初詣デートに行こう。おすすめの横浜の神社仏閣7選!参拝時に役立つマナーとは?

IMG_0251

お正月は彼と一緒に初詣に行きたい!でも、お詣りだけじゃないデートを楽しみたい…。そんなあなたにおすすめしたいのが、横浜の神社仏閣と名所や名物を巡る初詣デート。デートスポットには困ることの無い横浜にも、初詣に行ける神社やお寺がちゃんと在るんですよ。

昼も夜も美しい風景、美味しいグルメ、更には最先端のアミューズメントも楽しめてしまう横浜。港町の異国情緒を味わいながら、日本の心も感じられる素敵なデートを計画して、彼をびっくりさせちゃいましょう!

スポンサーリンク

デートにぴったりのお洒落な街、横浜…初詣の行先を選ぶポイントは?

PAK99_datesuruhutari20140301_TP_V

折角横浜に行くなら1日デートを楽しみたい!初詣を組み込んだデートプランを考えよう!

海上貿易の要ならではの異国情緒最先端の流行が入り混じる街、横浜。この街に初詣に行くのなら、お詣りだけではないデートを計画しなければもったいないですよ。朝から夜まで過ごしても飽きる事は無いですから、彼と2人で横浜を味わい尽くしましょう。

ショッピングデートでも食べ歩きデートでも、ただ散歩しながらのデートですら十分に楽しめてしまいます。寒さを理由にいつもよりも彼との距離を縮めて、甘い1日を過ごしてみて下さい。

祈りたいのはどんな願い?ご利益で選ぶ横浜の神社仏閣

神社やお寺にはそれぞれ得意分野があります。

女子としては気になる縁結び結婚運、子授けや安産、出世運、金運etc…。もしも気になるご利益が有ったら、是非そちらにお詣りに行ってみましょう。自分だけでは決められないなら、彼の悩みに合わせたご利益で選んでも良いですね。

八百万の神が棲む日本。聞き届けてくれる願いも神様仏様によって様々で、更には神仏と人との間にも相性が有ったりするんです。

もしも直感的に行きたい神社仏閣が見つかったなら、あなたはそこの神様に呼ばれているのかもしれません。そんな時は迷わずに、これも何かのご縁と考えてお詣りしてみましょう。

年末年始は特に要チェック!周辺デートスポットの営業時間

初詣デートを計画する上で確認しておくべきは、行きたいお店やデートスポットの営業日程と時間です。観光地化された所はお正月こそ賑わったりしますが、小さな個人店ではお休みしている可能性もあります。

がっかりな思いをしない為にも、事前に良く調べてからデートに行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜に初詣デートに行くなら?備えておきたいアレやコレ

DSCF5767_TP_V
https://www.pakutaso.com/20160338061post-7109.html

海が近い地域は風の冷たさが想像以上。初詣におすすめの服装や持ち物

横浜は南関東だから寒さも大したことないだろうと油断していると、予想外の寒さに凍えてしまう事になりかねませんよ。何せ海辺の街ですから、その日の天気によって、屋外では強い風が吹き荒びます。

風をしっかりガード出来るように、寒さ対策を怠らないようにしましょう。和服で行くなら着物の下にヒートインナー等を着込んで、着膨れずに暖かさを得られる方法を考えて下さいね。

ヘアスタイルはアップヘアなどにしてまとめておけば、風に吹かれた髪の毛にグロスがベッタリなんていう悲惨な事態も避けられますよ。

横浜散策をしていると、気付くとかなりの長距離を歩いている時が有ります。ヒールのある靴を履いていきたいなら、靴擦れ対策の絆創膏を用意しておくと安心です。末端冷え性の人はカイロも忘れず持っていきましょう。

電車なら二人でお酒も楽しめて、車ならドライブデートを楽しめる!

目的地には何で行こうと考えていますか?

電車でも車でも交通の利便性の高い横浜ですから、メリットを見て考えても大丈夫です。

2人でお洒落なバーやラウンジでお酒を楽しみたいなら電車やバスが都合が良いですし、車を出せば景色を眺めながらのドライブデートを楽しめます。

デートプランに合わせたアクセス方法を考えましょう。

行きたいお店の営業時間は大丈夫?拝観時間との兼ね合いも

行きたいお店が営業していることを確認したら、神社仏閣の拝観可能時間と参拝する為の所要時間も今一度確認してみましょう。お正月は終日開門している所もあれば、儀式のためにいつもとは違う時間帯で開門している場合などがあります。

横浜での初詣デートを隈なく楽しむために、様々な場面において時間の確認は忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気になる周辺デートスポット情報も!大好きな彼とお詣りしたい横浜の神社仏閣7選

 a0070_000129_m
http://www.ashinari.com/2014/03/13-386930.php

横浜を開港の頃から見守る『関東のお伊勢さま』 -伊勢山皇大神宮【いせやまこうたいじんぐう】-

伊勢山皇大神宮は、横浜が開港されるに当たり、この地の日本としてのアイデンティティーを保つために創建された、三重の伊勢神宮内宮と同じ神様を祀る神宮です。

その御祭神の御名は天照大御神という、天皇家の祖先神であり太陽の恵みたる、まさに日の本の国を象徴する神様です。

そのご神徳は全ての生命の誕生から生成発展を司り、恵みをもたらしてくれるという偉大なもので、伊勢山皇大神宮は縁結びはもちろん、あらゆるパワーが受けられる横浜でも指折りののパワースポットとしてその名を誇っています。

この伊勢山皇大神宮、神社としての壮麗さもさることながら、みなとみらい駅から徒歩15分という好立地で、境内からはランドマークタワーが望めます。

横浜を散策しながら初詣をするのなら、是非お詣りをおすすめしたい神社です。

伊勢山皇大神宮

所在地 …神奈川県横浜市西区宮崎町64番地

アクセス…桜木町駅より徒歩10分、日ノ出町駅より徒歩10分、みなとみらい駅より徒歩15分

海が穢れを洗い流し、豊かな幸せをもたらしてくれる -瀬戸神社【せとじんじゃ】-

瀬戸神社が鎮座する金沢地区は金沢八景と呼ばれる景勝地です。現在は開発によりその光景も近代化しつつある中で、瀬戸神社にはかつての面影を思わせる自然が今もなお多く残っています。

瀬戸神社の瀬戸とは、潮の干満の度に内海の海水が渦を巻いて出入りする小さな海峡を指します。その瀬戸が罪や穢れを流す神聖なものであると考え、この地に神様を祀った事が瀬戸神社の起源とされています。

元旦の午前0時には「鶏鳴神事」という、鶏の鳴き声を上げて幸福な新年の夜明けを祈願する行事が行われます。魔を払う鶏の声を聞けば、晴れ晴れとした清浄な気持ちで初日の出を迎えられそうですね。

瀬戸神社

所在地 …神奈川県横浜市金沢区瀬戸18-14

アクセス…京浜急行 金沢八景駅から徒歩2分。

大盛況の夏祭りが有名な、広大な敷地と建物の荘厳さに圧倒されるお寺  -曹洞宗大本山總持寺【そうとうしゅうだいほんざんそうじじ】-

横浜市鶴見区の總持寺は曹洞宗の大本山であり、広大な敷地に荘厳な大伽藍をはじめとした多くの諸堂が建ち並ぶ、国際的な禅の根本道場とも云われる大きな寺院です。

この總持寺、普段は沢山のお坊さんが厳しい修行に励まれているのですが、その姿からは想像が出来ないほど夏祭りのはじけ方がすごい事で有名なのです。

公式サイトでは法話の動画も公開されていたり、若い人にも受け入れやすく仏の教えを説いてくれる、温故知新を体現するお寺です。

大晦日からお正月にかけては、参道に沢山の露店が軒を連ねるので、賑やかな雰囲気を楽しめます。境内が広く混雑具合も程々なので、ストレスが少なくお詣りが出来ますよ。

鶴見は夜景の名所が多く、車移動ならお詣り前や後に夜景を観に行くデートプランもおすすめです。彼と2人でロマンチックな時間を過ごしましょう。

曹洞宗大本山總持寺

所在地 …神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1

アクセス…JR鶴見駅から徒歩約7分、京浜急行 京急鶴見駅より徒歩約10分。

     年末年始は近隣の駐車場を利用。

元旦には良縁を祈る新春大祈祷会が開催! -徳雄山 建功寺【とくゆうざん けんこうじ】-

鶴見区馬場にある建功寺は、四季折々の自然に囲まれた曹洞宗の寺院です。普段は厳かで静謐な空気が漂うお寺ですが、大晦日には「萬燈除夜の鐘」、元旦には「新春大祈祷会」が催され、賑わいを見せます。

「萬燈除夜の鐘」は大晦日の除夜の鐘を鳴らす約2時間の間、建功寺境内の竹林に囲まれた鐘楼堂で、竹とロウソクによる無数の灯りが境内を照らし出し、参拝者を幽玄の世界にいざないます。

明けて元旦には「新春大祈祷会」が行われ、新しい年の始まりに良縁を結び、国家安穏、五穀豊穣、参拝者の無病息災や諸縁吉祥を沢山のお坊さんが祈ります。分厚い経巻を見事な手さばきでめくる様にして読むのですが、その経巻が起こす風が災いを払い福を呼ぶと云われています。

新年は彼との縁が更に深まる事を願って、建功寺にお詣りしてみてはいかがでしょうか。

徳雄山 建功寺

所在地 …神奈川県横浜市鶴見区馬場1-2-1

アクセス…菊名駅からバス約10分、西寺尾建功寺前停留所 下車後 徒歩3分

     無料駐車場有(49台)。

神様の使いはお猿さん。横浜開拓の守り神 -お三の宮日枝神社【おさんのみやひえじんじゃ】-

横浜市南区に鎮座するお三の宮日枝神社は、縁結びを始め様々なご利益を授かれるという、地元の方々に崇敬される神社です。

秋祭りは「かながわのまつり50選」にも数えられ、盛大な賑わいを見せますが、どちらかと言うと小さめの神社なので、落ち着いた雰囲気の中で初詣をしたい方におすすめのスポットです。

日枝神社の神様の使いは「神猿(まさる)」という名のお猿さんで、お守りや御朱印帳にも可愛らしいお猿さんがあしらわれています。縁(猿)結び勝負に勝る(神猿)、ありがたいお猿さんなのです。

また横浜市南区には公園が多く、横浜の夜景をゆったり眺められる夜景スポットがたくさん有ります。都市部の喧騒から少し離れ、静寂の中で眺める街の光も良いものですよ。

お三の宮日枝神社

所在地 …神奈川県横浜市南区山王町5-32

アクセス…横浜市営地下鉄線吉野町駅徒歩3分、または京浜急行線南太田駅徒歩5分。

     近隣の駐車場の利用推奨。

横浜駅にも好アクセス。「がまんさま」が力強くて可愛らしい -菊名神社【きくなじんじゃ】-

東急東横線とJR横浜線が交わる菊名駅から徒歩3分、駅前通りを抜けて住宅地方面に歩くと見えてくる菊名神社。菊名の総鎮守として地元の方々から親しまれる、アットホームで落ち着いた雰囲気の漂う、こじんまりとした神社です。

この菊名神社には「がまんさま」と呼ばれる鬼の石像が4体いらっしゃって、手水鉢の4方を支えています。長い間、同じ仕事に飽きる事なく手水鉢を支えるがまん強い姿から、努力・忍耐こそが開運を招くという事を私たちに諭して下さいます。

小規模な神社ながらも、お守りの種類も多く、お詣りすると清々しい気持ちになれる素敵な神社です。

電車でも車でも横浜駅に行きやすく、交通アクセスは抜群。

人混みにまみれての初詣が苦手な方におすすめです。

お三の宮日枝神社

所在地 …神奈川県横浜市港北区菊名6-5-14

アクセス…東急東横線・JR横浜線 菊名駅東口から徒歩3分。

     無料駐車場有(7台)。

サッカー好きの彼と初詣に行くなら是非! -師岡熊野神社【もろおかくまのじんじゃ】-

横浜北部の総鎮守、師岡熊野神社。横浜の祈願所、関東随一大霊験所、関東屈指のパワースポットと崇められる、由緒正しき熊野社です。

境内のみならず周辺にも自然が多く残り、のどかな空気に癒される空間が広がっています。

熊野神社の社紋は八咫烏という三本足の烏で、神武天皇を奈良の橿原まで案内したと云われ、導きの神として信仰されています。

この八咫烏、サッカー日本代表チームのシンボルマークにも採用されているのです。そして八咫烏を社紋とする師岡熊野神社は、日韓共催ワ-ルドカップのメイン会場となった日産スタジアムのある横浜北部の守り神。

そのご縁から、師岡熊野神社では日本サッカー協会公認のサッカー御守が領布されています。

もしも彼やあなたがサッカー好きなら、是非とも師岡熊野神社へ初詣に行く事をおすすめいたします。

師岡熊野神社

所在地 …神奈川県横浜市港北区師岡町1137

アクセス…東急東横線 大倉山駅から徒歩8分。

     無料駐車場有(約30台)。

美しい仕草を彼に見せるチャンス。参詣時のマナーを予習しておこう

IMG_0179
http://girlydrop.com/event/4908

神様に失礼の無いように、清らかな気持ちでお詣りしよう

神社や仏閣は神聖な存在が鎮まる聖域です。大好きな彼とのデートで浮足立って、礼儀を忘れてお詣りをしては、受けられるご利益も何も無くなってしまいます。

楽しい時間を過ごすことも大切ですが、節度を保ち、姿勢を正して初詣ができるように意識しましょう。

ジェンダーフリーがもてはやされる時代でも、女性らしい淑やかな所作は人を惹き付けるもの。参拝時のマナーや作法をしっかりと予習して、昨年とは一味違うあなたを彼に見せてあげましょう。

初詣の時に覚えておくべきマナーや作法〈神社編〉

境内に入る前にまず衣服の乱れを整え、軽くお辞儀をしてから鳥居をくぐります。

参道を歩く時は中央より端に寄って歩きましょう。中央は神様の通る道なので、空けておかなければなりません。

手水舎に着いたら、穢れを清めましょう。柄杓で水を汲み、左手、右手、口、左手、柄杓の柄の順番ですすぎます。次に使う人の為にも、柄杓の柄は必ず洗い流しましょう。エアータオルなどはもちろん無いのでハンカチは必携です。

拝殿前に着いたら、お辞儀をしてからお賽銭箱に小銭を入れます。ほとんどの神社は「二拝二拍手一拝」の所作で拝礼しましょう。手を打つ時は、少しずらして拍手を打ち、その後手の平を合わせます。

願を掛ける時は、二拝二拍手の後に、住所と名前、神様にご挨拶とお礼、願い事を心の中で唱えます。その後一拝して、後ろに並んでいる方に場所を譲れるよう場所を空けましょう。

境内の散策は拝殿へのお詣りを済ませてからにしましょう。神様へのご挨拶を最優先です。

神社から出る時も参道の中央は避け、鳥居をくぐる前に境内に向かってお辞儀をしてから外に出ましょう。

初詣の時に覚えておくべきマナーや作法〈お寺編〉

お寺にお詣りする時も、基本は神社と同じです。まずは山門前で身なりを整えお辞儀をして、敷居は踏まずに跨いで入りましょう。参道は中央を避けて歩き、手水舎で穢れをすすぎ流します。

本堂に着いたら、お線香をあげられる場所が有れば献香しましょう。お線香の火を消す時には、息で吹き消さずに手であおぐようにして消します。

それからお賽銭箱にお賽銭を入れ、合掌します。ここで間違えて拍手を打ってしまう事が有りますが、お寺では拍手は打たないようにしましょう。

そしてそのお寺の宗派やご本尊に則った文言を唱えます。唱えるべき文言を見える場所やパンフレットに書いてくれている親切なお寺もあります。拝礼を終えたら、一礼をしてから場所を空けましょう。

お寺の散策も、ご本堂への参拝を済ませてからにしましょう。

まとめ

横浜のおすすめ初詣スポットやデートスポット、覚えておきたい知識やマナーについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。横浜を今までとは少し違う目線で、楽しめそうですか?

宗教観の薄い事で有名な日本ですが、信仰が生活に根付いているからこそ、普段は気に留める事が少ないのかもしれません。横浜のような近代化した都市でも、神仏はその地に鎮まり静かに見守っています。

日本古来より続く信仰は礼に始まり礼に終わる、全てのものへの感謝を形にしたものです。

初詣デートで心の淀みを洗い流し、これからも彼と末永く仲睦まじく過ごせるよう、いつでも感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -