清潔感のある女性の服装とは?男受けのいい髪型3選も!モテるための絶対条件を紹介

“清潔感”。あなたはこの言葉にどんなイメージを持たれるでしょうか!?特ににこれからの季節はこのキーワードが気になる女性も多いはず。毎日お風呂に入って体を清潔に保っていても、結局のところは外見で判断されてしまうのがご時世。

いわゆる清潔な人・・のイメージをいかに自分のものにしていくのか、今回はこのテーマに沿ってお話を進めていきたいと思います。服装も髪型も選び方次第でグッと爽やかな印象を残せるから侮れませんよ!

素敵なチョイスを身に付けてモテ道を行くためのあれこれ、さっそく始めてみましょう。

スポンサーリンク

清潔感とは?

YUKA863_ok15185909_TP_V

“清潔”の意味するところ

清潔という言葉の意味を調べてみると、「衛生的である」ことや「行いや人柄においての清らかさという二つの解釈が示されています。さらに“清潔感”は、そういった状態を醸し出す表現ということになるわけですが、

具体的に説明しろと言われると意外に難しいと感じるもの。実際には世の中のほとんどの人が、この漠然とした清潔感の中で生活しているのかもしれないのですから無理もありません。

それでも女性は「清潔感あふれる・・」の称号に惹かれる生き物。間違っても逆イメージの方には流れたくないのが当然のはずです。




女性って損してない!?清潔にまつわるマイナスイメージ

“清潔”や“清潔感”というのは、女性にまつわる雑誌やお役立ちの情報では頻繁に登場するキーワードですが、本来は男にだって共通する事。でもなぜか“汚ギャル”や“ゴミ女”など、女性の不衛生さをクローズアップする表現が存在するのは事実

結果的にディスられてしまうのは女性ばかりのような気がして納得いかないのですが、仮に世界の男たちが望むなら、女性の清潔感に大切な事は何かをより深く探っていくしかありませんね。そこでまずは第一歩、服装にも髪型にも通じる“色”に注目してみたいと思います。

普段何気なく選んでいるお気に入りの服が、実はあなたの清潔感を損なっているとしたら大変。単純なようでも色選び一つで一気にランクアップできるチャンスかも・・清潔感を引き出してくれる基本の色選びとは何かを具体的に見てみましょう。

清潔感と色の関係

清いイメージを色に例えるなら、ほとんどの人が「白」と答えるでしょう。でも、着る服が全て白だったらそれでいいかと言えばそうではないはずですよね。人それぞれ、あるいは男女でも清潔に感じる色はほかにもあるはず。

だったらその最大公約数的な色合いを知り、自分のファッションに取り入れていくことが清潔感のある服装に欠かせない要素になってくるはずです。色彩学的な側面から考えると、一般には白を含む淡いカラーが好印象を得られるようです。

淡いカラーというと春に人気のパステルカラーですが、別の表現でいうと自己主張の少ない色とも言えます。ただ桜のようなピンクやクリーム色、爽やかなライトグリーンなどは清潔感と共にどこか癒される優しさをもった色であることは確かですよね。

女性の社会進出が増え、否が応でも自己主張せざるを得ない立場になることだって多いのに、服装から清潔感を表現するためには、色の自己主張を抑えなければならない・・。

ある種パラドックスみたいな話ですが、多くの人のいう清潔感はそこに集約されているのが現実です。

では、色のイメージから見る清潔感のある服装の見当がついたところで、実際にそれらをどうコーディネートすればいいのか知りたいですよね!オールホワイトだけではない、清潔感溢れるモテコーデのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレンドに見る清潔感コーデのポイントとは?

74b4d6dc6a95f8f161b8f0ffe6f2b2b3_s

ピンク全盛期を味方にしよう

ファッションの世界には、その年に流行る注目の色というものがあります。幸運なことに2017年は、ピンクのアイテムが大流行!中でも肌馴染みの良いベージュ系のくすみピンクは毎日のコーデに取り入れやすい色

オン・オフどちらにも違和感のない色味だと思いますよ。顔周りを明るくしてくれる白の鉄板トップスに淡いピンク系のボトムで上品なスタイルを目指してみましょう!




柄物だってOK。人気のボタニカルはこうする!

これからの季節は、草花や蝶など自然をテーマにした“ボタニカル柄”にも興味を惹かれる女性は多いでしょう。結構な多色使いで派手な印象かもしれませんが、基本的には白や淡いカラーをベースにした生地が多いはず。

トレンド重視で投入するなら、できるだけベースの配分が多いタイプを選んでみてはいかがでしょうか?清潔感がキーワードですから、極端なミニ丈や露出は避け形はベーシックに抑えた方が無難だと思います。

丈は重要

色や柄に注意して選んだら、袖や裾の丈にも注意が必要です。ちょっと前に流行ったマキシ丈のスカートなどは、清潔感コーデにはNG。今は女っぽいアイテムに、あえてスニーカーという組み合わせがオシャレだったりしますが、とにかくボトムの丈は引きずらないがお約束

清潔感のためには、ロングと引きずる丈は別物と心得て下さいね。また、必然的に袖が短くなってくるはずのこれからではありますが、いわゆる萌え袖もおすすめはできません

一枚で着る長袖のデザイントップスを選ぶ時にも、できるだけフィッティングして決められるといいのではないでしょうか。

オシャレは足元から

トレンドを意識したファッションには靴選びも重要。今年はスポーティーなものや、安定感のあるチャンキーヒールが流行するようですね。でもその足元はいつもきれいに整えられているでしょうか!?

いくらトレンドを追っていても、汚れたスニーカーやヒールのバランスが崩れた状態では魅力半減。男目線の意見でなくても、細かいところを気にしている=清潔感というのは正論です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性ウケのいい髪型ってあるの?

7c18582eecd8b11a9c6a1a120949a640_s

服が決まったら次はココ!

さてさて、首から下が解決したら最後はお顔に髪型。メイクの主流はナチュラルなツヤ感にシフトしており、ポイント的にレッドの口紅などを目立たせる手法が好まれているようですね。真っ赤な口紅が清潔感を害するとは言いませんが、

そこは服との相性を考えて、唇お化けにならない工夫が必要。どうしても強い色味を足したいなら、バッグなどの小物と色をリンクさせ、強い色を程度に散して使うのもおすすめです。

そして清潔感コーデの締めくくり、髪型にも注意を向けてみましょう。今年の流行からアレンジまで、目指すところはモテ髪!?というようなおすすめスタイル3選をご紹介してみたいと思います。




ロングの暑苦しさから解放「ギブソンタック」

ロングでもショートでも、女性の髪型における清潔感な何かと考えると、やはり顔周りや襟足の髪の遊ばせ方が重要であると思います。おそらく極論では、できるだけ顔を覆わない髪型や重たく見えるロングはまとめるのが正解ではないでしょうか。

前髪の無いワンレングスでも不潔さを微塵も感じさせない女性はいますし、ツヤツヤの黒髪でワンレングスというものにクールなカッコ良さがあることは事実ですが、あえてまとめるか否かなら、どこかにコンパクトさを備えたまとめ髪のほうが優勢と言えそうです。

そこでおすすめしたい髪型が“ギブソンタック”。基本は輪ゴムで結んだ髪をねじったり、三つ編みと組み合わせたりしながら、作っていくまとめ髪の一種。海外セレブのリラックスしたまとめ髪から人気に火がついて、日本のSNS上でも既に話題となっていますよね。

輪ゴムやUピンくらいの少ない道具だけで簡単にセルフアレンジができるので、これからの季節はロングヘアの救世主となること間違いなし。実際にやってみると非常に手の込んだ作りに見えるので、あなたの中の清潔感がアピールできるヘアスタイルになると思いますよ!

大人可愛いの決定版「ショート」

今どき女子で彼氏にフラれたから髪を切る・・というのは案外珍しいのではないでしょうか!?

ヘアスタイルを変えるのと恋愛事情は別で、自由にトレンドを取り入れている女性にとって短い髪型もお手の物・・かどうかは分かりませんが、すっきり耳を出すというスタイルそのものに潔さを感じるものですが、今年のショートは特に前下がりのスタイルが人気のようですね。

ビジュアル的なイメージでいうと剛力彩芽さんや田中美保さんなんかも清潔感ショートの代表ではないでしょうか。

今のショートはとにかくポジティブ。30代以上の方がトライすると、清潔感プラスあか抜けた印象になるのでおすすめです。

モテ髪ナンバーワン!「ハーフアップ」

いきなりショートは無理でも、何となくイメージは変えてみたい。そういった女性のワガママにピッタリで、男もウケもバツグンなトレンドヘアーがボブカット。前髪のバングス次第で大人っぽくも可愛くも作れますよね。

でも、多くの方がワックスやスプレーで毛束を遊ばせるくらいのアレンジしかしていないのが残念。そこでおすすめしたいのが、“ハーフアップ”というアレンジです。よく“くるりんぱ”とか“ねじりんぱ”とか言われていますが、

これも基本は輪ゴムがあればできますし、洋服にも夏の浴衣スタイルにも合うという万能な髪型。手ぐしのラフな仕上げとは違って、髪の手入れもちゃんとしている!という印象がそのまま清潔感に繋がるのだと思います。

まとめ

『女の清潔感って結局何なの!?』そういった疑問に少しはスッキリしていただけたでしょうか?自分にはモノトーンしか似合わない、パステルなんて絶対に無理という方は部分的にでも構いません。

今回おすすめした清潔感コーデのさわりでもお試しいただければ幸いです。清潔感に嫌なイメージを受ける人はあまりいないもの。あなただって清潔にしていれば、気後れするどころか自信を持って過ごせるはずですよね。

清潔感というポジティブなイメージをまずは自分から発信してみる。それはまっさらなハンカチ一枚を持って出掛けることから始めてもいいのではないでしょうか!?

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -