ハーブ・スパイスの人気3種類を紹介!チキンなどの定番レシピで上手に使おう

料理に欠かせないハーブスパイスにも多くの種類があります。その中でもポピュラーなものを今回はご紹介していきます。素材との相性も知ったうえで、美味しさのアクセントにして頂ければと思います。ちょっとした知識を持って料理に取り入れるだけで、効果も絶大です。お好みの料理にハーブスパイスを添えて、ワンランク上の仕上がりを目指してみてください。

スポンサーリンク

ハーブスパイスの正しい使い方について

4779100377_41337feace_z
photo by F_A

身近な存在になったハーブ・スパイス

最近はスーパーに行けば簡単にハーブやスパイスが手に入るようになりました。数多くのハーブスパイスが販売されていますが基本的に、良く使われているハーブスパイスをご紹介します。

そもそもハーブスパイスとは、食欲増進や消化吸収を高めるために料理に使うことが基本的な目的です。代表的なハーブスパイスを普段から常備しておいて、美味しい料理作りに役立ててください。これまでハーブスパイスを使ったことはない!という方でも、意外と外食で口にしているかもしれません。ハーブスパイスを使うと断然、味が変わります。是非ともお試しください。

ハーブスパイスを料理に使うことで3つの効果が得られます。なんとなく香りづけのために、ということだけでこれまでは使っていた人も、少しだけ視点を変えて考えながら使うとさらに、美味しい料理作りに繋がっていきます。そもそも料理に対してハーブスパスは「香り」「辛味」そして「彩り」を加える役割があります。実際に香りが高くなることで食欲が増します。肉や魚の臭みが苦手な人でもハーブスパイスをうまく使うことで、ますます、食欲増進に繋がるのです。

料理に切れ味を付けたいという人には辛味付けで料理をワンランクアップさせてみてください。ただやみくもい辛い料理というよりも、ハーブスパイスを使うことで、鼻にツンと抜けるような独特な辛みやピリリとした辛味など、ハーブスパイスによっては種類が色々とありますので、お好みによって使い分けられるようになれば上級者です。最初は一種類だけでも、ハーブスパイスを使ってみて、味を確かめてみてください。




代表的なハーブスパイス3種

〇ガラムマサラ

カレー作りには欠かせない辛味成分を含んだハーブスパイスです。インド料理には絶対に入っているガラムマサラは一般的にいつもの料理にも使えます。とにかく香りが高いので一振りするだけで料理の美味しさを引き立てます。そもそも、ガラムマサラにはチリペッパーやクミンというハーブがミックスされているのです。あらかじめ調合されているものを準備しておいて料理の下ごしらえに使うと便利なものです。本格的なインド料理には欠かせないハーブスパイスです。

お子様が居る家庭の場合には、カレーは甘口になってしまいます。そこで卓上でもガラムマサラを置いておくと鍋を別にして作る必要はなくなるのです。これは便利です!いつもの甘口カレーが一瞬で大人のカレーに変身します。ガラムマサは本当にインド料理が大好きで本格的なハーブスパイス愛好家の人には絶対に欠かせないものです。

〇シナモン

シナモンの香りは独特です。お菓子作りにはまず欠かせないハーブの一つですよね。例えばアップルパイ作りに一振りするだけで、お店の味に一歩近づけますよ。そして飲み物にもシナモンパウダーを少し入れるだけで、お砂糖を入れなくても甘さを感じられるという効果が得られます。香りを楽しみながらお茶を楽しむためのシナモンは有名です。特徴的な香りでお菓子や飲み物を一味深いものに仕上げてくれます。

シナモンはクスノキ科のものです和名で書くと「肉桂・桂皮」と表現ひて漢方薬としても役に立つものなのです。一般的にはお菓子作りのスパイスとして、広く知られているのです。甘味に加えてほのかな辛味が待剤合う絶妙な味わいですので美味しさを倍増さえるという効果があるのです。

〇バジル

肉料理や魚料理を問わず様々な料理に使い勝手の良いハーブスパイスです。とにかく爽やかさが絶品のハーブスパイスです。様々な料理に使われるようにんっています。この香り成分には、活性酸素を抑え込むという効果があるのです。

そのうえ免疫を高める作用もあるというので、日々の健康管理のために取り入れている人も多いようです。爽やかな香りは咳がひどいときや鼻づまりのときにも効果があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理に効果的に使うハーブスパイスをご紹介

2903017140_5a1ffbbce7_z
photo by Yuko Hara

美味しさを倍増させてくれる

料理の素材によってハーブスパイスは使い分ける必要があります。料理と合わないスパイスを使いすぎてしまうと、素材の持ち味を消してしまうので要注意です。例えば、牛肉の場合には肉の味に個性がありますので、さらに味を引き締めるようなスパイスをチョイスすることをお勧めします。

煮込み料理にはブーケガルニとしてローレル・タイム・パセリを一緒に入れると香りが良くなり料理の質感が上がります。そして肉を焼くときにはガーリックやブラックペッパーを使うのが一般的です。豚肉の場合、特有の臭みが気になる人も多いのでハーブスパイスの赤でも香りが強めのものを使うことをお勧めします。

煮込む際には八角や山椒はいかがでしょうか?そして焼くときにはジンジャーやセージがよく合うのです。素材の味を引き立てるハーブスパイスとの相乗効果を楽しんでみてください。鶏肉の場合には特に注意が必要です。鶏肉の淡白な味に対して強めのハーブスパイスを使うことで、素材の味よりも強くなってしまう場合があります。特に鶏肉を焼くときにはバジルをお勧めします。




ハーブスパイスを使ったチキン料理

①タンドリーチキン

タンドリーチキンは数多くのハーブスパイスを使用する料理の代表です。実際に書き出してみるとかなりの量に驚いてしまいます。

カルダモン・クローブ・コリアンダーシード・ジンジャーパウダー・ナツメグ・シナモン・ターメリックパウダーなどのハーブスパイスを使います。このスパイスを下味として鶏肉に移すために保存用の袋に入れて冷蔵庫で半日ほど寝かせるという作業が必要なのです。もっと簡単にインド料理を作りたいという方には、下記のハーブスパイスをお勧めします。

〇パプリカパウダー

〇コリアンダーパウダー

〇クミンパウダー

〇ターメリックパウダー

この4種類だけでも、十分にインド料理の香りを再現することが出来ます。ご家庭で本格的なタンドリーチキンを食べたいという場合にはお勧めです。鶏肉との相性もばっちりで、素材の旨みを引き出してくれるハーブスパイスです。見た目もとにかく美味しそうで、チキン料理のときには欠かせないアイテムなのです。

②シンプルな鶏肉のハーブ焼き

鶏肉に合うハーブやなんといってもローズマリーです。シンプルにこのハーブスパイスだけを使ったソテーを楽しんでみてください。オリーブオイルを入れたフライパンに鶏肉を入れて両面を焼き上げます。同じフライパンでローズマリーを軽く焼いて鶏肉の上に乗せて出来上がります。

ローズマリーの香りは一度味わってみると病みつきになる美味しさです。最初に鶏肉のローズマリーをまぶしておいて焼き上げるという方法もOKです。鶏肉とハーブの取り合わせは相性が良いので、スパイスハーブを常備しておくといつでも、レストランの味を再現出来ますよ。まさに、チキン料理の定番です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーブスパイスを絶妙なタイミングで使うと効果的

23961653821_5a84f6d54f_z
photo by KID the Euforia

 タイミング次第で味も変わる

チキン料理などの場合には、下ごしらえの段階でハーブスパイスを使うことも多いのです香りを素材に移すという意味でも効果的です。またグリルの途中で香りをさらに強くしたい場合などには加える場合もあります。オリーブオイルなどで素材を焼くときにハーブの香りを移すというタイミグでもOKです。ホイルに包んで魚介類などをオーブン焼きにする場合でもハーブスパイスを一緒に包み込んでおくと、香りが素材に旨く映ります。

食卓にハーブスパイスを置いておくと、仕上がりに振りかけるという方法でも美味しく食べることができます。料理に振りかけて料理を仕上げるのも、ハーブスパイスの使い方の一つです。注意しなければいけないのは使う量です。いきなり多量のハーブスパイスを使ってしまうと、料理の味がわからない状態になってしまいます。ほんの少しの量から始めて味の加減を自分の舌で確かめながら調整をしてみてください。

量を間違うと料理が台無しになる


ハーブスパイスは、個性が強いものが多いので最初に使うときにはほんの微量から始めるべきです。思いのほか料理の味が変わってしまうことも多々あります。これなら大丈夫!というほんのりと香る量で料理に使うと万人受けします。どのハーブが何の素材に合うのかということも、大体の組み合わせを知っておくと大きな失敗には繋がらないはずです。肉や魚と定番になっているスパイスハーブをうまく使い分けてみてください。

肉類にはグローブ・オレガノ・ジンジャー・ローレルなどのハーブスパイスが一般的です。魚類似合うのはチリペッパー・タイム・バジルなどになります。それぞれのハーブスパイスの特徴を掴んで料理の仕上がりに期待してみてください。本当に素材を美味しく引き上げてくれるものが、ハーブスパイスなのです。

まとめ

 ハーブスパイスは単体で数多く販売されているのでうすがあらかじめ、塩と一緒にミックスされた商品も出ています。ハーブスパイス初心者の人はまずここから試してみれば良いと思います。ハーブスパイスに、最初は抵抗を感じている人でも、一度口にしてその美味しさや香りの良さを知ってしまうと、はまってしまうものですよ。暮らしの中にハーブスパイスを常備して、料理に加えて毎日の食卓を華やかに美味しく彩ってみてください。
続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -