グランピングとは?三重周辺のおすすめ施設7選!バリエーションが豊富で誰でも満足◎

グランピングという最近よく耳にする言葉の意味をご存知でしょうか。簡単にいうとアウトドアの楽しみ方のひとつです。グランピングとはどのような施設なのかご説明いたします。

三重を中心とした近隣のグランピング施設の中からおすすめのものを7つご紹介すると共に、グランピングに行くときに持っていきたいアイテムも見ていきましょう。

1度その魅力に触れたらハマってしまう人続出のグランピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

予約やキャンセルの方法が不安でも大丈夫。グランピングについてわかりやすくご紹介

a0555_000056_m

1.グランピングってなに

グランピングはグラマラス(魅力的な)とキャンプを合わせた言葉です。キャンプはテントを張ったり炭に火おこししたりとそれなりのスキルや技術が必要で未経験の女性にはなかなか体験できない場合も多いです。

しかし、グランピング施設はテントの中にベッドをはじめとする快適な施設が用意されていたり、BBQはすべてスタッフが管理してくれて食べることを楽しむだけなどキャンプとホテルの良いとこどりで楽しめるアウトドア施設になります。

2.予約方法は

グランピングはテントの数も限られてきますので、必ず予約をして宿泊することになります。予約方法は電話予約やオンライン予約などその施設によって様々です。

公式サイトのURLもご紹介していますので、そちらから予約方法の確認をお願いします。予約の方法が違えど、伝えることは宿泊日、宿泊人数、オプションの利用の有無とホテルの予約と変わりありませんので心配無用です。

3.グランピング施設のキャンセルをするときの注意点

せっかくグランピング施設を予約しても急用でキャンセルしなければいけなくなった時。こちらも一般的なホテルと同様早めに連絡をすることでキャンセル料が変わってきたりします。

予定が変更になるときはできるだけ早くグランピング施設まで連絡するとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カナディアンカヌーで日本にいながらアメリカ気分!三重近郊の施設7選

PPS_kanu-tokeiryukudari_TP_V

1.奥伊勢フォレストピア リバーサイドヴィレッジ

1.住所:多気郡大台町薗993
2.電話番号:0598-76-1200
3.営業時間:8:00~21:00
4.定休日:年中無休
5.アクセス:勢和多気JCTより車で30分 三瀬谷駅より送迎バスあり
6.ホームページ:https://okuiseforestpia.com/

広々としたテント内は冬になるとこたつを置く場所もあります。テントの中でこたつに入るなんてシチュエーションはめったにないことでしょう。こたつでは雰囲気が…という人にはオイルヒーターや電気毛布、電気カーペットのレンタルもあります。

食事はダッヂオーブンを使ったグランピング料理とレストランでいただけるフレンチのどちらかから選ぶことができます。ハンモックチェアをレンタルして優雅な森の休日をのんびり楽しむのもおすすめです。

2.伊勢志摩エバーグレイズ

1.住所:三重県志摩市磯部町穴川1365-10
2.電話番号:0120-592-364
3.営業時間:9:00~17:00
4.定休日:なし
5.アクセス:近鉄線賢島方面の「近鉄穴川駅」下車。徒歩10分
6.ホームページ:http://www.everglades.jp/

交通の便もよい広大な国立公園内の敷地にあるグランピング施設です。アメリカンスタイルで日本のキャンプとはまったく違った雰囲気でアウトドアを楽しむことができるでしょう。

カヌーを楽しむこともできるのでアクティブに楽しみたい人はこちらも一緒に予約しておきたいですね。クリスマスにはケーキ作りのイベントなども盛り沢山です。季節ごとに色んなイベントを楽しめるのは大自然の中のグランピングならではです。

3.MIFUNE VILLAGE

1.住所:三重県志摩市阿児町国府1-11
2.電話番号:0599-47-3716
3.営業時間:15:00~翌12:00
4.定休日:冬季はオフシーズンのためクローズ
5.アクセス:高速伊勢西IC下車、県道32号 近鉄山田線鵜方駅からバスで(91安乗線安乗行)
6.ホームページ:http://mifune.sub.jp/resv.html

サーフィンも手ぶらで楽しみたいならMIFUNE VILLAGEでのグランピングがおすすめです。ボードもウェアもレンタルすることができます。

できるだけ不要な費用は節約したいという人におすすめな、素泊まり方式のグランピング施設です。セットでレンタルすると割引ありで、宿泊予定がないテントはデイユースも可能です。

4.観光農園きゃんぷ村

1.住所:三重県志摩市志摩町御座878
2.電話番号:050-5534-5387
3.営業時間:13:00~翌12:00
4.定休日:年中無休
5.アクセス:伊勢道路を鳥羽南白木ICで下車167号-260号線
6.ホームページ:http://www.campgoza.jp/glamping.html

海鮮BBQとダッヂオーブンでいただくスタッフチキンをワイン(別料金)でいただけば、グランピングの夜は楽しくすぎていきます。海鮮は冬は伊勢海老、夏はアワビと豪華食材を用意してもらえます。

コットンテント内は冷暖房完備でオールシーズン快適に過ごすことができます。御座白浜ビーチのすぐ前なので、カヤックも楽しむことができます。グランピング場から白浜のダイヤモンドヘッドと呼ばれるくらい綺麗な海に沈む夕日を、ぜひ写真におさめてみてはいかがでしょうか。

5.NEMU RESORT ネム リゾート(旧合歓の郷)

1.住所:三重県志摩市浜島町迫子2692-3(伊勢志摩国立公園内)
2.電話番号:0599-52-1211
3.営業時間:15:00~翌11:00
4.定休日:年中無休
5.アクセス:近鉄特急賢島駅から無料送迎バス(要予約)
6.ホームページ:https://www.nemuresort.com/

里山ラウンジと名付けられたオープンテントでいただく豪華グランピング料理は魚介のアクアパッツァ、黒毛和牛のスモーキーロースト、自家製ズッキーニのヴィシソワーズなど豪華なプランは1日5組限定です。

360度パノラマの絶景ポイントで、美味しい食事に舌鼓を打ちつつ優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。ヨガ教室、カヌー、英虞湾(あごわん)クルーズをはじめテニスやパターゴルフなど大人が楽しめる施設が豊富です。

温泉と併設されたスパ・サロンで癒やしと綺麗も手に入れてしまいましょう。

6.グランパスリゾート白浜

1.住所:和歌山県西牟婁郡白浜町千畳敷2953-3
2.電話番号:0739-42-2102
3.営業時間:9:00~21:00
4.定休日:年中無休
5.アクセス:阪和自動車道『南紀田辺IC』より車で約25分 JR白浜駅より千畳口バス停下車、徒歩1分
6.ホームページ:http://www.grampus.biz/

お隣の和歌山にあるグランパスリゾート白浜は、大きなキャンピングカーに宿泊できるグランピング施設です。近くにコンビニがあったり、温泉やフットサル場まであるので色んな楽しみ方ができそうです。

白浜のアドベンチャーワールドも近いので、帰りに寄ってみるのもよいでしょう。BBQ施設は高台に位置しており、海を眺める景色が絶景です。360度パノラマの眺めを堪能してください。

7.たまゆらの里

1.住所: 和歌山県海草郡紀美野町長谷宮705
2.電話番号:073-499-0613
3.営業時間:8:00~20:00
4.定休日:年中無休
5.アクセス:阪和自動車道・海南東ICより車で約60分
6.ホームページ:http://www.tamayura-sato.com/index.html

派手なテントなどないものの、リーズナブルな料金でログハウスコテージなどに宿泊できるグランピング施設がたまゆらの里です。屋根付きのバーベキューエリアや岩風呂、プールや川遊びなど大自然を満喫できる施設が揃っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グランピングをもっと快適に楽しむために…おすすめアイテム3選!

a1070_000143_m

1.ドリンクも季節にあったおしゃれなものを持ち込む

フルーツをたくさん入れたサングリアや冬の夜をムーディーに暖めてくれるホットワイン、コーヒー1杯にしても用意されたものを飲むのも良いですが自分で持ち込んだ器具で淹れたものは一味違うでしょう。

食材は用意してくれても飲み物はセルフというところも少なくありません。どうせ持ち込むならとびきりおしゃれなドリンクを楽しんでこそグラマラスでゴージャスなキャンプといえるのではないでしょうか。

2.お気に入りのラグなどを持ち込むのも◎

ただ施設に用意されているものを利用するだけではホテルとあまり変わりありません。自分のお気に入りのラグやクッションなどの中からアウトドアにも合いそうなものをチョイスして持ち込んでテント内も自分らしくコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

ムードを盛り上げる音楽を流すスマホ用のスピーカーや雰囲気を盛り上げるランタンなども持ち込んで居心地の良い空間を作りましょう。

3.グランピングを楽しめるファッション

グラマラス=ハイファッションというわけではありません。自然を楽しむということを念頭に入れたアースカラーのファッションやエスニック調のコーディネートやキュートなオールインワンなど最近の流行りを取り入れながら「快適に過ごせる」ことを意識して思い切り雰囲気を楽しみましょう。

まとめ

三重を中心としたおすすめのグランピング施設を7つご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。簡単ではありますが、グランピングがどのようなものかも理解していただけたのではないでしょうか。

Instagramなどでもグランピングの写真が注目を集めていますが、他の人と差をつけるために自分らしさをアップするアイテムを持ち込んでみることをおすすめします。

ファッションにもこだわりを持つことで、一層グランピングを満喫することができるでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -