【まつ毛美容液】人気の透明マスカラとの違い徹底比較9選!シーン別使い分けのコツも

CRI_IMG_6007_TP_V

まつ毛美容液を探している時、まつ毛美容液と見た目が似ている透明マスカラに目がいったことはありませんか。透明マスカラって何のために使うのかあまりイメージが湧かないですよね。

また、似たような形状でマスカラ下地もあって何を何のために使うといいのかが分かりづらいですよね。まつ毛美容液でも下地として使えるものもありますし、透明マスカラでも美容成分が配合されていたり、さまざまな商品があります。

ここでは、まつ毛美容液と透明マスカラの基本的な違いを主にそれぞれのメリット・デメリット、美しいまつ毛のためにまつ毛美容液と透明マスカラを使い分ける必要があるのか、シーン別にどちらの使用が好ましいのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ケアアイテムvsメイク下地?まつ毛美容液と透明マスカラの違い徹底比較9選!

MS251_kosumeviewr_TP_V

まつげ美容液とは

まつ毛美容液は、まつ毛の美しさを保ち、コシ・ハリのある丈夫でしなやかな長いまつ毛になるように美容成分を配合した美容液です。いま生えている毛はもちろん、まつ毛の生え変わるサイクルに着目し、細胞に栄養分を届け、健康なまつ毛になるよう働きかけます

透明マスカラとは

まつ毛に塗ると、水に濡れたようにうるっとしたツヤ感が出て、まつ毛の色が濃く見えます。また、透明マスカラを塗ることで、カールが持続したり、まつ毛一本一本が際立つようになるのでまつ毛が長く見え、目が大きく見える効果があります。

マスカラ下地とは

色付きのマスカラを塗る前に、繊維によってまつ毛のボリュームや長さをプラスする下地のことです。透明マスカラはマスカラ下地として使用されることも多く、透明マスカラを塗るとまつ毛のカールが長持ちし、色付きマスカラも塗りやすくなります。

何のために使うのか

まつ毛美容液はスキンケアと同様に素のまつ毛をケアするアイテムです。いま生えているまつ毛の傷みを修復したり、これから生えるまつ毛を丈夫にするよう栄養を補うことで、本来のまつげの状態に近づける根本からのケアすることが目的です。

一方、透明マスカラは、いま生えているまつ毛を美しく見せることが目的で、メイクの一部として使用されます。また、透明マスカラはまつ毛エクステの保護やパンダ目の防止としても利用することが出来ます。

効果の持続性

まつ毛美容液も透明マスカラもまつ毛を美しく見せるために使用しますが、その効果に持続性があるかどうかの違いがあります。まつ毛美容液はまつ毛を根本からケアするため、ハリ・コシがあり、濃く長いまつ毛になる効果が期待でき、自まつ毛自体が変化するので効果には持続性があります。

透明マスカラはメイクの一部ですので、メイクを落としてしまえば効果はなくなります。ただし、透明マスカラのなかにも美容成分を配合したものがありますので、いま生えているまつ毛に関してはある程度の美容効果が期待できます。

使用のタイミング

まつ毛美容液は洗顔後の清潔な素肌の状態で使用します。まつ毛美容液は、皮膚の中で成長し始めたまつ毛や成長中のまつ毛に対して作用するので、スキンケアよりも先に使用することで、細胞に栄養分が浸透しやすくなるので効果を期待することが出来ます。

透明マスカラはスキンケア後にメイクのタイミングで使用します。この時スキンケアで付着した油分をオフしてからマスカラを使用することで、マスカラがはじかれにくくなるのでより効果を高めることが出来、おすすめです。

塗布する場所と安全性

まつ毛美容液は、いま生えているまつ毛にはもちろん、まつ毛の根元の素肌にも塗布します。デリケートな目の周りに塗るので、まつ毛美容液は肌を保護する成分だったり、万が一目に入ってしまっても安全な成分でつくられています。

透明マスカラはまつ毛に塗布することを想定してつくられていますので、出来るだけまつ毛以外には塗布しないようにします。マスカラはまつ毛の根元部分から塗ると効果的ですが、トラブルを招かないように使用の際は注意が必要です。

液の粘度と乾き方の違い

まつ毛美容液は目のキワに塗って使用するので、液垂れして目に入ってしまわないよう粘度の高いものが多いです。そのため一度使用すると液が乾くまで少し時間がかかるので、時間がない時には使用しづらいアイテムといえます。

透明マスカラは、メイクに使用するため速乾性があります。ただし、乾く前に触ってたり、ビューラーなどをしてしまうと、液がよって白くなってしまうことがありますので、乾くまでは触らないようにする我慢が必要です。

どんな時に使うか

まつ毛美容液を塗っても見た目の変化はすぐにはないので、メイクアイテムとして使用するには不向きです。対して、透明マスカラはメイクアップ効果があるので外出に向いていますし、まつ毛をコーティングするので、ほこりなどの外的刺激からまつ毛を守ることも出来ます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まつ毛をどう補いたいかで選んでみよう。まつ毛美容液と透明マスカラのメリットとデメリット

8489387607_2f04896046_z

photo by Simon Powell

まつ毛美容液のメリットとデメリット

まつ毛美容液は、本来まつ毛が生え変わるメカニズムに着目し、皮膚表面にでているまつ毛だけでなく、これから生えるまつ毛の細胞に対してアプローチするものが多いです。そのため、効果をすぐには実感することは出来ず、効果があるかどうかわかるまで、ある程度の期間が必要になります

しかし、まつ毛美容液は、まつ毛そのものを丈夫にして抜けにくくするので、メイクの必要性を感じないほどにまつ毛が濃く、長くなる可能性もあります。メイクをしないことで毛穴詰まりなどのリスクも低くなり、ビューラーでまつ毛を痛めないので、健康的で美しい目元を得られます。

透明マスカラのメリットとデメリット

透明マスカラをつけると、自然な雰囲気で目を大きく見せることが出来ます。普段のマスカラの代わりに塗ったり、マスカラの前に塗るだけなので簡単ですし、直接肌につけるものではないので値段も比較的低めなので気軽に取り入れることが出来ます

また、透明マスカラは目を大きく見せるだけでなく、まつ毛エクステやマスカラの保護にも使えますし、眉毛に使用すると立体的で違和感のない眉メイクをすることが出来ます。

ただし、透明マスカラはメイクの範囲での効果なので、メイクを落とせば効果もなくなります。美容成分の入った透明マスカラもありますが、表面に出ているまつ毛にのみ効果があるものなので、将来的にマスカラが不要になることはありません。

選び方は人それぞれ、自分に合ったアイテムを見つけよう

まつ毛の状態は人によってそれぞれですし、まつ毛を美しく見せたい理由も異なります。

まつ毛がそれなりに生え揃っているのであれば、美容液を使って補修しなくても透明マスカラで十分に美しさを得られるでしょう。逆に、まつ毛のケアをしないとメイクに満足できない状態の方は、時間がかかっても美容液を使ってじっくりと補修する方がいいですよね。

それぞれのアイテムのメリット・デメリットや効果などを理解し、いまの自分になにが必要で、何のために使用するのかを考え、ご自身にあったアイテムを選んでください。また、まつ毛美容液と透明マスカラをシーンに合わせてそれぞれ分けて使うのもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

両アイテムを駆使して綺麗なまつ毛に!シーン別、まつ毛美容液と透明マスカラの使い分けのコツ

4196898593_f1a6f0458b_z

photo by temaki

朝はまつ毛美容液と透明マスカラのダブル使い

まつ毛美容液は朝と夜の1日2回の使用のものと、1日1回の使用のものの2種類あります。用法を守って使用するとより効果を期待出来るので、1日2回使用の美容液の場合、忙しい朝でもなるべく使用するようにしましょう。ただし、1日1回のものの場合は夜にのみ使用するようにします。

まつ毛美容液の効果を高めるため、朝の洗顔後、まつ毛美容液を使用してからスキンケアを行います。

メイクをする場合、まず、まつ毛全体をビューラーでカールさせます。次に、まつ毛についた油分をティッシュ等でオフしてから透明マスカラを塗ります。この時、マスカラは根元から毛先に向かってこまめに左右に動かしながらつけるようにするとまつ毛全体にマスカラがつきます。

透明マスカラが完全に乾くまでは触らないように気を付けましょう。色付きマスカラを塗る場合は、透明マスカラが乾いたことを確認してからつけるようにします。

忙しい朝は透明マスカラ

まつ毛美容液は塗ってから乾くまでに時間がかかるので、忙しい朝はまつ毛美容液はパスして透明マスカラのみで出かけてしまいましょう透明マスカラだけでも目元の雰囲気が変わるので、何も塗らずに出かけるのとはだいぶ気持ちが変わります。

こんな日の為に透明マスカラも美容成分の入ったものを選んでおくと、マスカラをつけただけでもある程度のケアが出来ているので安心です。

夜はまつ毛美容液でまつ毛を丈夫に

睡眠時のゴールデンタイムにまつ毛美容液は効果的に働きます。新陳代謝が活発になる時に栄養を細胞に届けられるよう、夜はまつ毛美容液をつけて眠るようにしましょう。まつ毛美容液を使用する前にメイクや汚れを落としますが、洗顔が不十分だと栄養分が浸透しづらくなるので丁寧な洗顔を心がけます。

ナチュラルメイクには透明マスカラ

透明マスカラはブラシがコームになっているものを選ぶと、マスカラを塗る時に1本1本セパレートに塗ることが出来、まつ毛がくっついてしまうこともないのでおすすめです。自然な感じのまま毛流れを整えることが出来るので美しいまつ毛を演出でき、ナチュラルメイクにぴったりです。

メイク崩れが心配な時は透明マスカラ

スポーツをするときや涙でマスカラが落ちてしまうのが心配な時は透明マスカラが活躍します。透明マスカラのみでメイクを完了させてもいいですし、色付きマスカラをコーティングする役割としても使用できます。ウォータープルーフのマスカラに透明マスカラを重ねると効果的です。

お家でゆっくりする日はまつ毛美容液

出掛けない日はゆっくりと自分のことをメンテナンスする日にしてみませんか。まつ毛美容液のなかにもマスカラ下地や透明マスカラとして使用できるものもあります。肌にもまつ毛にも優しい美容液を塗って過ごしていれば、ちょっとそこまでのお出かけも出来ますね。

まとめ

同じような見た目のまつ毛美容液と透明マスカラですが、まつ毛美容液は基礎化粧品、透明マスカラはメイク用品です。お互いに補い合う成分が入っていることもありますが、それぞれの基本的な効果や今の自分のまつ毛に必要なものを理解して自分にあったものを選ぶことが大切です。また、それぞれが効果的に働くシーンも異なりますので、両者を上手く使い分けて綺麗なまつ毛を手に入れてみてはいかがですか。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -