デートが憂鬱な人へ。その理由と対処法とは?

大好きな彼とデート、なのに気が晴れない……。そんなことはありませんか?

恋愛からしばらく遠ざかっていた人に多いのですが、今までと違う日常で、大好きな彼という大切な存在に気を使いすぎるあまり、楽しいはずのデートが憂鬱になってしまうことがあるそうです。

せっかくのデート、楽しく過ごしたいですよね。ここではその理由と対処法についてまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

その1.家を出るのが憂鬱

そもそも、家を出るのが憂鬱な方が結構います。家の中は今までの日常の延長なのに比べ、外へ出て彼とデートするということが、非日常に感じてしまうから。人は誰でも初めてのことにはおっかなびっくり対応するものです。「今までの経験」が通用しないことに怖がっているあなたは、自分をガードしてくれる家から出るのが憂鬱なのです。

でも、勘違いしないでください。憂鬱なのは「新しい経験に慣れていない」ことであり、彼とのデートそのものではないってことを。今のあなたの目の前には新しい世界が広がっているのです。閉じこもっていてはもったいない!飛び出しましょう!

スポンサーリンク

その2・着ていく服を選ぶのが憂鬱

恋愛に遠ざかっていた方に多いのが、「おしゃれ」の悩み。女友達にアドバイスしてもらったり、自分で新しい服を買ったりとがんばってはいるのだけど、どうもしっくりこない。もう、何を着ていいのかわからない! なんて憂鬱を通り越してイライラすることも。ここは思い切って、彼の意見を聞きましょう。

彼に、おしゃれに慣れていないことを正直に打ち明けて。そんなこと言って大丈夫?と思うかもしれませんが、今まで苦手なことを一生懸命してきてくれたんだと思えば、嬉しく思うものです。彼がオシャレな人なら一緒に選んでもらうのもいいでしょう。そんなの構わない、という人ならラフな格好で会うのも。

でも、あなたのことを思ってくれる女友達のアドバイスには耳を傾け続けて。それはそれで貴重なものです。

スポンサーリンク

その3・沈黙が憂鬱

おしゃべりが上手ではない女の子に多いのが、「デートで何をしゃべっていいのかわからない」というもの。ずっと話を聞いているのにも限度があるし……。彼はこんな私と一緒にいてつまらなくないのかしら、と心配のあまり憂鬱になるのです。上手にしゃべる必要はありません。

ただ、あなたに関心を持っているの、という態度を崩さなければ彼は安心してあなたにしゃべり続けてくれるでしょう。そう、彼も、あなたがデートを楽しんでいるのか心配しているのです。だから、楽しそうに、相槌を打ってあげて。

その4・こんなことも知らないのかと思われるのが憂鬱

デートに慣れていない人は、初めてのことが多いはず。お酒を飲みなれていない人はバーでどうふるまうべきかわからないでしょうし、豪華なホテルでの食事に慣れていない人はそんなお店に入るだけで気後れすることも。ここは彼のリードにお任せしましょう。

大事なのは「楽しんでいる」ことを、ちゃんと彼に伝えること。もし、楽しむ余裕がなかったら、「今、緊張しているみたい」とその気持ちもちゃんと伝えましょう。何も言わずに黙っていると彼はあなたが不機嫌なのかと思ってしまいますよ。

自分の気持ちを伝えると、不思議とリラックスできるものです。知らないと思われることは全然恥ではありません。見栄を張りたい気持ちはわかりますが、素直になって。

その5・彼にがっかりされたくなくて憂鬱

そうして、一番大きい憂鬱はこれではないでしょうか。彼のこと大好きで、付き合えて嬉しいからこそ、がっかりされたくなくて空回りするんです。そしてそんな自分に自己嫌悪。デート自体が憂鬱に……。気持ちはすごくわかります。大好きだから、一番いい自分を見せたいのですよね。

でも、ちょっと待ってください。一番いい自分ってなんでしょう? おしゃれで、おしゃべり上手で、高級フレンチにも慣れているあなたが一番いい自分なのでしょうか? 違いますよね。おしゃれがあまり得意じゃなくても、努力して彼にかわいいと思われたいあなたが、一番いいあなたじゃないでしょうか。

あるいは、おしゃべりは上手じゃないけど、彼の話に一生懸命相槌を打っているのが一番いいあなたかもしれません。高級フレンチに慣れていないけど、おいしいねって食べているのが一番いいあなたということもあります。

つまり、今まで通りのあなたが一番いいあなたなんです。彼もそう思っているはずです。「こうあるべき」という思い込みで、本当のあなたのよさを隠してしまうのはもったいない。鎧を外して、そのままのあなたでデートに挑んでください。肩の力を抜いた笑顔がさらに魅力を引き立てます。

まとめ

いかがでしたか? 楽しいはずのデートが憂鬱にならないように、そのままのあなたを見せるようにしてください。一緒にいてリラックスできなくては長いお付き合いになりません。友達関係でもそうでしょう? どこか気を使っている相手とは、距離を感じてしまうもの。大好きな彼とそんな距離を感じないようにがんばってください。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -