グランピングとは?東海地方のおすすめ施設7選!女子人気のシルバニアを再現した物も

グランピングとはアメリカでは歴史あるアウトドアの楽しみ方として愛され続けています。日本にも多くのグランピングが楽しめる施設が増えてきています。

今日は、東海地方でおすすめのグランピング施設を7つご紹介していきます。グランピングのことをよく知らないという人のための、グランピング利用法もまとめてみました。

持っていくと盛り上がるアイテムやインスタ映えする撮影ポイントなども一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

予約方法や使い方など グランピング利用マニュアル

a612fd130e5014c7bdc37cbbd8625315_s

1.グランピングとは

グランピングとはグラマラス(豪華な、魅力的ななどの意味)とキャンピングを合わせた言葉です。ナチュラルなアウトドアの楽しみ方と思われているキャンプをグラマラスでゴージャスな雰囲気で楽しめる大人のアウトドアの楽しみ方のひとつとして人気が高まっています。

キャンプといえばテントをはじめとして専用の道具やアイテムが必要でしたが、それらが必要ないように施設ですべて用意してくれるだけでなく、テントの中にベッドや冷蔵庫などまで設置されているものまであります。

アウトドアのイメージをくつがえしていく新しいアウトドアとして今までアウトドアに縁がなかった女性にも注目される宿泊施設です。

2. 予約やキャンセル方法は

グランピングは施設の建物などを使うことから、出かけていけばすぐに利用できるというものは少なくなっています。行きたいグランピング施設が決まったら予約して出かけましょう。

その時、ベーシックな宿泊施設だけでなくオプションでBBQの材料なども予約することができます。これらのオプションを利用することで手ぶらで出かけてもアウトドアを満喫することができます。

予約した日に都合が悪くなった…という場合には早めにキャンセルが必要です。キャンセルの手続きをせずに当日行かなかった時は全額料金を支払わなければいけませんが、早めにキャンセルすると段階を踏んでキャンセル料も安くなります。

また、屋外の宿泊施設ということで台風などの自然災害などで施設側からキャンセルの有無を聞かれる場合もあります。この場合のキャンセル料は施設の状況によって変わってくるので問い合わせが必要です。

3.グランピングで楽しむための注意点

グランピングを予約する時は何名で利用するかを伝えます。この時、0歳時であっても1名扱いになるのでしっかり伝えましょう。また子どもだけでは利用することはできないところが多くなっています。

子どもと利用できる施設は大人だけで利用する時は少人数でしか泊まれないなどありますので、定員もしっかり確認しておくと良いですね。ドッグランが併設されていたり、ペット用の温泉があるところもありますが、ペットの中でも入場が規制される種類(闘犬など)もありますのでこちらも確認が必要となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

富士山を間近に見ながらアウトドア!東海地方のグランピング施設7選

a0555_000065_m

1.キャンピカ富士ぐりんぱ

1.住所:静岡県裾野市須山字藤原2427
2.電話番号:055-965-1331
3.営業時間:7:00~21:00
4.定休日:火・水・木は施設内の遊園地が休業となります。(祝日の場合は営業)
5.アクセス:東名高速御殿場インターから富士山スカイライン経由で約30分
6.ホームページ:https://www.pica-resort.jp/campica-fuji/

キャンピカ富士ぐりんぱの一番のウリはあのシルバニアファミリーの世界観を再現したコテージハウスです。富士山と夢の国のコラボに女の子だけじゃなく大人でもテンションがあがりそうです。

チェックイン は14:00 ~19:00、チェックアウトは7:00 ~ 11:00となっています。当日以外の電話予約は受け付けておらず、予約はオンラインを利用します。

くるりんぱを利用するには一部有料道路を利用しますが、支払ったチケットを持参することで料金の払い戻しをしてもらえますのでチケットは捨てずに持っていきましょう。

2.初島アイランドリゾート

1.住所:静岡県熱海市初島初島1113
2.電話番号:0555-30-4580 現地フロント0557-67-2151
3.営業時間:チェックイン14:00~17:00チェックアウト7:00~11:00 温泉施設10:00~21:00 フロントへの問い合わせは9:00~17:00
4.定休日:木曜日
5.アクセス:熱海港・伊東港より初島港、高速船で約30分。初島港から徒歩で約10分~15分
6.ホームページ:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/

離島である初島というだけでもリゾート気分抜群のロケーションです。ハンモックでお昼寝したり、夕食には豊富な海の幸のBBQやステーキが堪能できます。

海が目の前にある露天風呂や冷暖房完備のトレーラーハウスなど、グランピングでしか楽しめないようなアウトドアと快適さの融合を、離島という特別な環境で満喫してみてはいかがでしょうか。

3.WOOD DESIGN PARK

1.住所:愛知県岡崎市鍛埜町字日面日面8番地4
2.電話番号:080-5810-6322
3.営業時間:10:00~17:00
4.定休日:お問い合わせください
5.アクセス:東名高速道路「岡崎IC」から約15km
6.ホームページ:http://wood-designpark.jp/

ウッドデザインパークという名前からも想像がつく人もいるでしょうが、こちらはツリーハウスで宿泊することが可能です。アドベンチャー心をくすぐるデザインで男性を中心に人気のある施設です。

1日に3組限定の宿泊施設なので、他の人を気にせずのびのびと大自然を楽しむこともできるでしょう。

4.EARTH SHIP Camp&Field

1.住所:岐阜県郡上市美並町白山1013
2.電話番号:0120-642-117
3.営業時間:9:00~18:00
4.定休日:4月中旬~10月末日以外
5.アクセス:東海北陸道「美並IC」から下車5分
6.ホームページ:https://camp.earth-ship.co.jp/

1日限定4組とすることで自然をたっぷりと堪能できるようになっています。手ぶらで出かけても困らないようなテント内設備が整っています。

食事も5種類のバーベキューセットから選んで利用することができます。アースシップに出かけたらぜひ長良川ラフティングツアーで川下りを体験してみてはいかがでしょうか。普段では味わえないようなエキサイティングな遊びが楽しめるでしょう。

5.和み舎せせらぎ

1.住所:岐阜県郡上市白鳥町大島字中井694‐2
2.電話番号:0575-82-2121
3.営業時間:チェックイン14:00~19:00、チェックアウト9:00~10:00
4.定休日:なし
5.アクセス:東海北陸道「白鳥IC」より約5分
6.ホームページ:http://www.nagomi-ya.jp/seseragi/

古民家風なログコテージが懐かしいような雰囲気を味わえるグランピング施設なのが和み舎せせらぎの特徴です。宿泊施設全棟にハンモックが設置されているのも見逃せません。

ドッグランが併設されているのでペット同伴で訪れる人も多い施設です。大自然の中で愛犬と一緒に楽しい時間を過ごしたい人におすすめです。ピザ窯があったり、燻製施設もあるのでアウトドアならではのグルメを自分の手で楽しむことも可能です。

6.御座白浜観光農園きゃんぷ村

1.住所:三重県志摩市志摩町御座878
2.電話番号:050-5534-5387
3.営業時間:管理者24時間常駐
4.定休日:なし
5.アクセス:伊勢自動車道から第二伊勢道路鳥羽南白木ICから国道167号、260号を利用
6.ホームページ:http://www.campgoza.jp/

近くにある御座白浜海水浴場は海水浴場百選にも選ばれたことがある静かで美しい砂浜です。シーカヤックフィッシングで普段はなかなかできない釣りを楽しむこともできます。

宿泊施設は10人以上で宿泊可能なグループサイトも用意されているのでみんなでワイワイグランピングが楽しみたい人にもおすすめの施設です。焚き火などはスタッフが手伝ってくれるから、アウトドア未経験の女性だけでも楽しめるガールズキャンプも好評です。

7.FLORA Campsite in the Natural Garden

1.住所:山梨県北杜市白州町白須8813-2
2.電話番号:0551-45-9164
3.営業時間:10:00~17:00
4.定休日:水曜日
5.アクセス:首都高4号新宿線 → 中央自動車道 → 須玉ICから約25分
6.ホームページ:https://www.floracampsite.com/

コットンテントの中にはシュラフをはじめとして、冷蔵庫、食器類やキッチン用品や調味料、冬用の暖房施設と必要最低限であっても十分手ぶらでもアウトドアが楽しめるようになっています。

「グランピング施設の手間のかからなさは魅力だけど、もう少しアウトドア感が強いところに泊まりたい」という人にピッタリです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インスタ映えする撮影スポットで記念の1枚を。グランピングをもっと楽しむためのコツ

a0002_006526_m

1.東海のグランピングで写真撮影におすすめのポイント

それぞれ特徴のある宿泊施設や美味しそうなBBQなどグランピングの写真撮影ポイントはたくさんあります。東海地方のグランピングに出かけて写真を撮影するなら、360度まわりが海という地形を利用した初島アイランドリゾートから撮影する夕焼けや、WOOD DESIGN PARKのツリーハウスでしょう

他ではなかなか見ることができないシチュエーションに、写真を見たみんなの羨望の眼差しが見えるようです。

2. 持っていくと盛り上がるアイテムは

キャンプといえば音楽があると盛り上がります。スマホなどの音楽を聞ける携帯スピーカーがあればみんなで同じ音楽を聞く事ができます。

トランプなどの多人数で楽しめるカードゲームなども持参すると、大人も子どもの一緒に楽しめるでしょう。

3.グランピングにおすすめのファッション

グランピングは普段どおりのファッションでOKとはいっても、せっかくの自然の中で楽しむのですからファッションもアースカラーで攻めてみてはいかがでしょうか。

基本的に快適に過ごせる服装がおすすめですが、サングラスや帽子、スカーフなどでワイルドな雰囲気を盛り上げるのもおすすめです。

まとめ

東海地方のグランピング施設を7つご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。海あり山ありの恵まれた地形を活かしたグランピング施設がたくさんありました。

グランピングに出かける時にはおしゃれなファッションももちろんですが、なによりも快適な時間を過ごせるような服装を意識すると写真を見た人にも「楽しそう」「私も自然の中で癒やされたい」と共感され、いいねも増えるでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -