北海道に合う服装とは?ファッションスポットも充実!気候や季節別の見どころもご紹介

楽しい北海道旅行!せっかくの旅行も、服装を間違うと残念なことになってしまうかも…。でも、北海道に行くときの適した服装とは?そんな不安をなくすために、北海道の天気や季節ごとに合った服装をご紹介!事前にチェックしてから行くことで、現地で困ることなく安心して過ごすことができます。

また、北海道の季節別の見どころや、おすすめのファッションスポットもご紹介します。北海道旅行の際にはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

花まっさかり!北海道の春の気候と服装&見どころ

1-image2

北海道・春の気候

4月頃から気温が徐々に上がり、厳しい冬が終わりを告げます。咲き誇る花を楽しんだり、残った雪を見ながら、北海道の冬を感じることもできます。5月の札幌の平均気温は11度前後、東京との差は5度以上あり、道内でも3度近く差がありますので注意が必要です。また、朝晩の寒暖の差も大きいため、気温はしっかり確認しましょう。

北海道・春の服装

北海道の3月はまだまだ雪が残る厳しい寒さです。防水加工や滑り止めの靴を持って行きましょう。4月は日中の気温は上がってきますが、朝晩は冷えますので、薄手のコートがあると安心です。GWあたりの5月になると、日差しは温かいですが、まだ風は冷たく、朝晩は冷えますので、必ず上着を持っていくようにしましょう。

北海道・春の見どころ

函館、札幌はGW頃に桜が咲き始めますので、函館や道南ではソメイヨシノ、道央ではエゾヤマザクラ、道東ではチシマザクラと、各地それぞれの桜見を楽しむことができます。函館五稜郭や松前町、新ひだか町の桜は大変有名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝晩の温度差に注意…北海道の夏の気候と服装&見どころ

1-image3

北海道・夏の気候

北海道の夏と呼べる期間はとても短く、6月の中旬頃に夏らしい日差しになってきたと思ったら、8月下旬には涼しく感じ始めます。気温も30度を超す日もありますが、北海道は湿気が少ないため、東京などと比べると涼しく感じるかもしれません。日が落ちて夜になると、肌寒く感じる日もあります。

北海道・夏の服装

もちろん、涼しく感じるとは言っても、北海道以外の地域に比べて気温が低いだけであって、北海道も夏は暑いです。日中は東京と同じように、Tシャツ、短パンのような服装でも特に問題なく過ごすことができます。

ただし、朝晩はやはり冷え込むことがありますので、上から羽織るものは持っておくと良いでしょう。山や湖に行くときにも必ず必要です。特に、お盆を過ぎた後は、朝晩の温度差に注意してください。

北海道・夏の見どころ

夏の北海道は見どころ満載です!レンタカーを借りて、富良野でラベンダー畑を見に行ったり、富良野近郊の美瑛の青池など、広大な北海道ならではの夏の景色は絶景です。広い道を車やバイクで走って、大自然を満喫してみてはいかがでしょうか。キャンプなどのアウトドアもおすすめです。

また、夏に旬の海鮮や、メロン、とうもろこし、じゃがいもなどの北海道の食べ物も美味しい季節です。ジンギスカンを外で食べてみるのもおすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラスαの上着が必要?北海道の秋の気候と服装&みどころ

1-image4

北海道・秋の気候

秋の北海道は、9月頃から冷え込み、11月になるとさらにグッと気温が低くなります。場所により異なりますが、22~27度くらいで、数字を見ると温かいように思いますが、体感温度はかなり低くなっています。この秋頃から本州との気温差が激しくなりますので注意が必要です。本州では残暑が残る頃、北海道では早い早い秋の到来となります。

10月になると、札幌では最高気温16度程度、最低気温は7度程度まで低くなり、旭川では初雪が降るほどです。

北海道・秋の服装

北海道の秋は、体感温度がかなり低めです。紅葉狩りやアウトドアに出かける場合、もっと寒く感じますので、秋の服装のポイントは、「プラスα」の上着を持って行くことです。

気温の数字を見ただけでは勘違いしてしまいますが、体感気温が異なるということをしっかり押さえておきましょう。厚手か薄手の長袖、カーディガンやパーカー、コートを準備しておくと良いでしょう。

重ね着ができる服装がベスト。観光でたくさん歩いて汗をかきそうなとき、サッと脱げるような上着がいいですね。ブーツもありですが、たくさん歩く予定がある人は、歩きやすい運動靴がおすすめです。

北海道・秋の見どころ

夏の観光シーズンが落ち着く頃、北海道にはゆっくりとした時間が流れます。北海道の10月中旬には、札幌の温泉街定山渓や、東川町にある大雪山の紅葉が見どころで、赤や黄色に彩られた山々は絶景ポイントです。北海道には温泉もたくさんありますので、温泉スポットである登別温泉では、北海道の秋の肌寒い空気を感じながら、温かい温泉に入る感覚はまた特別です。

グルメにスキーと魅力満載◎北海道の冬の気候と服装&みどころ

1-image5

北海道・冬の気候

言わずと知れた、北海道の冬はとても厳しい寒さです。10月下旬から11月上旬には初雪が、中旬から下旬にかけては降って積もったり溶けたり、12月中旬には、完全に北海道は平野部でも雪景色になります。その後は3月中旬まですっかり雪に包まれてしまいます。12月にはいると、北海道全体で氷点下になる日が続きます。

北海道では比較的温かい地域である札幌でも、マイナス15度まで下がり、道北や道東ではそれよりさらに寒くなります。ここまでくると、寒いを通り越して「痛い」と感じるようになるでしょう。

北海道・冬の服装

寒さの厳しい冬の北海道へ行くのであれば、十分に寒さ対策が必要です。本州の人の想像を超えた寒さですので、耐えられなくなる可能性もあります。地域によってはマイナス30度になることもありますので、天気予報をチェックしながら、地域の寒さに応じた防寒対策を準備していきましょう。また、靴にも注意が必要です。

雪道を歩き慣れていない人は、普通の靴ではスリップしてしまう恐れがあります。ビジネス用の革靴のような底が平らな靴の場合、滑ってしまいますので、長靴のような滑り止めのついた靴を準備すると良いでしょう。服装は、室内に入ると暖房による差がありますので、脱ぎやすい服装だとよりGOOD。

北海道・冬の見どころ

冬の北海道の見どころ、それは雪景色。他県にはないパウダースノーを存分に楽しめますので、雪景色を見ながら温泉、またはスキーやスノーボードを楽しむ観光客の方が国内外から大勢訪れます。

ニセコやとトマムのスキー場は世界的にも有名で、雪質が良く、最高のウインタースポーツを堪能することができます。オホーツクの流氷、ワカサギ釣り、札幌の雪まつりも北海道の冬の代表的なイベントとして有名です。

一日いても飽きない。北海道で人気のファッションスポット

1-image6

札幌ステラプレイス

約200店舗以上のショップやレストランが入った超大型施設。JR札幌駅南口と直結しておりアクセスも抜群です。どの世代でも楽しめるショップが揃っているファッションスポットです。また、北海道グルメも堪能できるレストランもたくさん入っていますので、北海道の食文化にも触れることができます。

【住所】札幌市中央区北5条西2丁目
【電話番号】011-209-5100
【営業時間】10:00~21:00
【ホームページ】http://www.stellarplace.net/

サッポロファクトリー

日本人による初のビール工場「開拓使麦酒醸造所」の跡地に建てられた、約160店舗のショップやレストランが並ぶ複合施設です。広大な敷地は7つの建物に分かれており、一日いても飽きることがない人気のファッションスポットです。

ビール工場の跡地ということもあって、見学館にて製造工程を学べたり、できたて地ビールが味わえるのが特徴です。クラフト工芸の創作体験ができるショップもあり、北海道旅行の記念品にもおすすめ。

【住所】札幌市中央区北2条東4丁目
【電話番号】011-207-5000
【営業時間】10:00~20:00
【ホームページ】https://sapporofactory.jp/

4丁目プラザ

10代~20代の女性を中心に人気の個性派ファッションのお店がたくさん入った、札幌駅前通りと南1条通りの交差点にあるショッピングスポットです。とても賑やかで活気があり、日本発信のブランドも多く、北海道にいながらにして流行りのファッションを感じることができます。5Fはメンズファッションのフロアですので、男性でも楽しめます。

【住所】北海道札幌市中央区南1条西4丁目
【電話番号】011-261-0221
【営業時間】10:00~20:30
【ホームページ】http://www.4pla.co.jp/

赤れんがテラス

三井ショッピングパークのひとつである赤れんがテラスは、「新しい感性と出会う、札幌の中庭」のコンセプトをもとに作られた、札幌中心部において、歴史を感じることができるショッピングスポットです。日本国内外から観光客が訪れる、北海道開拓の象徴である「北海道庁旧本庁舎」を眺めることができる展望テラスや、アトリウムテラスがあり、北海道観光の休憩にも便利です。

【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1
【電話番号】各店舗へお問い合わせください
【営業時間】店舗により異なります
【ホームページ】https://mitsui-shopping-park.com/

IKEUCHI GATE

札幌の中心部、地下鉄大通駅からすぐの場所にある百貨店。「IKEUCHI GATE」と「IKEUCHI ZONE」に通りをはさんで分かれており、「IKEUCHI GATE」はカジュアルでおしゃれなブランドショップが揃うショッピングスポットになっています。メンズ・レディースの幅広いラインナップですので、観光に来たらぜひ立ち寄ってみたいお店がたくさん入っています。アウトドアやスポーツ系のショップも多数。

【住所】札幌市中央区南1条西2丁目18番地
【電話番号】011-281-6160
【営業時間】10:00~20:00
【ホームページ】http://www.ikeuchi.co.jp/

まとめ

北海道の季節別の天気、適した服装、見どころについて紹介しました。やはりどの季節も、寒暖の差に注意が必要であり、夏であっても上に羽織るものを準備しておくと安心のようですね。

冬は想像以上の寒さを覚悟して行くことがポイントです。北海道のファッションスポットでは、旅行ついでにお買い物や北海道グルメも楽しむことができます。ぜひチェックしてみてください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -