クリームチークの塗り方は様々。ブラシを使った塗り方とは?ナチュラルメイクに大活躍


ナチュラルメイクには欠かせないクリームチーク。種類も豊富で、メイクに取り入れる女性も多いですよね。しかし、指で塗るとムラが出来たりイメージとは違った仕上がりになってしまい難しく感じていることはありませんか?今回は、そんなお悩みを解消するための、ブラシを使った塗り方をご紹介いたします。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

自分に合ったカラーでバッチリ決めたい…ピッタリな色の選び方とは?

1

クリームチークとは?

パウダーチークとは違い、クリーム状のものをクリームチークと言います。肌に乗せるとサラサラになる特徴があり、粉っぽさがなく浮きにくいため、自分のもとの肌の色からほんのり自然に色づいたような仕上がりにすることができます。またチーク自体に粘り気があり潤いを与えるので、肌もツヤがあるように見えます。このため、ナチュラルメイクやすっぴん風メイクをするのに使いやすいアイテムだと言われています。




自分に合ったチークの色の選び方

好きな女優さんのメイクを真似したり、流行している色を使ってメイクをしてみるけれど、どうも自分には似合わないといった経験はありませんか?もしかするとそれは、あなたの肌に似合った色ではないからかもしれません。

人の肌は「イエローベース」と「ブルーベース」の二種類に分類されます。以下の項目の中で、それぞれの特徴の多くあてはまったほうが自分の肌のベースです。例えば同じ赤でも肌のベースにより「似合う赤」というものがあります。自分に似合う色を探してみましょう。

イエローベースに似合う色

イエローベースの特徴

・肌の色・・・黄味がかっていて健康的
・髪の毛・・・地毛はこげ茶か少し茶色っぽい
・瞳・・・こげ茶、または茶色
・日焼けをすると小麦色になる
・ゴールドのアクセサリーが似合う
・暖色系の色が似合うと言われる

イエローベースの人に似合う色は、暖色系や茶色やカーキなどのアースカラーです。黄色やオレンジ朱色などが肌をより美しく引き立ててくれる色です。チークに使うならピンクの中でもサーモンピンク・コーラルピンク・ピーチピンクなど黄味の入ったピンクが似合います。また、オレンジ系やベージュ系のチークも肌なじみがいいのでおすすめです。

ブルーベースに似合う色

ブルーベースの特徴

・肌の色・・・ピンクがかっていたり赤みがあり、色白
・髪の色・・・地毛は真っ黒かこげ茶
・瞳・・・黒っぽい落ち着いた色
・日焼けすると赤くなる
・シルバーのアクセサリーが似合う
・寒色系の色が似合うと言われる

ブルーベースの人に似合う色は、寒色系やモノトーン、パステルカラーです。青や緑、水色やラベンダー色などが肌をより美しく引き立ててくれる色です。チークに使うならピンクの中でもベビーピンク・ローズピンクなどの青みがかったピンクが似合います。ローズ系のベージュは、頬の赤みが気になるときに使うと赤みを抑えることができおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特性を活かしたメイクを考えるのも楽しい!特徴別にみるクリームチークの種類IMG_8254

コンパクトタイプのクリームチーク(練りタイプ)

コンパクトや容器に入ったクリームチークで、練りタイプと呼ばれるものです。このタイプは肌に良く密着して崩れにくいので、メイク初心者の方におすすめです。濡れ感のあるお色気メイクをしたいときにもピッタリです。




リップ兼用のクリームチーク

最近登場し、人気を集めているリップ兼用チーク。チークとしてだけではなくリップにも使えるのでメイクに統一感が出て、より自然なナチュラルメイクをすることができます。

ジェルタイプのクリームチーク

クリームのしっとり感にジェルのさっぱり感をプラスしたものがジェルタイプ。潤いつつもサラッとした触感に仕上がります。オイリー肌の人や夏場に重宝するタイプです。

チューブタイプのクリームチーク

ハンドクリームのように、チューブに入っているタイプのクリームチーク。とても柔らかく伸びが良いので、乾燥肌やしっとりした質感が好みの方にはこのタイプがおすすめです。

スティックタイプのクリームチーク

固形になった大きなリップスティックのようなクリームチークです。直接頬に描けるので形を作るのがとても簡単にできます。指でポンポンと馴染ませると立体感が生まれ小顔効果があります。ブラウン系の色味はノーズシャドウにも代用できます。

スポンジ付きタイプのクリームチーク

クリームチークの容器にスポンジが一緒についているタイプです。指を汚したくない人におすすめです。クリームチークをスポンジにつけてポンポンとスタンプを押すような感覚でつけると簡単に肌になじみます。ムラになりにくいのでメイク初心者の方にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナチュラルな印象に近づける?クリームチークはブラシで仕上げるのがオススメなワケCRI_IMG_6025_TP_V

指で塗るより調節しやすい

指で塗るとどうしても指の腹は面積が狭いので塗れる範囲に制限があり、うまく伸ばせずムラになることがあります。その点ブラシは塗れる範囲が広いため、サーっと塗るだけで簡単にチークを伸ばすことができ、ムラなく仕上げることができます。




チークの持続力がUP

通常は指で塗りますが、指を使うことにより手の脂が付きやすく、落ちやすくなってしまいます。しかし、ブラシを使うと余計な脂を付けることなく肌に塗ることができるのでチークが落ちにくく持続力がアップします。

イメージに近い仕上がりにできる

指ではうまくぼかしきれずグラデーションやチークの加減が難しいこともありますが、ブラシを使うことでチークを均等に伸ばすことができるため、きれいなグラデーションを作ることができます。自然に色付いた頬のイメージに近いメイクができるようになります。

手よりブラシでいざ実践!ブラシを使った上手なクリームチークの塗り方IMG_ET1

クリームチークの基本的な塗り方・ポイント

クリームチークの基本的な塗り方は、

1.クリームチークを手の甲に乗せて量を調節する
2.中心部から外側へ向けて少しずつ馴染ませるように置いていく
3.全体を見ながらほかの指も使ってぼかしながらグラデーションを作る
4、最後にフェイスパウダーを乗せ整える

というものですよね。ここで塗り方のポイントとしては、クリームチークは頬に伸ばすようにして塗るのではなく、ポンポンと置くようにして馴染ませるように色を付けることです。

しかし、指だとどうしてもムラが出来てしまったり、うまくぼかせず納得いく仕上がりにならないことがありますよね。そこで登場するのがブラシです。次に、ブラシを使った塗り方でのポイントをご紹介します。




ブラシを使った塗り方とポイント

クリームチークをブラシで塗るときは、少量のチークをブラシの先に直接付けてトントンと置くように頬に乗せ、その後中心部から外側に向かってチークを伸ばしながらぼかしていきます。ブラシを使うことにより、指で塗るよりも均等に塗れるのでチークの境目をぼかしやすく、きれいなグラデーションが出来ます。コツは、慌てずゆっくり伸ばすこと。そうすることでより均一にチークを塗ることができ、ムラのない自然な発色のメイクに仕上がります。

クリームチークにおすすめのブラシ

クリームチークを塗るときは、扇状になっている平たいブラシを使うことがおすすめです。普通のチーク用のブラシよりもムラができにくく、艶感のある頬に仕上げることができます。チークブラシには馬やヤギなどの毛からできているものと、ナイロン製の人工毛のものなどさまざまな種類があります。自分の肌質によって相性の良い毛質のブラシを選びましょう。

ファンデーションの種類によってクリームチークの塗り方が違う!

クリームチークは、使用するファンデーションによって肌に乗せるタイミングが違うということをご存知でしたか?クリームチークの使い方は正しくマスターしているけれどムラが出来てしまう、仕上がりに納得いかないといった方はチークを肌に乗せるタイミングを見直してみるのもよいかもしれません。それぞれのファンデーション使用時でのチークを載せるタイミングをご紹介します。

・リキッドファンデーションの場合
リキッド使用時はファンデーションを「塗った後で」クリームチークを塗ると馴染みやすいです。その後フェイスパウダーで仕上げをします。

・パウダーファンデーションの場合
パウダー使用時は、ファンデーションを「塗る前に」クリームチークを入れると馴染みやすいです。その後フェイスパウダーで仕上げをします。ムラが出来てしまい、うまくいかないという方はぜひ試してみてくださいね。

顔の形で見る効果的なチークの入れ方

チークを使う際に気を付けたいのが、色気たっぷりメイクのつもりがお酒に酔ったような赤ら顔になってしまうことや、子どもっぽい印象になること、顔が大きく見えてしまうことです。チークには顔の形によって印象が良く見える位置が違います。顔の形別に効果的なチークの位置を見ていきましょう。顔の形は「眉から唇までの縦の長さ」と「唇の両端から頬までの横の長さ」の比率で判断します。ご自分の顔の形に合ったチークの位置を確認してみてください。

・たまご型(縦横の比率が1:1)

微笑んだ時に頬骨の一番高いところに入れてこめかみへとブラシを流します。このとき、丸く入れるように意識しましょう。黒目より外側に入れると、小顔に見える効果があります。

・逆三角形型(縦横の比率が1:2)

頬骨よりも少し上に丸く円を描くように乗せると顎が目立たずバランスの良いメイクに仕上がります。フェイスラインまで大きく広げず、黒目の内側寄りに塗ると、小顔に見える効果があります。

・丸顔(縦横の比率が3:2)

頬の中心からこめかみに向かって細く入れることがポイントです。丸い形に入れると子どものような頬になってしまいます。黒目より外側に入れると、小顔に見える効果があります。

・面長(縦横の比率が3:2)

頬骨よりも少し下にまっすぐな横向きの楕円形を意識して塗ると、顔の長さが気にならずバランスの良い仕上がりになります。黒目よりも内側にいれてフェイスラインまで広げないようにすると、小顔に見える効果があります。

・ベース型(エラがある、縦横の比率が3:2)

微笑んだ時に頬骨の一番高いところから横長の楕円形になるように塗ると、エラが目立たずバランスの良い仕上がりになります。黒目より外側に入れると、小顔に見える効果があります。

パウダーチークと併用するテクニックも!

クリームチークとパウダーチークを併用し、より落ちにくく自然なメイクに仕上げるテクニックもあります。手順は、以下の通りです。

1、リキッドファンデーションの後にクリームチークを塗り、軽くトントンと伸ばす
2、フェイスパウダーを重ねる
3、仕上げに、大きめのブラシにパウダーチークを取り、クリームチークを塗った位置を覆い隠すようにふわっと広めに乗せる

パウダーチークと重ねることでよりチークが長持ちし、発色も良くなるというメリットがあります。ふんわり感を出したいときは、クリームチークを少なめ、パウダーチークを多めにすると良いです。試してみてはいかがでしょうか。

メイクのポイントだけでなくメインにも。おすすめのクリームチークのご紹介IMG_0574 (2)

VISE:リップ&チーククリーム

このチーク一つでリップとチーク両方に使える優れものです。リップと兼用することで統一感のあるメイクに仕上げることができます。コラーゲンやスクワランが配合されており保湿効果もばっちりです。内側からほんのりと浮かび上がるような自然な発色で馴染みもよく、初心者の方やチークになれていない方にも使いやすいものになっています。




キャンメイク:クリームチーク

プチプラ代表のキャンメイク。こちらはジェルタイプのチークで、肌につけるとサラッとした触感に変わります。ヨレやベタつきを抑え、カラーバリエーションも豊富なので使いやすいのではないでしょうか。内側から自然とにじみ出るような発色です。パウダーチークと併用するとよりメイク崩れを防げます。

RIMMEL:クリームチーク

ロンドン発のコスメです。とても軽いタッチで伸びるのでべたつきやヨレの心配がなく、肌にフィットするので化粧直しの心配がありません。ホホバオイルやローズヒップを配合しておりスキンケア効果も期待できます。ピーチの香りがするので、気分も華やぎよりメイクを楽しむことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ナチュラルメイクやすっぴん風にメイクに欠かせないクリームチーク。使ってみてはいるもののなかなかうまく仕上げられないといった方や、使ってみたいけど使いこなせる自身がないという方も、ブラシで塗るという方法を使えばだれでも簡単に自然な仕上がりを手に入れることができます。

また、顔の形や肌の色によってもチークを入れる場所や似合う色も様々です。自分の特徴を知ることで、より一層メイクを楽しめるようになります。流行りのメイクにも挑戦したり自分に似合うメイクの仕方を見つけて、メイクの幅を広げていけるといいですね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -