【格差婚】関係ないフラットな夫婦になるポイントとは…?

結婚を考えている相手がいるけれど、自分より収入が少ないことを知って本当に結婚してもいいのだろうかと悩んでしまってはいないでしょうか。

格差婚、特に女性の収入が多い場合の格差婚は世間からの風当たりも強い傾向があり離婚率が高いイメージがあるかもしれません。男性側の本音や格差婚が難しいとされる理由、またそれを乗り越えるためのポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【男性の本音】格差婚のイメージは…?

プライドが傷つく

自分より女性の方が収入が多い場合はやっぱり男としてのプライドが傷つくと感じる男性もいます。また、自分と結婚して相手の女性が満足できる生活をさせてあげられるのかという不安を抱くようです。

世間体を気にする

自分は気にしないけれど、親や親族が気にする場合やご近所の目が気になってしまうという男性もいるようです。お互いが納得していても、周りの目が気になってしまったりする場合があるようです。

相手が気にしないなら気にしない

相手の女性が格差婚でも気にしないのであれば気にしないという男性もいます。収入の低い自分と一緒になって生活水準が下がったりする可能性があっても大丈夫と相手が言うのであれば気にしないし、周りがなんと言おうと気にしなければいいという男性もいます。

自分も頑張ろうと思える

格差婚に前向きな男性もいます。相手の収入が高かったり、仕事をしっかりこなしている姿を見ると自分も頑張らなければいけないという気持ちになってお互い切磋琢磨して上を目指せるから格差は気にしないようです。

男が主夫をしてもいいと思う

女性が仕事をバリバリこなしたいのであれば自分が主夫になって支えても構わないという男性もいます。

今は男性が働いて女性が家を守るという時代ではないし、仕事をできる方がしてもう一人が家で支える、また二人で仕事をして支えあえば格差など関係ないという考えの男性もいます。

スポンサーリンク

女性の収入が多いとやはり厳しい・・その理由とは?

周りの目が気になる

女性側の収入が多いとやはり世間からの目が気になってしまうようです。

結婚した当初はお互い気にしないと思っていても人と話すたびに女性はなぜ自分より収入の低い人を選んだのかを聞かれたり、男性側もプライドはないのか奥さんが収入が多くて羨ましい等と周りの人から聞かれたり言われたりすることで気持ちが滅入ってきてしまいます。

また、直接言われなくても噂されているのを耳にしてしまったりご近所で話題になったりということもあり得ない話ではありません。ずっと強い気持ちを持ち続けたり、気にしていないとはっきりと伝えることが出来る性格でなければなかなか難しいのかもしれません。

自信をなくす

女性の収入が多い場合、男性が職場でそのことを話題にされたりもっと仕事を頑張れと励まされることで自信を無くしてしまう可能性があります。お互いが切磋琢磨できればいいのですが、収入の差を引け目に感じることで自分自身に自信をなくしてしまうことがあります。

また、自分の収入が少なくても生活に困らないとやる気をなくしてしまったり自分はいなくてもやっていけるんじゃないか。と自分の存在意義や価値を見失ってしまう可能性もあります。

金銭感覚の違い

収入に格差がある場合、金銭感覚も違っていることが多いです。外食する際のお店選びや交際費、生活をするうえでのお金に関することへの感覚が違いすぎる場合お互いが納得してどちらかに合わせることができたりお互い気にしないでいられるのであれば問題はありません。

しかし、どちらかが我慢したり気になっているけど伝えられずズルズルと過ごしてしまう可能性があります。

そしてストレスやもやもやした気持ちが溜まり大爆発をおこしてしまいます。金銭感覚というのはこれまで長い間生活してきた中で培われてきたものであり、すぐに変えるというのは難しいものです。

家事分担の問題

収入が多い場合、仕事時間が長かったり仕事が大変だったりする場合があります。家事は女性がするものという考えがいまだに根強く残っている事実があります。

家事はどちらがしなければいけないというものではありませんが、女性が家事をして男性が手伝うというスタイルが多いのも事実です。

もちろん男性も進んで家事をしてくれる場合もありますが、自分の方が収入が高いのになぜ家事も自分がしないといけないのかと女性が感じてしまったり、男性も自分も働いているのに家事を押し付けられるのは気に入らないと感じてしまったりする場合もあります。

時間のすれ違い

女性の収入が多い場合、仕事で出張に出かけたり帰宅が遅かったり飲み会に参加したりと自宅にいる時間が少なくなることがあります。一緒に住んでいるけれど帰宅しても相手がいなかったり、疲れて眠ってしまっている等すれ違いが多くなることが予想されます。

そのため二人の時間がうまく設けられず、お互いの気持ちが離れてしまったりすれ違ってしまう可能性があります。

妻が傲慢になる

妻の収入が多い場合、私の方が稼いでいるという気持ちが大きくなる場合があります。私のほうが稼いでいるのに家事をしてくれない。私の方が稼いでいて疲れているのになぜ手伝わないのか。私のおかげで生活が出来ているのに等という気持ちが大きくなってしまいます。

私が養ってあげているのにという上から目線が態度にでてしまったり、一緒に過ごすメリットが分からなくなってしまったり、不満が積もり積もって好きという感情がなくなってしまう可能性も!

最初は収入の格差なんて愛があれば乗り越えられるとおもうかもしれません。たかが収入格差と思いがちですが、お金の問題というのは意外とシビアな問題であることを忘れてはいけません。収入格差を甘く見ていると2人の関係が壊れてしまうきっかけになってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

格差婚でも上手くいく夫婦の特徴とは…?

相手の気持ちを尊重する

他人同士が一緒になって生活をするうえで欠かせないのが相手の気持ちを尊重するということです。結婚をして共同生活をするうえで自分勝手なふるまいや自分の気持ちを押し付けるようなことを繰り返してしまうと、どんな夫婦でも破綻してしまいかねません。

それが格差婚カップルならなおさらのことです。お互いが相手の気持ちをしっかり尊重出来れば収入の格差は乗り越えられる可能性が大幅にアップするかもしれません。くれぐれも自分の収入が高いから自分の気持ちや意見を尊重してほしいというような態度にならないようにしましょう。

収入に格差があっても人対人、同じ人間で自分と同じように相手にも気持ちがあるということを忘れないでいられれば、何か問題が起きてもふたりで話し合って乗り越えていくことが出来るでしょう♡

稼いでいる方が偉いという気持ちを捨てる

収入格差がある場合、どうしても自分は稼いでいるからという気持ちになってしまいがちです。最初は収入格差を気にしていなくてもその格差が開いたり、仕事が忙しくて時間や気持ちに余裕がなくなると不満が出てきてしまうことがあります。

そんな時にグッと踏みとどまって相手のいい部分や尊敬する部分に目を向けられるかどうかというのが分かれ道です。

自分は頑張っているのに相手が頑張っていないような気がしてしまったり、自分ばっかり忙しいなどと感じてしまうと相手に対して不満におもってしまいます。でも、うまくいっている夫婦は稼いでいてもいなくてもお互いできることを一生懸命やってお互いをいたわりあうことができるのです♡

家事の役割分担をしておく

家事は女性がするものという考えを持っている人がいるのが現状ですが、うまくいっている夫婦というのは家事をうまく分担しています☆仕事が忙しいから家事をやらない、男は家事をやらないというような意識はなく、得意な方がやったり手が空いている人がやるというような分担をしています。

また、分担した家事でも相手が疲れていると感じたり自分が出来ることであれば代わりにやったりと臨機応変に対応できる夫婦は収入格差があってもうまくいくでしょう。

逆に、家事分担をしたからといって絶対これはやらない!自分の仕事ではない!というような考え方をしてしまうとお互いギクシャクする元です。家事の分担をしたうえでお互い助け合えるような関係でいることが夫婦円満の秘訣です♡

2人でコミュニケーションをとる時間を確保する

格差婚の場合、周りからの目や心無い言葉を投げかけられる可能性もあります。そんな時、2人で話す時間があれば気持ちが落ち着いたり解決策を考えることができます。

しかし、忙しいからと二人での時間をおろそかにすると心の置き所がなくなったり、悩みを共有することが出来なくなってしまいます。

どれだけ好きでもどれだけ愛していても会話もなしに相手の考えていることや感じていることを100%理解することはできません。むしろ会話をしても全て理解するというのは難しいものです。それでも、うまくいく夫婦というのは相手の気持ちを知ろうと努力します。

そのためにはやはり、二人でコミュニケーションをとれる時間を確保することが大切になってきます。

価値観を押し付けない

価値観というのはこれまで生活をしてきた中で培われるものであり、一人一人違うものです。それが格差婚となると価値観には大きな違いがある場合もあります。上手くいく夫婦はこの価値観の違いを受け入れらるという特徴があります。

自分の価値観はこうだからそれ以外認めない、その考え方はおかしい!と頭ごなしに決めつけてしまっては反発も起こりますし夫婦生活はうまくいかなくなってしまいます。

逆に、そういう考え方もあるのかとか、私はこう考えていたけれどあなたはこう考えているんだねというように相手の価値観を認めることが出来ればお互い気持ちよく生活ができますし、相手の考え方に共感できる部分があれば譲ることが出来る関係であれば夫婦関係はうまくいくでしょう☆

金銭感覚の違いを認める

収入格差がある場合金銭感覚にも大きな違いが生じる可能性があります。それまで生活してきた環境が違うので金銭感覚がちがうのはあたりまえのことですが、もったいないとか散財していると感じたり、逆に貧乏くさいと感じることがあるかもしれません。

そんな時、うまくいく夫婦はお互いの金銭感覚の違いを認めることができます。もちろん認めたからといって好き勝手していいということではありませんが、家計について二人で考えどれくらいの水準の生活をするのかを話合うことができます。

また上手くいく夫婦はこの時に収入が高い女性側が偉そうにしたり、低い男性側が弱い立場になったりということがありません。お互いが収入の格差に目をむけるのではなく、夫婦としての全体の家計の収入と支出について考えられる夫婦は上手くいくようです♡

感謝の気持ちを言葉に出す

これは格差婚夫婦だけの話ではありませんが、感謝の言葉をちゃんと相手に伝えられているかどうかというのが夫婦が上手くいく特徴です。

特に、収入が高い女性側が相手のいい部分を見つけられることが大切になります。収入の高さから傲慢になるのではなく謙虚でいられることが大切です。

お互いが相手に感謝の気持ちを表すことが出来れば、もっと頑張ろうという気持ちにもなれますしちゃんと自分を認めてもらっているという自信にもつながります

まとめ

ここまで格差婚、特に女性の収入が高い場合の格差婚についてご紹介してきましたがいかがでしたか?収入格差というのはなかなか難しい問題なのかもしれません。

けれど、しっかりと相手を尊重したり感謝の気持ちを忘れなければうまくいく可能性も大いにあります。もし、格差婚に悩み足踏みしているのであれば、うまくいく夫婦の特徴をしっかりと把握して彼とやっていけそうかどうかを考えてみてはいかがでしょうか☆

格差があっても愛し合っている夫婦はたくさんいます♡素敵な選択ができるよう願っています。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -