ハーフ顔になりたい方必見!メイクで簡単ハーフ顔に。ナチュラルメイクのやり方とは?

AI_IMG_7801_TP_V

ハーフの顔立ちは日本人とは違い、目鼻立ちがはっきりしていてかわいいと憧れを持っている人は多いのではないでしょうか?芸能人やモデルさんでもハーフの人は多く、ローラやトリンドル玲奈、ダレノガレ明美などなど、きれい&かわいいハーフタレントも多く活躍しています。

ぱっちりした大きな目に高い鼻筋、シャープな輪郭などが羨ましい、自分もそんな顔立ちになりたい、と思っている方!実は、メイク一つで簡単にハーフ顔に近づけることができるんです!そこで今回は、ハーフ顔になるための簡単なメイク方法やポイントをお伝えしたいと思います。ハーフ顔になりたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

日本人顔との違いは彫りの深さだけではない?まずはハーフ顔の特徴を知ろう!

PAK85_lalaokesyounaoshiOL20140321_TP_V

目の色や彫りの深さが違う

ハーフ顔の人ってぱっと見ただけで「日本人離れした顔だな」「雰囲気が違うな」などと周りと違う印象を持ちますよね。その特徴はさまざまありますが、一番大きな特徴はやはり目元ではないでしょうか?パッチリとした二重に目元の深い彫り。これだけで、一般的な日本人の顔よりも濃い顔となり、目鼻立ちのはっきりとした印象になります。

また、外国人とのハーフの人の中には、目の色が日本人とは違う場合もあります。日本人はほとんどが黒や茶色が多いのに対し、青や緑がかった目や黄色っぽい目の色をした人もいます。目の色が違うだけで、一気に日本人離れしたハーフ顔になります。

鼻が高い

白人系のハーフに多いようですが、ハーフ顔のもうひとつの大きな特徴が「鼻が高い」ということです。鼻が高いとシュッとした印象を持たれ、横から見ても顔立ちがはっきりとしますよね。日本人などの東洋系は鼻が低く凹凸の少ない顔立ちが多いですが、西洋系の人たちの顔は、鼻が高かったり彫りが深かったりと、凹凸があることで引き締まった顔の印象になります。

顔が小さい

上記で名前を挙げた芸能人やモデルさんなど、ハーフ顔で美人な人たちはみんな「顔が小さい」ということも憧れを持つ一つの理由だと思います。特にモデルさんは顔が小さいというのはわかりますが、西洋系の人たちは一般の人でも顔が小さい人が多く、それによって顔もシャープに見えますしスタイルも良く見えます。

つまり、目鼻立ちがはっきりしていることに加えて「顔が小さい」ということもハーフ顔に見られやすい特徴の一つになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーフ顔にレッツトライ!ナチュラルなハーフ顔メイクのやり方

PAK86_okesyouhin_TP_V

ファンデーションとハイライトで立体的な小顔作り

ここからは、ハーフ顔に憧れを持つ人のために、ハーフ顔に近づけるためのメイク方法をご紹介します。まず、ハーフ顔を作るためには肌の質感から作ることが大切です。透明感のあるナチュラルな肌質を作れるようブルー系の下地を使い、ファンデーションは厚塗り感が出ないようなものを選びましょう。

そして、メリハリのある小顔に仕上げるためにシェーディングとハイライトを使います。鼻筋の脇やフェイスラインにシェーディングを、おでこと鼻筋のTゾーンと頬骨の高い位置、あごの先にハイライトを入れると、凹凸のある引き締まった顔にすることができます。シェーディングは自分の肌の色より2トーンほど暗い色を選ぶのがおすすめです。

眉は太目に

ハーフ顔で大切なのが眉の太さと位置です。ハーフ顔の人は、日本人顔の人と比べて眉と目の距離が狭いのが特徴です。そのため眉を太目に描いていくのですが、目と眉の距離を狭く見せるために、アイブロウペンシルで眉の下の方に書き足すイメージで描いていくと彫りの深い顔に近づけることができます。最後にパウダーでぼかせば、自然な太眉の完成です。

アイシャドウで彫りを深く

アイシャドウはブラウン系がおすすめ。肌なじみが良く、ナチュラルな仕上がりを目指せます。まず、ハイライトを目頭に乗せていきます。次に薄いブラウンを二重より少し幅広く全体的に乗せたら、次に濃いブラウンを目頭から目尻に向かって濃くなるようグラデーションを入れていきます。

最後に、下まぶた全体にハイライトカラーを乗せていき、黒目から目尻までブラウンをラインのように入れていきます。目頭から目尻に向かってブラウンのグラデーションを作ることで彫りの深い目もとに見せることができ、目尻にもハイライトを入れることで涙袋を作り、目を大きく見せる効果があります。

アイラインとマスカラで目を大きく

目を大きく見せるためにアイラインは、極細タイプのリキッドタイプがおすすめです。まず、まつげとまつげの隙間を埋めるように丁寧にアイラインを引いていきます。この時、上まぶた、下まぶた共に目頭の際までラインを引き、「く」の字になるようにくっきりラインを入れていきましょう。

下まぶたもまつげの間を埋めるようにラインを引きます。この時、下まぶたの外側ではなく粘膜部分に引くことで自然なラインを入れることができます。上まぶたと下まぶたの際部分は特に、極細ラインで囲むことで自然なくっきりとした目ができます。

さらに、ハーフ顔に欠かせないボリュームまつげは、ビューラーで自然なカールを付けるようにしっかりと上げます。上のまつげはボリュームと長さを出すように付けますが、下まつげは長さを意識し、べっとりと付けないようにしましょう。最後にコームで整えると自然な仕上がりになります。

ノーズシャドウとハイライトで鼻筋を高く

鼻を高く見せる際に欠かせないのがノーズシャドウです。ノーズシャドウは目頭と眉間の間の部分のみ、指先ほどの範囲をマットなベージュで色を入れましょう。この範囲が広すぎたり、鼻の横全体に入れてしまうと、いかにも不自然な仮面顔になってしまうので要注意です。

また、ハイライトはTゾーンとあごの先に入れます。Tゾーンはあまり広く入れすぎると顔が大きく見えてしまうので、眉間の上あたりから鼻筋まで入れ、おでこ全体や鼻の頭まで入れることは避けましょう。さらにあごの先にも少し入れます。骨格の高くなっている部分に乗せるイメージで入れると自然な小顔効果が期待できます。

リップとチークの色は揃える

チークは頬骨の高くなっている部分からこめかみに向かって入れましょう。上記と同様、骨格の高い位置にチークを入れることで、立体感が出てハーフ顔に近づけることができます。また、ハーフ顔を目指すにはチークとリップの色を揃えるのが基本です。バラバラの色にしてしまうとハーフ顔から遠ざかってしまうので、統一感を出すようにしましょう。

カラーコンタクトを入れる

日本人離れした印象をもたれる一番の特徴とも言えるのが目の色です。日本人の瞳は黒や茶色が大半ですが、カラーコンタクトを使って青や緑、黄色系の瞳にするだけで一気にハーフ顔に近づけることができます。様々なカラーがあるので、なりたい雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

濃すぎると劇画のよう…タイプ別ナチュラルなハーフ顔を作る上での注意点とは?

PAK0I9A7910_TP_V

くっきり美人ハーフ顔

深い彫り、パッチリとした大きな目、高い鼻筋などがくっきり系美人ハーフの特徴ですが、くっきり美人ハーフを目指したい人に一番注意してもらいたい点は、メイクを濃くしすぎないことです

目元のアイシャドウを濃く広く入れすぎるとパンダのようになってしまいますし、アイラインを濃く描き過ぎたりノーズシャドウを入れすぎると、クレオパトラのようないかにも人工的な不自然なメイクになってしまいます。自然な目元を作るには、ブラウン系のアイラインやマスカラを使うこともオススメです。

・おすすめのメイクアイテム「ラブドロップス ティアベイビー ビューラーブラウンマスカラ」¥1,620

深みのあるブラウンで、ナチュラルにボリュームのあるまつ毛に仕上げることができます。涙や汗にも強く、長いメイク持ちが可能。お値段もお手頃なので試しやすいですね。

・おすすめメイクアイテム「ケイト フォルミングエッジアイズ」¥1,512

理想のくっきりした目元が簡単に作れるアイシャドウ。くっきり美人ハーフ顔を作りたい方には欠かせないアイテムです。奥行きのあるクールな目元を作ることができます。

色素薄い系ハーフ顔

色薄い系ハーフ顔というのは、上記のようなくっきりとしたハーフ顔メイクではなく、透き通るような白い肌に薄い色の瞳など、最近人気を集めているハーフ顔メイクです。色素薄い系ハーフの特徴はなんといっても白い肌!青系の下地を使うのがおすすめです。また、アイメイクやノーズシャドウなどもよりナチュラルに仕上げるのがポイントです。

・おすすめメイクアイテム「セザンヌ UVウルトラフィットベースN 01」¥734

白人のような透き通った白い肌を作るには、ブルー系の下地を使って黄色味を抑えるとナチュラルな白肌を作ることができます。サラッとしていて伸びもよく、コスパも良い点がおすすめです。

韓国オルチャン系ハーフ顔

最近注目を集めているハーフ顔の一つにオルチャン顔もあります。韓国アイドル風のハーフ顔を目指すには、大きめの淵のカラーコンタクトを使い、クリッとした大きな黒目を作りましょう。ただし、余りにも大きいカラコンを使うと白目のないエイリアンのようになってしまうため、自分の目の比率にあった大きさのものを選びましょう。

・おすすめメイクアイテム「フレンチスリーカラーブラウン」¥1,580

芸能人も愛用しているというカラーコンタクトでカラーも豊富です。自然に瞳に溶け込むデザインで、ナチュラルなオルチャンハーフ顔になれます。オルチャン顔を目指すならブラック、ブラウン、グレーなどの暗い色を選ぶのがおすすめです。

まとめ

ハーフ顔といっても様々な種類があり、それぞれ違った特徴があるようですね。自分好みのハーフ顔やなりたいハーフ顔は見つかったでしょうか?日本人でも簡単にメイクだけでハーフ顔を作ることができ、いつもと違った雰囲気の自分を作り出すこともできるんです。オシャレの幅も広がって、メイクが更に楽しくなりそうですね。

ハーフ顔メイクは、濃くなりすぎないように注意すれば、だれでも簡単にハーフ顔に近づけることができます。ぜひみなさんも憧れのハーフ顔を目指してメイクをしてみてくださいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -