【GWを再婚チャンスに】子供連れで彼と旅行に行こう☆

「子どもがいるけれど再婚を考えていて、子どもとカレの距離をもっと縮めたい」……など、子連れ再婚となるとさまざまなことを考えます。家族になるのだから、距離はできるだけなくしておきたいもの。

子どもが大きければ理解を示してくれるかもしれませんが、まだ小さい内ではなかなかそうもいきません。

ここで提案です!少しでもカレと子どもの距離を縮めるためにも、このゴールデンウィークは思い切ってみんなで旅行に出かけてはどうでしょうか?おすすめの旅行スポットから注意点まで紹介していきます♪

スポンサーリンク

旅行で距離をうまく距離を縮めよう☆

再婚してからが心配!子どもとカレの距離

子連れ再婚は、子どもの気持ちを考えるととても迷ってしまうものですよね。

カレも結婚歴があったり、子どもがいたりすると子どものことについてある程度理解があると安心できますがカレが初婚の場合はカレ自身がいきなりパパになることができるのか、子どもがカレを新しいパパだとちゃんと理解してくれるかなど心配は尽きません。

マメにカレと子どもが顔を合わせていても、やはり本当のパパではないことに子どもは自然と距離を感じてしまうものですし、心を開いてくれません。そんなとき、ゴールデンウィークなどを利用して旅行に行くのはとてもおすすめの方法です。

パパになっても大丈夫?旅行でパパの自覚を持ってもらう

女性と違いお腹の中で育てないぶん仕方の無いことですが、男性は自分の子ですら生まれてからしか「パパになった」という実感は持ちにくいもの。

ましてや初婚のカレがいきなりあなたの子どもを自分の子どもだと思うことは難しいのではないかと思いますよね。いくらカレが子ども好きな男性だったとしても、自分の子どもと他人の子どもは違うもの。

自分の子どもを育てていこうと思うと、「子ども可愛い!」「子ども好き!」なんて気持ちだけではやっていけません。そこで、一緒に旅行に行くことでパパらしいふれあいをすることに少しずつ慣れて行ってもらいましょう。

旅行先で一緒に遊んだり、宿泊したりと旅行は普段と違い特別な環境なのですんなり受け入れることができるかもしれません。

子どもの気持ちは?パパだと思える?

再婚をする際、一番気を付けなければいけないのは子どもが再婚に対してどう思うかですよね。小さな子どもの場合、慣れない環境や見慣れない人は不安を抱きやすいです。

特にパパがいなくなったのに、ママは違う男の人と一緒にいることに違和感を感じあなたが仲良くなって欲しくても子ども自身がカレを警戒してしまいかねません。

まずはあなたが落ち着いて新しいパパになるカレのことを説明してあげましょう。その時は子どもあなただけで向き合うことが大切です。距離を縮めるための旅行もカレと仲良くならせるためと思って何かをするにも一緒に行っておいでとカレに任せてはいけません。

子どもの手をちゃんと握って、あなたが子どもをリードしてあげましょう。心を開けば、子どもの方からカレと一緒にという言葉を言ってくれるはずです。

スポンサーリンク

旅行先はどういう視点で選ぶ?

子どもを思いっきり楽しませて!沖縄でゆったり楽しく

沖縄と言えば、観光スポットとしてとても人気ですよね。大きくて綺麗な海はカレとあなたのデート気分も盛り上げてくれるだけではなく子どもにとっても良い遊び場です。沖縄は梅雨入りがゴールデンウィーク後の時期なので、天気は波がありそうですが、美ら海水族館など子どもが喜ぶ施設もたくさんあります。

天気の良い日に子どもやカレと一緒に海で泳いだり砂浜で砂遊びなど身体を使う遊びをした方が子どもも自然とカレがいることを楽しいと思ってくれるはず。海など外で遊ぶ際には、日焼け止めや帽子などを忘れないように気を付けてくださいね。

ゆっくりとした時間を過ごして!軽井沢でのんびり

軽井沢は、おだやかな気候で夏は避暑地として人気の観光スポットです。自然溢れる環境でゆったりとした時間を過ごすことができます。忙しい日常を忘れ、ひとときの癒やしの時間を楽しむのにはもってこいの観光スポットですよね。軽井沢は大人がゆったり楽しむところで、子どもは退屈してしまうのでは?と思いますよね。

しかし、軽井沢にも子どもが楽しむことのできるテーマパークや遊園地などがあります。アウトレットなどもあるので、親子の休日を旅先で感じることができるのもとっても嬉しいですよね。アトラクションなどを一緒に楽しむうちに、カレと子どもの距離が縮むこと間違いなしです。

遊園地などで距離を縮めて!大阪で賑やかに

大阪と言えば、道頓堀などの食い倒れの街だけではなくユニバーサルスタジオジャパンや海遊館など子どもも大人も一緒に楽しめる施設がいっぱいです。

さまざまな観光スポットがあるのでついつい迷ってしまいがちですが、子どもと一緒に計画を立てるのも家族としてのイメージが湧きやすく子どもも受け入れやすくなります。

アトラクションやショーなどはしゃぎすぎなくらい子どもと一緒に楽しんであげることで、ママもこの人といるのが楽しいし自分も楽しいということを理解してくれてどんどんなかが縮まります。

遠くに行かなくてもOK!東京でマイペースに観光

東京都内や周辺など、魅力的なスポットは身近にもたくさんありますが、そばに住んでいると珍しさがなかったりいつでも行くことができるからとあまり行かないということはないですか?

東京にも子ども連れにピッタリの観光スポットがあり、その種類はあちこち遠出するよりも実は豊富なんです。

東京タワーやスカイツリーなど、実際に行ってみるとイベントが開催されていたり子どもが大好きなキャラクターのショップがあったりとたくさん楽しむことができます。

また、都内や周辺に住んでいる場合はカレと子どもの距離が縮まないうちから泊まりがけで旅行に行かなくても済むので子どもに合わせてゆっくり回ることもできますよね。

大きなテーマパークと楽しいホテル!長崎でさまざまな体験

長崎で子どもも大人も楽しむことができる観光地と言えば、やっぱりハウステンボスですよね♪

数多くのアトラクションが楽しめるだけではなく、オランダををイメージした町並みも海外旅行に行かず海外の気分を味わえて楽しむことが出来ますよね。

一年中さまざまな花が咲き誇り、夜にはライトアップやイルミネーションなども楽しむことができます。

また、変なホテル(という名前のホテルです)では、今まで人がやっていた業務をほとんどロボットがやることで、世界初のとても珍しいホテルでギネスに認定もされました。ロボットなどは男の子であれば気になるもの、子どもの気分を盛り上げてくれること間違い無しです。

スポンサーリンク

彼と子供の仲を縮める上で気を付けること3つ

パパはパパ、カレはカレ!比べさせない

子どもとカレの距離を縮める一番大切な注意点は、別れたパパと今のカレを子どもに比較させないようにすることです。子どもは言って良いこと良くないことの判断がイマイチ付かないことがあり、「前のパパは…」と言ってしまうかもしれません。

しかし、再婚を気にするあまりあなたが「今度のパパはね…」や「前のパパよりも…」と比較する言葉を使ってしまっては子どもも言って良いのだと思ってしまいます。

万が一カレが子どもに言われてもあまりいい気はしないですよね。子どもにとっては血の繋がったパパです。別れてしまっても子どもはパパが大好きなはず。子どもを不安にさせないためにも、比べる言葉は話さないようにしましょう。

環境の変化は子どもも不安!子どものケアをちゃんとする

大好きなパパと離れて生活するようになり、子どもは不思議でたまりません。

離婚や再婚についてある程度理解ができる年齢であれば説明してあげることが一番良いですが、よくわからないうちはただただパパがいなくなってしまって違う男の人が来たという感覚だけでとても不安です。

不安からワガママを言ったり甘えたりすることもたくさんあります。過剰なワガママで無い限りは不安なのだという子どもの気持ちを理解して寄り添ってあげてください。

耳をふさぎたくなる!カレと子どもに別れた相手の愚痴を言わない

離婚をした相手は、確かにあなたにとって良くない相手だったかもしれません。しかし、子どもにとっては唯一無二の血の繋がったパパです。つれて愚痴を聞いて育つと、大きくなるにつれて自分が否定されているようにとらえてしまいかねません

カレも別れた相手の愚痴を聞かれていると万が一自分が別れても同じように言われてしまうのかと思うだけでは無く、一歩間違えばそんな相手の子どもが…と思われてしまうかもしれません。どうせならカレと子どもには仲良くなってもらいたいですもんね。

まとめ

子連れの再婚は普通の結婚と比べて悩まなくてはいけない部分があり、困ってしまいますよね。特に子どもとカレの関係似悩むママも多いのではないでしょうか。再婚を考えているならば、まずは子どもにちゃんと伝えることが大切です。

また、いきなり旅行に行くのではなく事前に顔合わせなど短い時間でも良いのでしておくと子どももカレをちゃんと覚えてくれます。

ゴールデンウィークに距離を縮めるための旅行も良いですが、子どものケアもしっかりとしなければいけません。カレになついてくれて、子どももカレを好きになってくれれば再婚まであと一歩!頑張ってくださいね。

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -