好きな人への上手なアピール方法3選!小悪魔的アプローチで友達から恋人へ転身しよう

IMG_6735sitto
この記事は2015年9月29日の記事を再編集したものです。

恋愛における鉄則として、男女間の友情は成立しないというのがあります。確かにどちらかが異性である以上、近くにいればいるほどその人の素敵なところを見やすいものです。
しかし友達と言うのはそれ以上に厄介な事情を含んでいるとは思いませんか?友達である以上、簡単に告白をするには中々勇気がいりますよね。

もしうまくいかなかったら、と考えると足もすくんでしまいます。では友達から好きな人になる方法はないのでしょうか?今回は仲のいい友達から好きな人、そして恋人にステップアップできる方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

彼を振り向かせたい!今からできる3つのアピール方法

kieye

電話やメールなど、連絡する回数を増やす

まず気軽にできる手段として選ばれるアピール方法は、電話やメールなどの回数を増やすことです。日ごろ、用事のときだけ彼と連絡を取っているという人も、それとは別にプライベートな内容のメールを送ってみましょう。普段あまり連絡してこないあなたから急に連絡が来るようになったら「もしかして?」と思われるはず。

内容も、面白味のない内容だと相手も疲れてしまうので、楽しくて相手が応えやすいような内容にするのがポイントです。メールだけではなく、時々電話もしてみましょう。メールとはまた違ったドキドキ感があり、距離が一気に近づくことでしょう。




相手の趣味に興味を持つ

好きな人へのアピールで、相手の趣味に興味を持つというのはすごく効果的です。誰しも自分の趣味に興味をもってくれたらすごく嬉しいですよね。その趣味を理解してくれる人がなかなかいないと、尚更嬉しいはずです。そのためには、まず相手の趣味を聞きださなければなりません。

普段の会話の流れでも、メールでも構いません。相手の趣味を聞きだし、あまり興味がないような返事をしたり、自分の趣味の話をするのはNG。相手の趣味を聞いたら「へぇ~私もそれすごく興味あるんだよね!」「それが趣味ってすごくかっこいい!」など興味のある返事をして、その後その趣味についていろいろ教えてもらったりしてどんどん会話を広げていきましょう。

聞き上手になる

自分の話をしっかりと聞いてくれる人には、何でも話したくなりますよね。聞いてほしい話があってもいつも「私は」「私も」など、話を最後まで聞かずに自分の話ばかりするのはNGです。しっかりと相手の話に耳を傾け、じっと話を聞いてあげることが大切です。

話しているうちに、あなたに話をするのが心地よくなってきて、いつでもあなたに話をしたくなります。そうすると二人の距離もぐっと近づくでしょう。相手の目を見てしっかりと話を聞いてあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性心理を巧みに利用!LINEで彼にアプローチする3つの方法

IMG_8273

内容に応じたスタンプを送る

LINEといえば、スタンプが人気ですよね。スタンプの使い方次第で彼にアプローチできちゃいます。スタンプはただ適当に送るのではなく、内容に応じたスタンプを送るのが良いでしょう。例えば、相談や悩み事の場合は、悩んでいるスタンプ、遊びに誘う時はちょっと照れたようなスタンプや可愛くおねだりしているスタンプなど。

相手はそのスタンプで、今あなたがどういう気持ちで居るのかを想定しています。そのため、適当に送っていると面倒くさいのかなと思われてしまいます。しっかりと相手に好感を抱かせるようなスタンプを意識して送るようにしましょう。




ポジティブな内容にする

相手が嫌な気持ちになるような内容や、いつもネガティブで「私なんて・・・」「どうせ私には・・・」など、暗い内容を送られてくると、すごく嫌な気持ちになります。どうやって返したらいいのか、考えなければならないということもあり、面倒くさいと思われてしまうでしょう。

内容はいつでも明るく、楽しかったことや面白い事など、相手が気軽に返事できるものにしておきましょう。いつでもポジティブなLINEを送っていると、相手も読むのが楽しくなります。時々悩み事の相談に乗ってもらう程度なら、相手も快く応じてくれるでしょう。

既読してから返信は早めにする

LINEは、見ると既読と表示されるので、相手も見たことがわかります。既読になってから返事が遅かったら、返事するのが面倒なのかなと思われてしまうでしょう。そのため、既読したらすぐに返信することをオススメします。既読からの返信がいつも早いと「俺のこと好きなのかな?」と思わせられることも。いつもではなく、時々返事を遅くしてみると、駆け引き上手にもなれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大好きな彼を独り占め!彼を落とす7つの小悪魔テク

IMG_9323_pink

ボディタッチを増やす

小悪魔テクの中でも、定番なのがボディタッチです。気軽にできるテクニックではありますが、やりようによっては相手を嫌な気分にさせてしまったり、軽い女だと思われてしまうので要注意です。ボディタッチは、タイミングがとても重要です。例えば、笑った時にさりげなく触れたり、肩を寄せてみたり、何かを渡すときにそっと手に触れてみたり、わざとらしくない自然さが重要なのです。

ボディタッチをするのには、信頼関係が必要になってきます。初対面なのにもかかわらず何度もボディタッチをしていると、軽い女だと思われて嫌われてしまう可能性も。しっかり信頼関係を築いているからこそできるテクニックなのです。効果的なタイミングでわざとらしくない程度でボディタッチをしてみましょう。




甘え上手になる

小悪魔な女子は、甘えるのがすごく上手です。男性は甘えられることに弱く、しかも上目づかいでおねだりされちゃうとすぐに落ちてしまう男性もいるでしょう。普段、皆の前では甘えたりしないのに、二人きりになるといつもと態度が違って甘えてみたり、ギャップを意識するのも良いでしょう。

甘えるというのは、やはり恥ずかしくて抵抗がある人もいるでしょう。しかし、恥じらいは捨てて自分の中にある小悪魔な部分を最大限に引き出して、甘えてみましょう。だからと言って甘えすぎることは、相手を嫌な気分にさせてしまうこともあるので、ほどほどにしておきましょう。

目をじっと見つめる

彼と話をするとき、あなたはいつもどこを見て話していますか?目の前の景色を見ながらだったり、またはスマホなどを見ながら聞いていませんか?何かをしながら話を聞くのはNGです。小悪魔女子は相手の目をじっと見つめて話を聞くのです。すこし上目使いしても良いでしょう。

自分の話をしているときに、じっと目を見つめられると男性はすこし照れて、ドキドキすることでしょう。ドキドキさせられたら、小悪魔テクは成功という事になります。相手を不快にさせない程度に、じっと見つめてみましょう。

セクシーさを兼ね備える

小悪魔女子に欠かせないのが、セクシーさです。セクシーさは、普段の仕草や服装から表現します。いつもはカジュアルでセクシーさはほとんど見当たらないのに、ふとした瞬間の仕草がセクシーだと、ドキっとしてしまうものです。例えば、髪をかき上げる仕草だったり、髪を耳にかけるなどの簡単なものでもいいでしょう。

仕草だけではなく、服装でもセクシーさを演出しましょう。いつもは全くセクシーさの感じない服装なのに、二人きりで会う時は、胸元が見えそうな服や、短めのスカートなどで、相手をドキっとさせましょう。ギャップに弱い男性はすぐに落ちてしまうことでしょう。

焼きもちを焼かせる

焼きもちを焼かせることは、うまく利用したらかなり効果的に彼を落とすことができるのです。しかし、やりすぎると嫌われてしまうこともあるので、慎重に。彼にやきもちをやかせるのは、いくつかの方法があります。中でも定番なのは、彼以外の男性と仲良くしている姿を見せつけることです。これは結構効果的で、ついつい焼きもちを焼いてしまうでしょう。

仲のいい姿を見せるとはいっても、あまりにべたべたしていたり、手をつないだりはNG。他に好きな人ができたのではと勘違いされて、あなたの事を諦めてしまう可能性も。仲良く笑顔で楽しそうに会話している姿を見せるだけでも充分効果は得られるでしょう。

寄りかかってみる

男性は、女性に頼られるのをすごく好む傾向があります。そのため、お酒を飲みすぎた時などに「飲みすぎちゃった」「ちょっとふらつく」などと言いながら、腕を借りて寄りかかってみましょう。すると男性は思わず「可愛いなぁ」と、すごくドキドキするはずです。だからと言って、本当に酔いすぎてフラフラで悲惨な姿を見せるのはNGです。あくまでも酔って歩けないというのは演技なので、ほろ酔い程度にしておきましょう。

たまにはメールや電話を無視する

小悪魔テクでは、駆け引きがとても重要なのです。いつもメールの返信や電話などにすぐに対応していると相手を安心させてしまいます。安心させると、放置されたりなど彼から追ってきてくれなくなってしまうのです。そのため、少し不安にさせるくらいの気持ちで対応しましょう。

メールの返信も、たまには一日程度放置してみたり、電話もすぐには出ずに数時間してからかけ直すなど、忙しいアピールも必要です。「誰と一緒に居たのかな?」「俺のこと嫌いになったのかな?」など、不安にさせると彼はもっとあなたに興味がわいてきます。駆け引きは恋愛にとってとても重要なのです。

まとめ

男性というのは「あれ?」と思った瞬間に女性のことを意識し始めます。しかし何人かの仲のいいグループでの付き合いでは周りの関係性を考えて中々踏み切れないなんてこともありますよね。こう考えていると告白するのも中々踏み出せれません。

告白と言うタイミングも重要なものになってきます。人によってはまた元通り友達に戻れるという人もいるかもしれませんが、それでも元の関係には戻れないかもしれないという覚悟を持って臨まなければいけませんよね。相手が大切なら大切なほど、相手の返事に確証が持てるまでゆっくりと関係をはぐくんでいくというのも恋人になれる近道かもしれませんよ。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -