付き合う前のデートでホテルは問題なし?気になるメリットと本命への昇格法3選!


この記事は2015年10月12日の記事を再編集したものです。

付き合う前にホテルへ行くことに関しては、男性と女性の間で、考え方が大きく違います。女性は、体の関係を重く受け止める傾向があります。それに対して男性は、そんなに深く考えずに、欲の赴くままに行動する傾向があります。

女性側は、付き合う前にホテルに行く場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを理解しておくことは大切なことです。今回は、気になっている方と付き合う前にホテルに行き、遊びで終わらせずに、本命になるための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「付き合う前にホテルに行く」のはアリ?男女の価値観の違いとは

付き合う前にホテルに誘われるパターン

男性が付き合う前の女性をホテルに誘うときは、なんとか体の関係を持ちたいと思っていますので、様々な方法でホテルに誘います。

その時の男性の発言を信じてついていった結果、まだそのような関係になるつもりがなかったのに体の関係を持ってしまったなどと、後悔しないように注意しましょう。

これから、男性が付き合う前に女性をホテルに誘うパターンを紹介します。女性は、勘の鋭い生き物ですので、雰囲気で感じる方もいるかもしれません。男性から、これから紹介するような言葉が出たら、それはホテルに行き、体の関係を持ちたいと誘われている合図です。

「少し疲れたから休憩しよう」

デートの最中にこのような会話をすることもあると思います。休憩の場所が、公園やカフェであれば、男性は本当に疲れているのでしょう。

しかし、その休憩の場所がホテルであった場合は、体の関係を求められています
「横になりたいだけだから、何もしないよ」という男性の言葉を信じてホテルに行くと、結果的に関係を求められることになります。

「静かなところでゆっくり話したい」

気になる男性にこのようなことを言われたら、告白されるのではないかと期待して、わくわくする女性は多いと思います。静かなところといえば、薄暗いバーカウンターや夜空の見える公園など、ロマンチックな場所を想像しますよね。

しかし、女性の思う、ロマンチックな静かなところという場所と、男性の思う静かなところという場所には、大きな違いがある可能性があります。男性が考えている静かな場所は誰にも邪魔されないホテルであることがあるのです。

このような男性の言葉を信じてついていくと、ホテルに行くことになり、結果的に体の関係を求められることになります。一度ホテルに入ってしまうと、男性側は関係を持つことをOKされたのだと思います。曖昧に返事をすることも男性にはOKの合図だと解釈されます。

はっきりと断るのが相手の男性に申し訳ないからと、やさしく抵抗していると、逆に期待させてしまうことになりかねません。体の関係を持ってもよいと思っている男性であれば、誘いについていくのもよいですが、しっかりと、体の関係を求められる覚悟をしておきましょう。



女性の考え方

女性にとっての体の関係とは、体の繋がりを求めるものというよりも、心の繋がりを求めるものである傾向があります。もちろん、体の繋がりを求めて体の関係を持つ方もいると思います。

しかし、好きな人としか関係を持てない方が多いのは、男性よりも女性のほうが圧倒的に多いのも事実です。

女性の場合、体の関係を持つことは、もしかすると自分の心と体を傷つけてしまう可能性がある行為です。このことを感じている女性は、体の関係を持つことに慎重になり、相手をしっかり見極め、選ぶことが大切だと考えます。

女性には妊娠のリスクがある

また、体の関係を持った場合、子供を授かる可能性があります。危険日、安全日という言葉は、必ずしも正しいものではありません。体の関係を持った時点で可能性は十分にあるのです。

もし、子供ができた場合、男性よりも女性のほうが大変な思いをすることになります。中には、優しい人だと思いきや彼女の妊娠が発覚した途端行方をくらましてしまう男性すらいるのです。誰の子供を妊娠しても問題ないなどと考える女性は、いないでしょう。

このようなことから考えても、女性は、体の関係を持つことを単なる快楽ではなく、大切な方との愛を育む行為であると考えているといえるのです。

男性の考え方

男性は、体の関係に快楽を求める傾向が強いです。慎重に相手を選び、体の関係を心の繋がりを強くする行為と考えている女性とは全く違う考え方です。快楽を求めることを目的としているため、男性の中には、同じ時期に何人もの方と関係を持つことができてしまうのです。

また、まだ付き合っていない方とも、リスクを犯してでも関係を持ちたいと思うのです。時には、好きでもない相手と関係を持つことすらできてしまいます。男性の場合は、体の関係を持っても、自分が傷つく恐れはありません。そのため、軽い気持ちで体の関係を持つのです。

男性は傷つかない分、女性に比べて本能的

もちろん、男性の中には、しっかりと考え、好きだと思う相手でないと体の関係は持たないと思っている方もいると思います。しかし、付き合っている相手がいるのに浮気をしてしまったというトラブルは、女性よりも男性が起こしやすいのも事実です。

また、男性は本能的に、多くの子孫を残したいと思う生き物です。理性が働く人間は、きちんと制御できますが、このような本能によって、制御できなくなる男性もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

分かるのは体の相性だけじゃない?メリットとデメリット

a0001_016497_m

付き合う前にホテルに行くメリット

付き合う前にホテルに行くことに対しての意見は賛否両論あると思います。まずは、メリットを紹介します。

相手の男性の性癖がわかる

体の関係は、普段見せている部分とは違い、わからないことが多いものです。付き合ってから、相手の男性が特殊な性癖の持ち主であることが判明した場合、付き合ったことを後悔してしまう可能性もあります。

付き合う前に相手と体の関係を持つことによって、相手の性癖を知ることができるので、後々いやな思いをしなくても済むということがいえます。

相手の知らなかった部分を知ることができる

一歩踏み込んだ関係だからこそ垣間見える、本性の部分を知ることができるため、今後、付き合うかどうかをしっかりと見極める機会になります。

男性は、体の関係を持つことに快楽を求めます。女性は、その際、男性の本能の部分を見ることができるのです。付き合う前に相手の本性を知ることで、安心して付き合える人なのか、遊びだけの、軽い人なのか、しっかり見極めることができます



付き合う前にホテルに行くデメリット

付き合う前にホテルに行くことは良いことばかりではありません。当然デメリットもあるのです。

軽い女だと思われてしまう

ホテルに行った後に付き合うことになれば、問題はないのですが、もしも、そうならなかった場合、簡単にホテルについてくる軽い女というレッテルを張られてしまいます。

その男性が友人などにその話をしてしまった場合、たくさんの方にそのような目で見られてしまうことになります。誘えばついてくる女だと思われてしまうと、様々な人に体目当てで誘われてしまうかもしれません。その中から、純粋にあなたを愛してくれる方を見つけるのは困難です。

妊娠の可能性

また、ホテルに行き、体の関係を持つと、妊娠する可能性があります。真剣に付き合うつもりのある男女なら問題はないのですが、そうでない場合は大変なことになります。このデメリットは、あなたにとってとても傷つく結果になるかもしれません。

付き合う前にホテルに行くことで分かること

付き合う前にホテルに行き、体の関係を持つことで、二人の体の相性を知ることができます。しかし、分かるのはそれだけではありません。様々な男性の本性を知ることができます。

強引な人

行為の最中、強引な感じを受けたならその男性は、支配欲が強いタイプです。このような方は亭主関白になる可能性が高い傾向があります。引っ張っていってくれるような男性が好みの方はぴったりの相手かもしれません。

主導権をあなたにゆだねてくる人

行為の主導権を握らず、あなたにゆだねているタイプの男性である場合は、優柔不断な部分があるかもしれません。しかし、尽くしてくれる優しい方が多いので、甘えられることや、お世話をすることが好きな女性にはあっているかもしれません。

自分勝手な人

また、自分勝手なペースで行為を行い、女性を気遣うことのない方は、自己顕示欲の強いタイプかもしれません。自分本位な性格なので、広い心をもって付き合う必要があります。

マニアックな人

いろいろな言葉を使ったり、アブノーマルなプレイを好む男性は、内向的な方が多いです。執着心が強く、やきもち焼きな面があります。束縛されることが好きな女性とは良いバランスになります。

このように、付き合う前にホテルに行くことで、相手の性格を予測することができます。自分に合う相手であるのか、考えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体だけの関係は嫌!本命に昇格するための方法3選

IMG_3956

しつこくしない

体の関係を持ったことで、男性が自分のものになったと思ってはいけません。付き合うことを焦るあまりに、しつこく電話することは、逆効果です。

メールも、彼女になったかのような勘違いメールを送らないように注意しましょう。あくまでも、まだ付き合っていない男女です。適度な距離感をもって接することが大切です。

男性は追う恋愛をする傾向があります。そっぽを向かれるとそちらを追いたくなるのです。あなたがあまりにもしつこく電話やメールをすると、男性としては追う必要のない相手という認識になるため、お付き合いが遠のいてしまいます。

体の関係を持ち、近い存在に感じる気持ちはわかりますが、その気持ちをぐっとこらえて、適度な距離感を持つことが大切です。



そっけない態度

男性は一度関係を持つと、自分のものにしたような気持ちになります。自分のものにした女性に関しては興味がうすくなってしまうことがあるのです。

いつでも自分の思い通りになる相手だと思われてしまうと、都合の良い女になってしまい、彼女になることができなくなってしまう恐れがあります。その状況を変えるには、男性に危機感を持たせることが大切です。

例えば、ほかの男性の影をほのめかしてみることです。自分のものになったと思っている相手が、他の男性に取られてしまうという焦りを感じてもらうことで、もう一度あなたに対する興味を引き出すことができます。

しかし、男性によっては、身を引いてしまう可能性もありますので、相手の男性の性格をしっかり考えたうえで行動してください。

二回目は体の関係を持たない

もしも、1回目のデートで体の関係をもった後、2回目のデートに行くことになった場合、注意しなくてはならないことがあります。それは、2回目のデートではホテルに行かないということです。

体の関係を思わせるようなボディータッチや、話題は極力避けましょう。2回目のデートで体の関係を持たないことによって、体の関係だけではなく、本気であるということが伝わります。また、相手の男性の本気度も確かめることができます。

もしも2回目のデートでもホテルに誘われ、それについて行ってしまった場合、二人の関係は、体だけのものになってしまう可能性が極めて高くなります。軽い気持ちでホテルに行ったのではないことを伝えるためにも、2回目は、健全なデートを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか。付き合う前にホテルに行くことに関して否定的な意見もあると思いますが、悪いことばかりではありません。相手の本性をいち早く知るという意味では、むしろ付き合う前に関係を持ったほうが分かることがたくさんあります。問題は、その後の行動です。

ずっと体だけの関係を続けることになるのか、本命の彼女に昇格するのかはあなたのその後の行動にかかっています。もしも、本命として付き合っていきたいのであれば、2回目のデートは健全に行いましょう。その行動で男性の本当の気持ちが見えてきますよ。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -