やっぱり妻が本命?不倫する既婚者男性の3つの心理と、彼らに惹かれる3つの理由

74841f1e2d31438b69bf4b9649fc008a_s
この記事は2015年9月24日の記事を再編集したものです。

「この人は妻子持ちだから」「私とは結婚してくれないだろうから」そう思いながらも、結婚適齢期の女性で既婚者の男性と恋に落ちてしまう人は少なくありません。同年代の男性よりも大人に見える彼に、「結婚できない」「人の物」という付加価値が加わって魅力的に映ってしまうのです。

しかし、既婚者の男性はいくら不倫をしても最終的には奥さんを選ぶことが多いのも事実です。そこで今回は、不倫する既婚者男性の3つの心理と、彼らに惹かれる女性の3つの理由をご紹介します。もしも今、不倫で悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

既婚者男性と不倫!相手のタイプは2種類あるって知ってた?

5c3a36c9304b37e3b3bba3c3148bb691_s

不倫する既婚者男性「公開不倫」タイプ

不倫する男性の中には、信じられないことに不倫を堂々とするタイプがいます。不倫というと、当然既婚者でありながら他の女性にも手を出す二股男であり、奥さんや子供を裏切り、家庭を顧みないタイプの男性というイメージがありますよね。なので不倫も隠れてすると思いこんでいる人が多いです。

しかし、隠れていると見つかった時に「あの人、浮気しているよ!」と誰かがバラしたり、噂になったりしやすいものです。

とても意外なのですが、堂々と公に不倫をすると何故だか不倫の噂は広まりません。「皆知っていることだろうし」「よく堂々とできるよな」とただ呆れて見ているだけになるのです。

また、このタイプの男性には罪悪感というよりも「俺はモテている」「やましいことは別にない」という自信家なタイプが多いです。

堂々と食事に行き、デートをしている様子は逆にやましく見えないものです。そのため、「皆は知っているのに奥さんだけが知らない」なんて状況も発生します。

このタイプは、遊び方を分かっています。奥さんとの仲を今更どうしようというわけではないけれど、不倫相手との恋も生活のスパイスだと考えています。

不倫は遊びと割り切る人が多く、遊びなので豪勢に楽しくいようというタイプです。

不倫する既婚者男性「こっそり不倫」タイプ

不倫をすることは悪いことだと分かっているのがこのタイプです。人にバレたくない、妻にバレたくない、だけれども不倫相手には惹かれてしまう。自分の欲望を抑えられないけれど、それによって今ある家庭や地位を捨てる勇気がないのがこのタイプです。

このタイプの男性は、本来とても慎重です。不倫をしたことがバレると「えっあの人が?良い人そうなのに…」「嘘!信じられない…」「奥さんにも原因があるのではないの?」と日頃が良い人な分だけ、ある程度の味方も存在します。

でも、この「日頃が良い人」というのがポイントです。日頃良い人をしている分、本来の自分の姿を出しきれなかったり、他人に合わせて無理をしていたりするのです。不倫相手はそんな自分を知っている。この人の前では素直になれるという心理が働きます。

このタイプの男性はどちらかというと、本気で不倫にはまる人が多いです。好きになってしまったけれど、奥さんに離婚を切り出す勇気もない。奥さんに非がないからこそ言い出せないという人も多いです。根が真面目な為、最終的には奥さんにバレて修羅場になるケースも珍しくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不倫する既婚者男性の心理3選

09e0b79c3f0a5352131db3f702cc0aaa_s

1. 複数人の女性に愛情を注ぎたい「ポリアモリー」?

不倫をして複数の女性と付き合っているという状況でも、それぞれの相手に愛情を注ぐことができるのが男性心理です。男性は、妻は妻、不倫相手は不倫相手と、複数の存在をカテゴリー分けして器用に付き合っていくことができるのです。

対して女性は、その時に心が向いている相手に愛情を注ぐ傾向があります。具体的な例としてあげたいのは、既婚女性が不倫をしたケースです。不倫相手のいる既婚女性には、パートナーとのセックスを拒否してしまう傾向が見られます。

女性は子供を身ごもることで自分の子孫を残すことが確実にできますよね。しかし男性はそれができません。女性から気に入ってもらえなければ産んでもらえませんし、極端な話を言えば確実に自分の子供かも分からないのです。そのため、少しでも多くの子孫を残せるように、本能が複数の女性を対象にしているという説もあります。

不倫をする既婚男性には、そのような本能もありつつ、やはり現状に満足していないということもあると思います。家庭に問題が無かったとしても、打ち込める趣味等が無い場合は「退屈だなぁ」「何か面白いことないかな」と不倫の刺激のとりこになってしまいます。

2. 妻は生きていく上でなくてはならない存在、手放せない

夫婦として生活を共に守っている妻は、やはり同じように生活の基盤となる存在。それを失うことは、落ち着き安定した生活スタイルを失ってしまうということですね。

自分の生活を精神的に支えている家庭ならびに妻という存在は、既婚男性にとってなくてはならないもの。それが例え不倫をしている男性であっても、そこだけは変わらないものなのです。

1人の男性を愛しがちな女性からしたら、大変迷惑な話ですよね。役割分担をされているのもそうですし、なくてはならない存在なら、裏切らないで欲しいと思うのも当然です。「私はあなたの何なの?」と言って離婚問題に発展する夫婦がいますが、そういう考えの違いもあるかもしれませんね。

妻は生きていく上ではなくてはならない存在と言っても、そんなの奥さんからすれば単なるキープにしか感じませんよね。自分は生活をするためのキープで愛情やドキドキ感は不倫相手に横取りされてしまう。そんなことに耐えられるという女性は少ないのが現実ですので、男性の身勝手な言い分と言えるでしょう。

3. 不倫相手から刺激を受けたい

安定感のある平坦な生活を送っている既婚男性にとって、少しばかりの刺激を与えてくれるのが不倫相手の存在です。不倫をする男性はその刺激から得ることのできる、非日常感や変化を楽しんでいると言えるのではないでしょうか。

また、不倫相手を持つことは「自分に価値を与えてくれるもの」だと考えている場合もあるでしょう。仕事面などからも言えることですが、男性は自分で築き上げた功績や、周囲からの良い評価を得ることで自信やプライドを保ち、精神バランスを取っている生き物です。

毎日の仕事や取引先での理不尽な言動、しかし会社の為に、家族の為に頭を下げて頑張っている男性はたくさんいます。家に帰れば安らげる空間もあるのですが、一方でそれでは物足りない人もいるのです。安らぎや癒しよりも、不倫の刺激的なドキドキの方がはまってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

こういう不倫相手を作る既婚者男性というのは、日々の面倒なゴタゴタから解放されたくてリフレッシュを兼ねて恋愛を楽しんでいるところもあります。なので、不倫相手を遊びと割り切っていても、本気で愛していても、奥さんとのゴタゴタを乗り越えて離婚をするような男性は少ないと言えます。

補足:罪悪感と引け目から、家庭を顧みるケースも…

立派な大人として世間から認められている既婚者という立場であれば、それはなおのことでしょう。不倫相手という財産を持ち、より自分の価値を高く感じることで、喜びやプライドを感じているのです。

自分には価値があると感じ、喜びやプライドを満たされた男性は、家に帰った後に余裕の持った対応を妻や子供にすることができます。

また、奥さんには悪いなという罪悪感や引け目から、休日には家族サービスをたくさんしたり、良い夫や良いパパになることも多いので、家庭も満足、自分も満足という構図が出来上がります。

不倫をする既婚者男性にとっては、妻と不倫相手の両方がきちんと意味を持っており、どちらも手放したくないと思える存在なのでしょう。

また極端な言い方をすれば、不倫相手は妻や家庭への愛情を再確認するためには、非常に意味のある存在なのかも知れません。

本来ならば、結婚をしている奥さんと愛を育み、信頼関係を築いていければ最高です。しかし、日々の生活や仕事でお互いにストレスを抱えていると、「俺だって大変なんだ!」と反抗的になる時もあるでしょう。不倫相手がいることでリフレッシュでき、引け目があるから優しくなれる。何だか不思議な現実ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性が既婚者男性に惹かれてしまう3つの理由

 0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s

同世代の男性よりも、素敵に見える!

不倫相手の既婚者男性は、普通なら人の物だからと恋愛対象から外れますよね。それでも何故持てるのかというと、同世代の独身男性よりも素敵に見えるところがあるからなのです。

例えば、デート代を支払ってくれる、話を良く聞いてくれる、デートを楽しませてくれる、ラブラブな雰囲気を思いっきり楽しめるなどがあります。先ほども説明したように、既婚者男性は不倫に刺激やドキドキ、恋愛の楽しさを求めています。

不倫相手といる時には、家庭の責任や家長としての重圧ではなく、1人の男性として学生時代のような恋を楽しみたいのです。同世代の独身男性が、「いや…ちょっと重いんだけど」「今月お金無くって~」など甘えてくるのに対し、恋愛を思い切り楽しませてくれる既婚者男性はとても素敵に見えるのです。

自分が支えることで、自分の価値が高まる!

不倫相手の常套句として有名なのが、「妻とは上手くいっていないんだ…」「君みたいな子が奥さんだったらな」ですよね。

既婚者男性は、せっかくできた若い恋人から離れることがないように、リップサービスが得意です。それは本心の場合もありますし、不倫相手の恋心を利用して気をよくさせる場合もあります。

どちらにしても、不倫相手の女性からすれば、「私といると素直になれると言われた」「君が奥さんならと言われた」と、奥さんよりも自分が素敵な女性だと言われたようで嬉しく感じてしまいます。特に、結婚に焦っている結婚適齢期の女性ほど不倫にはまりやすいです。

周囲がどんどん結婚していき、家族からも急かされている毎日で、「あなたは奥さんより素敵」「あなたといると気持ちが楽になる」ということを言われたら、嬉しいですよね。

一生独身かもという自分の不安や悩みが一転、「私の良さを分かってくれた!」「私にも価値があるんだ」と思わせてしまいます。

 結婚願望が強く、彼との生活をイメージできる!

不倫相手として選ばれる女性は、意外と結婚願望が強いです。結婚願望があるのなら不倫なんてしている場合ではないだろう。

不倫をするのは結婚に興味はないけれど恋愛を楽しみたいタイプなんだろうというのは違います。意外と結婚願望が強い女性が多いのです。

「妻とは上手く言っていない」「君みたいなタイプが奥さんだったら…」という言葉を真に受けて、「私ならこうするのに」「私なら彼と良い家庭が築けるのに」と彼との結婚イメージを想像してしまうのです。

彼からの愚痴を聞いている分、リアルに想像できるので、「彼と結婚したい」「私が彼を幸せにしたい」とつい思ってしまいます。

不倫相手になる女性の中には、「彼も私を欲している」「想いは同じだ」と思ってしまいます。結婚願望が強い女性ほど、「自分と結婚すればもっと良くなるのに」と期待をする人が多いです。

背徳感のある不倫…楽しんじゃうのもありかも!

 fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

 どうせ割り切り!相手と一緒に楽しんでみる?

先ほどから説明しているように、不倫をする既婚男性は割り切って楽しんでいる場合が多いです。恋愛のゴタゴタや結婚をしなければならないという責任、そういうものから解放されて、ただ気の合う女性とのデートを楽しんでいます。

「私は好きなのに…」「彼には奥さんがいるから…」「結婚するこができないから…」と1人だけウジウジ悩んでいるのは、なんだか不公平な気もしてきますよね。

それならば、いっそのこと相手の男性と同じくらい割り切って楽しんでみるのもアリなのかもしれません。

相手も割り切り、自分も割り切り、それならば普段の恋愛でできないことをしてみるのです。ワガママを言ってみるとか、甘えてみるとか、これまでの彼氏にはできなかったことも、どうせ本命では無いんだしと練習をすることで、意外と次の恋愛のステップアップになるかもしれません。

相手も割り切りで楽しむのなら、自分だけ真面目に恋愛をするのは損をするような気がしますよね。彼といる間は自分も楽しむ。その中で、やっぱりやめようという気持ちが出てきた時に、自分の意思で止めるのが一番あとくされがないという考え方もできます。

生活の刺激を楽しむ程度なら、女子力UPかも?

何もときめきが無い中で女子力をUPしようとしても、無理がありますよね。相手も平穏な生活は確保した上で、刺激を楽しむのなら、あなたも楽しんでしまっても良いかもしれません。お互いに「生活の刺激にスパイスとして」と割り切れるならアリという人もいますよね。

しかし奥さんもいることなので、既婚者と知っていながら関係を持ったとなれば、最悪訴えられて会社での評判が落ちてしまったり、慰謝料を請求されるリスクもあることを忘れないでください。一方で、奥様公認の人がいます。もしも楽しむのなら、そういう人が良いのかもしれません。

「子供は作らないこと」「結婚を迫らないこと」などいくつかルールがありますが、最近では奥さんの側も離婚する気はないけれど、旦那の相手はしたくないという人も意外と多いです。そういうマッチングができたのであれば、女子力UPのためにトキメキをもらうのもアリでしょう。

何もときめきがない、出会いもない、好きな人もいない中で女子力UPをするのは相当の努力がいります。その点、「この日はデートだから」「少しでも可愛く見られたい」等のターゲットがいれば、女性はすぐにキレイになれます。

彼氏にはできない相談をしてみても良いかも?

本命の相手だと、不満があっても嫌われたくないからと遠慮をしてしまったり、セックスの悩みなど全てをさらけ出せないことも多いですよね。特に話がデリケートな問題になればなるほど、重いと思われたり、引かれたり、彼を責めていると思われないか気を使ってしまいます。

その点、不倫相手なら元々人の物なので、素の自分を出せるチャンスでもあります。何でも言いたいようにワガママを言ってみたり、思いっきり甘えてラブラブな時間を楽しんだり、いつもより大胆にこういうプレイをしたいとチャレンジすることもできます。

相手の既婚男性も、恋愛のドキドキ感や非日常を楽しむために不倫をしているので、本命の彼女に感じるような「清楚だと思っていたのに…」「こういうのは面倒だなぁ」とは思わないはずです。人に言いにくい相談こそ、不倫相手にしてみるのもおすすめです。

まとめ

不倫をする既婚者男性との付き合いについて、色んな観点からご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?不倫を楽しむつもりが、いつの間にか本気になってしまったというのは良くある話です。もしも割り切りで楽しむ場合は、本気にならないように線引きをきちんとして下さいね!

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -