「あれ、綺麗になった?」彼のためのデート専用メイクとは?


自分磨きの一つでもあるメイクですが、大好きな彼とのデートにはさらに気合が入るものです。そのせいか、いつもより濃くなりすぎて彼に引かれてしまったり、手直しする時間や型崩れしていないか気になりすぎてデートに集中できなかったりと、彼のためのメイクでデートが水の泡。そんな失敗を経験してしまったことはありませんか?そんな失敗をしないように、薄めのメイクをしてしまいがちですが、今流行のメイクでナチュラルに仕上げ、彼に「あれ、綺麗になった?」と言わせてみせましょう!

スポンサーリンク

1.下地+ベビーパウダーで安心して彼と密着

「え?メイクにベビーパウダー?」と少し抵抗がありますが、下地からファンデーションよりも、下地+ベビーパウダーをしてから普段通りチークを乗せるほうが、型崩れがしにくくなるほか服に付きにくくなり彼に密着できます。そしてベビーパウダーのおかげで、自然な美肌が仕上がり、皮脂や汗などでメイクが浮き上がらなくなります。そのままファンデーションを付けるよりも、肌のダメージは軽減されるので女性の味方です。

ベビーパウダーには、あせもやかぶれなどに効果があり、主に幼児や赤ちゃんに使用します。なので「大人は使用してはだめ!大人には効果がない!」と思ってしまいます。ですが、大人の女性にとてもうれしい効果がたくさんあるのです。それは、肌の黒ずみや毛穴の汚れ、ニキビにも効果があり、寝る前にベビーパウダーを使うと、もっちりすべすべの赤ちゃん肌に早変わり!彼にも褒められ一石二鳥です。

粉末状タイプと固形タイプがあり、メイクに使うのは固形タイプがオススメですが、多く塗りすぎるとムラができてしまうので、注意しましょう。今ではドラッグストアで簡単に購入でき、安心して使用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.チークは気持ち少し濃いめに

チークは薄め?濃いめ?と悩みどころですが、ファンデーションを塗っている女性の顔にチークがないと、顔色が悪く見られがちです。また、チークを乗せることによって顔が明るくなり魅力的にみられます。そう思うと、いっぱい塗りたくなりますよね?でも少し待ってください。塗りすぎのチークは同じ女性から見ても少し抵抗があります。異性の彼からは隣にいられると、少し恥ずかしいと思う方が大半なのです。

オレンジ色のチークよりも薄いピンク色のチークのほうが、女の子らしさが出て、男性から高評価です。そしてファンデーションの色に合うように、少し濃いめに乗せ、ぼかすように心がけましょう。この時にトントントンと乗せていくのではなく、クルクルと円を描くように乗せていきます。そうするとムラができにくくなり、より自然にチークを塗ることができます。

真っ赤なチークには要注意!

女性で多く見受けられるのが、真っ赤なチークを濃く塗っている方!見栄えはとてもかわいく仕上がるのでいいのですが、異性からは「不自然すぎ」「あまり似合わない」と評判は悪いのです。それもそのはず、真っ赤なチークに真っ赤な口紅はとても見栄えが良くありません。真っ赤なチークを使いたい場合は、薄く広く塗ることをオススメします!もちろん、口紅は薄いものを選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3.つけまつげやカラーコンタクトは控えめに

今では女性に大人気のつけまつげとカラーコンタクト。最近では色も種類も豊富になり、どれを使おうか迷ってしまうぐらい発売されています。テレビなどで活躍している有名な方たちも、つけまつげは必需品。そんなつけまつげやカラーコンタクトを使っている人は使い方を誤ってしまうと、大変なことに?!

異性から見ると、少し不気味?

メイクなどをしない男性から見ると、一瞬にして目の大きさが変わってしまうつけまつげやカラーコンタクトは、少し気味悪がられてしまいます。だからと言ってつけないわけには・・・。ここで注目するべきところは、使い方です!多くの女性が量の多いつけまつげを使い、アイラインを濃く塗ってしまいがちです。それではメイクが濃くなり、見栄えが悪くなってしまいます。元の目を生かせるつけまつげを選びましょう!

まつ毛が短い人は、量が少なく一本一本が長いものを選び、アイラインを濃く塗りましょう。そうすることによって、まつ毛の長さにより目が強調されます。この時に下まつ毛にはつけまつげをしないようにしましょう。よりいっそう目が強調され、濃いメイクになってしまいます。また、まつ毛が長い人は量が少なく、短めのつけまつげを選びましょう。そしてアイラインは薄めにするほうが、すっきりとした目になります。

4.真っ赤な口紅は厳禁!シアーリップでしっとり唇へ

女性には欠かせない口紅やリップグロスですが、アイシャドウやチークが濃いめなのに、リップまで濃くしていませんか?リップが濃くなる場合はチークなどを控えめにし、見栄え良く仕上げましょう。また、真っ赤な口紅は男性からは悪評化!バランスが崩れる恐れのある真っ赤な口紅は、性格がきつそうな印象を受けます。そのため、近寄りがたい女性へと変身してしまうのです。そんなことがないように、ピンク色の口紅かオレンジ色を選びましょう。最近ではブラウンの口紅がとても人気で、アイシャドウやチークが濃くなってしまう方でも、落ち着いた雰囲気にすることができます。

そして、しっとりとしたつやつや唇へなるように頻繁に口紅を変えていませんか?カサカサな唇よりもしっとりしたほうがいいのは分かりますが、頻繁に化粧品を変えてしまうと唇が負けてしまい、もっとカサカサになってしまいます。そんなあなたにオススメなのが、シアータイプの口紅です。今では馴染みのあるものですが、ぷるぷるとした透明感のある唇になります。少し濃いめの色でもふっくらとした柔らかい仕上がりになるので、とてもオススメです!

まとめ

いかがだったでしょうか?当てはまってしまう方も少なくないと思います。デート専用のメイクをしたいけど、いつも濃くなって失敗してしまう。そして結局いつものメイクに・・・。そんな悩みを抱えるのはもう終わりにしませんか?注目ポイントはいつもと違う雰囲気のメイクにすることです。このような変化があると、男性はあなたのことが気になってしまい、ついつい格好つけてみたり。大好きな彼との特別な時間を最もきれいな自分でそばにいたいという気持ちが一番大切です。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -