生きるのに疲れたら…6つの癒しスポットへ!気軽に相談できる電話占いもオススメ

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

生きるのに疲れてしまった…あなたは今そんな思いを抱えているのではないでしょうか?

悩みのない人はいない!というけれど、八方ふさがりで、にっちもさっちも行かないような状況だと、生きている意味を見失いそうになることがあります。

もう人生を終わりにしたいと思っているのなら、一度日常のしがらみから離れて癒しスポットに出かけてみませんか?ちょっとした行動で心の重石は軽くなることがあります。すでに出かける気力もない場合には、家にいながら悩みを打ち明けられる電話相談や電話占いなどもおすすめです。

今は孤独で辛くても、現状から脱する方法や助けになってくれる人はきっと見つかります。まずは、頭から離れなくなっている不安な気持ちを切り替えるために、一歩踏み出してみませんか?

スポンサーリンク

生きるのに疲れたら、自分に優しいを生活を

6030935062_5e66f365f9_z
photo by Kendra Miller

どうしたらよいかも分からない不安とストレス

あなたは今、どんな状況ですか?

  • ●お金がなくて生活がままならない
  • ●仕事をしても役にたっていない
  • ●買い物や宅配便の人としか会話がない
  • ●他人に迷惑ばかり掛けている
  • ●希望を持つコト自体、出来ない状況にいる
  • ●周りに誰もいない
  • ●明日以上の未来が見えない

頭に浮かぶのは『疲れた』『どうしていいのか分からない』という言葉ばかり。不安と孤独から強いストレスを感じているのではないでしょうか?

頭と心はぐちゃぐちゃで、目標だとかやりたいことなんて思いつかず、そもそも何から手をつけたら良いかも分からない状況かもしれませんね。

そんな状況ではストレスから体の調子も悪くなり、生きるのに疲れて『死にたい・消えたい』と思い続けるようになってもおかしくありません。

周りに支えてくれる人を見つけられない孤独感

こういった気持ちを共感して寄り添ってくれる家族や友人がいると、自分の気持ちを吐き出すことが出来るので、ストレスを抱えていても何とかやっていけるものです。信頼できる人がそばにいて話を聞いてくれることが、支えになってくれるのです。

でも、話せる相手がいても、全く理解や共感が得られない場合だと、強い孤独感を感じることになります。

不安を口にしても『そんなのたいした事ないじゃない?』『○○すれば解決するよ!』『私の方がもっとツライんだよ』という返事をされる事がありますが、こちらの悩みを軽く扱われてしまうと、せっかく相談しても理解されない苦しさから孤独を感じることがあります。

もし、話す相手すらいない状況では、誰にも必要とされない孤独、満たされない寂しさ、自分の不安を吐き出せないので頭がぐちゃぐちゃとなり、生きる意味が分からない最悪な状況になってしまいます。

休息をとって、考えることをお休みしてみては?

生きるのに疲れているのなら、ちょっと休んでみませんか。

今この記事を読んでいるあなたは、何かに我慢していたり、意識しなくてもずっと不安なことを思い描いているから、頭と心が疲れ果ててしまっていますよね。

自分の存在意義を考えたり、なんで人間関係が上手く築けないのだろうと悩んだり、何のしがらみもなく死ねたら楽なのに、などと思ったり、すでに頭をフル回転して頑張っているはずです。

  • ●働かなきゃいけない
  • ●お金を使ってはいけない
  • ●人付き合いをしなければならない
  • ●離婚はできない
  • ●親と縁を切るなんて出来ない

そんなことはないのです。

世間様には、そんなちゃんと生きている人ばかりではないですよね?働かないで生きている人はいます。借金しながら生活している人もいます。人付き合いはいたしません!と、ひとりでなんでもしちゃう人もいます。離婚はもはや特別ではありません。親と縁を切っている人もたくさんいます。

そんな生活をオススメするわけではありませんが、考え方は柔軟でもいいと思いませんか?ある意味、考えるのをやめて、あきらめがつくと楽になるのが人生です。

ちょっと楽をしてもいいんです

筆者の経験上、“毒”と言われる親や親戚と縁を切ったら気持ちも生活も楽になりますし、一人では生きていけないだろうと思われていた親や親族もなんだかんだで生きています。ストレスから自分の体を壊したとしても、どうにかなっています。

“どうにでも”はなりませんが、“どうにか”はなるものです。

生きるのに疲れているのは、それだけ頑張っているということです。そんな自分を癒すのはそんなに悪いことですか?楽をするのは悪いことですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体の癒しスポット3選

dd3aada9b8401c20f849e14042378dfa_s

マッサージをしてもらう

心が疲れているときには、体くらい優しくしてもよいのでは?

心地よいマッサージは、緊張しっぱなしの体と心をほぐしてくれます。顔やデコルテのエステでも良いですし、10分単位で施術してくれるような気軽に入れるマッサージ店でも良いでしょう。個人的には、街角の整骨院などもおすすめです。

マシンでのマッサージよりも、人の手で揉みほぐしてくれるところの方がより効果があります。やはりプロのマッサージ師は、的確に体の悪いところを見抜いてくれますし、たとえマッサージであっても人の手が触れると安心感を覚えてリラックスすることが出来ます

ヨガ教室に行ってみる

ヨガ教室が癒し?生きるのに疲れてるのに習いごと?

そんな風に思うかもしれませんが、ヨガは元々心身の鍛錬のために行われていた修行の一つです。今はダイエット目的のイメージが強いのですが、本来ヨガは“浄化”をするのが目的ですから、生きるのに疲れているときにはぴったりです。

ハードルが高いと感じるかも知れませんが、基本的に呼吸とポーズを習うもので体力などは必要ありませんし、習っているときには他の人との会話はありませんので気をつかう場面も少ないものです。

ヨガは自律神経やホルモンに影響があり、どちらも整ってくることが分かっています。経験上、続けていくと、頭の中のぐちゃぐちゃしたものがすっきりとしてくるのが感じられます。これも、自律神経などが整って、心が落ち着いてきた効果なのでしょう。

DVDなどを見ながら一人ですることも出来ますが、最初は先生からのアドバイスをもらいながら始める事をおすすめします。

露天風呂の温泉にのんびり浸かる

毎日不安やストレスにされされていると、つい「自分なんて…」という思考になりがちです。そこまではっきりと自覚していればいいのですが、“自分はツライ環境にいてもいい存在=自分はダメな人”と、無意識に自分の存在を軽く見てしまうようになります。

そこで、ゆったりと広い露天風呂に入るのはいかがでしょうか?

開放感のある温泉に浸かると、心まで解放されるのを感じられるはず。ゆったりとした時間と空間を贅沢に使って、自分を大切にすることを思い出してみてはいかがでしょうか?温泉の効果で、力の入り続けた体を芯まで温めて、リラックスした状態に戻してみましょう。

自分は大事にされてもいい存在なんだと思い出すことは大切なこと。そのきっかけ作りに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本各地のパワースポットで心を癒そう

e56670f5169c6b5d431342d8679fcac9_s

宮崎県「高千穂峡」

そこに行けば不思議な力で癒されるというパワースポット。世界中にたくさんありますが、ここ日本にも強い効果があるパワースポットがあります。

例えば、宮崎県にある天然記念物の峡谷『高千穂峡』は7キロも続く断崖の谷で、観光地としても有名な場所です。遊歩道を歩きながら眺める事もできますが、貸しボートで渓谷の下から見上げる絶壁もまた荘厳です。

高千穂峡のシンボルにもなっている『真名井の滝』は日本の滝100選の一つです。17メートルの高さから落ちる水は、その風景とあいまって神秘的に感じられます。

ここ周辺は神話の里と言われるくらいに、日本神話にゆかりのある場所が多く、パワーの強い場所として有名です。マイナスイオンでの癒し効果もあるので、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

三重県「伊勢神宮」

日本でパワースポットと言えばここ!と言うくらい有名でパワーの強いとされる『伊勢神宮』。

「外宮」「内宮」と2つのエリアからなる伊勢神宮は、それぞれトヨウケノオオミカミとアマテラスオオミカミを祀っています。伊勢神宮には125の神社がありますが、その神社以外にも、樹木や石などいくつものパワースポットがあり、多くの人が訪れています。

  • ●四至神
  • ●三石(川原祓所)
  • ●亀石

これらの有名なパワースポットだけではなく、苔むした巨木や荘厳な社殿を見ているだけでも癒されるのを感じられるのではないでしょうか?

静岡県山梨県「富士山

日本一の山、富士山もパワースポットとして人気があります。

山頂に浅間大神があり、昔から霊峰とされています。青木ヶ原樹海の中にある富岳風穴や湧水池である忍野八海、そして浅間神社などいくつかのパワースポットがありますが、そもそも自然のもつ癒し効果をパワーと考えて、富士山自体がパワースポットと言う考え方もあります。

出掛ける気力がないなら、電話相談や電話占いも

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s

生きるのに疲れたら、体も動かなくなる

「人生に疲れた…」と、心の疲れ感じる人の中には、外に癒しを求める気力すらない場合があります。この記事を読んでいる方の中にも、家の中でも動けないという人がいるのではないでしょうか?

心が疲れると体が重く感じて動かなくなってきます。家事をするのも一苦労、ひどくなるとゴミを捨てることすら出来ないくらいに体が動かなくなってしまいます。

動かないだけでなく、実際に体に変調をきたし、そのまま病気になってしまうことも…。

ストレスが原因の病気としてうつ病はよく知られていますが、その他にも心身の様々なところに影響が出てしまいます。

そうすると外へ出ることが難しくなり、余計に孤独を感じる悪循環に陥ってしまいます。

辛い気持ちを聞いてくれる人はいる

身も心も辛いときにはどうすれば、よいのでしょうか?

頼る人が身近にいなかったり、そもそも人に頼ることに慣れていないと、自分一人で解決しようとしたり、死を考えたりする場合が多いのではないかと思います。追い詰められた時の気持ちが、死ねば楽になるという方へ向かうことはむしろ当然の流れかも知れません。

でも、その前に『電話相談』という方法をとってみませんか?

自分では八方ふさがりだと感じるような状況でも、第3者の客観的な視点で見ると解決方法が何か見つかったり、専門家だから知っている方法などがあるかもしれません。

【よりそいホットライン 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター】

http://279338.jp/yorisoi/

【いのちの電話 一般社団法人日本いのちの電話連盟】

http://www.inochinodenwa.org/soudan.php

【こころの健康相談統一ダイヤル 厚生労働省】

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000117743.html

このほかにも、相談できる窓口はいくつもあります。自分の気持ちや状況を話していくうちに、頭の中が整理されて、解決に向かう糸口を見つけることが出来る場合もありますし、専門家から公共の福祉や法律的なアドバイスをもらえることもあります。

どう話せば良いか分からない場合でも、きちんと対応してくれますし、どうしても電話で話せない場合は、インターネット上での無料相談を使ってみてはいかがでしょうか?

気軽に相談できる電話占いも

無料相談はありがたいけれど、人に迷惑を掛けている感じがして相談しにくかったり、なんだか大げさすぎて自分の悩みを相談するにはちょっと…という場合には、電話占いを利用してみるというのはいかがでしょうか?

占い師の方は、これまでにたくさんの悩み相談を受けてきていますのでカウンセラーとしての経験が豊富です。占い師としてプロというだけでなく、いわば悩み相談のプロでもあるわけです。

さらに、それぞれの占いで状況を冷静に判断したり、これから先の見通しを話してくれます。見通しが立つ分、楽になるのではないかと思います。

もちろん占いがすべてではありませんが、一人では見えなかった事への気付きになったり、自分のツライ気持ちが変わるきっかけにはなるはずです。公共の相談窓口よりも気軽に相談できる場所として利用するのはいかがでしょうか?

まとめ

人生に疲れて、生きることにも疲れてしまったら、「自分に優しく」しても良いんだ、という事を思い出してみてください。孤独や不安の中で一生懸命になっているので、少しくらい自分に甘くなってもよいのではないでしょうか?

そのためには、一人で閉じこもるよりも「癒しスポット」を訪れたり、家から出たくない場合は「電話相談・占い」を利用したりして、現状を変えるきっかけを見つけるために少しだけ動いてみることをオススメします。

自分を否定せず、頑張っている自分を認めて、すこしでも生きることが楽になると良いですね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -