女性の性欲のピークは30代! メカニズムと対処法を解説! 悩まずにステキな夜に

IMG_9550deki
この記事は2015年9月25日の記事を再編集したものです。

「30代に入って、急に性欲が強くなった気がする」30代女子の女子会トークで、よく話題にあがるテーマですよね。確かに、女性の性欲は30代がピーク……なんて耳にしたことがありますが、実際のところどうなのでしょうか。また、突然に性欲が強くなったことから、無理に抑えなければいけない! と気にされている方はいらっしゃいませんか。ムラムラを強引に抑えるのは逆効果。年齢を受け入れ、上手に性欲を付き合っていく方法をお教えします!

スポンサーリンク

そもそも、人はなぜムラムラするの? 意外と知らない性欲のメカニズム

5356541108_29fd76d664_z
Photo By danabooo

豆知識:「ムラムラ」の由来

性欲が高まり抑えられない衝動に駆られることを我々は「ムラムラする」と表現しますよね。では、このムラムラの語源って一体何だったのでしょうか? 一説によると、その語源は「群群」と書き、人が群がる様を表した言葉だったそう。ここからはじめは、「押さえきれない感情の様、込み上げてくる怒り」を指す意味として使われていたようです。そして、次第に抑えられない欲情・色情を指すようになり、今に至ると言われています。




性欲のメカニズム、その必要性について改めて考える

では、改めて性欲のメカニズムと人間にとってなぜ必要であるのかを整理したいと思います。まず、人間にとっての必要性ですが、これは皆さんもご存じのところ……すなわち子孫を残すためです。人間も動物の一種でありますから、当然、遺伝子を後世に残し、命のバトンを繋いでいかなければ種の繁栄はありえません。そのため、人に性欲が生まれ、ムラムラと感じるのです。

脳のムラムラスイッチは人ぞれぞれ

性欲の発生はあらゆる感覚器官への刺激によっておこります。見たり、聞いたり、触ったり……。感覚器官が刺激を受けると、大脳の内側にある視床下部に働き、性欲中枢を興奮することで、脊髄を通り性器に伝わっていきます。また、同時に脳下垂体から性ホルモンが分泌されますが、こちらも視床下部によってコントロールされているのです。

では、視床下部が活動をするのはどのようなときか……と言えば、それは人ぞれぞれ。好みのタイプやフェチが人によって違うように、ムラムラしてしまうスイッチは個々人によって、大きく異なります。

脳の機能が正常である限り、人は年をとっても性欲をもつの?

性欲に繋がる刺激はすべて脳で処理され、各部位へ信号が伝わり性ホルモンを分泌させます。つまり、あくまで脳の機能に支配されているということ。つまり、度合に強弱はあるものの、脳の機能が正常に働きさえすれば、性欲は年をとっても存在するのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

性欲のピークは男女で違う! その理由とメカニズム

7800679964_8333380a2e_z
Photo By steve lorillere

性の目覚めが早い! 男の性欲は10~20代がピーク

男性の性欲に影響するホルモンはテストステロンと言われています。テストステロンは、思春期を迎える10代から急激に分泌が増加し、男らしい身体つきに変化させ、積極的で攻撃的な性格をつくります。そのため、10代の中高生が活発でやや攻撃的であることも納得がいきますね。(教師への反発など)

ただ、男性のテストステロンの分泌は、この10~20代前半をピークに徐々に少なくなっていきます。短い春……とでもいいましょうか、男性にとって性欲のピークとは、限られた数年しかないものなのです。




晩熟型! 女性の性欲のピークは30~40代

一方、女性の性欲に影響するホルモンはエストロゲンと言われています。エストロゲンはおよそ8~10歳ごろに卵巣から分泌がされ、その後、分泌が安定しだすと初潮を迎えるようになります。

エストロゲンは女性ホルモンの一つとして、女性の身体を女性らしい丸みを帯びた身体に変化させるもの。10代前半で分泌をはじめたエストロゲンはその後も30代後半くらいまでは盛んに分泌されます。また、女性にもテストステロンは分泌され、20~40代にかけて盛んに分泌。この点からエストロゲンとテストステロンの両方が盛んに分泌される30~40代に女性は性欲のピークを迎えやすいのです。

社会的な背景が、女性の性欲を引き出している背景もある?

その他にも、女性の性欲には社会的な背景、世間体なども少なからず影響していると言えるでしょう。30~40代は、妊娠・出産を考えると少し遅い年齢。そのため「早く子供を作りたい」という気持ちが性欲の増強に結び付いている可能性もあると考えられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムラムラが止まらない! 強すぎる性欲に対処する7の方法

2007091866_c3891e2ee2_z
Photo By DenisenFamily

ここまで、なぜ30代を迎えた女性は性欲が強くなるのかについてご説明してきました。説明にあります通り、年齢の影響で性欲に変化が生じるのは世の理(ことわり)。とはいえ、強くなりすぎた性欲で、私生活に支障をきたしてしまうのはあまり良いこととは言えません。では、強くなった性欲と、どのように向き合って対処していけばよいのでしょうか。

1、まず無理に抑えずありのままを受け入れる!

30代を迎えた女性の性欲が強くなるのは、しょうがないこと。変におさえつけて、ストレスを抱えては元も子もありません。まず、最初のステップとして”現状をありのまま受け入れる”ことから始めましょう。ムラムラする気持ちをぐっと抑え込むのではなく、開放して、性に対しオープンなマインドに自分自身を変えることで、気持ちが楽になり、余裕が生まれることと思います。




2、オトナのおもちゃを駆使して、性欲を上手に自分で処理する

強すぎる性欲は、特定の男性だけでは解消できないもの。または今、パートナーがいないのなら、ムラムラはすぐにMAXになってしまいますよね。そこで、普段のオナニーをより刺激的にするために、オトナのおもちゃを使って新しい快楽を開発してみてはいかがですか。

今の時代、わざわざ店頭に出向かなくても、Amazonなどネットショッピングですぐに購入が可能。自分にあったバイブやローターなどを購入して、性欲をうまく解消していきましょう。

3、夢中になれる趣味をもって、性欲を頭から外す

ムラムラしてしょうがないのなら、そんな気持ちどっかに行くほど夢中になれる趣味を持ちましょう。30代を迎えたオトナ女性ですから、趣味のひとつでも持っていたほうが人生豊かになるというもの。スポーツでも文化的な趣味でも、大勢でやることから一人でできるものまで何でもいいと思います。

大切なのは”時間を忘れるくらい夢中になれるかどうか”ということ。その趣味に心から没頭することができれば、ムラムラした感情は一度、リセットされるはずです。

4、ゆっくりなペースで有酸素運動をして汗を流す

汗を流す、という行為はストレスを解消するだけでなく、体内の毒素を外に出してくれるという作用があります。性欲が高まってどうしようもない時は、30~60分ほどのやや長い時間続けられる運動(有酸素運動)を、ぜひやってみてください。

ポイントは負荷少なめでよいので、呼吸を意識して行なうこと。逆に高い負荷量過ぎないことが大切です。(無酸素運動)負荷量が強いトレーニングをしてしまうと、男性ホルモンのテストステロンの分泌が促され、余計に性欲が高まってしまいます。(それはそれで健康という証なのですが……)

くれぐれも、じっくりゆったりとした運動を意識するようにしておきましょう。

5、流行りの女性向けAVを観て、ステキな男優さんで妄想する

ひと昔前は、AV(アダルトビデオ)というと、男性のためだけの娯楽というイメージでした。しかし、昨今では女性向けAVなるものが誕生し、女性が見ても抵抗のないプレイ、アイドルや俳優にも負けず劣らずの男優さんのエッチなプレイを鑑賞することができるようになりました。

妄想は0円ですから、ムラムラしてしまったときは、ネットで「女性向けAV」と検索し、お気に入りの男優さんのプレイをウォッチしてみてはいかがでしょうか。先ほどご説明したオトナのおもちゃを駆使して、一人で解消すれば気持ちのいいこと間違いなしです!

6、パートナーがいるならば、素直に性欲のことを伝えてみる

もし、あなたに恋愛のパートナーがいるのであれば、素直に最近性欲が強くなってきたことを打ち明けてみてはいかがでしょうか。なんとなく、彼氏や旦那さんも気づいてはいるかもしれませんが、やはり伝えてみないと分からないもの。伝えてみることで、彼のほうからもセックスにより協力的になってくれたり、普段のセックスをより濃密にしてくれるかもしれません。恋愛はコミュニケーションが命。ぜひ一度、パートナーに相談してみることをおすすめします。

7、パートナーがいなければ、逆ナンに挑戦してみる

もし、あなたに恋愛のパートナーがいないのであれば、思い切って素敵な男性も逆ナンパしてみてはいかがですか。草食男子……という言葉は、もはや時代遅れの言葉のように浸透していますが、普段そっけない男性も、実はもっとセックスしたいと思っていることがあると思います。

まずは、暗がりのクラブやバーなど、ナンパしやすい空気感の場所に出向いてみて、男性を品定めしてみるとがよいでしょう。一人では不安! という方は、女性友達数人で逆ナンをすれば、怖いものなし。堂々と逆ナンできると思いますよ。

まとめ

やりまん、ビッチ……という言葉はネガティブなワードとして用いられることが多いですが、性欲が強まるのは自然の摂理。決して、おかしいこと、ダメなことではありません。

そのため、自分の性欲の高まりをまずは受け入れて、自分に会った方法で無理なく性欲と付き合っていきたいですね。

性欲とうまく付き合うことで、自分が満たせれるだけではなく、相手も満たされ、お互いに満たされる最高の状態になります。今後の素晴らしい性生活のためにこの記事が参考になれば幸いです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -