褒め上手でモテる女性になるには?男心くすぐる珠玉のセリフ3選!言い方のコツとは?

IMG_7478

褒め上手な女性が男性からモテるといわれていますが、なぜなのかご存じですか?人は誰しも褒められるとうれしいものですが、褒められることで他の人から認められたと感じる人は多いでしょう。

男性の他人から認めてもらいたいという「承認欲求」を満たしてあげることで、満足感を与えることで男性と良い関係を築けるようになります。

 「承認欲求を満たす」という点が褒め上手になるにはとても重要なポイント となり、褒め上手でモテる女性が気が付かないうちに行動していることです。

褒め上手でモテる女性になるために、モテる女性がなぜ褒め上手なのか、男心をくすぐるセリフや言い方のコツを紹介します。

スポンサーリンク

褒め上手な女性がモテるのはなぜ?

95132723_eb1fddb1ff_z

photo by mario

モテる女性の条件を見てみると必ずといっていいほど、褒め上手な女性があげられています。日本人は褒めることが苦手で、褒めることに慣れていないからこそ、褒められるととてもうれしく、褒めてくれた相手に対して好感を抱きます。

特に男性は褒められることに弱く、あからさまな褒め言葉でもうれしく感じて、相手に対する好感度はどんどん上がっていきます。

ですが何の情報もなしに人を褒めることはできません。目に入ってくる情報である外見を褒めるのも悪くはありませんが、内面や頑張っていること、自信を持っていることを褒めた方が効果は大きいでしょう。

褒め上手は聞き上手!相手の話をしっかり聞こう!

モテる女性の条件にはもう1つ聞き上手な女性があげられますが、褒め上手な女性になるための話でなぜ、「聞き上手」が出てくるかというと、 褒め上手な女性は聞き上手 でもあるからです。

聞き上手な女性がなぜモテるかというと、話し終わった後に相手がスッキリとするかどうかにポイントがあります。話すのが苦手な人でも少なからず自分のことを話したいという欲求があり、聞き上手な女性は話をうまく引き出し、展開していきます。

聞き上手というのはただ相手が話しているのを聞くだけではなく、適度なリアクションを交えながら相手に気持ちよく話をさせてあげることです。そして相手が話している内容から相手の情報を把握していき、その後の会話につなげていきます。

聞き上手な女性と話した後、男性は実に気分よく話ができたと満足感を味わい、また話したいと次のステップを考えます。

聞き上手のポイントは話に共感し、掘り下げていくことです。 話していることに対して興味を示し、相手の話をもっと聞きたがっていると思わせる ことは、褒めることと同じように承認欲求を満たすことにつながります。

聞き上手になるだけでも十分にモテる要素となることがわかりますが、褒め上手は聞き上手よりもさらにモテ要素が高くなります。

自分を振り返ってみて、相手の話をしっかりと聞けているでしょうか?自分のことばかり話してしまっているならば、相手の話にも興味を示し、自分の話は少し抑えて相手にも気持ち良く話してもらうように心掛けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

褒め上手になるにはどうしたらいいの?

32708133624_bcfba83853_z

photo by Josh Tasman

褒め上手になるには聞き上手の要素も必要なのですが、人の話を聞くことはできても褒められないという人もいます。

外国人はよく褒めるけれど、日本人は褒めないといわれますが、文化の違いもあり、褒めることに対して恥ずかしいと思う気持ちや嫌みに聞こえてしまうのではないか、と心配する気持ちが先に立ってしまうため、なかなか褒め言葉を口に出しにくいようです。

中には褒めるポイントがわからない、人の悪いところにばかり目が行ってしまうという人もおり、典型的な褒め下手な人の特徴といえるでしょう。

褒め上手になるためにはどうしたらいいか、人を褒めるために必要なポイントを紹介します。

観察力を磨く

自分の周囲に褒め上手な女性はいますか?もしいるのであればその人をよく観察してみましょう。褒め上手の人がどんなところを見ているか、どんな言葉を使っているか、参考になることがたくさんあります。

観察するとよくわかることは褒め上手の人は、 よく人を見ており、外見や性格などだけではなく、持ち物やこだわりを持っているものにも範囲を広げて、情報収集をしています 

観察していると当然、その人の悪い点にも目が行くと思いますが、短所も考え方次第では長所に変わりますので、柔軟な考え方を持つように心掛けましょう。

人を観察する力は恋愛だけに限らず、ビジネスでも重要な力の1つです。観察力を磨くことで自分自身の成長にもつながる要素ですので、周囲の人に対して好意的な関心を持って、観察してみましょう。




ウソをつかない

人を褒める場合にすぐにわかってしまうようなウソを言っても意味がなく、わざとらしくなってしまい逆に相手に不信感を与えてしまいます。お世辞を言うこともたまには必要ですが、褒め上手の人はたとえお世辞であっても、本当に自分がいいと思ったことを伝えます。

本心からの言葉は相手にも伝わりますので、自分がいいと思ったことを素直に伝えましょう。言葉で飾り立ててしまうとウソっぽく聞こえてしまいます。

照れない

褒めることに抵抗を感じる理由に恥ずかしいという理由があげられますが、人の「良い点」を褒めることは果たして悪いことでしょうか?自分がどう思っているかを表に出すことに躊躇する気持ちはわかりますが、勇気を出してみましょう。

本心から褒められて、気分を害する人はいませんし、 褒められることはうれしいことだと自分でもしっかりと認識しましょう。 自分が良いと思ったことを伝えるだけなので、上手に言う必要は関係ありません。

意識してしまうと不自然な言葉遣いになってしまうので、リラックスして思ったことを素直に自分の言葉で伝えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男心をくすぐる珠玉の褒めセリフ3選

9010704645_acdae03190_z

photo by Tony Alter

男性を褒める際に知っておいて損はない、男心をくすぐる言葉があります。男性が喜ぶセリフをさりげなく盛り込むことで、男性に自信を与えられ、自信を持ってもらうことで、やる気や魅力を引き出す効果も期待できます。

褒め言葉の基本「さしすせそ」

まるで料理のようですが、褒め言葉の基本として 「さすが」「知らなかった」「すごい」「センスいい」「そうなんですか」という「さしすせそ」の法則 があります。たった5つの短い単語ですが男心をくすぐる尊敬の意味が込められているので、会話の要所で使ってどんどん会話を盛り上げていきましょう。

逆に男性との会話の中で使ってはいけない法則「たちつてと」は、男性の自尊心を傷つけてしまい、テンションも下げてしまいますので使わないように気をつけましょう。




頼りになる

男性は頼りにされることや相手の役に立てたことに喜びを感じ、 満足感や充足感を持つことで、自分の中の男性的な面を再認識します。 

頼られる存在になりたいという気持ちが根底にあり、女性に対して負担をかけまいとする気持ちを持っているため、「頼りになる」という言葉は、男性の心をくすぐり、頼ってくれた女性に対して相手を意識する感情が芽生えてきます。

「頼りになる」は男性の魅力的な点を褒める言葉であり、誰から言われてもうれしいものですが、女性が言うからこそより一層の効果を発揮する言葉です。

仕事で頼みごとをしたり、ちょっとした荷物を持ってもらった時などに、さりげなく男性としての喜びを感じさせてみてはいかがでしょうか?

こんなの初めて

男性は闘争本能を満足させる1番になることを求めています。「こんなの初めて」という言葉には今までに経験したことがないような体験ができる、今までに経験をさせてくれる男性はいなかったということを伝えられ、男性に特別な存在である優越感を与えられます。

自分が相手に対して特別感を持っていることを伝えると男性は意識せずにはいられないでしょう。それほどに男性にとって 他の人との差を意識させる言葉には効果があります。 

褒め言葉を上手に使う言い方のコツとは?

4053476140_35c70b284f_z

photo by Benny(I am empty)

褒め言葉の効果をあげる言い方のコツをつかむとより男性の心に響き、モテ度もアップします。短いフレーズのセリフを効率良く使うためにも、逃したくないコツを紹介します。

タイミングを逃さない

褒めることが苦手な人はいつ褒めればいいのか、タイミングがわからないと思っているようです。 タイミングを逃さずに褒めることはとても大切なこと で、相手の良いところを発見した時や作業が終わった瞬間などの達成感を感じている時に、すかさずその場で褒めましょう。

最初に褒めることで、褒められたことの印象が強く残り、喜びは大きくなります。




さりげなく褒める

褒める時にあらたまってしまうと、褒められる方も褒める方も照れてしまいますし、大げさに言いすぎると余計な勘ぐりの気持ちを感じさせてしまう恐れがあります。褒める時にはあいさつをするような感じでさりげなく、会話の中に交えましょう。

 さりげなさが自分にとっても相手にとっても負担がかかりにくく、両者にとって褒めるための絶妙なタイミング でもあるといえるでしょう。

間接的に褒める

良いと思ったことを本人に直接伝えるのではなく、他の人に伝えることが意外と効果が高いものです。本人に伝わらないのでは?と思うかもしれませんが、褒めていたことは本人には必ずといっていいほど伝わっていきます。

他の人を介することで、自分の意見だけではなく第三者の意見も含まれるので、直接伝えるよりも疑われる可能性は低くなり、お世辞ではなく本心から言っていると信用されやすくなります。

 自分で褒めるのは照れてしまうという場合には、間接的に褒めることから始めてみる のもいいでしょう。

まとめ

褒め上手でモテる女性になるために、モテる女性がなぜ褒め上手なのか、男心をくすぐるセリフや言い方のコツを紹介しましたが、いかがでしたか?

褒めるためには人を観察することがとても重要なポイントであり、褒め上手な人を観察すること、気になる男性を観察することにより人の良い点を見つける力が付くと、自然と人間関係もスムーズになっていきます。

 人間関係がスムーズになることは自分自身にも大きなメリットとなる ものです。モテる女性を目指して褒め上手になりましょう!

ここまでご拝読いただき、ありがとうございました。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -