことを心配して、わざわざトイレまで見に来てくれたのかな?と思うと、どれだけ彼女のことを思っているのかわかりますね。

10.パソコンが苦手な旦那の一生懸命さに胸♡キュン

【40代 女性 ののろけエピソード】

結婚して以来、ご主人の仕事が長続きしないことからアパートを引き払って自分の実家の居候となりました。深夜までパソコンに向かって何やら作業している旦那。

新しい仕事を始めたばかりとは言え、会話の時間も減り、募る不信感から一時は離婚も考えたました。ところがある日1枚のCD-ROMを手渡され私は号泣してしまいました。

なんと中身は二人の結婚10周年を記念した構成になっており、自分への感謝の言葉が随所に散りばめられているような内容でした。パソコンが得意とは言えない旦那らしいのですが、それでも自分の手でオリジナルのプレゼントを作りたかったのだとか・・・。

おしゃれでお金をかけたプレゼントは、誰にでも出来ることです。大切なのは、そこにどれだけ相手のことを思う気持ちが込められているかではないでしょうか。

仕事が終わって疲れているのに、奥様のために毎日少しずつ感謝の気持ちをこめた結婚10週年記念のCDを作ってくれた旦那さま。どんなにきれいな宝石よりも輝いているプレゼントですね。

11.照れた彼の反応にキュン♡

【40代 女性 ののろけエピソード】

昔あるサークルで一緒だった年下の彼。サークルを辞めてしまってからも、私は彼に連絡を取っていました。「もしかして結婚するから辞めたの?」「いや、違いますよ。実家を継ぐんで…。」「なんだそうだったの。」

彼が辞めて残念な私はつい「ね、これからも時々連絡してもいい?」「え?ああ、いいですよ。忙しいときは出られないかもですが。」といったのを聞いて、うれしくなった私はダメ押ししました。

「あの…Kくん(下の名前)って呼んでもいいですか?」と言ってしまったところ、彼は電話の向こうで「え、あ、はい…。」とすごく照れくさそうにしていて、とてもかわいかったです。

お付き合いをはじめる前の初々しいやりとりに、思わず見ているこちらの顔もニヤニヤとしてしまうかわいらしいエピソードですね。

12.メールで応援してくれた彼

【40代 女性 ののろけエピソード】

演劇のサークルで知り合った年下の彼は、サークルを辞めてからも時々サークルの公演に観に来ていました。先日も公演があり、劇場で偶然、観に来た彼と出くわしました。

公演後話をしたかったのですが、人気者の彼は他の人と話をしていてそのまま帰ってしまったようです。私は残念に思いましたが、しかたなく帰りました。

すると突然、彼からメールがありました。「先ほどは挨拶できずにすみませんでした。ライターの記事見ましたよ、すごいですね。俺なんて目じゃないくらいにがんばられているみたいで、自分の足りなさに不甲斐ない気持ちでいっぱいです(笑)頑張ってください。」との言葉でした。

帰ろうとしてすぐの彼からのメールに、話はできなかったものの私のことを気遣ってくれる彼の優しさに、嬉しさと舞い上がりそうな気持ちでいっぱいになりました。

昔のサークル仲間である年下の彼とアンケートに答えてくれた彼女の間にはお付き合いはあったのでしょうか?会話がよそよそしいのはこの後お付き合いすることになるのか、それとも彼がサークルを辞めた時に付き合いもおわってしまったのか・・・。

ドラマのようなラブストーリーを感じることが出来ますね。

13.いつもクールな彼が

【30代 女性 ののろけエピソード】

元気がない時に、いつもクールな彼が照れながら、「甘えてもいいから何でも話して」と抱きしめてくれた。

普段クールな彼は、実は照れ屋さんなだけだった?いつもと違う行動はドキッ♡としてしまいますね。

おまけ さりげなさが大事

【30代 女性 ののろけエピソード】

道路側を歩いてくれたり海にいった時に寒いなーと感じていたらちょっと待っててと膝掛けや自分の羽織ってた服を持ってきてくれて後ろからかけてくれたこと。そんなさり気ないやさしさがとてもうれしかったです。

ドラマチックな展開や、特別な場所での思い出はなくても、なにげない出来事の中にも心をときめかせる出来事はあります。自分を思ってしてくれる優しさや思いやりに触れるたび、心が暖かくなる。そんな穏やかな恋も素敵ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさんの恋の惚気話が聞けましたね。こんな素敵な恋がしたい♡と思われた人もたくさんいたのではないでしょうか。

恋は人生を彩ってくれる素敵な出来事です。アンケートに答えてくれた人たちに負けないくらい、素敵な恋のエピソードがあなたにもたくさん出来ますように♡

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -