ペットと共に過ごす!飼いやすい生き物ランキング!寂しい生活にサヨナラしよう!

a1180_013240_m

一人暮らしはもちろんのこと、家族と同居していてもどこか心が寂しく生活にハリがない。どのような理由であれ、そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?そんなとき、私達の心を無条件に癒してくれるのがぺットの存在です。

どんな生き物なら飼いやすく、人もペットも楽しい生活を送ることができるのでしょうか?あなたのライフスタイルに合ったペットを探してみましょう。飼いやすい生き物をランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

飼いやすいペットの定義とは?

a0002_011028_m

自身の飼育環境を考慮して飼いやすいペットを決めよう

実は飼いやすいといわれるペットも、誰もに当てはまるわけではなく、飼育環境によっては飼いにくいものになってしまうことさえあり、人それぞれの環境に合わせてペットを選ぶ必要があります。

まず、住まいがマンションなのか、一軒家なのかでも飼いやすいペットは変わってきます。マンションの中には、管理規約でペットを飼ってはいけないところもありますし、大きさや頭数、種類の制限があるところもありますので、マンションの場合、まずはお住まいの管理規約を確認しましょう。

また、自宅の広さや何階に住んでいるかによっても、不向きなペットもあります。あまりに小さな家で大型の動物は飼いにくいでしょうし、階段が多い間取りの家はペットに配慮する必要も出てきます。




家族構成も考慮して飼いやすいペットを決めよう

一人暮らしなのか、大世帯なのかによっても適したペットは異なります。特に子どもがいるかどうかは大きな問題。人懐っこく子どもにも馴染みやすい社交的な性格のペットのほうが飼いやすいといえるでしょう。

また、家族構成だけでなく、家族がどんな生活パターンなのかも大切な要因。特に日中留守がちであるといった家庭は留守番にも耐え得るペットが飼いやすいでしょう。

「飼いやすい」といわれる共通認識とは?

ただし、それぞれに事情が異なるとは言え、一般的に「飼いやすい」といわれるペットも存在します。それらに共通していることは、体が丈夫であること、頭が良くしつけがしやすいこと、ある程度の社会性を持ち人間に従順であること、手入れや世話が比較的楽であることがあげられます。

ですから、これら共通の認識に加えて、個々の事情を照らし合わせ、自身の「飼いやすいペット」を選ぶことが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなペットがどんな人にとって飼いやすいの?

3819017951_f4bed92c56_b
Photo by Jack Wolf

現在大人気の飼いやすいペットは猫!

いまや空前の猫ブームともいわれていますが、猫が人気となった大きな理由の1つがその飼いやすさです。

犬と違い散歩の手間がかからないことや、鳴いても大きな声ではないこと、サイズが小さくマンションでも飼えること、人間によく懐くのに留守番も平気といった独立した性格なので、家族世帯から一人暮らしまで幅広い年齢層の人にとって飼いやすいペットなのです。




一人暮らしでも飼いやすいのは小動物!

鳥、うさぎ、ハムスターなどの小動物はかわいくて人間とコミュニケーションができる上に、散歩やトイレのしつけなども不要で、手間もさほど必要ないため、一人暮らしの人にとって飼いやすいといわれています。

生まれたばかりのヒナなどは別として、長時間の外出も小動物なら留守番が可能。小さいスペースで家の中だけで飼えるので、マンション、一軒家など住宅環境も問いません。

コミュニケーション力のあるペットならダントツ犬!

犬の最大の魅力は人に懐き、人と遊び、人と一緒に出かけたりして、コミュニケーションを楽しめるところです。子どもがいたり、お年寄りがいたりする世帯などには、最高のパートナーになってくれるでしょう。比較的手間はかかるとは言え、やはり犬人気は根強いものがあります。

留守番の問題や、散歩、トイレのしつけなど世話は必要ですが、犬種によっては比較的飼いやすいというものもあるので、犬種の検討は飼いやすい犬が欲しい人にとっては重要でしょう。また、犬を飼ったことがあるかないかなどといった、飼い主の経験も問われるのが犬の難しいところ。

飼い主側が犬の扱いに慣れていないと、コントロールが難しい犬種もいるので、よく考慮して飼いましょう。

爬虫類や魚類も飼いやすいペット

一人暮らしで留守がちな人や、アレルギー持ちなので犬や猫、小動物は飼えないといった人に人気なのが爬虫類や魚類のペット。特に爬虫類は種類によっては初心者でも飼いやすく、犬や猫と同じかそれ以上に長い寿命を全うするものもいます。

爬虫類や魚類は、基本的に世話が楽で、長時間の留守番に耐え得ることがメリットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな種類の猫が飼いやすいの?

8109848382_1393490ba5_k
Photo by Petful

飼いやすい猫トップ3

さて、いよいよランキングのご紹介です。

飼いやすい猫として1位にあげられるのが「ジャパニーズ・ボブテイル」。これは日本猫が逆輸入されたもので、日本の気候に合っているため日本で飼うには最適で、体が丈夫というメリットがあります。運動量がさほど多くないので室内で飼うことができ、家族には深い愛情を見せます。

2位は「シンガプーラ」。体が小さくおとなしいので、マンションでも飼いやすい種類です。声が小さく食事量が少ないのも飼いやすいポイント。

そして3位は「アメリカンショートヘア」。毛が短いのでシャンプーやグルーミングの必要がなく、手入れが楽なのがおススメポイント。社交的で人見知りをしないので大家族の世帯にも良いでしょう。ただしわりと活発な猫なのでストレスがたまらないように遊んであげましょう。




様々な視点から見る飼いやすい猫

例えば、おとなしくてしつけのしやすい猫という視点で見ると、「ペルシャ」や「ヒマラヤン」などもおススメ。長毛で抜け毛が多いのでケアは必要ですが、抜け毛を気にしないなら「猫の王様」と呼ばれるだけあり、「ペルシャ」は頭が良くしつけがしやすい種類です。

また、大型であることを気にしないなら「メインクーン」も大変頭の良い猫です。犬など他の動物とも同居できる寛容さをもっています。

飼いやすい小動物とは?

2238747387_645b5d6d4e_o
Photo by cdrussorusso

飼いやすい小動物トップ3

犬や猫は飼えないと諦めている環境の方にも飼えるのが小動物。飼いやすい小動物ランキングの1位は「ハムスター」です。ケージの中で飼うので掃除が楽であることと、飼うためのスペースが小さくて済むので、マンション暮らしでもOKという点がメリットです。また餌代も比較的リーズナブルです。

2位は「デグー」。ネズミのような見た目ですが、大変人懐っこく、頭もいいのでペットとして人気があります。そして3位はインコや文鳥などの「鳥類」です。鳥は賢く、個体差が大きいので愛着が湧きやすいペットでもあります。またケージ内で飼うことができるので広いスペースは必要ありません。




ペットとして人気の他の小動物

その他に、モルモットや、フェレット、ウサギなども人気が高い小動物です。いずれも人懐っこくペットとして最適な生き物です。

飼いやすい犬種は ?

a1470_000037_m

飼いやすい犬トップ3

飼いやすい犬種ランキングの1位は「トイプードル」。陽気な性格と見た目の可愛さ、賢さを兼ねそろえ、堂々の1位です。抜け毛が少なくアレルギーが出にくい犬種としても知られています。

2位は「シーズー」。人懐っこく優しい性格の犬なので、初心者にもしつけやすいのが特徴です。小型犬だけに散歩や遊びの量もさほど負担にならないので、忙しい人でも飼いやすい犬種です。

そして3位は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」。素直で温厚な性格の上、人間が大好きなので、しつけしやすく、コントロールしやすいのが特徴です。




犬の飼いやすさはココを見よう!

様々な犬種の中から自分自身の生活に合った犬をペットとして選びたいときには、まず小型犬を希望するのか、中型犬にするのか、或いは大型犬が良いのかという希望を先に決めておくことをおススメします。

小型犬であっても、散歩は犬を飼うには必須です。また、大型犬の場合、比較的長時間の散歩になることが多く、力が必要ですので、飼い主さんの体力も考慮に入れましょう。

また、アレルギーを持った家族がいる場合は抜け毛が少ないトイプードルやシュナウザーなどを選ぶと良いでしょう。ただし月々のトリミングに費用は必要です。

犬は他の動物に比べて吠えることも考慮しなければなりません。これは飼い主のトレーニング次第でもありますが、ゴールデンレトリーバーやフレンチブルドッグなどは無駄吠えが比較的少ない犬種です。

また、しつけのしやすさもとても重要。飼いやすさNo.1人気のトイプードルは賢く、友好的なので大変物覚えが良いのですが、飼い主次第といった面が強く、甘やかしてしまうと言う事をきかないワガママ犬になってしまうこともある犬種です。

飼いやすい爬虫類や魚類は?

3046798651_18ba89b492_o
Photo by Kazuhiro Maeda

一人暮らしに人気の爬虫類や魚類トップ3

ペットとして人気の爬虫類1位は「ヒョウモントカゲモドキ」。「レオパードゲッコー」と呼ばれているヤモリの仲間で、体が丈夫で動きがゆっくりとしているので初心者にも飼いやすい爬虫類です。顔がかわいらしく、手に乗せて可愛がることもできます。

2位は「金魚」。設備を整えて手順どおりに飼育すれば初心者でもすぐに飼うことができるのがポイント。世話が簡単で手がかからないというのが飼いやすいポイントです。

3位は「ロシアリクガメ」。ミドリガメなどに比べて小ぶりで飼育スペースが小さくて済むカメです。カメは寿命が長く、20年以上はペットとして一緒に暮らすことができます。




爬虫類や魚類をペットとして飼うときのポイント

大変飼いやすく手のかからない種類が多い爬虫類や魚類ですが、ペットが具合が悪いときに診てもらえる動物病院が少ないことは考慮に入れておきましょう。診察してくれる獣医師を事前に調べておくなどの事前対策は必要です。

まとめ

いかがでしたか?あなたの環境に適した飼いやすいペットを見つけることはできましたか?ただ、いくら「飼いやすい生き物」とはいえ、ペットは個体差も大きく、飼い主との相性もあります。必ずしもご紹介した種類のペット全てが飼いやすいわけではありませんので、安易に飼うことはおススメできません。

ペットが欲しいなあと思ったら、この記事は参考にとどめつつ、ぜひご自身でも詳細を調べてみてくださいね。良いペットとの出会いを願っています。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -