【ハーバリウム】オイルを注げば完成!作り方だってキットなら簡単&センスも要らない

ハーバリウムは見た目がオシャレなこととお手入れ不要の手軽さで話題を集めているインテリアです。部屋に花やグリーンなどを飾ると心もウキウキしてきますよね。ハーバリウムは植物の一瞬の美しさを閉じ込めることが出来るアイテムとして、おしゃれ女子たちに人気です。

ここではそんなハーバリウムを自分で作ってみたいけれど、何をしたらいいかわからずに迷っているあなたに、簡単に作れるハーバリウムの作り方とキットを使うメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

話題のおしゃれインテリア。ハーバリウムは自分で作れる!

CKL_pattoo-suchin_TP_V

ハーバリウムって何のこと?

ハーバリウムとは、もともとは植物学の「植物標本」のことを指しますが、ここではおしゃれなインテリアとして人気の観賞用ハーバリウムをご紹介します。ハーバリウムはガラス瓶の中に液体と花材が入っています。液体に浸った花材はまるで生花をそのまま保存しているような美しさです。

ハーバリウムの液体と花材、何が入っているの?

ハーバリウムの密閉されたガラス瓶の中には、オイルとドライフラワーやプリザーブドフラワーが詰まっています。オイルではなくエタノールなどのアルコールで作られる場合もありますが、オイルで作られたものの方が液体に粘度があるので美しい仕上がりになります。

花材には乾燥した物を使用します。ドライフラワーもただ生花を乾燥させるのではなくドライフラワー用のシリカゲルをつかうことで植物の色を保ったままのドライフラワーを作ることもできますし、販売されているものの中には染色されているものもあります。

実は簡単なハーバリウムの作り方

ハーバリウムは見た目の美しさから作るのが難しそうに思えますが、実はとても簡単に作ることが出来ます。容器となるガラス瓶を選び、花材をビンに詰め、オイルを注ぐだけの簡単工程です。それぞれの工程で気を付けることはありますが、難しいことは何もありませんのですぐに挑戦できます。

まずガラス瓶を選びます。基本的にはどんなガラス瓶でも構いませんが、オイルを注いだ時に花材が浮くので瓶の口が狭い方が作りやすくなります。また、密閉性の高い瓶を選んだ方がオイルの漏れを防げます。ガラス瓶を選んだら、瓶を洗いエタノールで拭いて消毒し乾燥させます

次にピンセットを使って花材をガラス瓶に詰めます。花材についた水分やほこりはふき取り十分に乾燥させてから詰めていきます。水分や汚れはカビ発生の元になるので気を付けましょう。花材を詰める時はオイルを注いだときの花材の浮き沈み、他の花材との空間の開け方を考えて詰めていきます。

最後にオイルを注いでフタをすれば完成です。オイルはパンパンに詰めるのではなく、空気が入る余地を残します。瓶のねじよりも下ぐらいがちょうどよい量になります。また、オイルを注いだら、花材から空気が抜けるのを待ってフタをするようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キットを使えば確実にオシャレに!手作りするならキットがおすすめ

ANJ77_dongurimituke20141115142302_TP_V

出来上がりのイメージがつきやすい

手作りでハーバリウムを作ろうと材料を揃えるには、一からすべて自分の好きなものを買い集める方法と、手作りキットを使う方法があります。キットには容器、花材、オイルがセットになっているもの、容器とオイルがセットになっているもの、花材だけのものと種類があります。

花材がセットになっているものはたいてい写真付きで販売されています。どんな仕上がりになるのかイメージがつきやすいので、初心者でも安心して購入することが出来ます。

材料をイチから揃えるのは意外と大変

せっかく手作りにするのだから、すべての材料を一から集めたいと思うのではないでしょうか。手芸店などで実際に手に取ってサイズ感や質感、色のバランスなどを確かめられる場合はいいのですが、ネット通販などで購入する場合、それはなかなか難しいですよね。

また花材の購入も物によっては箱単位での購入になってしまったりで、思うようにいかないので材料を一からすべて揃えるのは非常に大変な作業なのです。キットで購入すれば、必要な量だけを購入することが出来るので今回だけ作ってみたい、といった方におすすめです。

大きさや量のバランスも考えられているから失敗がない

ネットで購入する場合、花のサイズが分かりづらいので、実際に届いてみたら瓶の口より花材が大きくて入らなかったなんて失敗もあるのですが、キットならイメージがつかみにくい花材の大きさや量についても心配する必要がありません。

また、瓶のサイズにあった分量の花材だけが買えるので、つくり終わったあとに材料が残ってしまうといったこともないですし、逆に足りなかったなんてこともないので無駄がありません。

花材の大きさや分量は作品のイメージを大きく変えます。たとえば、瓶に対して花材が小さすぎると貧相な仕上がりですし、逆にぎゅうぎゅうに花材を詰めてしまうと光が通らず重苦しい印象になってしまいます。こういった分量の加減にもセンスが問われているのですね。

センスがなくても素敵なハーバリウムを作ることが出来るのがキットのいい所です。大きさや分量が計算済みなので誰が作ってもちょうどよいバランスの作品に仕上がります。

詰め方次第で出来上がりもイメージが変わる

瓶の形も花材も決まっているキットですが、花材のレイアウトの仕方によって同じ材料でも違った印象になるので、ひとつとして同じハーバリウムは出来上がりません。レイアウトをすることでオリジナリティを加えることが出来るので花材を詰める時は納得がいくまで考えましょう。

どうしても上手くレイアウトできない場合は、キットの完成図と同じようにレイアウトしてしまいましょう。あまり触りすぎると花材が傷んでしまいますので、花材が傷む前に決断してくださいね。

ラメやデコパーツを追加すれば自分らしい仕上がりに

花材のレイアウトだけでなく、キットに入っていないパーツをプラスする方法でオリジナリティを出すことも出来ます。ラメやビーズなどのキラキラしたパーツを花材と一緒にオイルに入れたり、タグやリボンなどで瓶をデコレーションするなどアイディア次第でどんどん自分らしい仕上がりになっていきます。

キットを使うデメリットはある?

ハーバリウム作りにキットを使うことにデメリットはないでしょう。あえて挙げるとするならば、材料が余らないので次の作品が作れないということぐらいでしょうか。ただしキットを使う方は初心者が多いでしょうから、無駄に材料が余らないのは今後また作るかどうかわからない人にはメリットといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キット購入は販売店だけと思ってない?通販、ワークショップもおすすめ

mizuho17810DSC_0214_TP_V

王道。手芸店で購入

ハーバリウムを作れるキットは手芸店でももちろん販売されています。手芸店でお気に入りのキットを見つけたらそれだけを購入して帰るのもいいですが、そのキットにプラスして使えそうな花材を購入するのもおすすめです。

手芸店は花材も少量から販売されていますので気軽に購入できますし、実際にサイズを確認できるので瓶に入らない等の失敗がなく安心です。また、すでに出来上がりイメージがあるのでオリジナルでプラスする材料との相性も容易に想像することが出来ます。

ネット販売されているキットを購入する

ネット通販のメリットは幅広い種類のなかから商品を選べることですが、実際に手に取って商品を見ることができないので微妙な色の風合いやサイズ感が分かりづらいのが難点です。そこでぜひ活用してほしいのが手作りキットなのです。

また、ネット通販を利用するメリットはメーカーやハーバリウムを中心に扱う専門店などから直接購入できる点にもあります。メーカーや専門店のホームぺージには商品の活用方法として、ハーバリウムの作成方法や花材の特色と活かし方等が紹介されているのでとても参考になります。

ワークショップなら教わりながら作れる

ワークショップに参加するのも一種のキットを購入しているようなものです。ボトル、花材、オイルはもちろん、講師によるアドバイスを受けられる特典までついて大変お得なキットといえます。しかも参加するワークショップによっては珍しいハーバリウムの作り方が教えてもらえます。

ハーバリウムは飾るだけじゃない、光や香りも楽しめる

キットで販売されているものの多くは、見て楽しむことを目的としたハーバリウムを作る為のキットですが、ワークショップなどでは、ハーバリウムでありながらランプやアロマとしての機能をあわせもつアイテムを作れる教室が増えてきています

ランプとしての機能を持つハーバリウムは、ハーバリウムランプと呼ばれオイルを可燃性のオイルに変えて灯りをつけて楽しむことが出来ます。ランプの灯りとハーバリウムのオイルに浮かぶ花が揺らぐ様子をみているととっても癒されると評判です。

また、アロマの機能を合わせたハーバリウムは、フレグランスハーバリウムと呼ばれ、オイルを精油を混ぜたオイルに変えて香りを楽しみます。アロマの香りとハーバリウムの見た目の美しさで、こちらも女子力の高いアイテムなので徐々に人気が出てきています。

道具もお忘れなく

材料が揃っていざ作ろうとなった時に道具がなくては作れませんので、道具を用意するのもお忘れなく。ハーバリウムを作るのに必要な道具は、はさみとピンセットだけです。家にある物を使う場合は、消毒してから使うことをおすすめします。

まとめ

今回は、ハーバリウムを簡単に作れるようにキットを使うことをおすすめしてきました。色や大きさを考えつつ瓶の中の花材を集めるところから、瓶の中のレイアウトを決める分量の加減まで、自分でイチから始めようとするとセンスの問題や最低購入単位数の問題など意外と大変なことが分かりました。

しかしキットを使えばそんな問題に直面することなく楽しくハーバリウムを作ることが出来ます。ハーバリウムを手作りしようと思っている方はぜひキットを購入して、まず一つ自分のお気に入りのハーバリウムを作ってみてほしいと思います。きっとあなたも手作りの魅力を体感されることでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -