モテる40代女性が決してやらない4つのこと

40代は熟女中の熟女、女ざかり真っ最中です。内心では体力の低下や病気の心配、お肌や体型のたるみに悩んでいますが、はた目には元気で強気・怖いものなしです。人生経験も豊かで仕事や家庭の切り回しも大ベテラン、色気も包容力もたっぷりです。そんな40代女性は、実は人生でいちばん恋愛を楽しめる時期です。

「モテる」にもいろいろありますが、ここでは「男女を問わず憧れの存在で大人気」「パーティーや宴会ではみんながあなたのそばに座りたがる」「何食わぬ顔をしているけれど、実は男性に不自由したことがない」そんなモテる40代女性とします。そんな素敵な大人の女性が決してやらないことを4つご紹介します。

スポンサーリンク

1.若作りをしない

自分の容姿や言動・感覚を客観的に見ることは、誰にとっても難しいことです。自分を基準に考えて行動していると、いつのまにかマイルールに凝り固まってしまい、周りも、周りから見た自分の姿も見えなくなりがちです。

仕事や家庭で忙しく、あまり身だしなみに気持ちを割けないでいると、容姿や体型の微妙な変化を見落としてしまうことがあります。「少しは老けたかもしれないけど、若い頃とそれほど変わらない」くらいの認識でいると、自分の中の自己イメージと実際のギャップがどんどん広がります。

「私の定番のヘアスタイル・メイク・ファッション」が完成している人は、いちど、初めて会う他人の女性を見るような少し意地悪な目で、ご自身のルックスや口癖、行動の癖を観察してみてください。いつまでも「女の子」みたいなことをしていないでしょうか?それが「若作り」と呼ばれるものです。

少女のような心を持ち続けることは大切ですが、それは「大人の女性の中にささやかに残る初々しさ」だから素敵なのであって、「いつまでも子供」とは全く別のことです。客観的に自分を理解し受け入れ、柔軟に変化していけることが、年齢を重ねても錆びない大人女性の魅力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.過去の自分にはこだわらない

あなたは過去の自分にこだわって高すぎるプライドに縛られてしまっていないでしょうか?人生経験豊富で自信のある40代がおちいりやすい罠でもあります。若い頃に美人でスタイルも良く、学業も仕事も優秀で常にトップを走ってきた女性が陥りやすい罠です。

経験と努力で身につけてきたスキルと引き換えに、謙虚さや人の意見を真摯に受け止める姿勢を忘れがちです。年齢を重ねた分、どうしてもルックスはダウンしています。現実をありのままに受け入れ、卑屈でも若い人への媚びでもなく、引くべきところはあっさりと引く奥ゆかしさこそ、大人の女性に必要なものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3.高圧的な態度や発言をしない

40代ともなれば、職場や家庭、その他の社会でも、ある程度の権力を得ているはずです。それを振りかざすと、いわゆる「オバタリアン」になってしまいます。優しげなイメージやソフトな印象を損なうような行動をしていないか、常に自分をいましめてください。

権力は振りかざすと嫌われますが、慎ましさでカバーするとエレガントな印象を与えます。英国の女王様や皇后様をイメージしてみてください。決して高圧的な態度でなくむしろ控えめなのに、高貴さを少しも損なっていません。美しい大人女性に不可欠なもの、それは「上品さ」です。

40代は公私ともに多忙なうえに更年期障害が出始める年齢でもあります。女性ホルモンの分泌が減る分、男性ホルモン優勢となってしまい、ついイライラ・カリカリしやすく、攻撃的になりがちな時期です。だからこそ、自覚しておさえておかないと、些細なことでカッとなって見苦しい言動をしてしまいやすいのです。経験豊富な大人の怒りの理由やクレームの内容は正当であるだけに、怒りをぶつけられた人の受けるダメージは予想以上に大きいものです。

「強い」「頼りになる」と思われるのも悪い評価ではありませんが、攻撃性は男性的な要素であり、「素敵な女性」のイメージの対極です。内心では怒りが爆発していても、表面では穏やかに落ち着いていられることは、モテる大人女性の重要スキルです。

4.心も体もお金も、人に依存しない

誰でも、「信頼される」「頼りにされる」ことは嬉しく、相手への好意を感じるものです。しかし「依存される」ことはほとんどの人が重苦しく、嫌気を感じます。両者のちがいがおわかりでしょうか?
「自分の能力で無理のない範囲で役に立てる機会を与えてくれる」ことが「信頼される・頼りにされる」です。「能力以上のこと、無理なことを要求される」ことが「依存される」ことです。苦境でも忍耐強く適応して限界を越えようとするのは女性の得意分野です。男性の場合は、プライドが傷つくことを恐れて逃げ出したくなります。

知識もお金もない「女の子」であれば、全てを誰かに依存して生きていかなければなりません。それを可能にするために与えられているのが「若さ」です。しかし、大人の女性は若さを失っているので、女の子時代のような依存は許容されなくなります。

「誰かに頼りたい、安心したい」という気持ちは「もう若くない」からこそ切実なのですが、それを表面に出すのは得策ではありません。同じ援助をする場合も、困っているのを見かねて自発的にする場合は喜びや誇りとなりますが、義務のように要求されてするとなると搾取としか感じません。

つらいですが、若くない女性が男性に敬遠される大きな理由の1つが「結婚を迫られるのではないか」という警戒心です。あなたの目的が安定のための結婚であっても、それを察知されないような素振りと、「たとえこのまま1人でも、それなりに楽しく生きていける」という自立の覚悟を持ってください。

まとめ

モテる40代女性が決してやらない4つのことを、自戒の気持ちもこめてご紹介しました。現実を直視し柔軟に対応することも、ひとに甘えないことも、なかなか大変ではあります。だからこそ、それをクリアできている女性は、他の同年代とは一味ちがう憧れの存在となることができます。自己管理をしっかりして、モテる40代ライフを楽しみましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -