【ハーバリウム】オイルの輝きが美しい。作り方と種類を知れば女子力の高い部屋に!

ハーバリウムをご存知ですか。名前は知らなくてもきっと見たことがあるのではないでしょうか。ハーバリウムは透明なビンのボトルの中で花が咲いているように見えるインテリアです。ボトルの中には透明な液体と花やグリーンなどが入っていて、液体がキラキラと輝いたり、植物の葉や花びらを光が透けて見え、思わずうっとりしてしまう美しさに夢中になる人が続出しています。

また作り方も簡単なうえに、ボトルや花の組み合わせ次第でいくらでも違った顔になるので、ハンドメイドのしがいがあるアイテムです。ここでは、ハーバリウムを作る時に5つのポイントで何を選ぶかによって出来上がりがどのように変化するのかをご紹介していきます。自分好みのハーバリウムを作るときの参考にしてください。

スポンサーリンク

思わず手にとる美しさ…ハーバリウムの魅力と作り方について

mizuho17810DSC_0792_TP_V

あの液体は何?中のお花はつくりもの?

ハーバリウムは、ボトル、オイル、花材の3つの材料でできています。お店で売っている物は、ハーバリウム専用オイルで作られていますが、手作りに挑戦している人の中には薬局で購入できる材料で作る人もいるようです。

花材はドライフラワーやプリザーブドフラワー、造花等です。みずみずしい仕上がりなので生花のように見えますが、生花はカビや腐食の原因になりますので使用しません。オイルに浸かることで乾燥した植物も見え方が変わり、ボトルの中で咲いているように見えるのです。

贈り物にも最適、ハーバリウムの魅力

ハーバリウムは美しいだけでなく、匂いもないので場所を選ばずに飾ることが出来るので、贈り物に最適です。また、お手入れが一切不要なのもいいところです。生花ではないので光に当てなくても、水を与えなくてもずっとキレイが保てますので、贈られた方に負担をかけません。

ハーバリウムは簡単に作れる

美しいハーバリウムですが、容器に花材とオイルを詰めるだけで出来上がってしまうので作り方はとても簡単です。ボトルやビンを選び、花材を配置し、オイルをゆっくりと注ぎます。たったこれだけなので、ハーバリウムを作る時に大事なのは、材料に何を選ぶかなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

組み合わせ次第で自由自在◎5つのポイントで変わるハーバリウムの種類

GMKN_STUDIO_031_TP_V

1-1.容器(円柱型、角柱型)

ハーバリウムの定番の形ではないでしょうか、細長いビンはすらっとしていて洗練されたイメージです。1本で飾っても素敵ですが、この容器で作ったハーバリウムなら、何本か並べても一体感が出てすっきりと飾ることが出来ます。

縦のラインを意識しながら、一輪挿しのようなイメージですっきりと配置するのも素敵です。花と何も入れない空間のバランスを見た時に無駄なスペースが生まれないので、背の高い円柱・角柱型は一輪挿しスタイルにぴったりな容器といえるでしょう。

もちろん何種類かを混ぜたスタイルも別の魅力があります。円柱・角柱型はどの面からみても長方形に面を切り取ることが出来るので、キャンバスに空や花畑を描くような感覚で全体を同じ調子で揃えて配置しても容器の形のおかげでスタイリッシュに見えます。

背の低いタイプの円柱・角柱型はまた違った印象です。スタッキング出来るようになっているビンも販売されていますので、イメージカラーをそれぞれ変えたハーバリウムを積み木のように重ねて、気分に合わせた色合わせを楽しむことも出来ます。

1-2.容器(丸型、しずく型)

球体のように丸いフォルムだったり、しずくのような形のビンは可愛らしい印象のハーバリウムになります。単体で置いても絵になるので、玄関やトイレのちょっとした装飾スペースにぴったりです。丸型をいくつか置く場合は、段差をつけて飾ると素敵です。

丸型に大きめの花材を配置する時は、ポイントになる花を決めてその周りのスペースを埋めるようにするといいでしょう。また、花材を小さめに揃えて数をたくさん詰め込むと球全体が彩られるのでまとまりのよい仕上がりです。

しずく型は底からフタ部分にかけて丸みをおびつつ細くなっていくので、下にボリュームをもたせるとバランスがよくなります。色も下から上にかけて薄くなるようにグラデーションにしてもキレイです。丸型よりスッキリしたイメージですが、飾る時は単体で飾るか別のインテリアと合わせるといいでしょう。

1-3.容器(電球型、試験管型)

電球の形をしたビンはとても人気です。フタが電球のねじの形になっているのが特徴で、形の面白さはもちろん、金属のカラーがアクセントになります。実際の電球とは違って自立するように底があるので単体で置くことも出来ます。

試験管型でつくるハーバリウムは、本物の標本のようです。あまり華美に作らず素朴な感じに仕上げる方が試験管型のよさが出ます。試験管型を飾るには実験で使うような試験管立てに飾ってもいいですし、ぬいぐるみに持たせる形で飾ってもかわいいですね。

2-1.オイル(ハーバリウム専用オイル)

ハーバリウム専用オイルといっても、メーカーにより特徴が違います。完成品として販売されているハーバリウムに使われているオイルは石油系のものが多く、引火点が250度以下のオイルは危険物扱いなので家庭で扱うにはあまり向いていませんので、手芸用に開発されたオイルを使うことをおすすめします

手芸用に開発されたオイルは、ミネラルオイルを使い化粧品にも使えるくらい高純度に精製された安心なものが多く、中には屈折率を上げて花材が美しく見えるように計算されたオイルも販売されています。「東京堂」や「ハルコレ」から販売されているオイルが有名です。

2-2.オイル(シリコンオイル)

シリコンオイルはハーバリウム専用ではありませんが、透明で安全で腐蝕しないのでハーバリウムに適しています。粘度も選んで買うことができ、水のようにさらさらとしたものが欲しいのなら50cSt、どろどろと固めのものが欲しければ200~300cStを選びましょう。

2-3.オイル(ベビーオイル)

ベビーオイルでも作ることが出来ます。手に入りやすいので試しに作ってみたい方におすすめです。ただし、香料の多く入ったものや粘度の低いものだと花材が沈んでしまう他、花材の色素を溶かしてしまうこともあるので、花材が沈むことを想定したデザインにするなどの工夫が必要です。

3-1.カラー(花)

ハーバリウムの出来上がりイメージを左右するのが色です。多くは透明なビン、オイルを使用しますので花材の色が作品のイメージカラーになります。好きなように作るのが一番ですが、インテリアとして使うなら色のバランスは重要です。

季節や飾りたい場所に合わせて作るとよいでしょう。たとえば、白系の花材でつくった場合、飾る場所の壁の色が白だと目立たずに一体感を出すことが出来ますし、逆に色のついた壁ならハーバリウムが浮き出て素敵です。

3-2.カラー(オイル)

ハーバリウムの色を決めるのは花材であることが多いですが、オイル自体に色を付ける楽しみ方も出てきています。カラーハーバリウムと呼ばれています。オイルに色を付ける方法としては食紅やキャンドル用の液体染料をオイルに混ぜることで着色していきます。

オイル自体に色がつくので、中の花材との色の相性も楽しめます。同系色でまとめるとすっきりとした印象ですし、白系の花材を入れると花材が際立ってキレイです。

4-1.花(一輪)

一輪挿しの花の可憐さをハーバリウムで表現します。花瓶に挿すときと違うのは茎や葉の部分も見えることです。葉のついた花材を使うと寂しい印象にならずに作ることが出来ます。また、ペッパーベリーなどの粒々とした実を使うのもオシャレです。

4-2.花(ミックス)

ハーバリウムのいいところは生花ではないので季節の違いを問わずに同じビンの中で楽しめることです。また染色した花材を使うことも出来るので、生花では白が定番のカスミソウなども染色によってカラーバリエーションが豊富で、生花では出来ないような色合わせを楽しめます

いろいろな素材を組み合わせることで、ボトル内の空間を彩ることが出来ます。ふわふわとした素材のなかに丸みのあるヘリクリサムなどの花を合わせるとお互いのよさが引き立って素敵な仕上がりです。

4-3.花以外

ハーバリウムは乾燥したものなら何でも入れることが出来ます。花だけでなくドライフルーツを入れることも出来ます。オレンジの薄切りなどは断面がかわいいので入れるだけでオシャレになります。また、シナモンスティックや小麦の穂などもおすすめです。

また、ラメやビーズ・パールなどを入れるとアクセントになりますし、リボンや小鳥の飾り物などを入れると一味違った雰囲気のハーバリウムが出来上がります。

5-1.配置(ランダム)

花材の配置によって全くイメージが変わります。ボトル内にランダムに花材を配置するとどの方向から見ても美しいハーバリウムに仕上がります。見る位置によって表情も変わりますし、オイルの揺れに合わせて花材も揺れるので飽きずに長く楽しむことが出来ますね。

5-2.配置(空間静止)

プラバンやシートを使って花材を固定するハーバリウムも登場しています。フラワーアートリウムと呼ばれ、ハートやイニシャルなど好きな形に配置することが出来ますのでメッセージ性を持たせたハーバリウムを作ることが出来ます。贈り物にしても素敵です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォトジェニックなだけじゃない!ハーバリウムを思う存分楽しむ方法

KMajisainohanataba_TP_V

部屋のアクセントに

ハーバリウムを一つ置くだけで部屋のイメージががらりと変わることがあります。シンプルな部屋は雑味がなくてすっきりとしている反面、無機質で寂しい印象になりがちですが、そこに花や緑をメインにしたハーバリウムを置いてみると自然なあたたかみを感じることが出来るようになります。

食卓テーブルの上に置くのもおすすめです。生花ではないので香りが食事の邪魔をすることなく食卓を彩ってくれるので、パーティなどのテーブルコーディネートに最適です。

観葉植物の中になじませる

観葉植物があるだけでも素敵ですが、観葉植物だと緑ばかりになってしまうこともあります。そんななかにハーバリウムで色をプラスすると空間に動きが出ます。緑になじむ白や茶、青などにすると統一感を損ないませんし、反対に黄色やピンクなどを入れるとアクセントになります。

自然光にあてて透け感を楽しむ

ハーバリウムは光に当たるとオイルがキラキラと反射します。自然光だと光が優しいので植物の葉脈などが透けて見えてとてもきれいです。ただし、太陽の光にずっと当てていると色褪せなど劣化を早めますので注意しましょう。

素敵な間接照明に

部屋を暗くしてもハーバリウムは楽しむことが出来ます。光に当たった美しさを楽しむために、ハーバリウムの下にコースター型のステージを置いて下からライトを当てられる道具や、ビンとセットで販売されているビンの底にはまるように作られたライトなどがあります。

またオイルランプとして楽しむハーバリウムもあります。オイルをリキッドキャンドル用のオイルに変えて作り、ただのフタの代わりに芯のついたフタを付けます。ランプの灯りに揺れる花の影はとても美しいですし、ランプとして使用しなくてもハーバリウムの美しさを楽しめます。

香りを楽しめるハーバリウムも登場

アロマの要素を取り入れたハーバリウムもあります。アロマティックハーバリウムやフレグランスハーバリウムと呼ばれます。オイルの代わりに精油と無水エタノールを1:9の割合で混ぜ合わせた液体に花材を入れます。見た目と香りで癒されること間違いなしですね。

まとめ

ハーバリウムの作り方はとても簡単です。材料の選び方や配置の仕方で全く違った印象に仕上がります。スマートな印象にするのか華やかな印象にするのか、どこに置くのか、誰に贈るのかなどによって花材を選べるのも手作りのいいところです。

ハーバリウムは部屋に置くだけでも素敵ですし、光によって変わる表情を楽しんだり、香りにも癒されます。いろいろな種類がありますが、どれを選んでも女子力が上がることは間違いないですね。ハーバリウムを生活に取り入れて気持ちもキラキラさせてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -